ARROW/アロー <ファースト・シーズン>

ARROW/アロー <ファースト・シーズン>の画像・ジャケット写真

ARROW/アロー <ファースト・シーズン> / スティーヴン・アメル

全体の平均評価点:(5点満点)

30

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

「ARROW/アロー <ファースト・シーズン>」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

DCコミックスが原作の痛快ヒーローアクション。父と共に水難事故に遭い、5年後に絶海の孤島で発見されたオリバー。亡き父との約束を果たすため、弓矢を手にしたヒーロー「アロー」として街の権力者に立ち向かっていく。

「ARROW/アロー <ファースト・シーズン>」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: ARROW

「ARROW/アロー <ファースト・シーズン>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ARROW/アロー <ファイナル・シーズン>

ザ・ユニット 米軍極秘部隊

アンダー・ザ・ドーム シーズン2

スイッチ 〜運命のいたずら〜 シーズン1

ユーザーレビュー:30件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全30件

はまりました!

投稿日:2013/06/30 レビュアー:ジョン・ウィリアムズ

金持ちの父親とそのぼんくら息子をのせてクルージングしていた船が遭難し、この親子はが死んだと思われていたが、5年後その息子が無人島でサバイバルしていたところを発見された。
息子は、実は父親の死に際に手帳を渡され、そこには街にに跋扈していた悪徳実業家やギャングの名前が書かれていた。
別人のようにに変わった息子は、父親の意志を読み取り、フードをかぶった正体不明の弓使いとなり、仕事人のごとく、その悪者達を退治していく・・・

はっきり言ってアメコミ的なテイストで、主人公は複数のギャングを簡単に蹴散らす戦闘能力と、警察以上の捜査能力を当たり前のように持っており、
最初の数話は正直現実離れした感がつよく子供だましな感が否めなかった。

ただすこしネタバレになるが、しばらくしてから主人公に仲間ができる。そこから主人公がダークヒーローの立場で仲間と悩みや怒りをぶつけあうことで、
主人公に親近感を覚えるようになり、感情移入できるようになった。

またエピソード1を通して、父親に渡された手帳に隠された秘密に関連し大きな悪が主人公たちに立ちはだかり、後半はかなり楽しめた。

あと主人公の家族をはじめ、他のキャラクターも魅力的で、彼らが軸となって展開する話も面白かった。

最後に、アメリカでも人気があり早々とシーズン2の制作が決定されてるので、このあとも話がつづくのがありがたい。

このレビューは気に入りましたか? 23人の会員が気に入ったと投稿しています

これは面白い

投稿日:2013/09/18 レビュアー:aiai

今頃気づいたんですが、数話あるドラマにちまちま書いてたレビューって、統合されてて、
今やVOL毎にレビュー書くことはなくなったんですね。びっくり(気づくの遅すぎか)

この作品、普通の勧善懲悪ドラマではあるのですが、主人公含め、
人間行動が道徳的にペナルティで、心をくすぐります。

主役オリバークイーンは、超お金持ち資産家のぼんぼん。
5年前、父と、自分の彼女ローレルの妹サラと一緒に乗っていた船が難破して
島に流されてしまう。
彼女ローレルは今やときめくケイティ・キャシディ。
女優だから作品毎に顔や雰囲気がかわるが、本作のケイティは、
AKB48のともちんを数十倍ゴージャスにした感じを醸し出してエロかわいい。

そんなエロかわなローレルをさしおいて、オリバーはなんと彼女の妹を航海に連れ出し、
まさにチョメチョメしようとしているところ、いきなり船がなんらかの理由によってひっくり返り、
ローレルの妹サラはそのまま暗い海にのまれ、オリバーは気がついたら父の避難ボートの上に・・・
で、不思議な島に命からがら一人たどり着く。
その島の不思議さ、謎めいた感は、イメージ的にLOST3とでもいおうか。
謎の傭兵軍団、そしてかれらと対峙する孤高のアジア系戦士。
オリバーはこの戦士に助けられる。

この島での出来事が、時系列として、本筋のドラマにちょこちょこフラッシュバック的に差し込まれる。
シリーズ1は終了したが、この島の出来事全てはまだ明らかにされていない。

