執行者

執行者の画像・ジャケット写真
執行者 / チョ・ジェヒョン
全体の平均評価点:
(5点満点)

7

  • DVD
ジャンル:

「執行者」 の解説・あらすじ・ストーリー

死刑執行人となった男たちの苦悩と葛藤を描くドラマ。ある刑務所に赴任した新人刑務官のオ・ジェギョン。ある時、ナイフを持った受刑者が彼を人質に取るという事件が起きる。周囲がうかつに手を出せない中、彼を助けようとある死刑囚が歩み出る。

「執行者」 の作品情報

製作年: 2009年
製作国: 韓国
原題: THE EXECUTIONER

「執行者」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

執行者の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
97分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MX1394R 2013年02月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
16枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

『休暇』の衝撃、再び

投稿日:2013/05/06 レビュアー:kazupon

原題:THE EXECUTIONERが表すとおり、韓国における死刑執行人のお話です。
恐らく『休暇』(2007年/日本)のような内容だろうとは想像していましたが、それでもかなり堪えました。
犯罪としての殺人は、間違いなく「殺人」だけれど、それでは堕胎は?死刑の執行は?と問いかけられているようでした。
この作品中では、新人刑務官オ・ジェギョン、先輩刑務官ペ・ジョンホ、ベテラン刑務官キム・チョルグという三人の刑務官を対比させながら、刑務官の死刑執行に臨む苦悩が描かれていました。
また、12年ぶりに死刑が執行されることになり、その対象となった死刑囚イ・ソンファン(温和な老人)と、チャン・ヨンドゥ(連続殺人犯)を対比させて描いています。
殺人を犯した犯罪者という点では、イ・ソンファンもチャン・ヨンドゥも同類なのですが、殺人犯となってしまった経緯や罪に対する反省の度合、現在の態度、言動などを見ていると、ついついイ・ソンファンに同情的になってしまったりと、やはり人が人を裁くことの難しさ、公正であることの難しさを感じます。
死刑という制度がある以上、死刑の執行は法に基づくものであり、執行人が責められたり殺人者呼ばわりされるものではありませんが、やはり誰もその任務に付きたくはないでしょう。
しかし、過去に辛い経験をしたペ・ジョンホ刑務官は、執行人役に立候補。
そして、新人のオ・ジェギョン刑務官も選ばれてしまいます。
キム・チョルグ刑務官も死刑執行経験者として指名されていたのですが、死刑囚のイ・ソンファンと親しくなり過ぎていたため、どうしてもその任務を受けたくないと拒絶するのでした。
当日、出勤せずに自宅にこもっていたキム刑務官でしたが、イ・ソンファンの言葉を思い出し、自らの手でソンファンの首に縄をかけます。
この二人の間に流れる友情や二人の表情が、何とも辛く、涙を誘います。
また自分で志願したジョンホが、死刑執行の後、心が壊れたようになってしまったのは意外でした。
オ・ジェギョンが一人で飲み屋で飲んでいると、テレビでは死刑執行のニュースが流れ、飲み屋の女将が「こういう犯罪者は死刑になって当然。さっさと死刑にするべき。」というようなことを言います。
その時、ジェギョンは「そうだろう?俺はただ命令されてやっただけなのに。法に従っただけなのに。」と胸中の葛藤を吐き出します。
『休暇』の時と同じ衝撃でした。
鑑賞後ちょっとの間、気分が落ち込みました。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

少し映画から離れますが…

投稿日:2013/02/23 レビュアー:サランヘ

死刑囚と向き合い、死刑執行も担当する刑務官に焦点を当てた作品ということで、邦画の「休暇」の韓国版といった感じでしょうか。
除隊後の映画復帰作となったユン・ゲサンssiと、「鰐」などキム・ギドク監督作品の常連として知られる実力派、チョ・ジェヒョンssiがW主演として名を連ねた作品として注目されました。

