ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.の画像・ジャケット写真

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO. / 緒方恵美

全体の平均評価点:(5点満点)

66

全体の平均評価点:

DVD

シリーズ

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

シリーズ

解説・ストーリー

社会現象を巻き起こした「ヱヴァンゲリヲン」シリーズを全4部作として新たに製作した劇場版第3弾。前作から3年あまり、ついに完全新作としての「新たな物語」が始まる。宇多田ヒカルの楽曲や、併映の『巨神兵東京に現わる 劇場版』も収録。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 庵野秀明
原作: 庵野秀明
音楽: 鷺巣詩郎

関連作品

関連作品

劇場版 「空の境界」 殺人考察

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ

円盤皇女ワるきゅーレ 時と夢と銀河の宴

シャーマンキング 友情のかたち

ユーザーレビュー:66件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全66件

50点(凡作) ネタバレ

投稿日:2013/03/26 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは頂けない・・もうエヴァじゃないよ・・
4部作の第3部にあたるエヴァQは次回完結編への単なる中継ぎだった。

本作は「別のエンディング版」なので本来のエヴァとは「全く違うストーリー」であり
サード・インパクトが起きてしまった14年後の終末世界を描いている。
14年経過しても少年少女らが歳を取ってないのは「エヴァの呪縛」によるもの。

私が観たいのは紫色で赤が光る「汎用人型最終決戦兵器暴走モードエヴァ初号機」である。
それを登場しないのだからガッカリ感は大きい。でもエヴァQが始まる前に
スタジオジブリ製作のミニチュア特撮短編「巨神兵東京に現る 劇場版」が同時上映されてて
巨神兵が暴走モードエヴァ初号機に激似だったので満足とすっかぁ。。。
ぜひ「巨神兵」に対抗して「阪神兵」も製作して欲しいものだ^^

てっきり今回は「渚カヲル」君が大活躍するものと勘違いした私はガッカリ・・
「アダム」の魂であり第17使徒
つまり最後のシ者「渚カヲル」君がシンクロする銀色のエヴァ4号機が見たかったのに
変てこりんな白色の13号機?が出て来てシンジ君が致命的なバカをやらかす・・

それに「惣流・アスカ・ラングレー」がモガキ苦しむ事もなく
赤色の2号機があっさり暴走モードに入ってしまうのも、な〜にやってんだ・・
(あ、パチンコのエヴァ7ではあっさり暴走してくれた方が嬉しい^^)

エヴァを一言で表すと「意味不明の悲劇」ではなかろうか。
無数の謎で難しくしといてファンの間で勝手に言い合って解釈してくれや的な意図が伺える。
単なる私的見解ではあるが、エヴァを流行らせた決定的な貢献者は「中川翔子」だ。
彼女が自分のコンサートで「残酷な天使のテーゼ」を歌いヲタクの世界でエヴァに火がついたのだ。
TV視聴率10%にも満たない変なアニメをなぜ彼女が好きになったのかは不明であるが。。。

次回完結編は「ファイナル・インパクト」
サービス サービスゥ〜して、どうかディープ・インパクトな映画になる事を祈っておるぞ?^^

このレビューは気に入りましたか? 40人の会員が気に入ったと投稿しています

アンサーの無い理不尽な『Q』 

投稿日:2013/04/24 レビュアー:ぴよさん


 もはや、新作エヴァを待つ人間には「庵野秀明が、どういう心理状況で作るか」ということが、最も気になる
問題になっている気がする。
 化物的コンテンツとして、一般的な観客の目にも晒されることになって以来、庵野秀明がどのようなエヴァ
を作るかという期待は大きい。だが、「こういうものを見せて欲しい」という期待に対して、庵野氏は決まって
逆向きの作品を作ってくる。  旧劇場版『シト新生』で油断させておいて、『Air』でどん底に投げっぱなす。
リビルド版『序』で、「あ、こんなもんか」と思わせておいて、『破』で、それを崩しにかかる。オリジナルに沿って…
と思わせて、最後にしっかりと軌道を逸らすのだ。そして、この『Q』の全面的な「外し」へと繋げてきた。(正直、
繋がっている感じはしないのだけど)

