ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles

ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angelesの画像・ジャケット写真

ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles / クリス・オドネル

全体の平均評価点:(5点満点)

19

全体の平均評価点:

DVD

「ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

ロサンゼルスを舞台に海軍犯罪捜査局(NCIS)の特別部隊・潜入課メンバーの活躍を描いたサスペンスアクション。潜入捜査と最先端のハイテクを駆使し犯罪者たちを追い詰めていく。主演はクリス・オドネルとLL・クール・J。

「ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles」 の作品情報

作品情報

製作年: 2009年
製作国: アメリカ
原題: NCIS: Los angeles: The First Season vol.10

「ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

新スター・トレック

ハード・テクニック

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY

ロイヤル・ペインズ 〜救命医ハンク〜 シーズン2

ユーザーレビュー:19件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全19件

ちゃんと吹き替えです

投稿日:2013/01/23 レビュアー:いくちゃん

前の方がレビューで吹き替えでないとなっていましたがちゃんと吹き替えでしたよ。吹き替えのキャストも合っていてとてもよかったです。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

商品詳細の表示に騙された

投稿日:2013/01/14 レビュアー:ヨシタカ

商品詳細の字幕に『吹』となっていたので借りたが、実は吹き替えなどない。もっと正確な情報を載せてもらいたいものだ。字幕や音声は不正確な情報なら無い方がよい。なければ問い合わせてから借りる。金をとって貸す限り正確なものにしてほしい。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

総評

投稿日:2015/06/30 レビュアー:ぽんぽん玉

【NCIS〜ネイビー犯罪捜査班】のスピンオフとして作られて今作。
個人的には、こちらの方が好きです。
本家はコメディタッチの部分はあるものの、基本的にはシリアスだし、小ネタが内輪ネタ(お国柄のギャグとか)が多くてわかりづらい時があるので。
それにくらべてLAは、展開もスピーディで明るい。
1人1人のキャラもしっかりしていて愛着がわきます。
ちなみに、今作のパイロット版は【NCIS〜ネイビー犯罪捜査班シーズン6 第22・23話】になります。
VOL1に同時収録されているのでしょうか?
恥ずかしながら、ワタクシは今作をCSで見た為に、パイロット版未視聴でラストまできてしまいました(-_-;)
おかげで所々理解できないところが。。。
やっぱりスタートは大事ですね。
間違いなくパイロット版を見てからの視聴をオススメします。
。。。そんなバカは私だけか(-_-;)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

自分が悪いんだけど(VOL12のレビュー)

投稿日:2015/06/30 レビュアー:ぽんぽん玉

今回、カレンの出生の秘密について進展があります。
でも話が見えてこない。。。
なぜって?
実はワタクシ、今作をCSで見たのです。
なので、パイロット版である【NCIS〜ネイビー犯罪捜査班シーズン6 第22・23話】を見ていなかったのです。
おかげで、メイシーって誰?レンコーって誰?って状態で楽しめませんでした(-_-;)
やっぱり、ちゃんと見ないとダメだよね 爆
という事で、この後にパイロット版を視聴。
やっと納得。
パイロット版にはヘティがいなかったんですね。
今では考えられない!彼女あってのNCIS:LAですから。(←影の主役?)

ところで今回、子供の頃のカレントエイミーが登場しますが、どちらもカレン役クリス・オドネルの実子です。
実は5人の子供を持つ子だくさんパパなのです。(本人も7人兄弟ですが^^;)



今回のゲスト。
第23話【秘密】
キールソンは【24 シーズン7】のデヴィッド・エマーソン。
マリノフは【アンドロメダ】のラーデ。
第24話【傷口】
コルトは【24 シーズン5】のアントン。
エイミーは【4400 未知からの生還者】のダイアナ。
子供の頃のエイミーは、カレン役クリス・オドネルの実の娘リリー・オドネル。
子供の頃のGは、カレン役クリス・オドネルの実の息子チャーリー・オドネル。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

切ないなぁ(VOL11のレビュー) ネタバレ

投稿日:2015/06/30 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

やっとドムの件に進展があります。
このままフェードアウトかと思った。。。
実はずっとLAにいたドム。
こんなに近くにいたのに救出できなかったんだねぇ。
遠くに囚われているよりも残酷な事実ですね。
そして、ドムの死に責任を感じて辞表を出すヘティ。
でも殉職した部下が2人目って、結構少ないんじゃ?
いや、人数の問題じゃないか(-_-;)
なんだか、重い結末になりましたね。。。



