バレット

バレットの画像・ジャケット写真
バレット / シルベスター・スタローン
全体の平均評価点:
(5点満点)

24

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「バレット」 の解説・あらすじ・ストーリー

ハリウッド・アクション界を代表する2人の大物、ウォルター・ヒル監督とシルベスター・スタローンの初顔合わせで贈るバイオレンス・アクション。凄腕の殺し屋が相棒の復讐のため、堅物の若手刑事と手を組み、共通の敵を追う姿を骨太のアクション演出で描き出す。裏社会で非情な殺し屋として生きてきた元海兵隊員のジミー・ボノモ。ある時、唯一心を許した相棒のルイスを何者かの陰謀で殺されてしまう。復讐に燃えるジミーの前に、ワシントン警察のテイラー刑事が現われる。彼はジミーが殺し屋と知りながらも、背後に潜む巨悪を捕まえるため捜査への協力を要請する。刑事と手を組むなど考えられないジミーだったが…。

「バレット」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: BULLET TO THE HEAD

「バレット」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

バレットの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
91分 日本語字幕・?日本語吹替字幕 ?ドルビーデジタル5.1ch/英語
?ドルビーデジタル5.1ch日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 CPDP11135 2013年10月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 1人

【Blu-ray】バレットの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
91分 日本語・日本語吹替字幕 ?DTS-HDマスターオーディオ5.1ch/英語
?DTS-HDマスターオーディオ5.1ch/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 CPBP11134 2013年10月09日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
9枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:24件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全24件

衰えは見えても引き締まっている

投稿日:2013/08/15 レビュアー:よふかし

ウォルター・ヒルという名前に反応する人には大いにお勧めしますのアクション。
『ストリート・オブ・ファイヤー』や『ザ・ドライバー』あたりのムード、「一騎打ち感」があるのが嬉しいところ。
すごく久しぶりのヒル作品だし、ブランク前の西部劇とかSFとかいまひとつだったので心配していましたが、スタローンの身体同様、衰えは見えても引き締まっている感じも良かったです。
意外と複雑なプロットで、USBメモリがどうのこうのとかあるんですが、そういうお話はまあどうでもよくて。
冒頭で売春婦を殺さないというジミー(スタローン)の心情も、娘(割と可愛い)絡みの話ではあるんですが、あまり生きていないような気もするし。
そんなことより、スタローンの揺るぎない存在感、中国系刑事との(やや微妙な)バディ・ムービー感。クリスチャン・スレーターの使い捨て感。
それに加えて、悪役ジェイソン・モモア(『コナン・ザ・バーバリアン』!)がいいです。巨悪とかサイコとかじゃないんだけど、頭がいいんだか悪いんだか分からないけど、意地だけは持ってるみたいなマッチョ・チンピラ。
このキャラだから、ラストの斧対決が生きてるような気がしますね笑。
まあ、好きなので甘いけど許してほしい75点。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

50点(凡作)ネタバレ

投稿日:2013/11/26 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

少し若く見える?スタローンのクライム・アクション。

悪名高き殺し屋スタローンの相棒が殺された。仕方なく刑事と組んで犯人探し。
と言っても 殺し屋をいつか必ず逮捕しようとする熱血刑事。
下手うつと刑事だって殺してしまう気満々の殺し屋。
ところが相手の裏組織が強かった。
裏組織を法で守る弁護士クリスチャン・スレーターと傭兵の殺し屋が主役2人に立ちはばかる。

今さら80年代風の刑事ドラマ。そのうち午後のロードショーで。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

そこそこ面白いけど古臭い

投稿日:2013/10/11 レビュアー:QWERTY

まあ、暇つぶしにはなる面白さだったけど、かなり古臭い感じ。
80年代か90年代に作られたアクション映画のような雰囲気。

ストーリーは単純な一本道。
罠にはめられた殺し屋が、仲間の仇を討つため、悪者をバンバンブッ殺していく。たったそれだけ。
相棒が、ありがちな黒人ではなく韓国系なのが珍しいくらい。
こういう映画はストーリーはテキトーでいいんだけど
最後の方はもうグダグダな展開。黒幕のオジサンはショボ過ぎだし、何だかワケ分かんないうちに銃撃戦。
ポニーテール君は何がしたいのか分かんなかった。

アクションは普通の血しぶきバイオレンス系。
スタローンはもう年なのでしょうがないけど、ポニーテール君もアクションにスピード感が無かった。
いきなりバーンバーンと撃って終わり。ついでにドカーンと爆発。
銃撃戦だけだとアッという間に終わるので、最後はやっぱ格闘戦だよね♪
てことで突然意味不明の斧バトル(笑)になったり。

やっぱアクロバット、CG、ワイヤーアクションなどを駆使した現代的なアクション映画の方が好き。
それが無理なら笑っちゃうほど圧倒的な火力の銃撃戦で魅せてくれるとか。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

昔懐かしいというか、古臭いというか…^^;

投稿日:2014/07/10 レビュアー:みなみ

80〜90年代のアクション映画そのものでしたね。
古臭いですが、それが見たい人もいるのでしょうか…??
暗殺者と警官が組む…ありがちな設定だし、
相棒が黒人のことが多いけど、それを韓国人に替えただけ。
人物設定も展開も平凡。きれいに予想どおりで、少々退屈でした^^;

スタローンの年代別の犯罪者写真(…っていうんですか、逮捕されて名前とか持たされて撮る写真)が
妙にかっこよかったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

原作はフランス

投稿日:2014/05/27 レビュアー:こうさま

評価71点(100点満点)
S・スタローン主演のクライムアクションで原作は仏だそうな。「バレット」は主人公の殺し屋がジミーが愛飲する酒の銘柄らしい。
凄腕の殺し屋ジミー・ボノモ、依頼主の裏切りにあったうえ唯一信頼していた相棒を失うハメになりその復讐へと立ち上がるが、ひょんな事から若手刑事と手を組むことになる。
ジミーはイタリア系のオヤジでともかく問答無用で手が先にでるキャラに対して若手刑事は韓国系で携帯片手に必要な情報を入手するいかにも現代的な青年で頭脳派といったところ。
本来ならこの不思議なコンビのキャラの対比が際立って面白いところなのだろうが、本作ではスタローンが出過ぎた感じであまりその部分が生かされていないのが気になるところ。
エクスペンダブルシリーズで健在ぶりを見せてくれているとはいえ彼も67歳ぐらいだろう。流石に往年のスピードとキレは望むべくもないが、それでもなかなかのもの。
特にヒネリもなく意外性もない展開ではあるがそこそこ楽しめる作品。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全24件

バレット

月額課金で借りる

都度課金で借りる