ラストスタンド

ラストスタンドの画像・ジャケット写真

ラストスタンド / フォレスト・ウィテカー
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

57

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ラストスタンド」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

アーノルド・シュワルツェネッガー主演、『グッド・バッド・ウィアード』のキム・ジウン監督のハリウッドデビュー作となったアクションエンタテインメント。元ロス市警の敏腕刑事である保安官が、逃走犯を食い止める“最後の砦”として凶悪犯に挑む。

「ラストスタンド」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: アメリカ
原題: THE LAST STAND

「ラストスタンド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

9人の翻訳家 囚われたベストセラー

ウインドトーカーズ

ビッグ・トラブル

アドベンチャー・オブ・ヒーロー<完全版>

ユーザーレビュー:57件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全57件

70点(良作) ネタバレ

投稿日:2013/09/30 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シュワちゃん!と言えば無敵のアクションヒーロー。
復帰第1弾は当然の如く最強戦士系かと思いきや そんなオファーを蹴って
ラストスタンド(最後の砦)を守る絶体絶命の老保安官役を好演。

脱走した麻薬王が時速400キロのスーパーカーで全力疾走。
凶悪武装集団の計画的な邪魔によりFBIは行方を掴めずにいた。
一方、シュワ保安官が田舎での〜んびりしていたら怪しいヤツらに遭遇。
早速始まった銃撃戦では大勢の凶悪武装集団に対し無勢のシュワちゃん大敗・・
敵の狙いは、麻薬王がこの田舎を通過し越境するための手助け役だった。
シュワちゃんを含む即席チーム5人が命がけで最後の砦を守るために立ち上がる!

$3,000万で製作された「アクション」
「ターミネーター3」から10年ぶりの主演復帰だが1947年生まれの御年66歳。
もう「ちゃん」付けではなくシュワ「様」と呼ぶべきだが、本作では「筋肉」の魅力が披露されない・・
御年67歳の「スタローン」同様に思い入れの深い筋肉美は健在のはずだよ!なのに何故・・^^

燃費の悪いスーパーカーで最高速度で走ってたら燃料タンクがすぐ空になりそうだが、飽きる場面が無く楽しく観れるエンタメ。

このレビューは気に入りましたか? 22人の会員が気に入ったと投稿しています

渋さを前面に出したシュワちゃん ネタバレ

投稿日:2013/10/17 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アーノルド・シュワルツェネッガーの復帰作は、悪党を国境の町で待ち受ける保安官で、どこか西部劇を彷彿とさせます。
舞台は、メキシコ国境に近い小さな町。移送途中で逃走した麻薬王&傭兵軍団に、国境越えを阻止しようとするシュワちゃん演じる保安官が、仲間たちを率いて立ち向かいます。壮絶なガンファイト、1対1の殴り合い、どこか往年のファンを喜ばせるようなテイストが溢れていて、シュワちゃんは、ジョン・ウェインと言ったところでしょうか?

過去作では一人で敵をバタバタと倒す不死身のヒーローが多かったですが、本作では保安官としてのプライドと元敏腕刑事の経験や技で敵を迎え撃ち、仲間を大切にする人間味あふれる主人公です。
ハイテク武器で攻め入る凶悪集団に対し、昔ながらの武器や、戦車代わりのスクールバスなどローテクで迎え撃つ保安官チーム。経験と知恵、勇気と結束で戦う銃撃戦は見ものでした。
監督は、「グッド・バッド・ウィアード」のキム・ジウン監督だけあって、ウェスタンにオマージュですか?本作でめでたくハリウッドデビューなんですね。
ハリウッドテイストとは違ったハードアクションをコミカルな味わいで表す作風はユニークだと思います。
何よりもシュワちゃんの年齢を感じさせてくれるシーンが散りばめられていて「歳かな」という自虐的なセリフや、渋さを前面に出した演技もまずまずで、ちょっぴり優しい気持ちになりました。

このレビューは気に入りましたか? 18人の会員が気に入ったと投稿しています

ターゲットが明快な娯楽作

投稿日:2013/10/09 レビュアー:みなみ

シュワちゃんの主演復帰作「ラストスタンド」、映画館にて鑑賞。まあ楽しめました。
年を重ねても現役でいたいので「おじいちゃん、頑張る」的な作品は好きだし、需要もあると思います。
昔シュワ映画を見てた中高年層がターゲットですね。

(以下、ちょっとネタバレありです)


冒頭、保安官(シュワ)が市長に「あそこ、駐禁ですよ」と言ったら、市長が「移動しといてくれ、傷つけないでくれよ」とキーを投げた時点で、
「この車、ボコボコになるだろーなー^^;」と思いましたが、そんな伏線がたくさん張ってあり、展開がきわめてスムーズでわかりやすいんです。
ターゲット年齢層を意識しているのか??

