パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン>

パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン>の画像・ジャケット写真

パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン> / ジム・カヴィーゼル

全体の平均評価点:(5点満点)

33

全体の平均評価点:

DVD

旧作

「パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン>」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

『LOST』のJ.J.エイブラムスと『ダークナイト ライジング』のジョナサン・ノーランのタッグで贈る犯罪予知アクションの第2シーズン第7巻。リースは大規模なサイバーテロを指揮する古い知り合いに捕らわれてしまい…。第13話と第14話を収録。

「パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン>」 の作品情報

作品情報

製作年:

2012年

製作国:

アメリカ

原題:

PERSON OF INTEREST

「パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ハウス・オブ・カード 野望の階段 シーズン 3

ザ・ユニット 米軍極秘部隊

ロイヤル・ペインズ 〜救命医ハンク〜 シーズン3

ロード・オブ・モンスターズ

ユーザーレビュー:33件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全33件

早く続きがみたい!!!!!!!!

投稿日:2013/10/29 レビュアー:四十肩六郎

海外ドラマの定番、次シーズンに持ち越しはありません。

まだこの作品を見ていない方には是非お勧めしたい。

ひょんな事からジョンを手助けをし自身の正義に目覚めた元悪徳警官『ファスコ』、法を犯すものとしてジョンを追っていた敏腕刑事『カーター』
イタリア系マフィアのカリスマボス『イライアス』、NYのフィクサー『ゾーイ』、NYの汚職組織『HR』の間でNYの裏社会の権力争い、

マシンを自由にしたいと願うサイコパスハッカー『ルート』、組織にハメられた凄腕の工作員『ショウ』、そしてマシンの現管理組織『リサーチ』、
謎の組織『デジマ』の間でマシンを巡る争い。

マシンの開発者で謎の多い男『フィンチ』、全てを無くし生きがいを与えられた元工作員ひと『ジョン』の記録上存在しない二人が人の命を救うべく
立ち向かっていくこのドラマ。

死体の前で恋愛話するようなサイコパスみたいな展開もなく、冗談みたいなトークもない、どちらかというと地味に捜査し問題を解決する内容だが、
なんだろう、面白い。某週刊誌みたいに昨日の敵が今日の友などではなく、互いに利用し合う、もしくは信念に基づいて一時協力した事での「貸し借り」の関係になったり
人間関係が面白い。

さて次のシーズンはどういう展開になるのか?今シーズンの展開はもっと後だと思っていた分、凄く楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

シーズン1より断然良い

投稿日:2014/08/31 レビュアー:QWERTY

これはシーズン1より断然良かった。
エピソードのハズレ率が格段に下がったし
制作側の自己満にすぎなかったハードボイルド路線をやめたのが良かった。

前シーズンで眠気を誘ったリースとフィンチのロボットしゃべりが無くなった。
会話にジョークなども入るようになったし、ユーモラスなシーンも出てきて
感情が見えるようになり人間らしくなった。
新レギュラー(笑)のベアとの絡みも和む。

シーズンを通しての話も
前シーズンから引き続き登場のルートや謎の組織が“システム”の掌握を企てたり
HRの残党が暗躍してファスコとカーターがピンチに・・
とか面白かった。

ビジュアル面も、エイミー・アッカー演じるルートに加えて
後半にはサラ・シャヒが演じるショウが登場して
画的な弱点も無くなった感じ。
まあ、二人とも結構年増なのがアレだけど・・

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

総評

投稿日:2014/06/22 レビュアー:ぽんぽん玉

マシンから送られるナンバーを追う事がメインだったシーズン1。
今シーズンは、マシンにまつわるフィンチの過去と、CIA時代のリースの過去が随所にちりばめられ、謎が徐々に明かされていきます。
そして、フィンチがリースを選んだ経緯も判明。
世界観が広がり、物語にぐっと奥行きが増していきます。
正直、シーズン1では、【マシン】はただの機械としてしか映りませんが、今シーズンではAIである事が前面に押し出された演出が続きます。
リース達を邪魔するキャラも続々と登場し、ただの【人助け】というマンネリを上手に回避しているのは見事です。
飽きさせずに一気に見られたのは高評価。
シーズン3も期待が持てます。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン> ネタバレ

投稿日:2015/02/27 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

マシンを使って相変わらず事件を解決しつつ、ジョンとフィンチ。マシン開発の過去やら犯罪組織HRやらマシンを解放しようとする女性やらいろんな出来事がてんこ盛りな話。

 シーズン1では登場人物が限られていましたが、シーズン2では登場人物がグッと増えて物語の厚みが増して面白さが加速していきました。
 カーター刑事とファスコ刑事も主人公たちに協力しつつ、2人は2人で問題が起きて突破していく。

 マシンの開発を巡る過去だったりマシンが異常をきたして、それを解決しようとしていくクライマックス。
 何気に何度か登場するアジア人のレオンやフィンチが飼うことになる犬だったりの存在もドラマの面白さを高めるキャラクターでよかったです。

 マシンの主が誰になるのか、早く第3シーズンが見たくなるシリーズでした。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

刑務所?拘置所?(VOL6のレビュー)

投稿日:2014/06/20 レビュアー:ぽんぽん玉

とうとう逮捕されてしまったリース。
これで一巻の終わりか?と思いきや、結構首の皮一枚で生き延びている。。。
【スーツの男】とリースを結びつける証拠は隠滅できても、リースの正体ってすぐにバレそうなものなんだけどなぁ。
思い起こせば、一介の刑事であるカーターが、ホームレスだったリースの身元を割り出していたのだ。
だったらFBIには簡単に分かりそうなのに。
そんなこんなで塀の中へと送られてしまったリース。
そこにはイライアスをはじめ、リースがぶちのめした悪党達がワンサカ 笑
でもひとつ疑問が。。。
ここって拘置所なのだろうか?
みんないるんですけど 爆





今回のゲスト。
第11話【完全なる方程式】
ケイレヴは【ボーンズ シーズン7〜】のフィン・アバーナシー。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全33件

パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン>

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:33件

早く続きがみたい!!!!!!!!