「休暇」は,死刑確定者の拘置所における日常生活,死刑執行までの流れ,刑務官の苦悩などを描いた邦画作品で、死刑について具体的に考えるには最も適した映画だと言われ、現在もその手の集会などで上映されています。

現在の韓国では、法律上の“死刑制度”は存在しますが、事実上は死刑廃止国となっているのが現状です。では何故に12年ぶりの死刑執行(判決としての死刑は現存している)という設定で映画が制作されたのでしょうか。白黒をはっきりさせることを好む国民性の韓国において、現在グレーな扱いとなっている制度の現実を見直そうという機運が起こっても不思議ではないと思いますが、やはり映画でも、死刑に対しては玉虫色の域を出ていないと感じました。くしくも日本ではつい先日谷垣法務大臣のサインによって3人の死刑囚の死刑が執行されました。
法律としてある以上、刑を執行するのが正しいのか、なし崩しにしてしまうのが正しいのか、どちらがバターなのか私には判断できませんが、少なくともこの映画では、犯罪の残虐性も、死刑の残虐性も、公平に扱っているといえますので、その辺りの矛盾をこれからの世代にそのまま持ち越して良いのかを考えさせようとしているのだと思います。
映画としては、三人の刑務官(チョ・ジェヒョンssi、ユン・ゲサンssi、パク・イナンssi)と二人の死刑囚(キム・ジェゴンssi、チョ・ソンハssi)の演技は申し分ありません。エンターテイメントというよりは、生の舞台演劇を観ているような重厚さで迫ってくる佳作だと思います。


おまけ:韓国では1997年に死刑が執行された後、キム・デジュン、ノ・ムヒョンというリベラル政権の継続で、12年以上死刑が執行されませんでした。その後、保守派のイ・ミョンバク政権に交代し、死刑の執行があるのではないかという憶測もありましたが、結局死刑執行はありませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

3人の主役の演技が安定感もって見られます

投稿日:2013/03/09 レビュアー:ひよママ

3人の刑務官。
自分を守るために次第に力を使うようになる新人「ユン・ゲサン」。
必要以上に受刑者に強く出る「チョ・ジェヒョン」。
死刑囚に友人のようにふるまう「パク・イナン」。

意外性はないのですが、それぞれの役者が安定感を持ってタイプの違う刑務官を演じ、刑の執行という辛い仕事にあたります。
死刑囚も人間ですが、刑務官も同じように人間。情が流れています。
仕事から離れた自分自身にも、日々泣き笑いがあり、悔いや痛みがある中、どうその気持ちを抑えて仕事にあたるのか。
お父さん俳優「パク・イナン」が彼しかできないなあと思う演技で特に印象に残りました。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

普通の青年を演じるユン・ゲサンネタバレ

投稿日:2013/03/08 レビュアー:ありごて

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ユン・ゲサン、今回は普通の青年を演じています。
不安やとまどい、苛立ち、悲しみを自然に演じていると思います。
彼女といちゃつくユン・ゲサンが若々しくてかわいいです。今回は脱ぎません。

ストーリーはあまり波乱もなく静かな展開でしたが、俳優さん方の演技に退屈することはなかったです。
先輩刑務官の荒っぽい言動にも理由があり、さびしさが漂って泣けてきます。

死刑囚が言う「俺はもう人殺しはしないが、お前たちはこれからずっと殺していく」みたいなセリフが重く…。
親しくなった死刑囚とベテラン刑務官の最後のやり取りに、『砂時計』を思い出しました。

地味な作品ですが、いろいろ考えさせられる作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

プンサンケとは全く違うユン・ゲサン

投稿日:2013/02/28 レビュアー:michiko2012

ユン・ゲサンのなかなかの演技が良かった。

それ以外は、平凡だと思いました。

ただ、パク・イナンは良い俳優だと再認識。

内容よりも、演技者に注目しました。

シンプルな内容。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全7件

執行者

月額課金で借りる

都度課金で借りる