麻薬王が脱走、メキシコへ逃げるらしい→「オレッちの町にワルモノは通さねえっ!」と田舎町のみんな、頑張る!!
…という、単純明快な設定の映画です(^_^)v
通るぐらいいいじゃん、FBIに任せれば…と思うかもしれませんが、「許さねぇっ!」と怒るのも納得の出来事もちゃんとおこります。

シュワちゃんは男の中の男、という役どころで、「金で心は売らねえ」みたいなカッコいいセリフもありますが、ちょっと白々しさが漂う^^;
…実生活の家政婦スキャンダルはやはりイメージダウンでしたね。

あと、忘れちゃいけない見どころはカーアクションです。すごい迫力でした。

意外性はありませんが、手堅い展開で安心して見ていられるし、全体的にゆるいので適度に笑える娯楽作でした。

でもさすがのシュワちゃんも年には勝てないというか、もう迫力はないし、アクションもきつそう。(セガールほどいい加減じゃないけど)
今回は面白かったけど、次またこの路線でいくとなると、キツイかも…

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

全米ライフル協会推薦!!(ウソ)

投稿日:2013/11/08 レビュアー:QWERTY

コミカルテイストなハチャメチャアクション映画。
コミカルなのに血しぶきドビャーなのが意外だったけど。

国境付近の田舎町での「シュワちゃん率いる保安官軍団VS麻薬王の傭兵部隊の戦い」にもっていくため
ストーリーがかなり強引でツッコミどころ満載。結構笑えた。

麻薬王脱走のシーンはカッコ良かった。
スタイリッシュアクション系みたいな感じで。
でも、この麻薬王、なぜか車でラスベガスからメキシコまで逃走。
何でヘリやジェット使わないの?と思ったら、フォレスト君いわく
「彼はカーレーサーでもある」からだそうな・・・何じゃそりゃ(笑)

そんなボスのワガママな願いを叶えるため、手下達は
検問する警官隊を始末したり、国境の渓谷に橋を架けたりと大忙し。
嗚呼、下っ端はつらいよ(涙)
FBIもこの逃走劇をバックアップ。SWATはブレーキを踏めないような人に車を運転させてます。

一方その頃シュワちゃんは「今日から君も副保安官だ!!」作戦で戦力を強化。
そして最終決戦へ・・・
ひたすらドンパチ撃ち合い「悪党どもは問答無用でGo to hell !!」な気分爽快な戦い。

最後の「トウモロコシ畑の追いかけっこ」と「橋の上のプロレス」が若干冗長なのが減点だけど
能天気で明るいアクション映画で面白かった。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

メキシコ国境、シュワちゃんしわしわになってもがんばってる。

投稿日:2014/01/10 レビュアー:MM3

見たそばから内容忘れてしまいそうな映画でしたが、
シュワちゃんのアクション映画として無難に楽しめました。

しかし、ムキムキでパンパンだったシュワちゃんも
さすがにしわしわになってきましたな。
それでも、あのお歳であの筋肉でお元気です!

舞台はメキシコ国境付近。
麻薬絡みや移民絡みでストーリー作りやすい舞台ですな。

見るたびに国境付近は怖いなあ
なんて思ってしまうんですが、
本作は思いっきりエンタメアクション(ちょい渋め)なので
お気楽に見れますわ。

シュワちゃんはその国境の街の保安官。
かつて若い頃は麻薬取締局とかでもはたらいて
バリバリだったようで。

FBIが追ってる脱走した大物麻薬王が
メキシコへ向うとかで、
シュワちゃんのいる街で遭遇。

ここはシュワちゃん黙ってるわけ無いですな。
FBIの管轄だとかなんとか、そんなの関係ない。

昔ながらに立ち向かうわけですが
相手は武装集団も使い
そりゃもう、大変なわけです。
町の保安官には大きすぎる敵。

歳をとって、以前ほどガツガツ感前面に出さず、
少し余裕を感じさせるシュワちゃん。
ちょっと丸くなったな・・・なんて思ったら
やっぱりやりましたよ!この人。

草原?畑?を走るカーアクションはなかなかだし、
クライマックスのガチンコ勝負もいいんだけど、
やはりシュワちゃん復帰おめでとう臭が漂う、シュワちゃんのための映画。

