ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日

ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日の画像・ジャケット写真

ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 / 仲間由紀恵

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

仲間由紀恵主演によるファンタジーホームコメディ第4巻。学校の裏庭の工事現場にユウレイが出るとの噂が立つ。蝶子は「ユウレイ騒動なんて聞いたら放って置く訳にはいきませんよ!」と、三船と一緒に捜査を開始する。第7話と第8話を収録。

「ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ごくせん THE MOVIE

サラリーマンNEO SEASON−4

武士の家計簿

TRICK トリック

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

良くも悪くも、無難なファンタジードラマ

投稿日:2013/03/22 レビュアー:BEEFジャーキー

*****全9話みての感想*****
元警察官の幽霊ママと、幽霊が見える息子の奮闘記?

毎回、事件だったり、他の幽霊の願いを叶えたり…
基本、1話完結型のストーリー構成。

それなりにコメディで、それなりにハートフル…。

でも、物足りない……。

ありきたりで想像つく展開ばかり…… (×_×) (×_×)

全体的に、きれいにまとめすぎで……
う〜ん…、無難すぎる、ファンタジードラマでした……。

*****
それにしても、このドラマの子役…。
この手のタイプは、もううんざり……。
<一生懸命演技してます!>ってなオーラ全開で…。
そう見えちゃ、あかんやろ〜。

いや、この子役が悪いんじゃない。
制作者側…、大人の問題だろう…。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

50pts. 【出演】芹那 ネタバレ

投稿日:2013/10/31 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

仲間由紀恵主演。
基本、日常の捜査系であるが、
捜査する人が幽霊であるというのが特徴。

警察官である仲間由紀恵が、
勤務中、火事になった家に取り残された子供を助けて、
自分は死亡してしまう。
しかし、自分の子供が心配で幽霊になる。

その子供が母のめがねをかけると、
幽霊の姿が見え、声も聞こえる。

そんな二人が、いろんな事件を解決していく物語。

基本、ずっと作れるような設定で、
原作が漫画ということからもわかるように、
連続物に向いている設定になっている。

ただ、ねたばれだが、
最後は、いちおう、きちんと終る形になっており、
続きがあるという形ではない。

内容的には、
設定は、やや突飛なところもあるが、
日常+ひったくりとか、小さな犯罪を、
解決していく物語として、平均的である。

演技としても、
仲間由紀恵のお得意のコメディ系の演技で、
生瀬も出ていることから、
ちょっと、トリック的な雰囲気があるものの、
ま、コメディとはこんなもんだし、
話としては、標準的なので、
ま、こんなもんだろうと思う。

1点。注目は、やはり、芹那。
とてもかわいらしいし、声のかわいらしさもとてもいいが、
逆に、これが演技の幅を生まない。

彼女目当てで、ドラマを見たくなるのは、否定できないが、
女優としては、欠陥があると言わざるをえない。

ただ、それでノーと言うにしては、
かわいらしすぎるので、
なにか、うまい使い方を見つけるプロデューサーと、
出会ってほしいなと思うね。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

良くも悪くも、無難なファンタジードラマ

投稿日

2013/03/22

レビュアー

BEEFジャーキー

*****全9話みての感想*****
元警察官の幽霊ママと、幽霊が見える息子の奮闘記?

毎回、事件だったり、他の幽霊の願いを叶えたり…
基本、1話完結型のストーリー構成。

それなりにコメディで、それなりにハートフル…。

でも、物足りない……。

ありきたりで想像つく展開ばかり…… (×_×) (×_×)

全体的に、きれいにまとめすぎで……
う〜ん…、無難すぎる、ファンタジードラマでした……。

*****
それにしても、このドラマの子役…。
この手のタイプは、もううんざり……。
<一生懸命演技してます!>ってなオーラ全開で…。
そう見えちゃ、あかんやろ〜。

いや、この子役が悪いんじゃない。
制作者側…、大人の問題だろう…。

50pts. 【出演】芹那

投稿日

2013/10/31

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

仲間由紀恵主演。
基本、日常の捜査系であるが、
捜査する人が幽霊であるというのが特徴。

警察官である仲間由紀恵が、
勤務中、火事になった家に取り残された子供を助けて、
自分は死亡してしまう。
しかし、自分の子供が心配で幽霊になる。

その子供が母のめがねをかけると、
幽霊の姿が見え、声も聞こえる。

そんな二人が、いろんな事件を解決していく物語。

基本、ずっと作れるような設定で、
原作が漫画ということからもわかるように、
連続物に向いている設定になっている。

ただ、ねたばれだが、
最後は、いちおう、きちんと終る形になっており、
続きがあるという形ではない。

内容的には、
設定は、やや突飛なところもあるが、
日常+ひったくりとか、小さな犯罪を、
解決していく物語として、平均的である。

演技としても、
仲間由紀恵のお得意のコメディ系の演技で、
生瀬も出ていることから、
ちょっと、トリック的な雰囲気があるものの、
ま、コメディとはこんなもんだし、
話としては、標準的なので、
ま、こんなもんだろうと思う。

1点。注目は、やはり、芹那。
とてもかわいらしいし、声のかわいらしさもとてもいいが、
逆に、これが演技の幅を生まない。

彼女目当てで、ドラマを見たくなるのは、否定できないが、
女優としては、欠陥があると言わざるをえない。

ただ、それでノーと言うにしては、
かわいらしすぎるので、
なにか、うまい使い方を見つけるプロデューサーと、
出会ってほしいなと思うね。

1〜 2件 / 全2件