ハヤテのごとく! CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU

ハヤテのごとく! CAN’T TAKE MY EYES OFF YOUの画像・ジャケット写真

ハヤテのごとく! CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU / 釘宮理恵

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

「ハヤテのごとく! CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

「週刊少年サンデー」で連載中の畑健二郎原作によるTVアニメの第3期シリーズ第6巻。ハヤテを捜そうと決意したナギ。失われた絆、愛しの執事、過去の約束、永遠への希望…皆の願いが揃い、ラスベガスライブの幕が開く。第11話と最終第12話を収録。

「ハヤテのごとく! CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「ハヤテのごとく! CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

タユタマ −Kiss on my Deity−

十二国記〜月の影 影の海

西の善き魔女

ローゼンメイデン【2013年7月番組】

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

またまた一番乗り

投稿日:2013/02/10 レビュアー:さっちゃん

ということで、シーズン1もシーズン2もすっ飛ばしていきなりシーズン3のレヴューなのですが、それまでのシーズンがおおむね原作の流れに沿った展開をしていたのに対し、このシーズンがオリジナル(といっても原作者も関わってはいるようですが)の設定で突っ走っているために、「おや?」と思ったのがレヴューを書く大きな要素だったりします。
 それとこのシーズンがコメディの要素を保持しつつも、シリアスの方向に舵を切った感じがするのも、これまでとは違った雰囲気を持っています。今回、新しくナギの妹と名乗る少女ツグミ・ルリが現れ、それと相前後してナギの父が死ぬ前に残した遺品の引き取りの連絡が届きます。その遺品の正体は・・・というところから物語が動き始めるのではありますが、ナギとルリの微妙な関係やらルリの背後に見え隠れする謎の存在やら割とドキドキの展開の合間にヒナギクが優しくなろうと努力するエピソードとかコメディの要素が絡むのであんまり深刻にならずに観ることができます。
 そして、クライマックスはナギの父親の遺品を保管しているラスベガス警察にナギ一行が向かい、そこに西沢さん、ヒナギクと生徒会3人娘、果ては桂先生まで集まって大騒動になってしまうのです。ラスベガスで亡くなったナギの父の最期の秘密やらナギのハヤテへの気持ちやらの落ち着き先はどうなってしまうのでしょう?というところで後はDVDで実際にご覧になっていただくのがよろしいかと思います。私はラストには満足しました。では次のシーズン4の放送を待つとしましょうか。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

あいかわらず・・・ ネタバレ

投稿日:2013/07/05 レビュアー:みい

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本当に、あいかわらず、ナギはかわいくない。ツンデレを通り越して、憎たらしい。これは私が同性だからだろうか。私がハヤテならとっくに愛想をつかしている。一応、命の恩人だから、礼儀は尽くすが、そっけない態度になるだろう。さて、この第3部は、いきなり9月になっている。原作が夏休みなので時間軸がおかしい。私は、ギリシャの旅行のアニメ化を楽しみにしてたのに、期待ハズレもはなはだしい。いつか、やってくれるんだろうか?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

ハヤテのごとく! CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

またまた一番乗り

投稿日

2013/02/10

レビュアー

さっちゃん

ということで、シーズン1もシーズン2もすっ飛ばしていきなりシーズン3のレヴューなのですが、それまでのシーズンがおおむね原作の流れに沿った展開をしていたのに対し、このシーズンがオリジナル(といっても原作者も関わってはいるようですが)の設定で突っ走っているために、「おや?」と思ったのがレヴューを書く大きな要素だったりします。
 それとこのシーズンがコメディの要素を保持しつつも、シリアスの方向に舵を切った感じがするのも、これまでとは違った雰囲気を持っています。今回、新しくナギの妹と名乗る少女ツグミ・ルリが現れ、それと相前後してナギの父が死ぬ前に残した遺品の引き取りの連絡が届きます。その遺品の正体は・・・というところから物語が動き始めるのではありますが、ナギとルリの微妙な関係やらルリの背後に見え隠れする謎の存在やら割とドキドキの展開の合間にヒナギクが優しくなろうと努力するエピソードとかコメディの要素が絡むのであんまり深刻にならずに観ることができます。
 そして、クライマックスはナギの父親の遺品を保管しているラスベガス警察にナギ一行が向かい、そこに西沢さん、ヒナギクと生徒会3人娘、果ては桂先生まで集まって大騒動になってしまうのです。ラスベガスで亡くなったナギの父の最期の秘密やらナギのハヤテへの気持ちやらの落ち着き先はどうなってしまうのでしょう?というところで後はDVDで実際にご覧になっていただくのがよろしいかと思います。私はラストには満足しました。では次のシーズン4の放送を待つとしましょうか。

あいかわらず・・・

投稿日

2013/07/05

レビュアー

みい

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本当に、あいかわらず、ナギはかわいくない。ツンデレを通り越して、憎たらしい。これは私が同性だからだろうか。私がハヤテならとっくに愛想をつかしている。一応、命の恩人だから、礼儀は尽くすが、そっけない態度になるだろう。さて、この第3部は、いきなり9月になっている。原作が夏休みなので時間軸がおかしい。私は、ギリシャの旅行のアニメ化を楽しみにしてたのに、期待ハズレもはなはだしい。いつか、やってくれるんだろうか?

1〜 2件 / 全2件