スターの恋人の画像・ジャケット写真

スターの恋人 / チェ・ジウ

全体の平均評価点:(5点満点)

10

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「スターの恋人」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「スターの恋人」 の作品情報

作品情報

原題:

STAR’S LOVER

「スターの恋人」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ピアノを弾く大統領

幸せは我々の胸に

ザ・ウイルス

南極日誌

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

「チェ・ジウ」の飾らない魅力

投稿日:2012/09/09 レビュアー:ひよママ

 私が大好きな映画「ノッティングヒルの恋人」みたいな設定のスタードラマですが、私はすっかり楽しめました。
「チェ・ジウ」が嫌いな人は見る必要ありませんが、おちゃめな面が発揮されていて可愛げのあるそこそこの年の女優を好演していたと思います。
脇役の「イ・ギウ」が損な役回りでちょっと気の毒でしたが、、、。
見逃している方は、見て損はないと思いますよ。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

品と味のある演技

投稿日:2011/09/11 レビュアー:シードリーフ

第11話
ついにチョルスの生活までもマスコミの餌食に。ウニョンとの三角関係までも取りざたされ、チョルスの家までもマスコミが詰めかける。マリを独占しようとだんだん強引になるテソク。そして、マリを自分の元に起きたいチョン・ウジン。どの行動もすべてマスコミに取りざたされ、慌ただしい展開に。

第12話
マリとチョルスはソウルに戻る。ウニョンの様子を心配するマリ。テレビに映って以来マスコミにつけ回され体調を崩していたウニョンは、チョルスに償いとして体調が回復するまで毎日会いにくるように求める。テソクの事務所が代筆騒動以来、経営難に陥っていることを知りチョン・ウジンは合併を考え、マリも引き取ろうと…。

マリとチョルスは、何度も別れたり、ヨリを戻したり。ふつうなら、この繰り返しに飽きることもあるかもしれないが、これが全然それを感じさせない。
別れようと言っても、再会しても、ふたりの演技を見るだけで引き込まれる。一種、役者の風格を感じさせる。

ぼくの採点☆☆☆☆(80点)

― チェジウさん 見直しました

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

「最高のラブストーリー」は言い過ぎでしょ...

投稿日:2013/01/01 レビュアー:hellosky

09年頃WOWOWで観てました。わざわざ借りて観てなかったかもしれません。チェ・ジウ氏も綺麗だし、ユ・ジテ氏も言うことないし、イ・ギウ氏もなかなかの好青年なんですが、なにせストーリーが微妙です。「最高のラブストーリー」にしたかったのはわかりますが、スターの恋を切なく描き過ぎなんでしょうね... スターだけど普通の恋をしてるのよっていう方が共感を持てたかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

チェジウの魅力たっぷり

投稿日:2011/09/11 レビュアー:シードリーフ

ユ・ジテも味がある。
珠玉。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ヘップバーン映画のよう

投稿日:2011/09/11 レビュアー:シードリーフ

第15話
マリは、元恋人ウジンの事情を知って、彼の頼みを聞いて自宅に泊める。これにがっかりするチョルス。3人の間に起きる波紋は、繊細に柔らかく描かれて、品がある。

第16話
ウジンは日本に帰国しで手術をすることを決意。そして、時が経過し、マリとチョルスの再会。しかし、テソクの執拗な仕掛けがふたりをまたまた切り裂くことに。

ヨン様ソックリさんの登場には唖然としたが、このチェ・フィリップという俳優、それなりにチェジウと渡り合っているのはちょっと感心。

ただ、見る度にヨン様と比較してしまい、「やはり本物とは違うかな」なんて思いながら見てしまうのは、ちょっとマイナス。この役どころも、ただ昔の恋人という設定でなく、複雑な影を落としている、良い役なので、それなりに味のある俳優を配役すれば、もっと雑念なく良かったかなと思う。

マリとチョルスも接近したり離れたりと相変わらずの関係が繰り返されるが、これが飽きないどころか、何度見ても引き込む力というかムードがある。チョルスも時折マリに対する感情が溢れてくるが、そんな自分に正直になれない。マリは、やっぱりあきらめきれないチョルスに、素直に電話したり話しかけたりする。チェジウが、そんな役どころを、大人の落ち着いた雰囲気の中に、可愛らしさをのぞかせ、とても魅力的に演じる。

難を言えば、チョン・ウジンの関わり方が中途半端。
マリの社長テソクも、マリを女優として育てたみたいだが、結構ウラではマリの足を引っ張るようなことしたり、危ないこともしたりと、手練手管が複雑すぎて、どういう立ち位置なのかがイマイチわかりにくい。

