東野圭吾ミステリーズ

東野圭吾ミステリーズの画像・ジャケット写真

東野圭吾ミステリーズ / 戸田恵梨香

全体の平均評価点:(5点満点)

6

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「東野圭吾ミステリーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

東野圭吾原作の短編小説を、毎回変わる豪華キャストでドラマ化した1話完結の最上級ミステリー第8巻。良は親友で幼馴染みの達也を転落死で失う。警察は自殺と断定するが、それを信じることができない良は独自に達也の死を調べ始める。主演は三浦春馬。

「東野圭吾ミステリーズ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「東野圭吾ミステリーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

もみ消して冬 2019夏 〜夏でも寒くて死にそうです〜

コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命 スペシャル

ジャンクション29

連続ドラマW CO移植コーディネーター

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

罠・欺・哀・心・過・謎・悲・嘘・疑・誓・罰

投稿日:2012/12/26 レビュアー:kazupon

全11話からなるミステリーのオムニバスです。
初回のオープニングでは、中井貴一演じる月刊誌の編集長が、遺体で発見されるところから始まります。
好物のオムライスを食べている時に亡くなったようで、口の周りにはケチャップが付いたままでした。
その編集長は、幽体離脱でもしたかのように自分の遺体を眺め、自分を殺したのは誰なのか?と観客に向かって解説を始めるのです。
そして、亡くなった編集長の関係者が次々に現れ、それを眺めている編集長には、思いもかけない真実が見えてくるのでした。
自分では自殺した覚えはないのに、このままでは自殺として一件落着となりそうです。
レビュータイトルに使った11文字の漢字は、その回のドラマのテーマを表しています。
以降、毎週のオープニングでは、中井貴一がナビゲーター役を務めていきます。

第1話『さよならコーチ』・・・唐沢寿明/田中麗奈
第2話『犯人のいない殺人の夜』・・・坂口憲二/雛形あきこ
第3話『エンドレス・ナイト』・・・松下奈緒/大杉漣
第4話『レイコと玲子』・・・観月ありさ/大野いと/吉田栄作
第5話『甘いはずなのに』・・・反町隆史/加藤あい
第6話『シャレードがいっぱい』・・・長澤まさみ/安藤政信
第7話『白い凶器』・・・戸田恵梨香/ユースケ・サンタマリア/平岡祐太
第8話『小さな故意の物語』・・・三浦春馬/波瑠/大野拓朗
第9話『結婚報告』・・・広末涼子/山口紗弥加/大倉孝二
第10話『二十年目の約束』・・・篠原涼子/田辺誠一/音尾琢真
第11話『再生魔術の女』・・・鈴木京香/小澤征悦/矢田亜希子/西田尚美

毎週、録画して観ていたのですが、『シャレードがいっぱい』だけ番組の時間帯がずれて見逃してしまいました。
事件が解決した後で、それが彼女の罠だったと分かったり、過去のトラウマが幻覚を見せていたり、心神喪失を装っていたりと、全て印象の違うストーリーになっています。
好みも分かれるでしょうが、私は第一話と第11話のラストが好きでした。
巧みに復讐するという点で共通するものがあったように思います。

ナビゲーターの編集長の死の真相については触れないでおきますので、推理しつつご覧ください。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

71pts. 【原作】東野圭吾 ネタバレ

投稿日:2013/08/20 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


1話完結の事件解決もの。
といっても、普通は、つながって入る部分があるが、
本作は、基本的に完全に単独の話で構成される。


普通、刑事は同じ人で、
解決していく物だが、
本作は、それぞれ、まったく別のシチュエーションで、
話が進む。
しかも、それぞれの話は、
主演級をずらりとそろえていて、
かなり豪華。


こういう企画ができるのも、
ベストセラーでかつ、映像化しても、
はずれの少ない、東野圭吾ならではだろう。


本作、いずれも、一定のレベルで撮影されており、
突飛に、いいというものもないが、
はずれもない。安定してみれる作品に仕上っている。
また、女優、俳優の人選も、すべて合格点だったと思う。


勝負には、出ないが、
一定の視聴率を確保できる、
ある意味、おいしいコンテンツと言えると思う。


また、番組と開始と最後の1、2分、
中井貴一が主演で、連続したストーリーの、
ある意味、ミステリーのあるあるをあつめたドラマが入っており、
この辺りも、構成の妙を感じる。


構成にオリジナリティがあり、
評価できると思った。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

1巻 海外テレビドラマには遠く及ばず。

投稿日:2021/05/11 レビュアー:

