私の叔父さん

私の叔父さんの画像・ジャケット写真

私の叔父さん / 高橋克典

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「私の叔父さん」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

連城三紀彦の同名短編を「特命係長 只野仁」の高橋克典、「受験のシンデレラ」の寺島咲主演で映画化した異色ラブ・ストーリー。監督は「竜二 〜Forever〜」の細野辰興。大学受験のために上京していた夕美子はカメラマンの田原構治のもとに身を寄せていた。彼女の母、夕季子は構治の姪で、夕美子を生んで間もなく亡くなってしまった。夕美子は、母と構治がかつて愛し合っていたとの確信を抱いていた。やがて実家に戻った夕美子の妊娠が発覚、子どもの父親は構治だと言い張り、彼を困惑させるのだが…。

「私の叔父さん」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「私の叔父さん」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

太陽の坐る場所

医師 問題無ノ介 2

ピース オブ ケイク

DOG FIGHT〜野良犬たちの挽歌

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

これと言って起伏のない作品ですが・・・ ネタバレ

投稿日:2013/03/30 レビュアー:キヨ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何故か妙に切なくなる作品ですね。
いわゆる、“悲恋”の部類になるのでしょうか?

法律上は問題なくても、やはり親族同士の恋ってのは背徳感があります。
これだけ狭くなった世界で、どうしてもこんなに近くにいる人を愛してしまうのか・・・?
まっ、“愛”と“死”は人間が解き明かすことができないふたつの謎ですからね。

さすがにエロスを求める作品ではないので叔父と姪は結ばれることはなかった。
けれど構治は相当後悔していたんでしょうね。
生きていれば見届けることができる幸せも、当の姪である夕季子が夭逝してしまっては無念しか残らなかった。
それを恐れてか、夕美子の面倒を見るって言い出すとは・・・。
最後のシーンではどこまで本気かは測りかねましたが、不実の子を妊娠したと言う夕美子の父・布美雄に土下座をしたのだから本気なんだろうな。

30万円の借金のカタにこの子をって。(笑)
オチで使われてましたが、あんまり印象は良くないな。

構治が夕季子に大人がどんなものであるか説くシーンは、ちょっとグッときた。
格好良かった。
男の強がりが、情けなくもあり、愛しくもあった。
これ、男だからわかることだろうね。
夕季子はきっととっくに嘘だと見抜いていたけれど、どことなく予感はしていたのだから本当に大人しく引き下がります。
そして、地元の青年にプロポーズされていた真実も抱えていましたしね。

それにしても、最近“年の差婚”取り沙汰されておりますが、本当にこんなに中年や初老がモテるんでしょうかね?(笑)

高橋克典は年を経てもなお格好いいし、寺島咲も注目すべき女優だなって感じました。
ピッタリとはまって、良い演技だったと思います。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

私の叔父さん

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

これと言って起伏のない作品ですが・・・

投稿日

2013/03/30

レビュアー

キヨ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

何故か妙に切なくなる作品ですね。
いわゆる、“悲恋”の部類になるのでしょうか?

法律上は問題なくても、やはり親族同士の恋ってのは背徳感があります。
これだけ狭くなった世界で、どうしてもこんなに近くにいる人を愛してしまうのか・・・?
まっ、“愛”と“死”は人間が解き明かすことができないふたつの謎ですからね。

さすがにエロスを求める作品ではないので叔父と姪は結ばれることはなかった。
けれど構治は相当後悔していたんでしょうね。
生きていれば見届けることができる幸せも、当の姪である夕季子が夭逝してしまっては無念しか残らなかった。
それを恐れてか、夕美子の面倒を見るって言い出すとは・・・。
最後のシーンではどこまで本気かは測りかねましたが、不実の子を妊娠したと言う夕美子の父・布美雄に土下座をしたのだから本気なんだろうな。

30万円の借金のカタにこの子をって。(笑)
オチで使われてましたが、あんまり印象は良くないな。

構治が夕季子に大人がどんなものであるか説くシーンは、ちょっとグッときた。
格好良かった。
男の強がりが、情けなくもあり、愛しくもあった。
これ、男だからわかることだろうね。
夕季子はきっととっくに嘘だと見抜いていたけれど、どことなく予感はしていたのだから本当に大人しく引き下がります。
そして、地元の青年にプロポーズされていた真実も抱えていましたしね。

それにしても、最近“年の差婚”取り沙汰されておりますが、本当にこんなに中年や初老がモテるんでしょうかね?(笑)

高橋克典は年を経てもなお格好いいし、寺島咲も注目すべき女優だなって感じました。
ピッタリとはまって、良い演技だったと思います。

1〜 1件 / 全1件