最初の人間

最初の人間の画像・ジャケット写真

最初の人間 / ジャック・ガンブラン

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「最初の人間」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『異邦人』などで知られるノーベル文学賞作家アルベール・カミュの自伝的遺作を「家の鍵」のジャンニ・アメリオ監督が映画化。フランスで作家として成功した主人公が、フランスからの独立運動に揺れる祖国アルジェリアに帰郷し、母と過ごす日々の中で少年時代を振り返りながら、アルジェリアの行く末に思いを馳せる姿を描く。1957年、夏。フランスで活躍する小説家のジャック・コルムリは、独立を巡って激しい紛争が続くフランス領アルジェリアに帰郷する。そして大学で講演を行い、平和的な解決を呼びかけるが、激しい非難に晒され、会場は混乱に陥ってしまう。翌日、ジャックは一人で暮らす母のもとを訪ねる。やがて彼の脳裏を、幼少の頃のさまざまな思い出が去来していく。

「最初の人間」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: フランス/イタリア/アルジェリア
原題: LE PREMIER HOMME

「最初の人間」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

グレートデイズ! −夢に挑んだ父と子−

列車に乗った男

戦争より愛のカンケイ

カミーユ、恋はふたたび

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

追憶の旅 ネタバレ

投稿日:2013/11/03 レビュアー:ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

文豪カミュの自伝的小説とされる未完の遺作を、イタリアのジャンニ・アメリオ監督が映画化。独立紛争が激化する50年代のアルジェリアと、主人公の追憶の中に出現するアルジェリアを行き来しながら、ひとりの小説家が自らの人生や、対立する国家に想いをはせる様を描いています。

1957年、故郷アルジェリアの大学で講演したジャック・コルムリ(ジャック・ガンブラン)はブーイングを浴びます。独立運動が高まるアルジェリアで、アラブ人とフランス人との共存を訴えますが聞き入れなかったようです。その後、母の元を訪ねるうちに貧しかった少年時代に遡っていきます。

コルムリは、アルジェリアで生まれ育ったフランス人。彼の幼少期は、生活は貧しいけれども、厳格な祖母と、優しい母、コルムリの才能を見い出してくれた恩師と、厳しくも愛に満ちた生活はジャックの人生に大きな影響があったようです。

ジャックは貧乏ながら頭が良く、字が読めない祖母に連れられて無声映画の通訳までしています。優しいお母さんも文盲なようで、字を読めるって凄い事なんですね。その点日本は貧しくとも字が読めたので、読み書きを徹底した教育は今さらながらに凄かったのだと思います。
コルムリが羊肉を買うお使いに出た時お金を落とし、祖母に嘘をついて肉屋に迷惑をかけた思い出など、貧しい境遇の少年の体験と、アルジェリアの歴史的な姿が垣間見え興味深かったです。

美しい海と乾いた街、そんなのどかな景色の中で、軍用車両が行き交う姿に胸が締め付けられます。
母国アイデンティティの苦悩を下地に、自分の原点を追い求めます。アルジェリア人なのか。フランス人なのか。宗教や人種の違いを乗り越え、誠実であろうとするのは難しいですね。
声高に叫んだりせずに、民族の共存と平和の願いが伝わって来ました。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

過去を描くことで、未来への希望を描く!

投稿日:2013/12/16 レビュアー:パンケーキレンズ

人種や思想を乗り越えて、お互いが共存しあえる世界は、やがてやってくるのだろうか・・・

イタリア、フランス、アルジェリアの合作映画
フランスからの独立紛争に揺れるアルジェリアを舞台に
平和への願いと、私たち人間の尊い繋がりを描く!

静かで地味とはいえ、そこに込められたメッセージは、それに反比例して抑制されることはない

未だ実現されない、紛争のない世界への願い・・・

一人の男性(少年)に込められた、生きることへの力強さ

過去を回想することで、未来への希望が紡がれる
少年を取り巻く、一つ一つのエピソード
大人になってからの、一つ一つの再会
どんなに小さな出来事にも、人間本来の優しさと美しさと尊さに満ち溢れ
それと同時に、
争いを繰り返す、人間への嘆きも漏れ出しているような気がしてくる

