TARI TARI

TARI TARIの画像・ジャケット写真

TARI TARI / 高垣彩陽

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

「TARI TARI」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

『true tears』『花咲くいろは』に続く、アニメーションスタジオ・P.A.WORKSが手掛けた青春ストーリー第6巻。合唱部の5人は白祭の準備に追われながらも、それぞれの役割をこなしながらお互いに盛り上がっていたが…。第11話から最終第13話を収録。

「TARI TARI」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「TARI TARI」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

ダイヤのA

デート・ア・ライブ

我が家のお稲荷さま。

とある飛空士への恋歌

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

心の旋律

投稿日:2012/08/25 レビュアー:フォレスト

何気に気になった作品だったので、視聴しましたが、予想以上に素晴らしい作品だったので、自分でも驚いています。

合唱部時々バドミントン部の5人が歌を通して成長していく物語で、歌の精度が高く聞き惚れてしまいました。
主人公の坂井和奏(わかな)は母の死をきっかけに音楽を辞めていますが、来夏(こなつ)や紗羽(さわ)、大智(たいち)、ウィーンと過ごす中で
自分の答えを見つけようとします。

第3話にてコンドルクィーンズの一人が『(音楽は)やるとか辞めるとかじゃない。いつも共にあるものだ』の台詞がとても印象に残りました。
自分も小さい頃合唱部に所属し、気付けば形は違うけれど、サックスで音楽と共にいる自分がいます。

見所は、やはり歌でしょう。所々に入る合唱がとても心地よく、第1話『リフレクティア』第2話『心の旋律』は何度も聴いてしまうほど。
挿入歌とは対照的にオープニングの『Dreamer』は元気を出させてくれるノリノリの曲ですぐにCDを購入してしまいました。

音楽に携わっている方、そうでない方も楽しめる作品です。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

76pts. 【アニメ制作】P.A. WORKS ネタバレ

投稿日:2013/08/04 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

P.A, Works らしい、高校生の成長をテーマにした、
アニメーション。


Tear drop では、このアニメーション会社の地元、
富山を舞台にしたが、
本作は、神奈川県江ノ島周辺を舞台に、
声楽部に属し、発表の場で、
緊張して、歌えなくて失敗した主人公が、
合唱部を作り、いろんな人を巻き込みながら、
成長していく様を描く作品。

最初に書いたように、高校生の成長を描きながら、
ありきたりというか、無理矢理感のない、
つまり、そのストーリーは、
高校生だから、成長するのではなく、
人間が成長するというのは、こういうものだという、
その芯があるから、こういう、説得力のある作品が描けるのだと思う。


全体的に、一定のレベルにあり、面白いし、
場所がわかるので、というか、本作、
何度か、行ったことがあるところなので、親近感もあって、
楽しめるのだが、
いろいろ、多くのアニメを見てる人には、
ちょっと、マンネリ感は否めないかなという気もする。


ただ、面白いし、なかなか、よくできてはいると思う。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

お勧め!

投稿日:2012/10/05 レビュアー:湊(みなと)

ども、まいどの湊です。
地上波で一足早く全話を視聴。まだ見た事ない方への参考になればと。

まず「true tears」が好きだから「taritari」も見てみたい!って思うと、少しだけ違和感あるかもです。
前者が恋愛重視のストーリーですが、こちらの作品は青春ストーリーだからです。

と言ってもtrue tearsと同じく、このtaritariも個々の心情がホントに素晴らしく表現されていて、
本当にこのキャラクターがそこに生きているように思えます。これってアニメにおいて凄く素敵な事。
とって付けたようなセリフ並べてげんなりするような事は決してありません。

また絵も美しく、最初1話目を見た時は二時間映画かと思ったほど。前回と同じで妥協がまったくない。
そしてそこで生きているかのようなキャラクター達、感情移入しやすい素敵な作品だと思います。

ネタばれは極力しないように心がけてますが、大まかな流れは、
合唱部を立ち上げ、色々な苦難を乗り越え、そして最後に歌を歌う・・・
これ、ホント大まかだな・・・大まか過ぎるな(笑)

