えびてん 公立海老栖川高校天悶部

えびてん 公立海老栖川高校天悶部の画像・ジャケット写真

えびてん 公立海老栖川高校天悶部 / 伊瀬茉莉也

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

「えびてん 公立海老栖川高校天悶部」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

すかぢと狗神煌がタッグを組んだ人気コミックをアニメ化した学園コメディ第5巻。泉子を人質にしたまま、ついにいろんな意味で本当の力を露にする一樹。そこに駆け付けた天悶部員たちは、泉子の薬で幼女にされてしまう。第9話と最終第10話を収録。

「えびてん 公立海老栖川高校天悶部」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「えびてん 公立海老栖川高校天悶部」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

HUNTER×HUNTER ハンターハンター(2011〜)

ぼくらの

D.C.II〜ダ・カーポII〜

このはな綺譚

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

45pts. 【原作・脚本】すかぢ ネタバレ

投稿日:2013/11/11 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


パロディ系アニメ。
ストーリーはなくはないのだが、
あまり、重要ではない。

というのは、ストーリーのはじめや、
CMに入るキャッチも、
パロディにするアニメのまねをしている。

これは、たぶん、ニコニコ動画などで、
見ることを前提にしている。

私も、たとえば、けいおんとか、
見てはいるものの、
見ていた作品でも、どこをどうパロディにしているのか、
すべてに気づくのは難しい。

それを、みんなと共有すれば、より楽しめる。

ニコニコ動画は、それをコメントで、みんなが書いてくれているだろうから、
たぶん、そういうので見ないと、
この作品の本当の面白さはわからない気がする。

だから、見てるアニメは、そこそこ楽しめるが、
それでも、ニコ動で見る方が面白く、
見てないアニメをパロディ化されても、
ほとんど、分からないので、面白くない。

だからといって、テレビでの視聴にも耐える必要がある、
ストーリー性も、必要と思う。

例えば、ハルヒは、実は多分にパロティが入っているが、
入ってなくても、視聴に耐えるところが、
重要で、本作は、ストーリー部分は、
天文部(天悶部)を舞台に、といっても、
あんまり、天文のことはやらずに、
いろいろ、部活を、はっちゃけて楽しんでいて、
プラスアルファ、ファンタジックな設定があって、
戦いみたいになる。

ま、最近のアニメの寄せ集め的なストーリーで、
芯と呼べるものが、パロディに特化していて、
ストーリーには、ない。

だから、テレビで見ていると、
正直、面白くはなかったという結論になるね。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

えびてん 公立海老栖川高校天悶部

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

45pts. 【原作・脚本】すかぢ

投稿日

2013/11/11

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


パロディ系アニメ。
ストーリーはなくはないのだが、
あまり、重要ではない。

というのは、ストーリーのはじめや、
CMに入るキャッチも、
パロディにするアニメのまねをしている。

これは、たぶん、ニコニコ動画などで、
見ることを前提にしている。

私も、たとえば、けいおんとか、
見てはいるものの、
見ていた作品でも、どこをどうパロディにしているのか、
すべてに気づくのは難しい。

それを、みんなと共有すれば、より楽しめる。

ニコニコ動画は、それをコメントで、みんなが書いてくれているだろうから、
たぶん、そういうので見ないと、
この作品の本当の面白さはわからない気がする。

だから、見てるアニメは、そこそこ楽しめるが、
それでも、ニコ動で見る方が面白く、
見てないアニメをパロディ化されても、
ほとんど、分からないので、面白くない。

だからといって、テレビでの視聴にも耐える必要がある、
ストーリー性も、必要と思う。

例えば、ハルヒは、実は多分にパロティが入っているが、
入ってなくても、視聴に耐えるところが、
重要で、本作は、ストーリー部分は、
天文部(天悶部)を舞台に、といっても、
あんまり、天文のことはやらずに、
いろいろ、部活を、はっちゃけて楽しんでいて、
プラスアルファ、ファンタジックな設定があって、
戦いみたいになる。

ま、最近のアニメの寄せ集め的なストーリーで、
芯と呼べるものが、パロディに特化していて、
ストーリーには、ない。

だから、テレビで見ていると、
正直、面白くはなかったという結論になるね。

1〜 1件 / 全1件