大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転>

大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転>の画像・ジャケット写真
大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転> / 菅野美穂
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

27

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転>」 の解説・あらすじ・ストーリー

男女の逆転の大奥を舞台に描くよしながふみの大ヒット少女漫画の実写化プロジェクト第3弾。映画版第1作の“水野・吉宗編”、連続ドラマ版の“有功・家光編”に続き、本作では五代将軍・徳川綱吉の時代が描かれる。主演は堺雅人と菅野美穂、共演に尾野真千子、宮藤官九郎、西田敏行。監督は前作に引き続き金子文紀。時は元禄、五代将軍・徳川綱吉の時代。美しく聡明な綱吉の才覚によって徳川の治世は最盛期を迎えていた。そんな中、京より呼び寄せられた貧しい公家出身の右衛門佐は、綱吉に巧みに取り入り、大奥総取締となって権力と富を手にしていく。やがて、綱吉の一人娘・松姫が急死したことで正室と側室の後継者を巡る争いは激しさを増していくが…。

「大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転>」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転>の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
124分 聴覚障がい者用日本語字幕 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語/(視覚障がい者用音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DB9671 2013年06月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
55枚 5人 1人

【Blu-ray】大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転>(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
124分 聴覚障がい者用日本語字幕 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
2:DTS-HD Master Audio/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語/(視覚障がい者用音声ガイド)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
SHBR9158 2013年06月08日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
25枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:27件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全27件

男狂いはお世継ぎのため

投稿日:2013/05/24 レビュアー:ミルクチョコ

男子だけが死に至る謎の病によって男女逆転「大奥」のシリーズ第2弾
よしながふみの人気コミックを映画化した2010年の「大奥」の続編で、五代将軍綱吉(菅野美穂)の時代が舞台。
大奥では派閥争いが起き、京から呼び寄せられた貧しい公家出身の右衛門佐(堺雅人)が大奥入りして、権勢を握っていく姿を描きます。

男子禁制ならぬ女人禁制の世界では、男性が自分の好みの女性を侍らすのではなくて、まさに世継ぎ作り。
一見男狂いのように見えますが、女系継承となると、政治と、世継ぎという両方の苦悩、責任感の重圧というものを感じます。
本来は、才色兼備ながらも、世継ぎを産むという将軍最大の使命のため、宿命に翻弄される綱吉は、時代の犠牲者にも見えました。

物語は基本的にはメロドラマであり、これも安っぽくなる危険性があるのですが、この点についても二人の演技による存在感で救われていたように感じました。
いわゆるドロドロした部分が目立つせいか、もう一方の主役である右衛門佐のサクセスストーリーがかすんでしまっていたように思います。
綱吉を溺愛しながらも実質的に操って「生類憐みの令」を発令するきっかけとなる父親の事や、右衛門佐の男としての悲劇を、もう少し描いてほしかったです。
主演の二人が本作をきっかけに、結婚したことを祝い、再上映されたのですよね。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

連ドラファンはなかなか楽しめる♪でも物語が暗いですよね…

投稿日:2013/06/30 レビュアー:みなみ

テレビドラマ「大奥〜誕生〜[有功・家光篇]」の続編にあたる映画です。
ドラマを見てた私は、楽しめました。

まずキャストですが、御台所役がクドカンというのには目がテンになりました。
正妻でしょ??笑っちゃったけど、ボヤくシーンが多いので、なかなかハマってたのかも…

それから桂昌院が西田敏行というのも、思わずブーイング!
若いころの役をやってた田中聖さんはイケメンだったのに、どう考えてもこうならないでしょ!!
(それに元々西田さんが好きではない…^^;)

でもでも、今回の西田さんはすばらしくキレのある演技だったのです♪

★側室(要潤)をいさめるシーン(モノマネが最高!)
★右衛門佐(堺雅人)との初対面のシーン(有功にそっくりな彼を見た時の絶妙な反応!)
★お布団でのシーン(とってもエロい感じ)
★僧侶に娘のことを相談に行ったときのあわてよう、それを娘に告げるときの尋常でない取り乱し方。(爆笑!)

…等々、数々の名場面が。西田さんを見直しました。
タヌキのトロフィーでも差し上げたいです♪

だけど、物語全体は暗かったですね。元々、綱吉は歴史的にもあまりいいイメージがないので
仕方ないのかもしれませんが…

右衛門佐と綱吉(菅野美穂)との間に愛が育っているのも、全く感じられなかったし…
「初めて会った時から…」と言うけど、とってつけたような感じ。

だけど現実のお二人が、本作の共演がきっかけで結婚したのはおめでたいことですね。

このレビューは気に入りましたか? はい 10人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ドラマの方が、、

投稿日:2013/06/15 レビュアー:まりも

正直ドラマの方が良かったかも。最後もあの終わり方はあまり私は好きではないです。

西田敏幸の演技は良かったが、前作のかっこいいあの青年がこれかよ、、っとかなり笑えた。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

エロ抜きの美男美女

投稿日:2013/06/17 レビュアー:momo-koto

先に原作を読んでおいてから映画を観ましたが原作の乾いたような
エロと狂気の部分が菅野美穂や堺雅人といった美男美女の俳優を汚
れない程度に抑えて表現してあったせいか少々拍子抜けしました。

原作をリアルに映画化すると昔々のロマンポルノになりかねない部
分をどうするつもりなのかと思っていました。

老醜をきっちり描かれるのは西田敏行だけで生理が来なくなった綱
吉(菅野美穂)がちょっと老けたかな程度なのも気になりましたが
ラブロマンスの部分を考慮してのことなのかもと考え致し方ないの
かなという感じです。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

期待が大きかっただけに。。。

投稿日:2013/06/11 レビュアー:おたまちゃん

少し、期待を持ちすぎてしまいました
テレビシリーズが、あんまりにも、出来が良かったので、その流れと余韻も期待しすぎたかなぁ

堺さんの演技は、本当にいい!!
あの「好きや!!」て一言だけに、物凄い感情を感じられるのは私だけ?

中々 日本人で、誰かに、愛を告げる演技が、あれほど、心の奥底から、湧いて出てくる様に出来る俳優さんて、居ないと思うんですけど
その点だけは、とても評価させて頂いております

未だに、新撰組の山南さんの役のイメージが拭いきれなかったりするんですけどー
堺さんを知ったのは、これからなんで、私には、とても強烈な印象で刻まれているんですよ

逆転劇も、限度があるのかなぁ・・・
史実も処どころ、混ざってたりするから、余計に難しいのかもしれませんけど・・・

今回は、どうも、的を絞りきれないままって感じでしたね
いまいち・・・感情移入が出来なかったのは、アリコトの演技が強烈に残ってるせいなのかなぁ
ここは・・やはり、違う役者さんで、作った方が、新鮮味があったかも?

もひとつ・・心にぐぐぐぐぐってくるものがなかったので、☆3つとさせていただきました

テレビシリーズもっ回、観たくなったなぁ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全27件

大奥 〜永遠〜 [右衛門佐・綱吉篇] <男女逆転>