島の5年間は、ぼんぼんのオリバーを、超弓使いの戦士に変えてしまう。
島からなんとか抜け出したオリバーは、現代社会に戻ってからは、
以前のぼんぼん御曹司を隠れ蓑にしつつ、旧工場地下を改造しここを悪人退治の拠点とする。
オリバーは何故か、父が残した悪人リスト手帳に載っている悪人たちを次から次に退治する
スーパーヒーローとして日夜戦うのです。

が、戦いつつも、5年前のナンパな自分と、今の自分のギャップに違和感をもっている。
自分に正直でありたい、けれども父の遺言を完遂させなければならない。
その気持ちの板挟みで、周囲の人間関係に翻弄されつつ、距離感をつかめないまま、
さらに話がややこしくなっていく(ここではこういう表現しかできない笑)

主な人物紹介。

オリバー・・・超弓使い戦士。通称フード野郎(超資産家の息子)
弓だけでなく身体能力がずば抜けている。
悪人退治をするときは、緑色のフードを目深にかぶっているので、フード野郎と刑事たちから呼ばれている。
ローレルに頭があがらない。
が、どこかの話数で、自分とおなじような境遇の女の子と出会い、意気投合して寝る(このあたりがアメリカン)

ローレル・・・オリバーの元カノ(弁護士)
オリバーと妹が並々ならぬ関係であったことを知り、オリバーに対して不信感ありあり。
オリバー=フード野郎とは知らず、フード野郎に何度も命を助けられ、フード野郎には
信頼感ありあり。
オリバーの親友トミーも好きだが、心の奥底ではやはりオリバーを愛している。
父は刑事。

トミー・・・オリバーの昔からの親友(こいつも超資産家の息子)
ローレルが好き。
オリバーが5年間行方不明だったので、死んだと思っていて、ローレルと何度か寝る。
オリバーが帰ってきてからは、ローレルとの仲を知られて気まずい雰囲気。
気まずいが、父に勘当され、ローレルと同棲する(このあたりがアメリカン)

モイラ・・・オリバーの母
オリバーの父の奥さん(当たり前か)だったが、父も息子オリバーも死んだと思っていたので、
彼の腹心であった部下と再婚した(このあたりがアメリカン)
見た目エロ熟女だが、実はトミーの父親が取り仕切る謎の組織に加わっている。

ディグル・・・オリバーの相棒。元軍人。
最初はぼんぼん息子のボディーガードとしてオリバーの護衛で雇われていたが、
オリバーが超弓使い戦士であることを見抜いてからは、オリバーから最初の仲間として招かれる。
仲間に入ったが自身はオリバーの大義にYESではない。
弟をヒットマンに殺害されている。
その弟の嫁とラブ関係にある(このあたりがアメリカン)

適度な謎と、勧善懲悪ドラマにはあまり入り込む余地のない不安定な
人間関係を持ち込んでいること、そして、好きなら好きと言え!的な(笑)
アメリカンな行動指針が面白い。

シーズン2が楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? 13人の会員が気に入ったと投稿しています

弓で戦うバットマンみたいな・・

投稿日:2014/02/28 レビュアー:QWERTY

全体的な印象は、バットマン・ビギンズ+ロビンフッド+メロドラマ

金持ちのボンボン・オリバー君はパパとヨットで旅行中に遭難、行方不明に。
5年後に発見された彼はパパの遺言に従い、町に巣食う悪党どもを一掃すべく
謎の“フード野郎”として悪との戦いを始めるのだった・・

ワルモノ退治だけだと40分もたないので
オリバーと元カノ、妹、オカン、その他諸々のメロドラマと
流れ着いた島での5年間の出来事を毎回小出しにすることで
1話分を構成している。

ぶっちゃけ、このメロドラマの部分
特にオリバー、トミー、ローレルの三角関係の話は結構ダルいけど
早送りして字幕だけ読んでれば十分な内容なので問題ない。

アメコミ原作らしく
ツッコミどころ満載のストーリーと、ポンコツぞろいのキャラクターが結構笑える。

主人公のオリバー君は強さが不安定。
大人数を無双プレイでなぎ倒したかと思えば、タイマンでアッサリ負けたり・・
さらに、寂しがり屋なのか結果的にいろんな人に自分の正体をばらしまくる

ディグル君は見た目はメッチャ強そうなのに実際はそれほどでもない見かけ倒しの男

元カノのローレルは、かなり近寄ってもフード野郎の正体に気付かない鈍い女
さらに終盤には、この人関連のネタが無くなり、単なるメロドラマ要員に・・

オリバーの家族もポンコツ揃い
美熟女だけど超ウサン臭いモイラママ
そして意外な強敵が妹のテア。こいつは“とにかく私にかまってちゃん”で
私生活でオリバーの足を引っ張りまくる

幼稚なドラマだと言われれば確かにそうなんだけど
僕は、かしこぶる気は毛頭ないので素直に面白いと思った。
シーズン2を早く見たいよー

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ダークなヒーロー、フード野郎。 これは面白い!

