新・ブギーマン

新・ブギーマンの画像・ジャケット写真

新・ブギーマン / エディ・マクリントック

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「新・ブギーマン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

闇に潜む伝説の怪物・ブギーマンの恐怖を描いたショッキングホラー。人里離れた屋敷に住む老人が、何者かに顔を引き裂かれ死亡した。数日後、屋敷の隣に住む女性やキャンプをしていた若者たちが次々と惨殺され、巨大な何者かの存在が浮かび上がる。

「新・ブギーマン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: アメリカ
原題: BOOGEYMAN

「新・ブギーマン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ダーク・グラビティ

ウェアハウス13 シーズン3

クリスティーナの好きなコト

巨大毒蟲の館

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

ドギーマン ネタバレ

投稿日:2013/11/10 レビュアー:奇怪伯爵

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジャケからは、ヘタレ感漂っています。
それでも、ブギーマンと冠されたからには、観ないでいられないのがマニア魂。
おっと、SYFY(米国のケーブルテレビ局)の作品じゃ、ありませんか。
テレビ用ムービーでハードル下げますが、最近SYFYには注目しております。
『スターゲイトSGなんとか』『ユーリカ』『ギャラクティカ』等々。
観たいけれど、時間がない。
私的興味をそそる作品が多いんですね。

さて、本作。
画像は、きれい。
作りは、80年代ホラーを感じさせます。
80年手法に則り、丁寧に作りました。
そんな感じが、画面から伝わってきます。

現代ホラーに馴れた方、おそらく刺激不足でしょうね。
エロなし。
グロなし。
B級ホラーに必要な要素が抜けています。

しかし、何故か飽きない。
ブギーマンである怪人の正体を最後まで引っ張り、想定外のアイデアを披露。
怪人の外見も、まさにザ・アメリカンB級ホラー。
出番は多くないものの、効果的な露出です。

兄弟や親子など、登場人物の相関も計算されており、きちんと余韻も残します。
スラッシャーよりも、オカルト。
80年ホラー大好きな人には良作ではないかと。
少なくとも、テレビ用ムービーでこの出来は納得。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

インパクトが低い何処にでもある凡作ホラー。新ブギーマン?? ネタバレ

投稿日:2013/06/05 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

古屋敷に住む偏屈な老人(近所の子供達からスキナーと呼ばれていた)が、何者かに顔を引き裂かれ殺された。
その後、キャンプをしていた若者たちが惨殺される。一人だけ木に吊るされた状態で助かった男によると、殺人鬼は巨大な男で顔に傷がある。素手で体を引き裂き殺したと言う。
しかし、いくら探しても若者達の遺体は見つからない。立ち入り禁止の屋敷にアイザックとジェイコブの兄弟と友人やって来た。ゴミ溜め屋敷でジェイコブは変な形の歯を拾う。
そこへ、近所に住む女性が「差し入れです」と食べ物を持ってやって来た。この家を買いたいという。日本庭園を造りたいのだと言うが・・・。
なんと、この女性も惨殺されてしまいます。クローゼットの中からブギーマンが!!と言うシーンでした。
そうこうしていると、アイザックたちの前に警戒中の女性警官がやって来ます。そして、この屋敷で古い家族写真を見つけます。そこには彼女に係わるある真実が・・・。
スキナーとよばれていた老人と住んでいたブギーマンの正体は・・・。そして、ジェイコブがなぜかブギーマンに狙われ絶体絶命に!!

”闇に潜む伝説の殺人鬼“ブギーマン"の恐怖が再び! ”えっ最新作?!
”クローゼットの暗闇からそしてベッドの下から襲って来るブギーマン!!”このシーン、シリーズ物では恐怖で印象的でしたが、まるで取ってつけたような感じ^^;
ブギーマンもなんだかな・・・。惨殺シーンもイマイチ恐くない。どこが新ブギーマンなのか(>_<)
凡作に仕上がっています。お暇な時にでも観て下さいって感じです。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

へんてこクリーチャー物に近いかと

投稿日:2013/06/06 レビュアー:にも

昔の「ブギーマン」シリーズとは無関係と承知の上でレンタル。

開始後それほどたたないうちに、本作のブギーマン登場。
しなびたミイラ男のよう。
そんな彼が、どのように大暴れするのか観ていくと・・・

暗がりに潜むなんてこともしないわけではないけれど、
基本、高い機動性能と頑丈な耐久性を生かした攻撃が主体。
テクノロジーにも対応し、携帯電話も使用可。
と、”ブギーマン”っぽい印象は薄いかと。
後半、やたら壮大な設定も開示されるものの、
やってることがチマチマしているので、小物感は否めません。
ホラーというよりは、へんてこクリーチャー物に近い印象が。
とてもヒマかつ、昔の「ブギーマン」とは無関係の作品と承知の上でなら。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

これはミニシリーズの編集ものかな

投稿日:2014/01/04 レビュアー:恋次郎

ハロウィンとも亜流のブギーマンものとも関係ない物語ですね。
少女のセリフにきっとブギーマンが隠れている的な発言があるのがタイトルの所以でしょうか。

むしろカインとアベルの聖書のはなしからが題材でありました。まぁ、不死身の殺戮者が登場するのですが。

しかしながら恐怖演出も血しぶきの量も満足のいくものではありません。
たぶんレーティングというより放送コードによるものではないでしょうか。
シーンのつながりもカットされているようで、テレビのミニシリーズを編集したものと考えれば合点がいきます。
キャラクターの掘り下げも浅く感情移入は難しいです。

