ドクターX 〜外科医・大門未知子〜

ドクターX 〜外科医・大門未知子〜の画像・ジャケット写真

ドクターX 〜外科医・大門未知子〜 / 米倉涼子

全体の平均評価点:(5点満点)

8

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『ナサケの女〜国税局査察官〜』の米倉涼子と脚本家・中園ミホが再びタッグを組んだ医療ドラマ第1巻。大学病院に補充要因として来たフリー外科医・大門未知子は、着任早々院長・久保が執刀を予定している手術に異議を唱える。第1話と第2話を収録。

「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「ドクターX 〜外科医・大門未知子〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

横山秀夫サスペンス

あなたの番です

連続ドラマW 引き抜き屋 〜ヘッドハンターの流儀〜

禅 ZEN

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

いたしません!

投稿日:2013/03/05 レビュアー:kazupon

このドラマ、面白かったですよ。
毎回、冒頭で流れるナレーションが、ちょっと昭和っぽいのよね。(笑)

― 群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器 ―

特定の病院や大学医局に属さない「フリーランス」の女外科医が大門未知子(米倉涼子)なのです。
未知子の仕事のやり方は徹底していて、医師免許がなくてもできる仕事は、一切『いたしません』と宣言します。
その他にも、教授の論文の手伝いも『いたしません』
教授との食事、接待も『いたしません』
残業も『いたしません』・・・時間外の仕事は、別料金(時給3万円)で請け負います。
彼女の履歴書には、「特技・・・手術」「趣味・・・手術」と書かれているほどで、どんな難しい手術も「私、失敗しないので」と買って出るのでした。
また、医師の仕事着としては、およそ適さないようなファッションで、その上に白衣を羽織り、院内をヒールの音を立てて歩く姿は、モデルのように恰好よかったです。
未知子には、軍医、船医としての経歴もあり、手術の腕前が確かなばかりか、患者への負担にならないような適切な術式や、今までに見たことがないような術式で手術をして行きます。
未知子の傍若無人な態度に医局の医師たちも最初は反感を抱いていましたが、次第に彼女の高い技術と知識、経験を認めていくようになるのですが、同時に彼女がドクターXと呼ばれる謎の医師ではないかという噂も立ちます。
登場人物の中で、室井滋演じる事務長が面白く、教授の言葉や方針には決して逆らわず「御意!」と返答するのには笑えました。
また、未知子を派遣している医師紹介所の所長が岸辺一徳演じる神原で、なかなか味のある役どころでした。

視聴率もかなり良かったと聞きました。
ストーリーだけではなく、米倉涼子のファッションと抜群のスタイルも堪能できます。

このレビューは気に入りましたか? 16人の会員が気に入ったと投稿しています

ドクターX 〜外科医・大門未知子〜 ネタバレ

投稿日:2015/01/12 レビュアー:片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「絶対失敗しませんから」と豪語して難しい手術を簡単にこなしていく。腕は確かだけど、大学病院の先生たちの流れとは全く違うところで動いていて常識が通じない。
 そういう常識はずれなキャラクターを見ていると痛快な気持ちにさせてくれるので、そんな主人公が成功していくのを見ているとスッキリするのがよかったです。

 今までの常識が通じず振り回される仲間たちですが、しだいにチームとなり困難を突破していく王道の展開も見ていて楽しめました。最終回は最初にクライマックスの手術が成功して、またフリーライターの手術の流れになるのでそこはもう1度となると盛り上がりに欠けました。
 ドクターXの正体は誰なんだ? というのでも引っ張りますがそれもたいした効果がなかったかなとも思いました。

 態度は悪いけど、なんだかんだ最後は助ける主人公で腕は確かというどんな困難があっても突破くれるんだろうと安心感ある展開で面白く見ることができました。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

かなり楽しめた

投稿日:2021/03/01 レビュアー:勇光

面白かった。
「白い巨塔」より3倍楽しい。ブラックジャックみたいな万能外科医ってところがいい。
マンガみたいでわざとらしいストーリーだが、脚本はよく錬られてある。
ただ、最終話は大したことなかった。シーズン2を意識して派手なドンパチを入れなかったのか・・?

米倉涼子は毎回短いスカートで太もも丸出しにして頑張っている。が、あんまりセクシーじゃない。米倉ってたぶんホモなのだろう。男みたいに見える。
でも、そこがこの作品ではカッコいい感じになっている。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

私失敗しないので

投稿日:2016/10/13 レビュアー:じゃりんこチエ

TVでオンエアされていたときは観ていなかったが、シーズン4ができるというのでシーズン1からみ始めた。

痛快でおもしろい。

人間の生き死にがかかわるので、みんな最後は死にたくないんだな、と思う。

自信のない医者より、はっきりできるできないをいってくれる医者はとてもありがたい。
でもこれは何が起きても、頼んだ自分にも責任があるといえる人だけ。

ある一定の人は、その「できる」といった人に対してできなかったときに「できる」といったでしょ!?と攻めてくる人がいる。
だからこそ、描かれているような病院経営になってしまうのだろう。

生きても死んでも、「私失敗しないので」と言っている医者に出会えたら…。

しかし、大門未知子と関わるにはあきらさんという存在もかかせない気がする。
抜かりなくバッチリ手術費を請求してくれる人が周りにいると助かりますね(笑)。

プロフェッショナルという意味では、北川景子の『家売るオンナ』に通じるところがあるかも!?

