人体実験EX−6

人体実験EX−6の画像・ジャケット写真

人体実験EX−6 / アーマンド・アサンテ

全体の平均評価点:(5点満点)

1

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「人体実験EX−6」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

人体実験のために人質にされた6人の極限のサバイバルを描いたシチュエーションスリラー。地球温暖化による人体への影響を警告する元大学教授・ウォルター。6人の男女を監禁した彼は、55度のスチーム室で徐々に腐敗させて殺すという実験を開始し…。

「人体実験EX−6」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: THE STEAM EXPERIMENT

「人体実験EX−6」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ザ・ストーム

ウィロー

スティグマータ/聖痕

エクスペンダブル・ミッション

ユーザーレビュー:1件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 1件 / 全1件

判りにくい作品でした ネタバレ

投稿日:2013/02/22 レビュアー:にも

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

精神科に入院しているとおぼしき主人公。
しばらくすると新聞社へ。
「6人を高温にしたサウナに監禁してるよ」
「温暖化に関しての自分の意見をトップページに載せないと、6人は死ぬよ」
と。そんなこと突然言うので警察が。
あとは、警察パートとサウナパートが切り替わりつつ進行。
そのうち、閉じ込められた6人のうち数人が死んだり、主人公の言動が怪しくなってきたり。
そうこうするうちに、精神科病院に連れ戻し。
出てきた主治医は、監禁されていたはずの犠牲者。
どうやら、極限状態でのメンタル面での変化を観察したかった、彼(と妻)の実験だったよう。
「ソウ1」のジグソウのごとく、最前線で観察するために参加していた模様。
なわけですが、なんだか判りにくい作品でした。

「しばしば出てくるメリーゴーランド」「冒頭の”5時間後”」からイメージさせられる、
作品自体のループのせいで、時系列が理解しにくいせいでしょうか。
”精神疾患患者の妄想かもしれぬ”とのミスディレクションには役立っているとは思いますが。
サウナパートでも”これ”といった見所も少ないので、
判りにくい作品ということを考えると、スルーで良いかと。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 1件 / 全1件

人体実験EX−6

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:1件

判りにくい作品でした

投稿日

2013/02/22

レビュアー

にも

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

精神科に入院しているとおぼしき主人公。
しばらくすると新聞社へ。
「6人を高温にしたサウナに監禁してるよ」
「温暖化に関しての自分の意見をトップページに載せないと、6人は死ぬよ」
と。そんなこと突然言うので警察が。
あとは、警察パートとサウナパートが切り替わりつつ進行。
そのうち、閉じ込められた6人のうち数人が死んだり、主人公の言動が怪しくなってきたり。
そうこうするうちに、精神科病院に連れ戻し。
出てきた主治医は、監禁されていたはずの犠牲者。
どうやら、極限状態でのメンタル面での変化を観察したかった、彼(と妻)の実験だったよう。
「ソウ1」のジグソウのごとく、最前線で観察するために参加していた模様。
なわけですが、なんだか判りにくい作品でした。

「しばしば出てくるメリーゴーランド」「冒頭の”5時間後”」からイメージさせられる、
作品自体のループのせいで、時系列が理解しにくいせいでしょうか。
”精神疾患患者の妄想かもしれぬ”とのミスディレクションには役立っているとは思いますが。
サウナパートでも”これ”といった見所も少ないので、
判りにくい作品ということを考えると、スルーで良いかと。

1〜 1件 / 全1件