兵士の姿に、亡き父親を重ね合わせ
恩師との再会
祖母と行ったサイレント映画
母親の手料理
アラブ人の同級生とのケンカ

素朴でも味わい深くて余韻を残す、名シーンの連続です


たまには、真剣にマジメな映画を観ないといけない!w

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

わが幻想の都市【6】アルジェ

投稿日:2017/02/18 レビュアー:ちゅく

「最初の人間」(2011年、フランス/イタリア/アルジェリア、カラー、105分)。

北アフリカの、今は、「アルジェリア民主人民共和国」として独立している国。

「アルジェリア」は、アフリカ大陸の北端。地中海を狭間に、対面のフランスと近い。
海に近いので、港湾都市ができている。

この国が独立したのは、1962年。

原作者のアルベール・カミュ(1913〜1960)は、アルジェリアに生まれ、フランスからの独立を望んでいたが、
ついに、立ち会うことができなかった。

映画「アルジェの戦い」(1966公開)は、1954〜1962年の、アルジェリアの独立運動を描いている。
多くの男、女が、死んだ、戦いだ。

カミュ。

家は貧しかったが、奨学金を得て、パリの進学校に進む。
彼は、勤勉であったので、20代の終わりに「異邦人」という小説を書く。(1942)
同じ年「シーシュポスの神話」(1942)という、詩的論考を書く。
戦後、「実存主義」という、誰が名付けたか知らないが、つまらぬ風潮が流行し、
サルトル、ハイデッカーのような爬虫類的人物と、カミュは同じグループに収容される。

けれども、彼は、詩人であるにすぎなかった。哲学にも、興味はなかたろうと推察する。
小説家として立とうとし、彼は「ペスト」(1947)という長編を書く。好評だった。
僕も、「ペスト」は好きだ。
黒死病の流行した都市で、誰が、どのように行動するか、を検証しようとした物語だった。
「蜘蛛女のキス」(1985)の監督、ヘクトール・パベンコによって映画化されている。
医師「リュー」を、ウィリアム・ハート(1950生)が演じていた。(「蜘蛛女のキス」の「モリーナ」役)。
最後に、宗教の無力を感じた司教の行為に、納得がいった。

さて、ノーベル文学賞を与えられた、カミュは、パリから、故郷アルジェに帰還する。
彼は、母に会うことを楽しみにしていた。

独立運動で、かまびすしい。
予想通り、父祖の土地での彼の帰郷は、失敗に終わる。
母とも、心の通った言葉をかわせず。
彼は、今、書いている「最初の人間」という小説に向かおうとする。その行為で、すべてを代償しようとする。
父祖の地へ、母へ。

1960年1月4日、彼は交通事故で亡くなる。自分が運転していたのではない車が、樹木に衝突した。
この映画「最初の人間」は、彼の未完の遺稿をもとに、作られたものだ。

母と話そうとし、突き放され、帰る前の場面が、とてもいい。

ここは地の果てアルジェリア。「望郷」(1937)のぺぺ・ル・モコ(ジャン・ギャバン)を思い出す。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ダラダラしていて結論も結末もない映画

投稿日:2014/04/10 レビュアー:勇光

ノーベル賞作家カミュが書いた話だとは知らずに観た。面白くはない。未完成の遺稿を映画にしたためか、ストーリーというほどの展開がない。が、最後まで観た。

小説「異邦人」は学生のころに読んだが面白い作品だった。改めてあらすじをウィキで見たら、これはアラブ人を殺して死刑判決を受けるフランス人の話だった。この主人公は母親が死んでも生活態度が変わらなかったことを糾弾され、冷血漢の烙印を押される。この映画の主人公はマザコンかと思うほど母親との関係を重要視している。ちなみに、その母親は文盲である。
カミュという人はアラブ人とフランス人との共生について考えつづけていたらしい。この件は、今なおフランスでもっとも深刻な社会問題である。で、カミュは共生を主張したものの、同調してくれる人が少なくて嘆いていたのだろう。映画としてはどうかと思うが、悩める小説家の雰囲気は多少出ていた。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

最初の息子

投稿日:2013/12/16 レビュアー:ひろぼう

美しく力強い映像に『卵』等を撮ったセミフ・カプランオールを想起しました。それは物語の舞台となる土地柄が近かったためと、どちらにも胸を締め付けられるような郷愁を味わったからなのかも。
本作にはセミフの作品にあるファンタジックな表現がありません。それはフランス占領下のアルジェリアにおける、作家ジャックの自分探しが題材となるからなのでしょう。アルジェ生まれでフランス在住のジャックは、フランス人でありアルジェリア人でもあると自らを認め、現地で暮らす貧しき民衆に自分のルーツを見つけようとします。面影すら覚えていない第1次大戦で死んだ父の、初めての男の子(邦題の「最初の人間」のことかな)ジャックは、母の元を訪ね旧友と再会し、現地の息吹を感じることで父の暮らした過去を追体験するのでした。
暮らしは貧しく学も無く働き詰めの植民たちは、わずかな希望を明日への糧とし今日を生き延びることしかできない。しかし小さな嘘さえ許さない誇りと地元愛には溢れており、これに昭和の下町にあった匂いを感じ郷愁に誘われるのでした。
支配権を巡って紛争中である両国民に、ジャックは中立の立場を置き和平を呼びかけます。それは自分を植民の息子、両国間の息子、「最初の人間」として訴えているのかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