 天邪鬼な庵野氏は、熱狂的ファンに支持されながら、そのファンをこそターゲットにする。徹底してネガティヴ
な主人公を作り出しておきながら、彼に共感するファンの前で、全力で否定にかかる。だが、シンジは庵野氏の
半身なのだ(想像)。だからどれほど否定しようとしても、否定しきれていない気持ち悪さが残る。残酷なようで、
残酷になりきれない気持ち悪さだ。(他方でアスカ的な突破力のある存在への憧れが常にある。だからアスカ
が躍動している時には、もれなくカタルシスが生まれている)

 『破』では、碇シンジというただの一個人の存在が、世界を改編していく様を描いた。その過程で、シンジのループ
する苦悩に付き合わずに済むことに、旧ファンは少なからず安堵した。あれには正直もう、辟易していたからだ。 
 ところが悲しいことに『Q』で、またあの苦悩が復活してしまった。『破』で起こした擬似3rdインパクトが、世界を、
そして人類を荒廃させたこと。それは、少年のリビドーと利己的正義感が起こした事とした。そのことを「罪」として
断罪したのだ。(まあ確かに苦悩しなきゃいけないだけの結果ではあるけど)

 じゃあ、どうすればよかったのか。そんな風に追い込んで、他にどうすることも出来なくしておいて、やったこと
をただ責める。 この『Q』にカタルシスが無いのは、そのシンジに対する(庵野氏を起点とする)理不尽のせいだ。
 理不尽の理由を説明するでもなく、ネグレクトし、嫌悪する。では、シンジに、自力でそれに気づかせるかと言えば、
最後までそれもさせない。それどころか、新たな「罪」を重ねさせて終わってしまう。

 理不尽の逃げ道としての渚カヲルの存在だが、登場時間の多さに反比例して、意味の薄い存在として描かれて
いるように感じた。シンジの罪を引き受けるという役目にも、必然性を感じない。 シンジの、カヲルに対する感情の
安直さは何だろう。あれも意図したものなのか。

 意外性のためだけに慌てて作り出したように見える組織ヴィレや、戦艦ヴンダーなんかは、全力のパロディにも見え
てしまう。あれだけ荒廃してしまった世界で、しかもネルフと敵対しながら、たった14年の期間であんな凄まじいものを
作り出せるのか。
「凄いからいいでしょ」ということなら、やはりパロディとしか思えない。マクロス、いや、イデオンにまで遡る一大パロディ
じゃないか。
そんなこんなで、『Q』が『シン』へのブリッジストーリーだとしても、色々とバランスを欠いた作品に見えてしまうのだ。


 『Q』はクェスチョンで、『シン』がアンサーになるのか。今までの例からして、それは期待の出来ないことだ。
 そして、期待をしなければ庵野氏は…  その時こそ、応えてくれるのかもしれない。





このレビューは気に入りましたか? 28人の会員が気に入ったと投稿しています

そんなことより…

投稿日:2013/04/17 レビュアー:新井孝彦

なぜBlu-rayが無いんだろう…
内容はどうであれビッグタイトルなのに…

このレビューは気に入りましたか? 27人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビューは掛け値なしです ネタバレ

投稿日:2013/04/09 レビュアー:ウーベ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

星★★★★★です!

人類はこんなものまで作れるようになってしまったのかと思いました。

難解な設定や物語を理解することは
僕は最初から諦めてしまっているので
その辺は全くに気になりません。

とにかく、凄まじい映像と音響で
視覚神経と聴覚神経が刺激されまくって
僕も見終わって暫くの間、少し覚醒できました。

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

希望はあるよ、どんな時もね ネタバレ

投稿日:2013/04/05 レビュアー:なゆ(21)デンゲリ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ヱヴァQ。

 いきなり謎の展開。

 なんと14年経ってるんですか。


 NERVとWILLEの戦いみたいになってるし。

 全くの超展開に、シンジだけでなく見ているほうもついていけません。
 ただ、シンジが鬱陶しい。

 本当にバカシンジだ。

 結局、諸悪の根源はシンジじゃないだろうか。

 サードインパクトを引き起こし、今回はフォースインパクトまで。
 カヲルやアスカが止めるのも聞かず、サードインパクトによって壊れた世界を元に戻すとか突っ走って、結局フォースインパクトですよ。

