No.155 RANKING

アダムス・ファミリー

アダムス・ファミリーの画像・ジャケット写真
アダムス・ファミリー / アンジェリカ・ヒューストン
全体の平均評価点:
(5点満点)

13

  • DVD
  • シリーズ
ジャンル:

「アダムス・ファミリー」 の解説・あらすじ・ストーリー

チャールズ・アダムズの人気漫画を、「メン・イン・ブラック」シリーズのバリー・ソネンフェルド監督が映画化。一風変わったアダムス家の財産を狙う顧問弁護士・タリーが、偽物を一家の主人・ゴメズの生き別れの兄・フェスタ―として送り込み…。

「アダムス・ファミリー」 の作品情報

製作年: 1991年
製作国: アメリカ
原題: THE ADDAMS FAMILY

「アダムス・ファミリー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

アダムス・ファミリーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・英語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MGCB56379 2013年08月07日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
46枚 4人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:13件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全13件

新作だからリメイクかと思ったら!

投稿日:2013/09/08 レビュアー:さるこ

リメイクかと思ったら約20年前の映画で初っ端の古さから懐かしくて!
アダムスファミリー2は旧作なのに、こっちは新作なんですね?

このおどろおどろしい雰囲気のブラックコメディ最高です。
この映画でのクリスティーナ・リッチの天才子役っぷりったら。。
弟に電流を流そうとするときのあのキラキラした目!
かなりこの映画では皆さん目で演技してます。

この一家のことずっと見ていたかったけど、ゴメス役の俳優さんが
病気で亡くなったので続編が1つしか作られなかったのは残念です。
それだけこのゴメスのインパクトの強さったら。。。
代わりになるような俳優さんがいなかったのかも。
他の人が演じたら多少雰囲気変わるだろうし。

ホラーコメディはいろいろあるけど、これが一番大好きです!

このレビューは気に入りましたか? はい 6人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

お化け家族が繰り広げるホラーコメディ

投稿日:2013/10/27 レビュアー:しづちゃん

不幸や邪悪な事、忌まわしい物を好む一家は、大な資産がある上流階級のお化け家庭。
長身の伊達男のパパ:ゴメズと美しいが異様に痩せこけた魔女のママ:モーティシア、不幸そうな顔つきで、感受性が強く無口な長女ウェンズディ、性格は典型的な悪ガキ小僧である弟:バグズリィ。
そして空を飛ぶ能力を持ち、色々な薬品を操るのが大得意なフランプお婆ちゃんとアダムス一家の中では唯一まともな性格のゴメズの兄フェスタ―と言う構成。
そんな家族の起こす財産相続を巡っての騒動を扱っています。1991年に制作された「アダムスファミリー」のリメイク版と言う感じで、私はあまり楽しめなかった。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

あれ?今観るとぜんぜん印象違うwww

投稿日:2013/10/08 レビュアー:MM3

昔みたことあったんだけど
レンタルなくて、(しかも2作目だけレンタル出てて)
やっと出たから観てみたら・・・・・


あれ・・・・・・・・・・・!!!???


昔はもっと
コワ面白かったと思ったんだけど
今観ると意外とフツーすぎて・・・・・

よく言えばオーソドックスなんですよね。

でもまあ出てくるキャラ揃いも揃ってキョーレツですわ。

しかも、あの子がクリスティーナリッチだったとは知らなかったわあ〜

鉄の門に閉ざされたアダムス一家。
不気味ないでたちではありますが、
何気にセレブ(笑

財産を狙ってあれやこれやの騒動が繰り広げられる。

不気味な姿から「ホラーコメディ」の印象があったんですが、
これは完全にホームコメディですね(笑


かの有名な音楽に乗せて
このアダムス一家の顛末をごらんアレ♪

ちなみに2作目はまったく未見です。

どうなんだろうな〜。

いやー、これリアルタイムできっちり観てればもっとハマったかも。
最近の映画もたくさん観ちゃった後に観るとちょっとアレです。
ティムバートンとか、そういう似たテイストの後発作品山のように観ちゃったし。

でも、ファンが多いのも納得の良作でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「妖怪人間ベム」の“ベラ”そっくりなんですけど!

投稿日:2020/08/15 レビュアー:かつ

1991年 アメリカ映画
原作者:チャールズ・アダムス
原題:THE ADDAMS FAMILY

元は一コマ漫画「アダムス・ファミリー」が原作なのですね
これもNHKのBSプレミアムで放送され、再鑑賞のつもりでしたが初見だったようです。
あの有名な音楽が耳に馴染んでいて、観たつもりになっていたのかも。

ある日、金庫泥棒の目的で怪しげなアダムス家にゴードン(クリストファー・ロイド)が家主のゴメズ(ラウル・ジュリア)の兄フェスタ―に扮し、住み込む様になる。
しかしどうも会話が噛み合わず偽の人物ではないかと疑われてしまう。
このゴードンは一体何者なのか?

この家の住人達が皆個性的で、手首から輪切りになった“ハンド”だったり、笑わない娘のウェンディ、ちょっとおデブな息子のパグズリー。そして何よりゴメズの妻のモーティシア夫人(アンジェリカ・ヒューストン)がどうしても「妖怪人間ベム」の“ベラ”に見えて仕方なかった。化粧の仕方も雰囲気もそっくり!
このゴードン役のクリストファー・ロイドって『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の博士のドクを演じた方だったんですね。どうりで何処かで見た人だと思いました。
導入部が長い気がしますが、その後は案外楽しめた(やはり序盤の掴みって大事です)。
内容はそれ程奥が深いとは思わないが、この映画の創りに感心しました。それなりにブラックユーモアとセンスが散りばめられていて、ホラーと言っても全然怖くなかったし、笑える部分も多かったです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

子供のためにだったけど

投稿日:2013/11/04 レビュアー:あんな

2で子供がハマったので、1がやっとレンタルされたから借りてみたら、字幕は英語かスペイン語。
吹き替えも英語かスペイン語。
子供には全く判らなかったみたいで、最後まで見ることは無かったです

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全13件

アダムス・ファミリー