最初の人間

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

追憶の旅

投稿日

2013/11/03

レビュアー

ミルクチョコ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

文豪カミュの自伝的小説とされる未完の遺作を、イタリアのジャンニ・アメリオ監督が映画化。独立紛争が激化する50年代のアルジェリアと、主人公の追憶の中に出現するアルジェリアを行き来しながら、ひとりの小説家が自らの人生や、対立する国家に想いをはせる様を描いています。

1957年、故郷アルジェリアの大学で講演したジャック・コルムリ(ジャック・ガンブラン)はブーイングを浴びます。独立運動が高まるアルジェリアで、アラブ人とフランス人との共存を訴えますが聞き入れなかったようです。その後、母の元を訪ねるうちに貧しかった少年時代に遡っていきます。

コルムリは、アルジェリアで生まれ育ったフランス人。彼の幼少期は、生活は貧しいけれども、厳格な祖母と、優しい母、コルムリの才能を見い出してくれた恩師と、厳しくも愛に満ちた生活はジャックの人生に大きな影響があったようです。

ジャックは貧乏ながら頭が良く、字が読めない祖母に連れられて無声映画の通訳までしています。優しいお母さんも文盲なようで、字を読めるって凄い事なんですね。その点日本は貧しくとも字が読めたので、読み書きを徹底した教育は今さらながらに凄かったのだと思います。
コルムリが羊肉を買うお使いに出た時お金を落とし、祖母に嘘をついて肉屋に迷惑をかけた思い出など、貧しい境遇の少年の体験と、アルジェリアの歴史的な姿が垣間見え興味深かったです。

美しい海と乾いた街、そんなのどかな景色の中で、軍用車両が行き交う姿に胸が締め付けられます。
母国アイデンティティの苦悩を下地に、自分の原点を追い求めます。アルジェリア人なのか。フランス人なのか。宗教や人種の違いを乗り越え、誠実であろうとするのは難しいですね。
声高に叫んだりせずに、民族の共存と平和の願いが伝わって来ました。

過去を描くことで、未来への希望を描く!

投稿日

2013/12/16

レビュアー

パンケーキレンズ

人種や思想を乗り越えて、お互いが共存しあえる世界は、やがてやってくるのだろうか・・・

イタリア、フランス、アルジェリアの合作映画
フランスからの独立紛争に揺れるアルジェリアを舞台に
平和への願いと、私たち人間の尊い繋がりを描く!

静かで地味とはいえ、そこに込められたメッセージは、それに反比例して抑制されることはない

未だ実現されない、紛争のない世界への願い・・・

一人の男性(少年)に込められた、生きることへの力強さ

過去を回想することで、未来への希望が紡がれる
少年を取り巻く、一つ一つのエピソード
大人になってからの、一つ一つの再会
どんなに小さな出来事にも、人間本来の優しさと美しさと尊さに満ち溢れ
それと同時に、
争いを繰り返す、人間への嘆きも漏れ出しているような気がしてくる

兵士の姿に、亡き父親を重ね合わせ
恩師との再会
祖母と行ったサイレント映画
母親の手料理
アラブ人の同級生とのケンカ

素朴でも味わい深くて余韻を残す、名シーンの連続です


たまには、真剣にマジメな映画を観ないといけない!w

わが幻想の都市【6】アルジェ

投稿日

2017/02/18

レビュアー

ちゅく

「最初の人間」(2011年、フランス/イタリア/アルジェリア、カラー、105分)。

北アフリカの、今は、「アルジェリア民主人民共和国」として独立している国。

「アルジェリア」は、アフリカ大陸の北端。地中海を狭間に、対面のフランスと近い。
海に近いので、港湾都市ができている。

この国が独立したのは、1962年。

原作者のアルベール・カミュ(1913〜1960)は、アルジェリアに生まれ、フランスからの独立を望んでいたが、
ついに、立ち会うことができなかった。

映画「アルジェの戦い」(1966公開)は、1954〜1962年の、アルジェリアの独立運動を描いている。
多くの男、女が、死んだ、戦いだ。

カミュ。

家は貧しかったが、奨学金を得て、パリの進学校に進む。
彼は、勤勉であったので、20代の終わりに「異邦人」という小説を書く。(1942)
同じ年「シーシュポスの神話」(1942)という、詩的論考を書く。
戦後、「実存主義」という、誰が名付けたか知らないが、つまらぬ風潮が流行し、
サルトル、ハイデッカーのような爬虫類的人物と、カミュは同じグループに収容される。