個々の悩みや苦悩たくさんあります、ずっと戦って、それでも何も変えられなくて、でも変えたくて。
したい事を思い切り出来たらどんなに素晴らしいだろう、でも思うように行かない事も多くて。

そして戦ってるのは子供たちだけじゃないのです。大人だって戦ってるのです。

第10話の後半部分は???ってとこがありましたが、それ以外は本当に楽しく観る事が出来ました。
そして12話から13話にかけて、少しだけ恋愛も・・・でも、それもまた見せ方がいいのなんの(笑)
作り手側があえて避けたんでしょうね、あの見せ方は。
完全に「青春ストーリー」と言う話の中であくまでも「一部」に留めている事がホントに良い!
伝えたかったのは苦悩や葛藤と戦い、その中で自分なりの答えを出して成長していく姿・・・。

男女共にお勧め出来る最高の作品の一つだと思います。ぜひぜひご覧になって見て下さい。


・駄文
少しずつ変化のあるEDにも注目☆
そして一部で「歌下手過ぎ」って声もあるみたいなんですが、声優に求め過ぎだよ(笑)
自分は耳にふんわり入ってくるあの曲好きですけどねぇ。
true tearsといい、このtaritariといい、要注目の制作会社です。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

好感触

投稿日:2012/09/12 レビュアー:湊(みなと)

ども、毎度の湊です。

全くの偶然に知った作品で予備知識も何もなく軽い気持ちで視聴してみましたが、何気に好感触。

まだ1話目しか見ていませんので、物語の始めのホントさわりの部分しか分かりませんが、

合唱部を作って、これから色々あるのでしょう。

良かった点は何と言っても絵、詳しい方は作画って言うのかな?

本当に細かいとこまで丁寧に描かれてて、とても綺麗でアニメに引き込まれました。

もちろんそれはいいストーリーがあってこそなので、そちらもご心配なく。

視聴の途中に、昔見て大満足だったtrue tearsに絵が似てるなぁって思ったんですが、同じ制作会社なんですね、納得です。

男性にも女性にもお勧め出来ると思います。

これからどんな風に話が進んでいくのか・・・今から楽しみな作品です。

こちらで少し触れた「true tears」もお勧めしますので、ぜひそちらも見てください(笑)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

TARI TARI

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

心の旋律

投稿日

2012/08/25

レビュアー

フォレスト

何気に気になった作品だったので、視聴しましたが、予想以上に素晴らしい作品だったので、自分でも驚いています。

合唱部時々バドミントン部の5人が歌を通して成長していく物語で、歌の精度が高く聞き惚れてしまいました。
主人公の坂井和奏(わかな)は母の死をきっかけに音楽を辞めていますが、来夏(こなつ)や紗羽(さわ)、大智(たいち)、ウィーンと過ごす中で
自分の答えを見つけようとします。

第3話にてコンドルクィーンズの一人が『(音楽は)やるとか辞めるとかじゃない。いつも共にあるものだ』の台詞がとても印象に残りました。
自分も小さい頃合唱部に所属し、気付けば形は違うけれど、サックスで音楽と共にいる自分がいます。

見所は、やはり歌でしょう。所々に入る合唱がとても心地よく、第1話『リフレクティア』第2話『心の旋律』は何度も聴いてしまうほど。
挿入歌とは対照的にオープニングの『Dreamer』は元気を出させてくれるノリノリの曲ですぐにCDを購入してしまいました。

音楽に携わっている方、そうでない方も楽しめる作品です。

76pts. 【アニメ制作】P.A. WORKS

投稿日

2013/08/04

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

P.A, Works らしい、高校生の成長をテーマにした、
アニメーション。


Tear drop では、このアニメーション会社の地元、
富山を舞台にしたが、
本作は、神奈川県江ノ島周辺を舞台に、
声楽部に属し、発表の場で、
緊張して、歌えなくて失敗した主人公が、
合唱部を作り、いろんな人を巻き込みながら、
成長していく様を描く作品。