1巻

まず1本に1巻しか収録されてないことにがっかり。
そんなもったいぶるほどの内容ではないのにせこいな。

ストーリーテラーかなと思われる中井貴一さんはすごく雰囲気があり期待させてくれたのだけど。

海外ドラマを見ていてたまに日本のドラマを見るとほんと見劣りする。
役者さんの層も薄いのだろう。
予算も少ないのだろう。
だけどなぁ。

撮り方や脚本ではきっと面白くなりそうなのに、なんか貧相だった。1巻

まず1本に1巻しか収録されてないことにがっかり。
そんなもったいぶるほどの内容ではないのにせこいな。

ストーリーテラーかなと思われる中井貴一さんはすごく雰囲気があり期待させてくれたのだけど。

海外ドラマを見ていてたまに日本のドラマを見るとほんと見劣りする。
役者さんの層も薄いのだろう。
予算も少ないのだろう。
だけどなぁ。

撮り方や脚本ではきっと面白くなりそうなのに、なんか貧相だった。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

第4話「レイコと玲子」

投稿日:2019/04/19 レビュアー:かつ

結構面白かった!

以前、電車の中で一気に読んだ記憶があります。
原作は短編ながら、よく練られていて加害者の「解離性同一性障害」という病を巧みに使いこなしたサスペンスになっている。
原作のラストは確か含みを持たせた形で終わってしまったが、実写ではそうではない形を取っている。
それはそれで、後味がスッキリして違和感もなくよかったと思う。
ただレイ子(玲子)役はもう少し童顔で小柄なイメージだったのでそこだけが残念。
刑事が弁護士に「先生は信じる事が仕事、私達は疑う事が仕事。でも、本当は信じたいと思う自分もいるんです。・・・しかし居るんですよ。どうしようもない根っからの悪い奴が」と言う台詞はけっこう染みました。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

いろんなサスペンス♪

投稿日:2013/09/20 レビュアー:BEEFジャーキー

*****全11話みての感想*****
シリアス、コメディ、ラブストーリーに復讐に……
いろんな雰囲気のサスペンス詰め合せ♪

1話ごとには、たいしたことなくても、
1話完結だし、
出演者が毎回豪華だし…
何となく、見続けちゃう。

サラリと見れるサスペンスシリーズ。

**********
ちなみに、
ストーリーテーラーのような存在の中井貴一。

彼自身も誰かに殺されたらしい…
いったい誰に??…
1話ごとに、彼の事件も進展していく。
(毎回、おまけみたいに(笑))
ラストは、犯人にたどり着くのだと思っていたら…
曖昧なまま、終わっちゃった( ̄▽ ̄;)ははは

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

東野圭吾ミステリーズ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

罠・欺・哀・心・過・謎・悲・嘘・疑・誓・罰

投稿日

2012/12/26

レビュアー

kazupon

全11話からなるミステリーのオムニバスです。
初回のオープニングでは、中井貴一演じる月刊誌の編集長が、遺体で発見されるところから始まります。
好物のオムライスを食べている時に亡くなったようで、口の周りにはケチャップが付いたままでした。
その編集長は、幽体離脱でもしたかのように自分の遺体を眺め、自分を殺したのは誰なのか?と観客に向かって解説を始めるのです。
そして、亡くなった編集長の関係者が次々に現れ、それを眺めている編集長には、思いもかけない真実が見えてくるのでした。
自分では自殺した覚えはないのに、このままでは自殺として一件落着となりそうです。
レビュータイトルに使った11文字の漢字は、その回のドラマのテーマを表しています。
以降、毎週のオープニングでは、中井貴一がナビゲーター役を務めていきます。

第1話『さよならコーチ』・・・唐沢寿明/田中麗奈
第2話『犯人のいない殺人の夜』・・・坂口憲二/雛形あきこ
第3話『エンドレス・ナイト』・・・松下奈緒/大杉漣
第4話『レイコと玲子』・・・観月ありさ/大野いと/吉田栄作
第5話『甘いはずなのに』・・・反町隆史/加藤あい
第6話『シャレードがいっぱい』・・・長澤まさみ/安藤政信
第7話『白い凶器』・・・戸田恵梨香/ユースケ・サンタマリア/平岡祐太
第8話『小さな故意の物語』・・・三浦春馬/波瑠/大野拓朗
第9話『結婚報告』・・・広末涼子/山口紗弥加/大倉孝二
第10話『二十年目の約束』・・・篠原涼子/田辺誠一/音尾琢真
第11話『再生魔術の女』・・・鈴木京香/小澤征悦/矢田亜希子/西田尚美