投稿日:2014/05/19 レビュアー:飛べない魔女

ディスカスさんから頂いた動画配信ポイントを利用して
第1話〜第8話まで一気に見ました。
突っ込みどころは数々あれど、これは面白いです。

フードかぶって目の周り黒くぬっても、変装としては不十分じゃね?
でもって声でオリバーってバレるんじゃね?
自分でいっぱい矢を作るの大変じゃね?

なーんて、ことは言いっこなしですぞ。
ダークヒーローものとはいえ、
正義のことだけでなく
家族の絆や、恋の行方、嫉妬や愛情などをうまく絡めて
ワクワク感満載のドラマとなっております。
主人公のオリバーは、すごいイケメンってわけじゃないのだけど、すごい筋肉の持ち主です。
歩き方ががに股なのもお愛嬌ですね。
むしろイケメン度は親友のトミーの方ですかな。
ローレルとの三角関係の行方も気になるところです。
時折挟み込まれる過去のフラッシュバック。
島で何があったのか、次第に明らかになっていく手法も興味深いです。
ヒーローものとしては、ちょっと大人の仕上がりになっとります。

次の無料配信ポイントもらったら、またまた続きを一気に見ますぞ。(←おい、おい、お金出せよ〜、ってか?(笑))
いずれにしても、続きを見るのが待ち遠しいです。


このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

ARROW/アロー <ファースト・シーズン> ネタバレ

投稿日:2015/07/16 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 お金持ちのボンボン息子が離島に漂流して、そこで弓の名手になって自分の生まれ育った街でフードの男として悪を成敗していく話。

 弓をスピーディーに操って、悪人と戦っていくという映像自体に迫力があって面白く見ることができました。現在進行形で悪と戦っていく展開と離島で主人公に何があったのかというサスペンスが停滞することなく描けていたと思います。

 主人公の正体がバレるかバレないかの展開があって味方を1人2人と増やしていって、ピンチのときに救ってくれるというチームものとしてもよかったです。

 シーズン1の悪の根源が引っ張るだけ引っ張っておいて、結構あっけなかったりしたのが残念でしたが、早く次のシーズンが見てみたくなる作品でした。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全30件

ARROW/アロー <ファースト・シーズン>

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:30件

はまりました!

投稿日

2013/06/30

レビュアー

ジョン・ウィリアムズ

金持ちの父親とそのぼんくら息子をのせてクルージングしていた船が遭難し、この親子はが死んだと思われていたが、5年後その息子が無人島でサバイバルしていたところを発見された。
息子は、実は父親の死に際に手帳を渡され、そこには街にに跋扈していた悪徳実業家やギャングの名前が書かれていた。
別人のようにに変わった息子は、父親の意志を読み取り、フードをかぶった正体不明の弓使いとなり、仕事人のごとく、その悪者達を退治していく・・・

はっきり言ってアメコミ的なテイストで、主人公は複数のギャングを簡単に蹴散らす戦闘能力と、警察以上の捜査能力を当たり前のように持っており、
最初の数話は正直現実離れした感がつよく子供だましな感が否めなかった。

ただすこしネタバレになるが、しばらくしてから主人公に仲間ができる。そこから主人公がダークヒーローの立場で仲間と悩みや怒りをぶつけあうことで、
主人公に親近感を覚えるようになり、感情移入できるようになった。

またエピソード1を通して、父親に渡された手帳に隠された秘密に関連し大きな悪が主人公たちに立ちはだかり、後半はかなり楽しめた。

あと主人公の家族をはじめ、他のキャラクターも魅力的で、彼らが軸となって展開する話も面白かった。

最後に、アメリカでも人気があり早々とシーズン2の制作が決定されてるので、このあとも話がつづくのがありがたい。

これは面白い

投稿日

2013/09/18

レビュアー

aiai

今頃気づいたんですが、数話あるドラマにちまちま書いてたレビューって、統合されてて、
今やVOL毎にレビュー書くことはなくなったんですね。びっくり(気づくの遅すぎか)