今回のゲスト。
第21話【発見】
カリルは【24】のモリス・オブライエン。
第22話【追跡】
メディーナは【リベンジ】のトム・キングスリー。
スーザンは【ジェリコ】のダーシー・ホーキンス。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全19件

ロサンゼルス潜入捜査班 〜NCIS:Los Angeles

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:19件

ちゃんと吹き替えです

投稿日

2013/01/23

レビュアー

いくちゃん

前の方がレビューで吹き替えでないとなっていましたがちゃんと吹き替えでしたよ。吹き替えのキャストも合っていてとてもよかったです。

商品詳細の表示に騙された

投稿日

2013/01/14

レビュアー

ヨシタカ

商品詳細の字幕に『吹』となっていたので借りたが、実は吹き替えなどない。もっと正確な情報を載せてもらいたいものだ。字幕や音声は不正確な情報なら無い方がよい。なければ問い合わせてから借りる。金をとって貸す限り正確なものにしてほしい。

総評

投稿日

2015/06/30

レビュアー

ぽんぽん玉

【NCIS〜ネイビー犯罪捜査班】のスピンオフとして作られて今作。
個人的には、こちらの方が好きです。
本家はコメディタッチの部分はあるものの、基本的にはシリアスだし、小ネタが内輪ネタ(お国柄のギャグとか)が多くてわかりづらい時があるので。
それにくらべてLAは、展開もスピーディで明るい。
1人1人のキャラもしっかりしていて愛着がわきます。
ちなみに、今作のパイロット版は【NCIS〜ネイビー犯罪捜査班シーズン6 第22・23話】になります。
VOL1に同時収録されているのでしょうか?
恥ずかしながら、ワタクシは今作をCSで見た為に、パイロット版未視聴でラストまできてしまいました(-_-;)
おかげで所々理解できないところが。。。
やっぱりスタートは大事ですね。
間違いなくパイロット版を見てからの視聴をオススメします。
。。。そんなバカは私だけか(-_-;)

自分が悪いんだけど(VOL12のレビュー)

投稿日

2015/06/30

レビュアー

ぽんぽん玉

今回、カレンの出生の秘密について進展があります。
でも話が見えてこない。。。
なぜって?
実はワタクシ、今作をCSで見たのです。
なので、パイロット版である【NCIS〜ネイビー犯罪捜査班シーズン6 第22・23話】を見ていなかったのです。
おかげで、メイシーって誰?レンコーって誰?って状態で楽しめませんでした(-_-;)
やっぱり、ちゃんと見ないとダメだよね 爆
という事で、この後にパイロット版を視聴。
やっと納得。
パイロット版にはヘティがいなかったんですね。
今では考えられない!彼女あってのNCIS:LAですから。(←影の主役?)

ところで今回、子供の頃のカレントエイミーが登場しますが、どちらもカレン役クリス・オドネルの実子です。
実は5人の子供を持つ子だくさんパパなのです。(本人も7人兄弟ですが^^;)



今回のゲスト。
第23話【秘密】
キールソンは【24 シーズン7】のデヴィッド・エマーソン。
マリノフは【アンドロメダ】のラーデ。
第24話【傷口】
コルトは【24 シーズン5】のアントン。
エイミーは【4400 未知からの生還者】のダイアナ。
子供の頃のエイミーは、カレン役クリス・オドネルの実の娘リリー・オドネル。
子供の頃のGは、カレン役クリス・オドネルの実の息子チャーリー・オドネル。

切ないなぁ(VOL11のレビュー)

投稿日

2015/06/30

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

やっとドムの件に進展があります。
このままフェードアウトかと思った。。。
実はずっとLAにいたドム。
こんなに近くにいたのに救出できなかったんだねぇ。
遠くに囚われているよりも残酷な事実ですね。
そして、ドムの死に責任を感じて辞表を出すヘティ。
でも殉職した部下が2人目って、結構少ないんじゃ?
いや、人数の問題じゃないか(-_-;)
なんだか、重い結末になりましたね。。。



今回のゲスト。
第21話【発見】
カリルは【24】のモリス・オブライエン。
第22話【追跡】
メディーナは【リベンジ】のトム・キングスリー。
スーザンは【ジェリコ】のダーシー・ホーキンス。

1〜 5件 / 全19件