ふがいない僕は空を見た

ふがいない僕は空を見たの画像・ジャケット写真

ふがいない僕は空を見た / 永山絢斗
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。

全体の平均評価点:(5点満点)

25

全体の平均評価点:

予告編を観る

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「ふがいない僕は空を見た」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

赤裸々な性愛描写を織り交ぜつつも、それぞれに苦悩を抱えた登場人物たちがそれでも必死にままならない人生を生きる姿を見つめて、デビュー作にして山本周五郎賞受賞の快挙を果たした窪美澄の話題の同名連作短編集を「百万円と苦虫女」のタナダユキ監督で映画化。主演は「ぱいかじ南海作戦」の永山絢斗と「ハッピーフライト」の田畑智子。高校生の卓巳は友人に誘われて行ったアニメの同人誌販売会で、あんずと名乗るアニメ好きの主婦・里美と出会う。彼女に気に入られた卓巳は、以来彼女に請われるままにアニメのコスプレで情事に耽る日々。しかし同級生の七菜に告白され、里美との情事を終わらせようと決意するが…。

「ふがいない僕は空を見た」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「ふがいない僕は空を見た」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

脚本: 向井康介向井康介
原作: 窪美澄窪美澄
撮影: 大塚亮
音楽: かみむら周平

関連作品

関連作品

Nのために

雨あがる

映画 Z 完全版 果てなき希望

ヒトヤノトゲ〜獄の棘〜

ユーザーレビュー:25件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全25件

行き場のない心情

投稿日:2013/03/30 レビュアー:ミルクチョコ

タナダユキ監督が「性」と「生」との葛藤を紡いだドラマ。
不妊に悩む孤独な主婦里見(田端智子)は、高校生卓巳(永山絢斗)との危険な情事に溺れ、やがて物語は彼らの周りの人々を巻きこみながら、生きることに苦悩し、かすかな光を求めてあがく魂を赤裸々に描き出しています。
卓巳と里美の話がメインで描かれると思って見ていたので、途中から良太(窪田正孝)が主人公のようになって、社会問題が次から次へと描き出されて、視点が定まらないようにも思えましたが、人々の多様な生きる姿を突きつけているようにも思えました。

心が通わぬ夫よりも空想の恋人との情事。彼女の切ない思いは現実逃避の世界でしか叶わない。そんなヒロインを田畑智子が壊れそうなほどの繊細さで演じています。映画はヒリヒリとするような心の痛みに耐えながらも、がんじがらめにされた人々の閉塞感を描いていて、2時間22分と長いこともあってしんどかったです。

この映画のテーマは、「私たちはなぜこの世に生まれてくるか?」という問いかけが背後にあると思います。
子供を作る男女が愛し合っているとは限らない訳で、望まない出産ということだってあり得ます。それでも、子供は生まれて来ます。
この映画での良太はまさにそういう存在です。
母親に「なんで産んだの?堕ろしてくれたら良かったのに!」とドア越しにでつぶやくシーンは居たたまれませんでした。
田畑智子が全裸での激しいラブシーンという事のみが一人歩きしていましたが、「恋愛映画」なんていう範囲を超えてとっても重くてしんどい映画でした。
ラストで、永山絢斗の母を演じる原田美枝子が助産院で子供を取り上げるという大きな存在感を示していました。実はこの物語の本当の意味での主役でもあるような気さえして来ました。
「母性こそすべて」という結論へと収斂して行き、この予想を裏切る展開にほっとしました。
何とか克服し未来を切り拓こうとする若者たちと、その若者たちを見守る訳ありの大人たちの群像劇と言うところでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 30人の会員が気に入ったと投稿しています

2012年邦画No.2

投稿日:2013/04/13 レビュアー:パープルローズ

日本にも才能ある女性監督さんはたくさんいらっしゃいますが、
その中でも今いちばんなのはタナガユキ監督なのではないかと、これを観て強く思いました。
全くだれることなく、没頭できた142分で、帰りに原作本も購入してしまいました。

コスプレ情事に溺れる主婦と高校生が主人公だと思っていたので、
始めは主婦と男子高校生、それぞれの視点から見た、微妙な時系列ずらしが気になったのですが、
途中から気にならなくなりました。
タナダユキ監督は、このふたりの登場人物だけに焦点をあてているわけではなく、
ふたりをめぐる様々な登場人物にも、その視線をむけていることがわかったからです。
そして、愚かしく情けない登場人物たちに向けられる視線は、とても優しいのです。

姑から子供ができないことを責められ続ける主婦を演じる田畑智子がすごくて、びっくりしました。
「もっと舌をとがらして。」
そんなせりふを吐く体当たりのシーン。それをあんなに明るい光のふりそそぐリビングルームでやってるのです。

ご贔屓の窪田正孝くん演じる、生活苦に追い詰められる高校生もよかった。
仲のいいはずの友だちを、陥れるようなことをしてしまう心の矛盾。
施しなんか絶対に受けたくないと拒否していた弁当の差し入れを、貪るように食べてしまうところもよかった。