仁王立ちするシュワちゃんを拝んでめでたし、な感じでしょうか。

楽しめたけど、印象には残らない映画ですなあ。

シュワちゃんはいつまでアクション路線続けるんだろう・・・・
そんなことが気になった1本。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全57件

ラストスタンド

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:57件

70点(良作)

投稿日

2013/09/30

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シュワちゃん!と言えば無敵のアクションヒーロー。
復帰第1弾は当然の如く最強戦士系かと思いきや そんなオファーを蹴って
ラストスタンド(最後の砦)を守る絶体絶命の老保安官役を好演。

脱走した麻薬王が時速400キロのスーパーカーで全力疾走。
凶悪武装集団の計画的な邪魔によりFBIは行方を掴めずにいた。
一方、シュワ保安官が田舎での〜んびりしていたら怪しいヤツらに遭遇。
早速始まった銃撃戦では大勢の凶悪武装集団に対し無勢のシュワちゃん大敗・・
敵の狙いは、麻薬王がこの田舎を通過し越境するための手助け役だった。
シュワちゃんを含む即席チーム5人が命がけで最後の砦を守るために立ち上がる!

$3,000万で製作された「アクション」
「ターミネーター3」から10年ぶりの主演復帰だが1947年生まれの御年66歳。
もう「ちゃん」付けではなくシュワ「様」と呼ぶべきだが、本作では「筋肉」の魅力が披露されない・・
御年67歳の「スタローン」同様に思い入れの深い筋肉美は健在のはずだよ!なのに何故・・^^

燃費の悪いスーパーカーで最高速度で走ってたら燃料タンクがすぐ空になりそうだが、飽きる場面が無く楽しく観れるエンタメ。

渋さを前面に出したシュワちゃん

投稿日

2013/10/17

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

アーノルド・シュワルツェネッガーの復帰作は、悪党を国境の町で待ち受ける保安官で、どこか西部劇を彷彿とさせます。
舞台は、メキシコ国境に近い小さな町。移送途中で逃走した麻薬王&傭兵軍団に、国境越えを阻止しようとするシュワちゃん演じる保安官が、仲間たちを率いて立ち向かいます。壮絶なガンファイト、1対1の殴り合い、どこか往年のファンを喜ばせるようなテイストが溢れていて、シュワちゃんは、ジョン・ウェインと言ったところでしょうか?

過去作では一人で敵をバタバタと倒す不死身のヒーローが多かったですが、本作では保安官としてのプライドと元敏腕刑事の経験や技で敵を迎え撃ち、仲間を大切にする人間味あふれる主人公です。
ハイテク武器で攻め入る凶悪集団に対し、昔ながらの武器や、戦車代わりのスクールバスなどローテクで迎え撃つ保安官チーム。経験と知恵、勇気と結束で戦う銃撃戦は見ものでした。
監督は、「グッド・バッド・ウィアード」のキム・ジウン監督だけあって、ウェスタンにオマージュですか?本作でめでたくハリウッドデビューなんですね。
ハリウッドテイストとは違ったハードアクションをコミカルな味わいで表す作風はユニークだと思います。
何よりもシュワちゃんの年齢を感じさせてくれるシーンが散りばめられていて「歳かな」という自虐的なセリフや、渋さを前面に出した演技もまずまずで、ちょっぴり優しい気持ちになりました。

ターゲットが明快な娯楽作

投稿日

2013/10/09

レビュアー

みなみ

シュワちゃんの主演復帰作「ラストスタンド」、映画館にて鑑賞。まあ楽しめました。
年を重ねても現役でいたいので「おじいちゃん、頑張る」的な作品は好きだし、需要もあると思います。
昔シュワ映画を見てた中高年層がターゲットですね。

(以下、ちょっとネタバレありです)


冒頭、保安官(シュワ)が市長に「あそこ、駐禁ですよ」と言ったら、市長が「移動しといてくれ、傷つけないでくれよ」とキーを投げた時点で、
「この車、ボコボコになるだろーなー^^;」と思いましたが、そんな伏線がたくさん張ってあり、展開がきわめてスムーズでわかりやすいんです。
ターゲット年齢層を意識しているのか??

