謎の彼女Xの画像・ジャケット写真

謎の彼女X / 吉谷彩子

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「謎の彼女X」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

植芝理一の人気コミックをアニメ化した学園ラブストーリー第6巻。元彼に復縁を迫られて困っているという早川に頼まれ、椿は1日だけ早川の彼氏役を引き受けることになり…。第11話「謎の文化祭」から最終第13話「謎の彼女と彼氏」までを収録。

「謎の彼女X」 の作品情報

作品情報

製作年:

2012年

製作国:

日本

「謎の彼女X」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督:

渡辺歩渡辺歩

出演:

吉谷彩子入野自由広橋涼梶裕貴福圓美里

関連作品

関連作品

アオハライド

Devil May Cry(デビル メイ クライ)

びんちょうタン

あかね色に染まる坂

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

マジヤバッ!!、だんだん美琴が可愛く見えてくる!!。 ネタバレ

投稿日:2012/11/08 レビュアー:にしやん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


【オンエア全13話を観賞してのレビューです】

正直、このアニメの第一印象は、決して良いとは感じませんでした。
それというのも、このアニメでは大事なポイントである「涎(よだれ)を舐める」という設定に、どうも馴染めなかったのです。
なんかフェチっぽいというか、バッチイというかww……(苦笑)。

それに、ヒロインである卜部美琴という女の子。まさにミステリアス、不思議少女。
もっとヒドク言えば「変人」という印象でした。
せっかくクラスの女子たちが親しく話しかけても、無愛想に断ってみたり、
そうかと思えば、授業中に突然、高笑いをして転げ回ったり……。
あのボサボサの髪で顔半分まで隠れ、時々その前髪の間から片目だけが覗く様は、
「女鬼太郎か?」と思ってしまいました(苦笑)。

そんなわけで、一度は第1話途中で観るのをやめてしまいました。
それでも録画だけは毎回していたんですが……。

ところが“黒猫”さんがこのアニメを絶賛されていたので、それに背中を押されたといった感じで再挑戦(笑)。
あの「涎を舐める」シーンには多少抵抗はありましたが…、それでも観続けているうちに、
「オヤ、このアニメ意外と面白い…、いや結構面白い…、いやいやスゴク面白い!!。」
と、印象が変わっていったのです。

はじめはヤボったく感じていた美琴が、回が進むにつれて、可愛く感じられてきたのには我ながら驚きました。
普段はミステリアスっぽい女の子が、時々見せる年齢相応のリアクションが、余計に可愛く見えるんですね。
あの「それは、ヒ・ミ・ツ!。」とか、カメラに向かってアッカンベ〜をしたりとか、
パンツハサミの日焼けの跡を見られるのが恥ずかしがったりとか……。
そして、なんといってもトドメの可愛さは第8話の「謎の感覚」でしたね。
ある出来事から左耳に、それまでに無かった不思議な感覚を覚えて戸惑う美琴。
もう、このときの美琴ちゃんはサイコーー!!、…って、オジサンは感動してしまいましたよ(笑)。

はじめは「涎の絆」ということで椿君と付き合い始めた美琴ちゃんが、
だんだんと椿君という男の子自体に惹かれていく様子が、すごく自然に描かれていますね。
そして、椿君もそんな彼女に振り回されながらも少しずつ成長していく。
「涎を舐める」以外では、ホントにプラトニックなお付き合いの二人に、
観ているうちに逆に、もどかしくさえ感じてしまったほどです(笑)。

最終話のラストで、椿君のお母さんのお墓参りの帰り道で、
「私たち、これから先、もっと不謹慎なことをすることになるんだから。」
な〜んて、女の子の口から言われては、男としてはたまんないですよね〜〜♪(笑)。

男にとって、女性とは永遠に「謎」なのかも知れませんね。
ウチの奥さんとも長い付き合いですが、いまだに時々ワケが分かんないときがありますからね〜〜(笑)。
まして、思春期の男の子なら、なおさらでしょう。
まあ、そのほうが飽きなくて良いのかもしれませんが(これが結論かな?・笑)。

とにかく私としては、もう四十年以上前の思春期の、甘酸っぱいようなドキドキワクワク感を思い出させてくれたという意味で、素晴らしいアニメでした。

原作マンガは、まだ続いているようなので、是非とも第2期が観たいですね。
椿君と美琴ちゃんはもちろん、上野君と丘さんのその後も気になりますし、
丘さんの料理のレパートリーも、もっと披露して欲しいです。

それにしても「ウインナーのベーコン巻き」って、ちょっとエロい、……なんて感じたのは私だけかな?(笑)。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

のめりこむっ!!!