ちょっと残念でした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ブギーマンぢゃない…

投稿日:2013/06/04 レビュアー:がまがえる

押入れもベットの下も無理矢理気にしてるだけで、まったくなくても良いシーン。
なんでブギーマンなんてタイトルにしたんだろう…?
ブギーマンではなく、ホラー映画としても内容、展開もグズグズでつまらない。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

新・ブギーマン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

ドギーマン

投稿日

2013/11/10

レビュアー

奇怪伯爵

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ジャケからは、ヘタレ感漂っています。
それでも、ブギーマンと冠されたからには、観ないでいられないのがマニア魂。
おっと、SYFY(米国のケーブルテレビ局)の作品じゃ、ありませんか。
テレビ用ムービーでハードル下げますが、最近SYFYには注目しております。
『スターゲイトSGなんとか』『ユーリカ』『ギャラクティカ』等々。
観たいけれど、時間がない。
私的興味をそそる作品が多いんですね。

さて、本作。
画像は、きれい。
作りは、80年代ホラーを感じさせます。
80年手法に則り、丁寧に作りました。
そんな感じが、画面から伝わってきます。

現代ホラーに馴れた方、おそらく刺激不足でしょうね。
エロなし。
グロなし。
B級ホラーに必要な要素が抜けています。

しかし、何故か飽きない。
ブギーマンである怪人の正体を最後まで引っ張り、想定外のアイデアを披露。
怪人の外見も、まさにザ・アメリカンB級ホラー。
出番は多くないものの、効果的な露出です。

兄弟や親子など、登場人物の相関も計算されており、きちんと余韻も残します。
スラッシャーよりも、オカルト。
80年ホラー大好きな人には良作ではないかと。
少なくとも、テレビ用ムービーでこの出来は納得。

インパクトが低い何処にでもある凡作ホラー。新ブギーマン??

投稿日

2013/06/05

レビュアー

mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

古屋敷に住む偏屈な老人(近所の子供達からスキナーと呼ばれていた)が、何者かに顔を引き裂かれ殺された。
その後、キャンプをしていた若者たちが惨殺される。一人だけ木に吊るされた状態で助かった男によると、殺人鬼は巨大な男で顔に傷がある。素手で体を引き裂き殺したと言う。
しかし、いくら探しても若者達の遺体は見つからない。立ち入り禁止の屋敷にアイザックとジェイコブの兄弟と友人やって来た。ゴミ溜め屋敷でジェイコブは変な形の歯を拾う。
そこへ、近所に住む女性が「差し入れです」と食べ物を持ってやって来た。この家を買いたいという。日本庭園を造りたいのだと言うが・・・。
なんと、この女性も惨殺されてしまいます。クローゼットの中からブギーマンが!!と言うシーンでした。
そうこうしていると、アイザックたちの前に警戒中の女性警官がやって来ます。そして、この屋敷で古い家族写真を見つけます。そこには彼女に係わるある真実が・・・。
スキナーとよばれていた老人と住んでいたブギーマンの正体は・・・。そして、ジェイコブがなぜかブギーマンに狙われ絶体絶命に!!

”闇に潜む伝説の殺人鬼“ブギーマン"の恐怖が再び! ”えっ最新作?!
”クローゼットの暗闇からそしてベッドの下から襲って来るブギーマン!!”このシーン、シリーズ物では恐怖で印象的でしたが、まるで取ってつけたような感じ^^;
ブギーマンもなんだかな・・・。惨殺シーンもイマイチ恐くない。どこが新ブギーマンなのか(>_<)
凡作に仕上がっています。お暇な時にでも観て下さいって感じです。

へんてこクリーチャー物に近いかと

投稿日

2013/06/06

レビュアー

にも

昔の「ブギーマン」シリーズとは無関係と承知の上でレンタル。

開始後それほどたたないうちに、本作のブギーマン登場。
しなびたミイラ男のよう。
そんな彼が、どのように大暴れするのか観ていくと・・・

暗がりに潜むなんてこともしないわけではないけれど、
基本、高い機動性能と頑丈な耐久性を生かした攻撃が主体。
テクノロジーにも対応し、携帯電話も使用可。
と、”ブギーマン”っぽい印象は薄いかと。
後半、やたら壮大な設定も開示されるものの、
やってることがチマチマしているので、小物感は否めません。
ホラーというよりは、へんてこクリーチャー物に近い印象が。
とてもヒマかつ、昔の「ブギーマン」とは無関係の作品と承知の上でなら。

これはミニシリーズの編集ものかな

投稿日

2014/01/04

レビュアー

恋次郎

ハロウィンとも亜流のブギーマンものとも関係ない物語ですね。
少女のセリフにきっとブギーマンが隠れている的な発言があるのがタイトルの所以でしょうか。

むしろカインとアベルの聖書のはなしからが題材でありました。まぁ、不死身の殺戮者が登場するのですが。

しかしながら恐怖演出も血しぶきの量も満足のいくものではありません。
たぶんレーティングというより放送コードによるものではないでしょうか。
シーンのつながりもカットされているようで、テレビのミニシリーズを編集したものと考えれば合点がいきます。
キャラクターの掘り下げも浅く感情移入は難しいです。

ちょっと残念でした。

ブギーマンぢゃない…

投稿日

2013/06/04

レビュアー

がまがえる

押入れもベットの下も無理矢理気にしてるだけで、まったくなくても良いシーン。
なんでブギーマンなんてタイトルにしたんだろう…?
ブギーマンではなく、ホラー映画としても内容、展開もグズグズでつまらない。

1〜 5件 / 全5件