ぼくの採点☆☆☆★★★(75点)

― チェジウさんの魅力でそんなことは吹き飛ばすか

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

スターの恋人

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

「チェ・ジウ」の飾らない魅力

投稿日

2012/09/09

レビュアー

ひよママ

 私が大好きな映画「ノッティングヒルの恋人」みたいな設定のスタードラマですが、私はすっかり楽しめました。
「チェ・ジウ」が嫌いな人は見る必要ありませんが、おちゃめな面が発揮されていて可愛げのあるそこそこの年の女優を好演していたと思います。
脇役の「イ・ギウ」が損な役回りでちょっと気の毒でしたが、、、。
見逃している方は、見て損はないと思いますよ。

品と味のある演技

投稿日

2011/09/11

レビュアー

シードリーフ

第11話
ついにチョルスの生活までもマスコミの餌食に。ウニョンとの三角関係までも取りざたされ、チョルスの家までもマスコミが詰めかける。マリを独占しようとだんだん強引になるテソク。そして、マリを自分の元に起きたいチョン・ウジン。どの行動もすべてマスコミに取りざたされ、慌ただしい展開に。

第12話
マリとチョルスはソウルに戻る。ウニョンの様子を心配するマリ。テレビに映って以来マスコミにつけ回され体調を崩していたウニョンは、チョルスに償いとして体調が回復するまで毎日会いにくるように求める。テソクの事務所が代筆騒動以来、経営難に陥っていることを知りチョン・ウジンは合併を考え、マリも引き取ろうと…。

マリとチョルスは、何度も別れたり、ヨリを戻したり。ふつうなら、この繰り返しに飽きることもあるかもしれないが、これが全然それを感じさせない。
別れようと言っても、再会しても、ふたりの演技を見るだけで引き込まれる。一種、役者の風格を感じさせる。

ぼくの採点☆☆☆☆(80点)

― チェジウさん 見直しました

「最高のラブストーリー」は言い過ぎでしょ...

投稿日

2013/01/01

レビュアー

hellosky

09年頃WOWOWで観てました。わざわざ借りて観てなかったかもしれません。チェ・ジウ氏も綺麗だし、ユ・ジテ氏も言うことないし、イ・ギウ氏もなかなかの好青年なんですが、なにせストーリーが微妙です。「最高のラブストーリー」にしたかったのはわかりますが、スターの恋を切なく描き過ぎなんでしょうね... スターだけど普通の恋をしてるのよっていう方が共感を持てたかもしれません。

チェジウの魅力たっぷり

投稿日

2011/09/11

レビュアー

シードリーフ

ユ・ジテも味がある。
珠玉。

ヘップバーン映画のよう

投稿日

2011/09/11

レビュアー

シードリーフ

第15話
マリは、元恋人ウジンの事情を知って、彼の頼みを聞いて自宅に泊める。これにがっかりするチョルス。3人の間に起きる波紋は、繊細に柔らかく描かれて、品がある。

第16話
ウジンは日本に帰国しで手術をすることを決意。そして、時が経過し、マリとチョルスの再会。しかし、テソクの執拗な仕掛けがふたりをまたまた切り裂くことに。

ヨン様ソックリさんの登場には唖然としたが、このチェ・フィリップという俳優、それなりにチェジウと渡り合っているのはちょっと感心。

ただ、見る度にヨン様と比較してしまい、「やはり本物とは違うかな」なんて思いながら見てしまうのは、ちょっとマイナス。この役どころも、ただ昔の恋人という設定でなく、複雑な影を落としている、良い役なので、それなりに味のある俳優を配役すれば、もっと雑念なく良かったかなと思う。

マリとチョルスも接近したり離れたりと相変わらずの関係が繰り返されるが、これが飽きないどころか、何度見ても引き込む力というかムードがある。チョルスも時折マリに対する感情が溢れてくるが、そんな自分に正直になれない。マリは、やっぱりあきらめきれないチョルスに、素直に電話したり話しかけたりする。チェジウが、そんな役どころを、大人の落ち着いた雰囲気の中に、可愛らしさをのぞかせ、とても魅力的に演じる。

難を言えば、チョン・ウジンの関わり方が中途半端。
マリの社長テソクも、マリを女優として育てたみたいだが、結構ウラではマリの足を引っ張るようなことしたり、危ないこともしたりと、手練手管が複雑すぎて、どういう立ち位置なのかがイマイチわかりにくい。

ぼくの採点☆☆☆★★★(75点)

― チェジウさんの魅力でそんなことは吹き飛ばすか

1〜 5件 / 全10件