投稿日

2013/10/29

レビュアー

四十肩六郎

海外ドラマの定番、次シーズンに持ち越しはありません。

まだこの作品を見ていない方には是非お勧めしたい。

ひょんな事からジョンを手助けをし自身の正義に目覚めた元悪徳警官『ファスコ』、法を犯すものとしてジョンを追っていた敏腕刑事『カーター』
イタリア系マフィアのカリスマボス『イライアス』、NYのフィクサー『ゾーイ』、NYの汚職組織『HR』の間でNYの裏社会の権力争い、

マシンを自由にしたいと願うサイコパスハッカー『ルート』、組織にハメられた凄腕の工作員『ショウ』、そしてマシンの現管理組織『リサーチ』、
謎の組織『デジマ』の間でマシンを巡る争い。

マシンの開発者で謎の多い男『フィンチ』、全てを無くし生きがいを与えられた元工作員ひと『ジョン』の記録上存在しない二人が人の命を救うべく
立ち向かっていくこのドラマ。

死体の前で恋愛話するようなサイコパスみたいな展開もなく、冗談みたいなトークもない、どちらかというと地味に捜査し問題を解決する内容だが、
なんだろう、面白い。某週刊誌みたいに昨日の敵が今日の友などではなく、互いに利用し合う、もしくは信念に基づいて一時協力した事での「貸し借り」の関係になったり
人間関係が面白い。

さて次のシーズンはどういう展開になるのか?今シーズンの展開はもっと後だと思っていた分、凄く楽しみです。

シーズン1より断然良い

投稿日

2014/08/31

レビュアー

QWERTY

これはシーズン1より断然良かった。
エピソードのハズレ率が格段に下がったし
制作側の自己満にすぎなかったハードボイルド路線をやめたのが良かった。

前シーズンで眠気を誘ったリースとフィンチのロボットしゃべりが無くなった。
会話にジョークなども入るようになったし、ユーモラスなシーンも出てきて
感情が見えるようになり人間らしくなった。
新レギュラー(笑)のベアとの絡みも和む。

シーズンを通しての話も
前シーズンから引き続き登場のルートや謎の組織が“システム”の掌握を企てたり
HRの残党が暗躍してファスコとカーターがピンチに・・
とか面白かった。

ビジュアル面も、エイミー・アッカー演じるルートに加えて
後半にはサラ・シャヒが演じるショウが登場して
画的な弱点も無くなった感じ。
まあ、二人とも結構年増なのがアレだけど・・

総評

投稿日

2014/06/22

レビュアー

ぽんぽん玉

マシンから送られるナンバーを追う事がメインだったシーズン1。
今シーズンは、マシンにまつわるフィンチの過去と、CIA時代のリースの過去が随所にちりばめられ、謎が徐々に明かされていきます。
そして、フィンチがリースを選んだ経緯も判明。
世界観が広がり、物語にぐっと奥行きが増していきます。
正直、シーズン1では、【マシン】はただの機械としてしか映りませんが、今シーズンではAIである事が前面に押し出された演出が続きます。
リース達を邪魔するキャラも続々と登場し、ただの【人助け】というマンネリを上手に回避しているのは見事です。
飽きさせずに一気に見られたのは高評価。
シーズン3も期待が持てます。

パーソン・オブ・インタレスト <セカンド・シーズン>

投稿日

2015/02/27

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

マシンを使って相変わらず事件を解決しつつ、ジョンとフィンチ。マシン開発の過去やら犯罪組織HRやらマシンを解放しようとする女性やらいろんな出来事がてんこ盛りな話。

 シーズン1では登場人物が限られていましたが、シーズン2では登場人物がグッと増えて物語の厚みが増して面白さが加速していきました。
 カーター刑事とファスコ刑事も主人公たちに協力しつつ、2人は2人で問題が起きて突破していく。

 マシンの開発を巡る過去だったりマシンが異常をきたして、それを解決しようとしていくクライマックス。
 何気に何度か登場するアジア人のレオンやフィンチが飼うことになる犬だったりの存在もドラマの面白さを高めるキャラクターでよかったです。

 マシンの主が誰になるのか、早く第3シーズンが見たくなるシリーズでした。

刑務所?拘置所?(VOL6のレビュー)

投稿日

2014/06/20

レビュアー

ぽんぽん玉

とうとう逮捕されてしまったリース。
これで一巻の終わりか?と思いきや、結構首の皮一枚で生き延びている。。。
【スーツの男】とリースを結びつける証拠は隠滅できても、リースの正体ってすぐにバレそうなものなんだけどなぁ。
思い起こせば、一介の刑事であるカーターが、ホームレスだったリースの身元を割り出していたのだ。
だったらFBIには簡単に分かりそうなのに。
そんなこんなで塀の中へと送られてしまったリース。
そこにはイライアスをはじめ、リースがぶちのめした悪党達がワンサカ 笑
でもひとつ疑問が。。。
ここって拘置所なのだろうか?
みんないるんですけど 爆





今回のゲスト。
第11話【完全なる方程式】
ケイレヴは【ボーンズ シーズン7〜】のフィン・アバーナシー。

1〜 5件 / 全33件