「世の中にバカな恋愛をしたことのない人なんているのかな。」
私たちはみんなどこか愚かで哀れ。
この世に生れ落ちたときからそんな愚かさを背負っているけど、その愚かさがとても愛しく思えました。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

とっても優しいタナダユキ

投稿日:2013/02/26 レビュアー:おうち大好き


原作の冒頭は十二歳年上の主婦「あんず」とアニメのコスプレでセックスする情景が高校生の「おれ」の一人称で語られる。
小説の無料サンプル版を読んだだけで、この「あんず」役を田畑智子が演じるということに、そしてこの珍しいシチュエーションで話がどう転ぶか、上映がいつ終わっちゃうか分からない映画のほうが小説よりも先でしょうということで観に行きました。

作品自体がとっても重い内容。

物語は、高校生の卓巳や「あんず」こと里美の他に、卓巳の友人である福田、そして彼らの家族や友人など、それぞれに個性を持たせた群像劇になっている。
特に痴呆症の祖母と2人で暮らす福田のエピソードは壮絶なものがある。自分をほったらかしてたまに来ては、なけなしのお金まで黙って持ち去る母親に「なんで産んだの?堕ろしてくれたら良かったのに・・・」とドア越しに小さな声でつぶやくシーンにはズキンときた。演じているのは窪田正孝くん。この人が光っている。主演の永山絢斗くんが少し霞んで見えた。
そしてまたも三浦貴大くんを見なおした。この人は父の三浦友和の「明るさ」よりも母親のほうの「暗さ」のほうを受け継いでいるのではないかなと思う。

作品の中では、どうしようもないくらい情けない人物が多数出てくる。しかしその其々の人物を決して見捨てない演出がある。「ふがいない」という形容詞で表されるぐらいのダメさなのである。
同じ女性監督である西川美和のようにブラックではない。タナダユキ監督は基本的に優しい人なのではないかしら。
しかしその優しさゆえの感動の締めくくりが私はちょっと気に食わない。

ラストで主人公が口にするセリフどおり、

人生は本当に「やっかいなもの」なのだから。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

タイトルは文学的だけど

投稿日:2013/12/23 レビュアー:ハル2013

ある有名な女性がTwitterでこの作品の題名を出していたので借りてみた。ざっとあらすじを読んでも、展開が見えなかったのでとりあえず借りた。

でも、結論から言うとつまらない。と言うか、少なくとも僕の好みじゃない。時間軸も行ったり来たりで、紛らわしい。

人間の、見たくない部分ばかりが映像になってる感じで、苦痛で苦痛で、時間がとても長く感じられて、途中で切った。
文学的な作品なら、人間の醜さを表現しながらも、愛おしさや同情できるものを感じさせるはず。

かろうじて、田畑智子の過去のいじめ体験や、妊娠できないことで義母からののしられる部分に、
高校生をSEXフレンドにしてしまう逃避というか、仕方なさみたいなものが感じられた。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

本当に見て欲しい作品

投稿日:2013/03/10 レビュアー:アル

18R指定だから、見る人も少なかったかもしれませんが

本当に見てもらいたい作品。

素晴らしいです。

それぞれの人生が描かれていて

「自分だけ犠牲者のふりしてんじゃねーぞ!」
友達のこのセリフが本当に効いてます。

ぜひ、見てください。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全25件

ふがいない僕は空を見た

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:25件

行き場のない心情

投稿日

2013/03/30

レビュアー

ミルクチョコ

タナダユキ監督が「性」と「生」との葛藤を紡いだドラマ。
不妊に悩む孤独な主婦里見(田端智子)は、高校生卓巳(永山絢斗)との危険な情事に溺れ、やがて物語は彼らの周りの人々を巻きこみながら、生きることに苦悩し、かすかな光を求めてあがく魂を赤裸々に描き出しています。
卓巳と里美の話がメインで描かれると思って見ていたので、途中から良太(窪田正孝)が主人公のようになって、社会問題が次から次へと描き出されて、視点が定まらないようにも思えましたが、人々の多様な生きる姿を突きつけているようにも思えました。

心が通わぬ夫よりも空想の恋人との情事。彼女の切ない思いは現実逃避の世界でしか叶わない。そんなヒロインを田畑智子が壊れそうなほどの繊細さで演じています。映画はヒリヒリとするような心の痛みに耐えながらも、がんじがらめにされた人々の閉塞感を描いていて、2時間22分と長いこともあってしんどかったです。

この映画のテーマは、「私たちはなぜこの世に生まれてくるか?」という問いかけが背後にあると思います。
子供を作る男女が愛し合っているとは限らない訳で、望まない出産ということだってあり得ます。それでも、子供は生まれて来ます。
この映画での良太はまさにそういう存在です。
母親に「なんで産んだの?堕ろしてくれたら良かったのに!」とドア越しにでつぶやくシーンは居たたまれませんでした。
田畑智子が全裸での激しいラブシーンという事のみが一人歩きしていましたが、「恋愛映画」なんていう範囲を超えてとっても重くてしんどい映画でした。
ラストで、永山絢斗の母を演じる原田美枝子が助産院で子供を取り上げるという大きな存在感を示していました。実はこの物語の本当の意味での主役でもあるような気さえして来ました。
「母性こそすべて」という結論へと収斂して行き、この予想を裏切る展開にほっとしました。
何とか克服し未来を切り拓こうとする若者たちと、その若者たちを見守る訳ありの大人たちの群像劇と言うところでしょうか?