毎週、録画して観ていたのですが、『シャレードがいっぱい』だけ番組の時間帯がずれて見逃してしまいました。
事件が解決した後で、それが彼女の罠だったと分かったり、過去のトラウマが幻覚を見せていたり、心神喪失を装っていたりと、全て印象の違うストーリーになっています。
好みも分かれるでしょうが、私は第一話と第11話のラストが好きでした。
巧みに復讐するという点で共通するものがあったように思います。

ナビゲーターの編集長の死の真相については触れないでおきますので、推理しつつご覧ください。

71pts. 【原作】東野圭吾

投稿日

2013/08/20

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


1話完結の事件解決もの。
といっても、普通は、つながって入る部分があるが、
本作は、基本的に完全に単独の話で構成される。


普通、刑事は同じ人で、
解決していく物だが、
本作は、それぞれ、まったく別のシチュエーションで、
話が進む。
しかも、それぞれの話は、
主演級をずらりとそろえていて、
かなり豪華。


こういう企画ができるのも、
ベストセラーでかつ、映像化しても、
はずれの少ない、東野圭吾ならではだろう。


本作、いずれも、一定のレベルで撮影されており、
突飛に、いいというものもないが、
はずれもない。安定してみれる作品に仕上っている。
また、女優、俳優の人選も、すべて合格点だったと思う。


勝負には、出ないが、
一定の視聴率を確保できる、
ある意味、おいしいコンテンツと言えると思う。


また、番組と開始と最後の1、2分、
中井貴一が主演で、連続したストーリーの、
ある意味、ミステリーのあるあるをあつめたドラマが入っており、
この辺りも、構成の妙を感じる。


構成にオリジナリティがあり、
評価できると思った。

1巻 海外テレビドラマには遠く及ばず。

投稿日

2021/05/11

レビュアー

1巻

まず1本に1巻しか収録されてないことにがっかり。
そんなもったいぶるほどの内容ではないのにせこいな。

ストーリーテラーかなと思われる中井貴一さんはすごく雰囲気があり期待させてくれたのだけど。

海外ドラマを見ていてたまに日本のドラマを見るとほんと見劣りする。
役者さんの層も薄いのだろう。
予算も少ないのだろう。
だけどなぁ。

撮り方や脚本ではきっと面白くなりそうなのに、なんか貧相だった。1巻

まず1本に1巻しか収録されてないことにがっかり。
そんなもったいぶるほどの内容ではないのにせこいな。

ストーリーテラーかなと思われる中井貴一さんはすごく雰囲気があり期待させてくれたのだけど。

海外ドラマを見ていてたまに日本のドラマを見るとほんと見劣りする。
役者さんの層も薄いのだろう。
予算も少ないのだろう。
だけどなぁ。

撮り方や脚本ではきっと面白くなりそうなのに、なんか貧相だった。

第4話「レイコと玲子」

投稿日

2019/04/19

レビュアー

かつ

結構面白かった!

以前、電車の中で一気に読んだ記憶があります。
原作は短編ながら、よく練られていて加害者の「解離性同一性障害」という病を巧みに使いこなしたサスペンスになっている。
原作のラストは確か含みを持たせた形で終わってしまったが、実写ではそうではない形を取っている。
それはそれで、後味がスッキリして違和感もなくよかったと思う。
ただレイ子(玲子)役はもう少し童顔で小柄なイメージだったのでそこだけが残念。
刑事が弁護士に「先生は信じる事が仕事、私達は疑う事が仕事。でも、本当は信じたいと思う自分もいるんです。・・・しかし居るんですよ。どうしようもない根っからの悪い奴が」と言う台詞はけっこう染みました。

いろんなサスペンス♪

投稿日

2013/09/20

レビュアー

BEEFジャーキー

*****全11話みての感想*****
シリアス、コメディ、ラブストーリーに復讐に……
いろんな雰囲気のサスペンス詰め合せ♪

1話ごとには、たいしたことなくても、
1話完結だし、
出演者が毎回豪華だし…
何となく、見続けちゃう。

サラリと見れるサスペンスシリーズ。

**********
ちなみに、
ストーリーテーラーのような存在の中井貴一。

彼自身も誰かに殺されたらしい…
いったい誰に??…
1話ごとに、彼の事件も進展していく。
(毎回、おまけみたいに(笑))
ラストは、犯人にたどり着くのだと思っていたら…
曖昧なまま、終わっちゃった( ̄▽ ̄;)ははは

1〜 5件 / 全6件