 次回は、ファイナルインパクトまで引き起こすんじゃないだろうか。それくらい、シンジはひどい。


 それにしても、ストーリーが急に変わったというか、一気に進行しすぎて、やっぱり理解できない。一度観終わって、思い返してそうだったのか? と思える程度だった。

このレビューは気に入りましたか? 12人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全66件

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:66件

50点(凡作)

投稿日

2013/03/26

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

これは頂けない・・もうエヴァじゃないよ・・
4部作の第3部にあたるエヴァQは次回完結編への単なる中継ぎだった。

本作は「別のエンディング版」なので本来のエヴァとは「全く違うストーリー」であり
サード・インパクトが起きてしまった14年後の終末世界を描いている。
14年経過しても少年少女らが歳を取ってないのは「エヴァの呪縛」によるもの。

私が観たいのは紫色で赤が光る「汎用人型最終決戦兵器暴走モードエヴァ初号機」である。
それを登場しないのだからガッカリ感は大きい。でもエヴァQが始まる前に
スタジオジブリ製作のミニチュア特撮短編「巨神兵東京に現る 劇場版」が同時上映されてて
巨神兵が暴走モードエヴァ初号機に激似だったので満足とすっかぁ。。。
ぜひ「巨神兵」に対抗して「阪神兵」も製作して欲しいものだ^^

てっきり今回は「渚カヲル」君が大活躍するものと勘違いした私はガッカリ・・
「アダム」の魂であり第17使徒
つまり最後のシ者「渚カヲル」君がシンクロする銀色のエヴァ4号機が見たかったのに
変てこりんな白色の13号機?が出て来てシンジ君が致命的なバカをやらかす・・

それに「惣流・アスカ・ラングレー」がモガキ苦しむ事もなく
赤色の2号機があっさり暴走モードに入ってしまうのも、な〜にやってんだ・・
(あ、パチンコのエヴァ7ではあっさり暴走してくれた方が嬉しい^^)

エヴァを一言で表すと「意味不明の悲劇」ではなかろうか。
無数の謎で難しくしといてファンの間で勝手に言い合って解釈してくれや的な意図が伺える。
単なる私的見解ではあるが、エヴァを流行らせた決定的な貢献者は「中川翔子」だ。
彼女が自分のコンサートで「残酷な天使のテーゼ」を歌いヲタクの世界でエヴァに火がついたのだ。
TV視聴率10%にも満たない変なアニメをなぜ彼女が好きになったのかは不明であるが。。。

次回完結編は「ファイナル・インパクト」
サービス サービスゥ〜して、どうかディープ・インパクトな映画になる事を祈っておるぞ?^^

アンサーの無い理不尽な『Q』 

投稿日

2013/04/24

レビュアー

ぴよさん


 もはや、新作エヴァを待つ人間には「庵野秀明が、どういう心理状況で作るか」ということが、最も気になる
問題になっている気がする。
 化物的コンテンツとして、一般的な観客の目にも晒されることになって以来、庵野秀明がどのようなエヴァ
を作るかという期待は大きい。だが、「こういうものを見せて欲しい」という期待に対して、庵野氏は決まって
逆向きの作品を作ってくる。  旧劇場版『シト新生』で油断させておいて、『Air』でどん底に投げっぱなす。
リビルド版『序』で、「あ、こんなもんか」と思わせておいて、『破』で、それを崩しにかかる。オリジナルに沿って…
と思わせて、最後にしっかりと軌道を逸らすのだ。そして、この『Q』の全面的な「外し」へと繋げてきた。(正直、
繋がっている感じはしないのだけど)

 天邪鬼な庵野氏は、熱狂的ファンに支持されながら、そのファンをこそターゲットにする。徹底してネガティヴ
な主人公を作り出しておきながら、彼に共感するファンの前で、全力で否定にかかる。だが、シンジは庵野氏の
半身なのだ(想像)。だからどれほど否定しようとしても、否定しきれていない気持ち悪さが残る。残酷なようで、
残酷になりきれない気持ち悪さだ。(他方でアスカ的な突破力のある存在への憧れが常にある。だからアスカ
が躍動している時には、もれなくカタルシスが生まれている)