最初に書いたように、高校生の成長を描きながら、
ありきたりというか、無理矢理感のない、
つまり、そのストーリーは、
高校生だから、成長するのではなく、
人間が成長するというのは、こういうものだという、
その芯があるから、こういう、説得力のある作品が描けるのだと思う。


全体的に、一定のレベルにあり、面白いし、
場所がわかるので、というか、本作、
何度か、行ったことがあるところなので、親近感もあって、
楽しめるのだが、
いろいろ、多くのアニメを見てる人には、
ちょっと、マンネリ感は否めないかなという気もする。


ただ、面白いし、なかなか、よくできてはいると思う。

お勧め!

投稿日

2012/10/05

レビュアー

湊(みなと)

ども、まいどの湊です。
地上波で一足早く全話を視聴。まだ見た事ない方への参考になればと。

まず「true tears」が好きだから「taritari」も見てみたい!って思うと、少しだけ違和感あるかもです。
前者が恋愛重視のストーリーですが、こちらの作品は青春ストーリーだからです。

と言ってもtrue tearsと同じく、このtaritariも個々の心情がホントに素晴らしく表現されていて、
本当にこのキャラクターがそこに生きているように思えます。これってアニメにおいて凄く素敵な事。
とって付けたようなセリフ並べてげんなりするような事は決してありません。

また絵も美しく、最初1話目を見た時は二時間映画かと思ったほど。前回と同じで妥協がまったくない。
そしてそこで生きているかのようなキャラクター達、感情移入しやすい素敵な作品だと思います。

ネタばれは極力しないように心がけてますが、大まかな流れは、
合唱部を立ち上げ、色々な苦難を乗り越え、そして最後に歌を歌う・・・
これ、ホント大まかだな・・・大まか過ぎるな(笑)

個々の悩みや苦悩たくさんあります、ずっと戦って、それでも何も変えられなくて、でも変えたくて。
したい事を思い切り出来たらどんなに素晴らしいだろう、でも思うように行かない事も多くて。

そして戦ってるのは子供たちだけじゃないのです。大人だって戦ってるのです。

第10話の後半部分は???ってとこがありましたが、それ以外は本当に楽しく観る事が出来ました。
そして12話から13話にかけて、少しだけ恋愛も・・・でも、それもまた見せ方がいいのなんの(笑)
作り手側があえて避けたんでしょうね、あの見せ方は。
完全に「青春ストーリー」と言う話の中であくまでも「一部」に留めている事がホントに良い!
伝えたかったのは苦悩や葛藤と戦い、その中で自分なりの答えを出して成長していく姿・・・。

男女共にお勧め出来る最高の作品の一つだと思います。ぜひぜひご覧になって見て下さい。


・駄文
少しずつ変化のあるEDにも注目☆
そして一部で「歌下手過ぎ」って声もあるみたいなんですが、声優に求め過ぎだよ(笑)
自分は耳にふんわり入ってくるあの曲好きですけどねぇ。
true tearsといい、このtaritariといい、要注目の制作会社です。

好感触

投稿日

2012/09/12

レビュアー

湊(みなと)

ども、毎度の湊です。

全くの偶然に知った作品で予備知識も何もなく軽い気持ちで視聴してみましたが、何気に好感触。

まだ1話目しか見ていませんので、物語の始めのホントさわりの部分しか分かりませんが、

合唱部を作って、これから色々あるのでしょう。

良かった点は何と言っても絵、詳しい方は作画って言うのかな?

本当に細かいとこまで丁寧に描かれてて、とても綺麗でアニメに引き込まれました。

もちろんそれはいいストーリーがあってこそなので、そちらもご心配なく。

視聴の途中に、昔見て大満足だったtrue tearsに絵が似てるなぁって思ったんですが、同じ制作会社なんですね、納得です。

男性にも女性にもお勧め出来ると思います。

これからどんな風に話が進んでいくのか・・・今から楽しみな作品です。

こちらで少し触れた「true tears」もお勧めしますので、ぜひそちらも見てください(笑)

1〜 4件 / 全4件