チレラマ CHILLERAMA

チレラマ CHILLERAMAの画像・ジャケット写真

チレラマ CHILLERAMA / オムニバス洋画

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「チレラマ CHILLERAMA」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

B級映画のエッセンスを無造作にブチ込んだオムニバスホラーコメディ。閉館するドライブインシアターで、最後にバカで下品でくだらない映画が掛かることに。老支配人のセシルが感慨に耽っていた頃、従業員のフロイドは甦った死体に襲われていた。

「チレラマ CHILLERAMA」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: CHILLERAMA

「チレラマ CHILLERAMA」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ドラマステージ<tvN>

セブン・サムシング

REAPER/デビルバスター Season2

偽りのセックスが好き/女3人のおいしい不倫

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

おバカで下品なゾンビ映画。

投稿日:2013/04/24 レビュアー:きよまま

コメディですが、超〜〜おバカで、超〜〜下品です。
『精子怪獣』に『ヒトラー』に『う◯こ』
そして、最後に乱交するゾンビ達とおげれつ全開です。

ヒマがあってもおすすめしませんがおげれつ好きな方はどうぞ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

下品な駄作

投稿日:2013/04/11 レビュアー:カプチーノ

パッケージのイラストから判断して、いろいろな要素を詰め込んだごった煮の楽しい70年代頃のグラインドハウス映画かなと思っていたのですが、
冒頭のゾンビ発生の原因となるエピソードで携帯電話が出てきて、最近の制作だと判明。
この時に、これはつまらない映画かもと嫌な予感がしたのですが、それが的中。
70年代当時のハチャメチャな面白さはなく、単なる下品な映画。下品なだけでなく、つまらない。つまらないのに、時間が長い。
閉鎖のため営業最終日のドライヴイン・シアターで映画を次々と上映し、
その上映される4本の映画を全編流すので長時間になっているのですが、その映画が、いずれもくだらなくて、辟易。
下品さの塊のようなものばかり。ジャンル的には、ホラーコメディなのに、怖くもなければ笑えない。C級以下。
テレビドラマなどでたまに見かける俳優も出ているので、低予算映画ではないと思いますが、程度の低さにあきれ返りました。駄作。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

多重構造で太陽は大便がいっぱい

投稿日:2013/10/06 レビュアー:恋次郎

日本にも昔はドライブインシアターがありましたよね。関東だと千葉神奈川、多摩あたりだったと思うけど長続きしなかったなぁ

そのドライブインシアターの閉館日におきるエログロナンセンス。ホラー映画のパロディというか70年代後半から80年代のサブカルのパロディですね。
ドライブインシアターにかかる短編映画の4本のうち好きなのはアンネ・フランケンシュタインの日記。邦訳のタイトルもノリガがよくいい加減なところがナイスです。
低予算を逆手にとってゴジラや狼男アメリカンやらをパクッたあの頃のプログラムピクチャーが好きなんだなぁとよく伝わってきます。

やがてドライブインシアターそのものがゾンビというかゾンバイオやオバタリアン風にちょこっとセックス大好き調味料をかけておっぱいとチンコを
だしたれだしたれとパニック騒ぎ。支配人がアスタラスタ、ベイビーと叫んでぶっぱなすし殴られたゾンビ化兄貴は映画は死んだと倒れるし
映画好きが作った映画好きに捧げる映画。

最後はそのドライブインシアターの話もチレラマって映画であった多重構造。映画イン映画イン映画ですね。
ピラニアや地獄でなぜ悪いが好きな方は見るのを許します。しかし赤い血はレーティング対策でやめても大便はいいのか

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

チレラマ CHILLERAMA

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

おバカで下品なゾンビ映画。

投稿日

2013/04/24

レビュアー

きよまま

コメディですが、超〜〜おバカで、超〜〜下品です。
『精子怪獣』に『ヒトラー』に『う◯こ』
そして、最後に乱交するゾンビ達とおげれつ全開です。

ヒマがあってもおすすめしませんがおげれつ好きな方はどうぞ。

下品な駄作

投稿日

2013/04/11

レビュアー

カプチーノ

パッケージのイラストから判断して、いろいろな要素を詰め込んだごった煮の楽しい70年代頃のグラインドハウス映画かなと思っていたのですが、
冒頭のゾンビ発生の原因となるエピソードで携帯電話が出てきて、最近の制作だと判明。
この時に、これはつまらない映画かもと嫌な予感がしたのですが、それが的中。
70年代当時のハチャメチャな面白さはなく、単なる下品な映画。下品なだけでなく、つまらない。つまらないのに、時間が長い。
閉鎖のため営業最終日のドライヴイン・シアターで映画を次々と上映し、
その上映される4本の映画を全編流すので長時間になっているのですが、その映画が、いずれもくだらなくて、辟易。
下品さの塊のようなものばかり。ジャンル的には、ホラーコメディなのに、怖くもなければ笑えない。C級以下。
テレビドラマなどでたまに見かける俳優も出ているので、低予算映画ではないと思いますが、程度の低さにあきれ返りました。駄作。

多重構造で太陽は大便がいっぱい

投稿日

2013/10/06

レビュアー

恋次郎

日本にも昔はドライブインシアターがありましたよね。関東だと千葉神奈川、多摩あたりだったと思うけど長続きしなかったなぁ

そのドライブインシアターの閉館日におきるエログロナンセンス。ホラー映画のパロディというか70年代後半から80年代のサブカルのパロディですね。
ドライブインシアターにかかる短編映画の4本のうち好きなのはアンネ・フランケンシュタインの日記。邦訳のタイトルもノリガがよくいい加減なところがナイスです。
低予算を逆手にとってゴジラや狼男アメリカンやらをパクッたあの頃のプログラムピクチャーが好きなんだなぁとよく伝わってきます。

やがてドライブインシアターそのものがゾンビというかゾンバイオやオバタリアン風にちょこっとセックス大好き調味料をかけておっぱいとチンコを
だしたれだしたれとパニック騒ぎ。支配人がアスタラスタ、ベイビーと叫んでぶっぱなすし殴られたゾンビ化兄貴は映画は死んだと倒れるし
映画好きが作った映画好きに捧げる映画。

最後はそのドライブインシアターの話もチレラマって映画であった多重構造。映画イン映画イン映画ですね。
ピラニアや地獄でなぜ悪いが好きな方は見るのを許します。しかし赤い血はレーティング対策でやめても大便はいいのか

1〜 3件 / 全3件