この作品、普通の勧善懲悪ドラマではあるのですが、主人公含め、
人間行動が道徳的にペナルティで、心をくすぐります。

主役オリバークイーンは、超お金持ち資産家のぼんぼん。
5年前、父と、自分の彼女ローレルの妹サラと一緒に乗っていた船が難破して
島に流されてしまう。
彼女ローレルは今やときめくケイティ・キャシディ。
女優だから作品毎に顔や雰囲気がかわるが、本作のケイティは、
AKB48のともちんを数十倍ゴージャスにした感じを醸し出してエロかわいい。

そんなエロかわなローレルをさしおいて、オリバーはなんと彼女の妹を航海に連れ出し、
まさにチョメチョメしようとしているところ、いきなり船がなんらかの理由によってひっくり返り、
ローレルの妹サラはそのまま暗い海にのまれ、オリバーは気がついたら父の避難ボートの上に・・・
で、不思議な島に命からがら一人たどり着く。
その島の不思議さ、謎めいた感は、イメージ的にLOST3とでもいおうか。
謎の傭兵軍団、そしてかれらと対峙する孤高のアジア系戦士。
オリバーはこの戦士に助けられる。

この島での出来事が、時系列として、本筋のドラマにちょこちょこフラッシュバック的に差し込まれる。
シリーズ1は終了したが、この島の出来事全てはまだ明らかにされていない。

島の5年間は、ぼんぼんのオリバーを、超弓使いの戦士に変えてしまう。
島からなんとか抜け出したオリバーは、現代社会に戻ってからは、
以前のぼんぼん御曹司を隠れ蓑にしつつ、旧工場地下を改造しここを悪人退治の拠点とする。
オリバーは何故か、父が残した悪人リスト手帳に載っている悪人たちを次から次に退治する
スーパーヒーローとして日夜戦うのです。

が、戦いつつも、5年前のナンパな自分と、今の自分のギャップに違和感をもっている。
自分に正直でありたい、けれども父の遺言を完遂させなければならない。
その気持ちの板挟みで、周囲の人間関係に翻弄されつつ、距離感をつかめないまま、
さらに話がややこしくなっていく(ここではこういう表現しかできない笑)

主な人物紹介。

オリバー・・・超弓使い戦士。通称フード野郎(超資産家の息子)
弓だけでなく身体能力がずば抜けている。
悪人退治をするときは、緑色のフードを目深にかぶっているので、フード野郎と刑事たちから呼ばれている。
ローレルに頭があがらない。
が、どこかの話数で、自分とおなじような境遇の女の子と出会い、意気投合して寝る(このあたりがアメリカン)

ローレル・・・オリバーの元カノ(弁護士)
オリバーと妹が並々ならぬ関係であったことを知り、オリバーに対して不信感ありあり。
オリバー=フード野郎とは知らず、フード野郎に何度も命を助けられ、フード野郎には
信頼感ありあり。
オリバーの親友トミーも好きだが、心の奥底ではやはりオリバーを愛している。
父は刑事。

トミー・・・オリバーの昔からの親友(こいつも超資産家の息子)
ローレルが好き。
オリバーが5年間行方不明だったので、死んだと思っていて、ローレルと何度か寝る。
オリバーが帰ってきてからは、ローレルとの仲を知られて気まずい雰囲気。
気まずいが、父に勘当され、ローレルと同棲する(このあたりがアメリカン)

モイラ・・・オリバーの母
オリバーの父の奥さん(当たり前か)だったが、父も息子オリバーも死んだと思っていたので、
彼の腹心であった部下と再婚した(このあたりがアメリカン)
見た目エロ熟女だが、実はトミーの父親が取り仕切る謎の組織に加わっている。

ディグル・・・オリバーの相棒。元軍人。
最初はぼんぼん息子のボディーガードとしてオリバーの護衛で雇われていたが、
オリバーが超弓使い戦士であることを見抜いてからは、オリバーから最初の仲間として招かれる。
仲間に入ったが自身はオリバーの大義にYESではない。
弟をヒットマンに殺害されている。
その弟の嫁とラブ関係にある(このあたりがアメリカン)

