終電バイバイ

終電バイバイの画像・ジャケット写真

終電バイバイ / 濱田岳

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「終電バイバイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

終電を逃したからこそ出会える人々が巻き起こす新感覚ドラマ第2巻。蒲田駅で終電を逃したサラリーマンの由紀雄は、途方に暮れて歩いていた飲み屋の前で泥酔したひとりの女性を見掛けるが、実はアイドルだった…。濱田岳主演。第4話から第6話を収録。

「終電バイバイ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2013年
製作国: 日本

「終電バイバイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

新・首領への道4

決算!忠臣蔵

フィッシュストーリー

FM89.3(yakuza)MHz

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

63pts. 【主演】濱田岳 ネタバレ

投稿日:2014/05/09 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

濱田岳を主演にしたオムニバス作品。
関東圏のいろんな駅で、終電を乗り過ごしてしまった人を主人公に、
その後起こる、いろんな出来事を描く。

基本、シチュエーションドラマで、
この発想が大事。

その部分では、なかなか、面白いし、
ありえるもの、ありえないもの、ないまぜではあるが、
こういうオムニバスでは、その方がいいし、
発想勝負の深夜ドラマ作品として、一定のレベルにはあると思う。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

いいです、いいですね〜♪

投稿日:2013/07/14 レビュアー:キヨ

濱田岳、最近、ハマりまくってます。(笑)

終電が発射した後の物語って、ちょっと斬新でした。
ドラマは途中から観たのですが、真新しさに好奇心を刺激されまくりDVD出たら絶対に借りようと直ぐに思ってしまった。
やっぱり、地元の駅が出るとテンション上がりますよね〜!(笑)
全部同じ主人公化と最初は思ったのですが、2・3話観たら主人公の名前が違っていたし、職業も変わっていたので、その時になってやっと気が付きました。
恋をしてちょっぴり切なくなったり、夢に向かってがむしゃらになったり、ちょっとずつ自分を成長させたり、なかなか見応えがあるシナリオがあったと思います。
謎のストーリーテラーとして毎回登場する谷中敦も気になる存在です。(笑)

まぁ、ちょっと強引な展開で物語を進めることころもありましたが、毎回ゲストがなかなかだったので楽しめました。
実際に終電逃してこんな楽しいことがあったら、たまには乗り遅れるのもいいかもしれないなぁ…なんて思ったりして。(笑)
あっ、でも、翌日が休みの時に限りますけどね。(笑)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

終電バイバイ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

63pts. 【主演】濱田岳

投稿日

2014/05/09

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

濱田岳を主演にしたオムニバス作品。
関東圏のいろんな駅で、終電を乗り過ごしてしまった人を主人公に、
その後起こる、いろんな出来事を描く。

基本、シチュエーションドラマで、
この発想が大事。

その部分では、なかなか、面白いし、
ありえるもの、ありえないもの、ないまぜではあるが、
こういうオムニバスでは、その方がいいし、
発想勝負の深夜ドラマ作品として、一定のレベルにはあると思う。

いいです、いいですね〜♪

投稿日

2013/07/14

レビュアー

キヨ

濱田岳、最近、ハマりまくってます。(笑)

終電が発射した後の物語って、ちょっと斬新でした。
ドラマは途中から観たのですが、真新しさに好奇心を刺激されまくりDVD出たら絶対に借りようと直ぐに思ってしまった。
やっぱり、地元の駅が出るとテンション上がりますよね〜!(笑)
全部同じ主人公化と最初は思ったのですが、2・3話観たら主人公の名前が違っていたし、職業も変わっていたので、その時になってやっと気が付きました。
恋をしてちょっぴり切なくなったり、夢に向かってがむしゃらになったり、ちょっとずつ自分を成長させたり、なかなか見応えがあるシナリオがあったと思います。
謎のストーリーテラーとして毎回登場する谷中敦も気になる存在です。(笑)

まぁ、ちょっと強引な展開で物語を進めることころもありましたが、毎回ゲストがなかなかだったので楽しめました。
実際に終電逃してこんな楽しいことがあったら、たまには乗り遅れるのもいいかもしれないなぁ…なんて思ったりして。(笑)
あっ、でも、翌日が休みの時に限りますけどね。(笑)

1〜 2件 / 全2件