けれども、彼は、詩人であるにすぎなかった。哲学にも、興味はなかたろうと推察する。
小説家として立とうとし、彼は「ペスト」(1947)という長編を書く。好評だった。
僕も、「ペスト」は好きだ。
黒死病の流行した都市で、誰が、どのように行動するか、を検証しようとした物語だった。
「蜘蛛女のキス」(1985)の監督、ヘクトール・パベンコによって映画化されている。
医師「リュー」を、ウィリアム・ハート(1950生)が演じていた。(「蜘蛛女のキス」の「モリーナ」役)。
最後に、宗教の無力を感じた司教の行為に、納得がいった。

さて、ノーベル文学賞を与えられた、カミュは、パリから、故郷アルジェに帰還する。
彼は、母に会うことを楽しみにしていた。

独立運動で、かまびすしい。
予想通り、父祖の土地での彼の帰郷は、失敗に終わる。
母とも、心の通った言葉をかわせず。
彼は、今、書いている「最初の人間」という小説に向かおうとする。その行為で、すべてを代償しようとする。
父祖の地へ、母へ。

1960年1月4日、彼は交通事故で亡くなる。自分が運転していたのではない車が、樹木に衝突した。
この映画「最初の人間」は、彼の未完の遺稿をもとに、作られたものだ。

母と話そうとし、突き放され、帰る前の場面が、とてもいい。

ここは地の果てアルジェリア。「望郷」(1937)のぺぺ・ル・モコ(ジャン・ギャバン)を思い出す。

ダラダラしていて結論も結末もない映画

投稿日

2014/04/10

レビュアー

勇光

ノーベル賞作家カミュが書いた話だとは知らずに観た。面白くはない。未完成の遺稿を映画にしたためか、ストーリーというほどの展開がない。が、最後まで観た。

小説「異邦人」は学生のころに読んだが面白い作品だった。改めてあらすじをウィキで見たら、これはアラブ人を殺して死刑判決を受けるフランス人の話だった。この主人公は母親が死んでも生活態度が変わらなかったことを糾弾され、冷血漢の烙印を押される。この映画の主人公はマザコンかと思うほど母親との関係を重要視している。ちなみに、その母親は文盲である。
カミュという人はアラブ人とフランス人との共生について考えつづけていたらしい。この件は、今なおフランスでもっとも深刻な社会問題である。で、カミュは共生を主張したものの、同調してくれる人が少なくて嘆いていたのだろう。映画としてはどうかと思うが、悩める小説家の雰囲気は多少出ていた。

最初の息子

投稿日

2013/12/16

レビュアー

ひろぼう

美しく力強い映像に『卵』等を撮ったセミフ・カプランオールを想起しました。それは物語の舞台となる土地柄が近かったためと、どちらにも胸を締め付けられるような郷愁を味わったからなのかも。
本作にはセミフの作品にあるファンタジックな表現がありません。それはフランス占領下のアルジェリアにおける、作家ジャックの自分探しが題材となるからなのでしょう。アルジェ生まれでフランス在住のジャックは、フランス人でありアルジェリア人でもあると自らを認め、現地で暮らす貧しき民衆に自分のルーツを見つけようとします。面影すら覚えていない第1次大戦で死んだ父の、初めての男の子(邦題の「最初の人間」のことかな)ジャックは、母の元を訪ね旧友と再会し、現地の息吹を感じることで父の暮らした過去を追体験するのでした。
暮らしは貧しく学も無く働き詰めの植民たちは、わずかな希望を明日への糧とし今日を生き延びることしかできない。しかし小さな嘘さえ許さない誇りと地元愛には溢れており、これに昭和の下町にあった匂いを感じ郷愁に誘われるのでした。
支配権を巡って紛争中である両国民に、ジャックは中立の立場を置き和平を呼びかけます。それは自分を植民の息子、両国間の息子、「最初の人間」として訴えているのかもしれません。

1〜 5件 / 全6件