適度な謎と、勧善懲悪ドラマにはあまり入り込む余地のない不安定な
人間関係を持ち込んでいること、そして、好きなら好きと言え!的な(笑)
アメリカンな行動指針が面白い。

シーズン2が楽しみです。

弓で戦うバットマンみたいな・・

投稿日

2014/02/28

レビュアー

QWERTY

全体的な印象は、バットマン・ビギンズ+ロビンフッド+メロドラマ

金持ちのボンボン・オリバー君はパパとヨットで旅行中に遭難、行方不明に。
5年後に発見された彼はパパの遺言に従い、町に巣食う悪党どもを一掃すべく
謎の“フード野郎”として悪との戦いを始めるのだった・・

ワルモノ退治だけだと40分もたないので
オリバーと元カノ、妹、オカン、その他諸々のメロドラマと
流れ着いた島での5年間の出来事を毎回小出しにすることで
1話分を構成している。

ぶっちゃけ、このメロドラマの部分
特にオリバー、トミー、ローレルの三角関係の話は結構ダルいけど
早送りして字幕だけ読んでれば十分な内容なので問題ない。

アメコミ原作らしく
ツッコミどころ満載のストーリーと、ポンコツぞろいのキャラクターが結構笑える。

主人公のオリバー君は強さが不安定。
大人数を無双プレイでなぎ倒したかと思えば、タイマンでアッサリ負けたり・・
さらに、寂しがり屋なのか結果的にいろんな人に自分の正体をばらしまくる

ディグル君は見た目はメッチャ強そうなのに実際はそれほどでもない見かけ倒しの男

元カノのローレルは、かなり近寄ってもフード野郎の正体に気付かない鈍い女
さらに終盤には、この人関連のネタが無くなり、単なるメロドラマ要員に・・

オリバーの家族もポンコツ揃い
美熟女だけど超ウサン臭いモイラママ
そして意外な強敵が妹のテア。こいつは“とにかく私にかまってちゃん”で
私生活でオリバーの足を引っ張りまくる

幼稚なドラマだと言われれば確かにそうなんだけど
僕は、かしこぶる気は毛頭ないので素直に面白いと思った。
シーズン2を早く見たいよー

ダークなヒーロー、フード野郎。 これは面白い!

投稿日

2014/05/19

レビュアー

飛べない魔女

ディスカスさんから頂いた動画配信ポイントを利用して
第1話〜第8話まで一気に見ました。
突っ込みどころは数々あれど、これは面白いです。

フードかぶって目の周り黒くぬっても、変装としては不十分じゃね?
でもって声でオリバーってバレるんじゃね?
自分でいっぱい矢を作るの大変じゃね?

なーんて、ことは言いっこなしですぞ。
ダークヒーローものとはいえ、
正義のことだけでなく
家族の絆や、恋の行方、嫉妬や愛情などをうまく絡めて
ワクワク感満載のドラマとなっております。
主人公のオリバーは、すごいイケメンってわけじゃないのだけど、すごい筋肉の持ち主です。
歩き方ががに股なのもお愛嬌ですね。
むしろイケメン度は親友のトミーの方ですかな。
ローレルとの三角関係の行方も気になるところです。
時折挟み込まれる過去のフラッシュバック。
島で何があったのか、次第に明らかになっていく手法も興味深いです。
ヒーローものとしては、ちょっと大人の仕上がりになっとります。

次の無料配信ポイントもらったら、またまた続きを一気に見ますぞ。(←おい、おい、お金出せよ〜、ってか?(笑))
いずれにしても、続きを見るのが待ち遠しいです。


ARROW/アロー <ファースト・シーズン>

投稿日

2015/07/16

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 お金持ちのボンボン息子が離島に漂流して、そこで弓の名手になって自分の生まれ育った街でフードの男として悪を成敗していく話。

 弓をスピーディーに操って、悪人と戦っていくという映像自体に迫力があって面白く見ることができました。現在進行形で悪と戦っていく展開と離島で主人公に何があったのかというサスペンスが停滞することなく描けていたと思います。

 主人公の正体がバレるかバレないかの展開があって味方を1人2人と増やしていって、ピンチのときに救ってくれるというチームものとしてもよかったです。

 シーズン1の悪の根源が引っ張るだけ引っ張っておいて、結構あっけなかったりしたのが残念でしたが、早く次のシーズンが見てみたくなる作品でした。

1〜 5件 / 全30件