麻薬王が脱走、メキシコへ逃げるらしい→「オレッちの町にワルモノは通さねえっ!」と田舎町のみんな、頑張る!!
…という、単純明快な設定の映画です(^_^)v
通るぐらいいいじゃん、FBIに任せれば…と思うかもしれませんが、「許さねぇっ!」と怒るのも納得の出来事もちゃんとおこります。

シュワちゃんは男の中の男、という役どころで、「金で心は売らねえ」みたいなカッコいいセリフもありますが、ちょっと白々しさが漂う^^;
…実生活の家政婦スキャンダルはやはりイメージダウンでしたね。

あと、忘れちゃいけない見どころはカーアクションです。すごい迫力でした。

意外性はありませんが、手堅い展開で安心して見ていられるし、全体的にゆるいので適度に笑える娯楽作でした。

でもさすがのシュワちゃんも年には勝てないというか、もう迫力はないし、アクションもきつそう。(セガールほどいい加減じゃないけど)
今回は面白かったけど、次またこの路線でいくとなると、キツイかも…

全米ライフル協会推薦!!(ウソ)

投稿日

2013/11/08

レビュアー

QWERTY

コミカルテイストなハチャメチャアクション映画。
コミカルなのに血しぶきドビャーなのが意外だったけど。

国境付近の田舎町での「シュワちゃん率いる保安官軍団VS麻薬王の傭兵部隊の戦い」にもっていくため
ストーリーがかなり強引でツッコミどころ満載。結構笑えた。

麻薬王脱走のシーンはカッコ良かった。
スタイリッシュアクション系みたいな感じで。
でも、この麻薬王、なぜか車でラスベガスからメキシコまで逃走。
何でヘリやジェット使わないの?と思ったら、フォレスト君いわく
「彼はカーレーサーでもある」からだそうな・・・何じゃそりゃ(笑)

そんなボスのワガママな願いを叶えるため、手下達は
検問する警官隊を始末したり、国境の渓谷に橋を架けたりと大忙し。
嗚呼、下っ端はつらいよ(涙)
FBIもこの逃走劇をバックアップ。SWATはブレーキを踏めないような人に車を運転させてます。

一方その頃シュワちゃんは「今日から君も副保安官だ!!」作戦で戦力を強化。
そして最終決戦へ・・・
ひたすらドンパチ撃ち合い「悪党どもは問答無用でGo to hell !!」な気分爽快な戦い。

最後の「トウモロコシ畑の追いかけっこ」と「橋の上のプロレス」が若干冗長なのが減点だけど
能天気で明るいアクション映画で面白かった。

メキシコ国境、シュワちゃんしわしわになってもがんばってる。

投稿日

2014/01/10

レビュアー

MM3

見たそばから内容忘れてしまいそうな映画でしたが、
シュワちゃんのアクション映画として無難に楽しめました。

しかし、ムキムキでパンパンだったシュワちゃんも
さすがにしわしわになってきましたな。
それでも、あのお歳であの筋肉でお元気です!

舞台はメキシコ国境付近。
麻薬絡みや移民絡みでストーリー作りやすい舞台ですな。

見るたびに国境付近は怖いなあ
なんて思ってしまうんですが、
本作は思いっきりエンタメアクション(ちょい渋め)なので
お気楽に見れますわ。

シュワちゃんはその国境の街の保安官。
かつて若い頃は麻薬取締局とかでもはたらいて
バリバリだったようで。

FBIが追ってる脱走した大物麻薬王が
メキシコへ向うとかで、
シュワちゃんのいる街で遭遇。

ここはシュワちゃん黙ってるわけ無いですな。
FBIの管轄だとかなんとか、そんなの関係ない。

昔ながらに立ち向かうわけですが
相手は武装集団も使い
そりゃもう、大変なわけです。
町の保安官には大きすぎる敵。

歳をとって、以前ほどガツガツ感前面に出さず、
少し余裕を感じさせるシュワちゃん。
ちょっと丸くなったな・・・なんて思ったら
やっぱりやりましたよ!この人。

草原?畑?を走るカーアクションはなかなかだし、
クライマックスのガチンコ勝負もいいんだけど、
やはりシュワちゃん復帰おめでとう臭が漂う、シュワちゃんのための映画。

仁王立ちするシュワちゃんを拝んでめでたし、な感じでしょうか。

楽しめたけど、印象には残らない映画ですなあ。

シュワちゃんはいつまでアクション路線続けるんだろう・・・・
そんなことが気になった1本。

1〜 5件 / 全57件