投稿日:2013/01/11 レビュアー:REM睡眠

絵については皆さん好き嫌いはあるでしょうが、名作です!
多少変態的なところはあるのですが、観ているうちに気にならなくなります。
まあ、ここが評価の分かれるところなのですが。

内容については他のかたも触れていますので割愛させていただくとして、...物語が進むにつれ、卜部美琴に感情移入している自分がいました。
スケールは大きくありませんが、久々にいい作品を観たという感覚です。
私の中ではここ2年ではベスト10に入れてもよろしいかと思います。
最終話もきちんとまとまっておりましたし、他の作品に見られる「大風呂敷をひろげたけれど、話がまとまらず」がっかりするところもありませんでした。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

ガッカリ

投稿日:2013/04/05 レビュアー:ヒロ

最終巻に収録されている11話で、ト部と早川が裸になる場面があるのですが、TV放送では黒く目隠しがあったので、DVDに期待したのですが、TV放送と同じでした。セル版(販売専用)ではどうなのでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

謎の彼女X

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

マジヤバッ!!、だんだん美琴が可愛く見えてくる!!。

投稿日

2012/11/08

レビュアー

にしやん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


【オンエア全13話を観賞してのレビューです】

正直、このアニメの第一印象は、決して良いとは感じませんでした。
それというのも、このアニメでは大事なポイントである「涎(よだれ)を舐める」という設定に、どうも馴染めなかったのです。
なんかフェチっぽいというか、バッチイというかww……(苦笑)。

それに、ヒロインである卜部美琴という女の子。まさにミステリアス、不思議少女。
もっとヒドク言えば「変人」という印象でした。
せっかくクラスの女子たちが親しく話しかけても、無愛想に断ってみたり、
そうかと思えば、授業中に突然、高笑いをして転げ回ったり……。
あのボサボサの髪で顔半分まで隠れ、時々その前髪の間から片目だけが覗く様は、
「女鬼太郎か?」と思ってしまいました(苦笑)。

そんなわけで、一度は第1話途中で観るのをやめてしまいました。
それでも録画だけは毎回していたんですが……。

ところが“黒猫”さんがこのアニメを絶賛されていたので、それに背中を押されたといった感じで再挑戦(笑)。
あの「涎を舐める」シーンには多少抵抗はありましたが…、それでも観続けているうちに、
「オヤ、このアニメ意外と面白い…、いや結構面白い…、いやいやスゴク面白い!!。」
と、印象が変わっていったのです。

はじめはヤボったく感じていた美琴が、回が進むにつれて、可愛く感じられてきたのには我ながら驚きました。
普段はミステリアスっぽい女の子が、時々見せる年齢相応のリアクションが、余計に可愛く見えるんですね。
あの「それは、ヒ・ミ・ツ!。」とか、カメラに向かってアッカンベ〜をしたりとか、
パンツハサミの日焼けの跡を見られるのが恥ずかしがったりとか……。
そして、なんといってもトドメの可愛さは第8話の「謎の感覚」でしたね。
ある出来事から左耳に、それまでに無かった不思議な感覚を覚えて戸惑う美琴。
もう、このときの美琴ちゃんはサイコーー!!、…って、オジサンは感動してしまいましたよ(笑)。

はじめは「涎の絆」ということで椿君と付き合い始めた美琴ちゃんが、
だんだんと椿君という男の子自体に惹かれていく様子が、すごく自然に描かれていますね。
そして、椿君もそんな彼女に振り回されながらも少しずつ成長していく。
「涎を舐める」以外では、ホントにプラトニックなお付き合いの二人に、
観ているうちに逆に、もどかしくさえ感じてしまったほどです(笑)。

最終話のラストで、椿君のお母さんのお墓参りの帰り道で、
「私たち、これから先、もっと不謹慎なことをすることになるんだから。」
な〜んて、女の子の口から言われては、男としてはたまんないですよね〜〜♪(笑)。

男にとって、女性とは永遠に「謎」なのかも知れませんね。
ウチの奥さんとも長い付き合いですが、いまだに時々ワケが分かんないときがありますからね〜〜(笑)。
まして、思春期の男の子なら、なおさらでしょう。
まあ、そのほうが飽きなくて良いのかもしれませんが(これが結論かな?・笑)。

とにかく私としては、もう四十年以上前の思春期の、甘酸っぱいようなドキドキワクワク感を思い出させてくれたという意味で、素晴らしいアニメでした。

原作マンガは、まだ続いているようなので、是非とも第2期が観たいですね。
椿君と美琴ちゃんはもちろん、上野君と丘さんのその後も気になりますし、
丘さんの料理のレパートリーも、もっと披露して欲しいです。

それにしても「ウインナーのベーコン巻き」って、ちょっとエロい、……なんて感じたのは私だけかな?(笑)。

のめりこむっ!!!

投稿日

2013/01/11

レビュアー

REM睡眠

絵については皆さん好き嫌いはあるでしょうが、名作です!
多少変態的なところはあるのですが、観ているうちに気にならなくなります。
まあ、ここが評価の分かれるところなのですが。

内容については他のかたも触れていますので割愛させていただくとして、...物語が進むにつれ、卜部美琴に感情移入している自分がいました。
スケールは大きくありませんが、久々にいい作品を観たという感覚です。
私の中ではここ2年ではベスト10に入れてもよろしいかと思います。
最終話もきちんとまとまっておりましたし、他の作品に見られる「大風呂敷をひろげたけれど、話がまとまらず」がっかりするところもありませんでした。

ガッカリ

投稿日

2013/04/05

レビュアー

ヒロ

最終巻に収録されている11話で、ト部と早川が裸になる場面があるのですが、TV放送では黒く目隠しがあったので、DVDに期待したのですが、TV放送と同じでした。セル版(販売専用)ではどうなのでしょうか?

1〜 3件 / 全3件