続きが楽しみなドラマです。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

無題

投稿日:2014/04/30 レビュアー:ナリタブラリアンです

相変わらず、面白い内容だと思います。 この前「フリーランスの特集」をTV放送で放送していましたが、確かにドラマのようなそう簡単にできるものではない、という実感になりました。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全8件

ドクターX 〜外科医・大門未知子〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:8件

いたしません!

投稿日

2013/03/05

レビュアー

kazupon

このドラマ、面白かったですよ。
毎回、冒頭で流れるナレーションが、ちょっと昭和っぽいのよね。(笑)

― 群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器 ―

特定の病院や大学医局に属さない「フリーランス」の女外科医が大門未知子(米倉涼子)なのです。
未知子の仕事のやり方は徹底していて、医師免許がなくてもできる仕事は、一切『いたしません』と宣言します。
その他にも、教授の論文の手伝いも『いたしません』
教授との食事、接待も『いたしません』
残業も『いたしません』・・・時間外の仕事は、別料金(時給3万円)で請け負います。
彼女の履歴書には、「特技・・・手術」「趣味・・・手術」と書かれているほどで、どんな難しい手術も「私、失敗しないので」と買って出るのでした。
また、医師の仕事着としては、およそ適さないようなファッションで、その上に白衣を羽織り、院内をヒールの音を立てて歩く姿は、モデルのように恰好よかったです。
未知子には、軍医、船医としての経歴もあり、手術の腕前が確かなばかりか、患者への負担にならないような適切な術式や、今までに見たことがないような術式で手術をして行きます。
未知子の傍若無人な態度に医局の医師たちも最初は反感を抱いていましたが、次第に彼女の高い技術と知識、経験を認めていくようになるのですが、同時に彼女がドクターXと呼ばれる謎の医師ではないかという噂も立ちます。
登場人物の中で、室井滋演じる事務長が面白く、教授の言葉や方針には決して逆らわず「御意!」と返答するのには笑えました。
また、未知子を派遣している医師紹介所の所長が岸辺一徳演じる神原で、なかなか味のある役どころでした。

視聴率もかなり良かったと聞きました。
ストーリーだけではなく、米倉涼子のファッションと抜群のスタイルも堪能できます。

ドクターX 〜外科医・大門未知子〜

投稿日

2015/01/12

レビュアー

片山刑事

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「絶対失敗しませんから」と豪語して難しい手術を簡単にこなしていく。腕は確かだけど、大学病院の先生たちの流れとは全く違うところで動いていて常識が通じない。
 そういう常識はずれなキャラクターを見ていると痛快な気持ちにさせてくれるので、そんな主人公が成功していくのを見ているとスッキリするのがよかったです。

 今までの常識が通じず振り回される仲間たちですが、しだいにチームとなり困難を突破していく王道の展開も見ていて楽しめました。最終回は最初にクライマックスの手術が成功して、またフリーライターの手術の流れになるのでそこはもう1度となると盛り上がりに欠けました。
 ドクターXの正体は誰なんだ? というのでも引っ張りますがそれもたいした効果がなかったかなとも思いました。

 態度は悪いけど、なんだかんだ最後は助ける主人公で腕は確かというどんな困難があっても突破くれるんだろうと安心感ある展開で面白く見ることができました。

かなり楽しめた

投稿日

2021/03/01

レビュアー

勇光

面白かった。
「白い巨塔」より3倍楽しい。ブラックジャックみたいな万能外科医ってところがいい。
マンガみたいでわざとらしいストーリーだが、脚本はよく錬られてある。
ただ、最終話は大したことなかった。シーズン2を意識して派手なドンパチを入れなかったのか・・?

米倉涼子は毎回短いスカートで太もも丸出しにして頑張っている。が、あんまりセクシーじゃない。米倉ってたぶんホモなのだろう。男みたいに見える。
でも、そこがこの作品ではカッコいい感じになっている。

私失敗しないので

投稿日

2016/10/13

レビュアー

じゃりんこチエ

TVでオンエアされていたときは観ていなかったが、シーズン4ができるというのでシーズン1からみ始めた。

痛快でおもしろい。

人間の生き死にがかかわるので、みんな最後は死にたくないんだな、と思う。

自信のない医者より、はっきりできるできないをいってくれる医者はとてもありがたい。
でもこれは何が起きても、頼んだ自分にも責任があるといえる人だけ。

ある一定の人は、その「できる」といった人に対してできなかったときに「できる」といったでしょ!?と攻めてくる人がいる。
だからこそ、描かれているような病院経営になってしまうのだろう。

生きても死んでも、「私失敗しないので」と言っている医者に出会えたら…。

しかし、大門未知子と関わるにはあきらさんという存在もかかせない気がする。
抜かりなくバッチリ手術費を請求してくれる人が周りにいると助かりますね(笑)。

プロフェッショナルという意味では、北川景子の『家売るオンナ』に通じるところがあるかも!?

続きが楽しみなドラマです。

無題

投稿日

2014/04/30

レビュアー

ナリタブラリアンです

相変わらず、面白い内容だと思います。 この前「フリーランスの特集」をTV放送で放送していましたが、確かにドラマのようなそう簡単にできるものではない、という実感になりました。

1〜 5件 / 全8件