2012年邦画No.2

投稿日

2013/04/13

レビュアー

パープルローズ

日本にも才能ある女性監督さんはたくさんいらっしゃいますが、
その中でも今いちばんなのはタナガユキ監督なのではないかと、これを観て強く思いました。
全くだれることなく、没頭できた142分で、帰りに原作本も購入してしまいました。

コスプレ情事に溺れる主婦と高校生が主人公だと思っていたので、
始めは主婦と男子高校生、それぞれの視点から見た、微妙な時系列ずらしが気になったのですが、
途中から気にならなくなりました。
タナダユキ監督は、このふたりの登場人物だけに焦点をあてているわけではなく、
ふたりをめぐる様々な登場人物にも、その視線をむけていることがわかったからです。
そして、愚かしく情けない登場人物たちに向けられる視線は、とても優しいのです。

姑から子供ができないことを責められ続ける主婦を演じる田畑智子がすごくて、びっくりしました。
「もっと舌をとがらして。」
そんなせりふを吐く体当たりのシーン。それをあんなに明るい光のふりそそぐリビングルームでやってるのです。

ご贔屓の窪田正孝くん演じる、生活苦に追い詰められる高校生もよかった。
仲のいいはずの友だちを、陥れるようなことをしてしまう心の矛盾。
施しなんか絶対に受けたくないと拒否していた弁当の差し入れを、貪るように食べてしまうところもよかった。

「世の中にバカな恋愛をしたことのない人なんているのかな。」
私たちはみんなどこか愚かで哀れ。
この世に生れ落ちたときからそんな愚かさを背負っているけど、その愚かさがとても愛しく思えました。

とっても優しいタナダユキ

投稿日

2013/02/26

レビュアー

おうち大好き


原作の冒頭は十二歳年上の主婦「あんず」とアニメのコスプレでセックスする情景が高校生の「おれ」の一人称で語られる。
小説の無料サンプル版を読んだだけで、この「あんず」役を田畑智子が演じるということに、そしてこの珍しいシチュエーションで話がどう転ぶか、上映がいつ終わっちゃうか分からない映画のほうが小説よりも先でしょうということで観に行きました。

作品自体がとっても重い内容。

物語は、高校生の卓巳や「あんず」こと里美の他に、卓巳の友人である福田、そして彼らの家族や友人など、それぞれに個性を持たせた群像劇になっている。
特に痴呆症の祖母と2人で暮らす福田のエピソードは壮絶なものがある。自分をほったらかしてたまに来ては、なけなしのお金まで黙って持ち去る母親に「なんで産んだの?堕ろしてくれたら良かったのに・・・」とドア越しに小さな声でつぶやくシーンにはズキンときた。演じているのは窪田正孝くん。この人が光っている。主演の永山絢斗くんが少し霞んで見えた。
そしてまたも三浦貴大くんを見なおした。この人は父の三浦友和の「明るさ」よりも母親のほうの「暗さ」のほうを受け継いでいるのではないかなと思う。

作品の中では、どうしようもないくらい情けない人物が多数出てくる。しかしその其々の人物を決して見捨てない演出がある。「ふがいない」という形容詞で表されるぐらいのダメさなのである。
同じ女性監督である西川美和のようにブラックではない。タナダユキ監督は基本的に優しい人なのではないかしら。
しかしその優しさゆえの感動の締めくくりが私はちょっと気に食わない。

ラストで主人公が口にするセリフどおり、

人生は本当に「やっかいなもの」なのだから。

タイトルは文学的だけど

投稿日

2013/12/23

レビュアー

ハル2013

ある有名な女性がTwitterでこの作品の題名を出していたので借りてみた。ざっとあらすじを読んでも、展開が見えなかったのでとりあえず借りた。

でも、結論から言うとつまらない。と言うか、少なくとも僕の好みじゃない。時間軸も行ったり来たりで、紛らわしい。

人間の、見たくない部分ばかりが映像になってる感じで、苦痛で苦痛で、時間がとても長く感じられて、途中で切った。
文学的な作品なら、人間の醜さを表現しながらも、愛おしさや同情できるものを感じさせるはず。

かろうじて、田畑智子の過去のいじめ体験や、妊娠できないことで義母からののしられる部分に、
高校生をSEXフレンドにしてしまう逃避というか、仕方なさみたいなものが感じられた。

本当に見て欲しい作品

投稿日

2013/03/10

レビュアー

アル

18R指定だから、見る人も少なかったかもしれませんが

本当に見てもらいたい作品。

素晴らしいです。

それぞれの人生が描かれていて

「自分だけ犠牲者のふりしてんじゃねーぞ!」
友達のこのセリフが本当に効いてます。

ぜひ、見てください。

1〜 5件 / 全25件