 『破』では、碇シンジというただの一個人の存在が、世界を改編していく様を描いた。その過程で、シンジのループ
する苦悩に付き合わずに済むことに、旧ファンは少なからず安堵した。あれには正直もう、辟易していたからだ。 
 ところが悲しいことに『Q』で、またあの苦悩が復活してしまった。『破』で起こした擬似3rdインパクトが、世界を、
そして人類を荒廃させたこと。それは、少年のリビドーと利己的正義感が起こした事とした。そのことを「罪」として
断罪したのだ。(まあ確かに苦悩しなきゃいけないだけの結果ではあるけど)

 じゃあ、どうすればよかったのか。そんな風に追い込んで、他にどうすることも出来なくしておいて、やったこと
をただ責める。 この『Q』にカタルシスが無いのは、そのシンジに対する(庵野氏を起点とする)理不尽のせいだ。
 理不尽の理由を説明するでもなく、ネグレクトし、嫌悪する。では、シンジに、自力でそれに気づかせるかと言えば、
最後までそれもさせない。それどころか、新たな「罪」を重ねさせて終わってしまう。

 理不尽の逃げ道としての渚カヲルの存在だが、登場時間の多さに反比例して、意味の薄い存在として描かれて
いるように感じた。シンジの罪を引き受けるという役目にも、必然性を感じない。 シンジの、カヲルに対する感情の
安直さは何だろう。あれも意図したものなのか。

 意外性のためだけに慌てて作り出したように見える組織ヴィレや、戦艦ヴンダーなんかは、全力のパロディにも見え
てしまう。あれだけ荒廃してしまった世界で、しかもネルフと敵対しながら、たった14年の期間であんな凄まじいものを
作り出せるのか。
「凄いからいいでしょ」ということなら、やはりパロディとしか思えない。マクロス、いや、イデオンにまで遡る一大パロディ
じゃないか。
そんなこんなで、『Q』が『シン』へのブリッジストーリーだとしても、色々とバランスを欠いた作品に見えてしまうのだ。


 『Q』はクェスチョンで、『シン』がアンサーになるのか。今までの例からして、それは期待の出来ないことだ。
 そして、期待をしなければ庵野氏は…  その時こそ、応えてくれるのかもしれない。





そんなことより…

投稿日

2013/04/17

レビュアー

新井孝彦

なぜBlu-rayが無いんだろう…
内容はどうであれビッグタイトルなのに…

このレビューは掛け値なしです

投稿日

2013/04/09

レビュアー

ウーベ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

星★★★★★です!

人類はこんなものまで作れるようになってしまったのかと思いました。

難解な設定や物語を理解することは
僕は最初から諦めてしまっているので
その辺は全くに気になりません。

とにかく、凄まじい映像と音響で
視覚神経と聴覚神経が刺激されまくって
僕も見終わって暫くの間、少し覚醒できました。

希望はあるよ、どんな時もね

投稿日

2013/04/05

レビュアー

なゆ(21)デンゲリ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 ヱヴァQ。

 いきなり謎の展開。

 なんと14年経ってるんですか。


 NERVとWILLEの戦いみたいになってるし。

 全くの超展開に、シンジだけでなく見ているほうもついていけません。
 ただ、シンジが鬱陶しい。

 本当にバカシンジだ。

 結局、諸悪の根源はシンジじゃないだろうか。

 サードインパクトを引き起こし、今回はフォースインパクトまで。
 カヲルやアスカが止めるのも聞かず、サードインパクトによって壊れた世界を元に戻すとか突っ走って、結局フォースインパクトですよ。

 次回は、ファイナルインパクトまで引き起こすんじゃないだろうか。それくらい、シンジはひどい。


 それにしても、ストーリーが急に変わったというか、一気に進行しすぎて、やっぱり理解できない。一度観終わって、思い返してそうだったのか? と思える程度だった。

1〜 5件 / 全66件