No.163 RANKING

リーガル・ハイ

リーガル・ハイの画像・ジャケット写真

リーガル・ハイ / 堺雅人

全体の平均評価点:(5点満点)

10

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「リーガル・ハイ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

堺雅人、新垣結衣主演のリーガルコメディ第2巻。TVのドキュメンタリー番組の取材を受けることになった古美門。一方、黛はひとりで村瀬美由希へのストーカー規制法違反で訴えられた榎戸信也の弁護をすることになり…。第3話と第4話を収録。

「リーガル・ハイ」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「リーガル・ハイ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

水戸黄門 第31部

映画「パコと魔法の絵本」×テレビ東京アニメ「いつもわがままガマ王子」

青い文学シリーズ 走れメロス

花咲舞が黙ってない 2015

ユーザーレビュー:10件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全10件

ヨコワケ・デストロイヤー

投稿日:2012/11/03 レビュアー:ビンス

デストロイ!
デストロイ!
デストロイ!
そんでもってビクトリーーー!!!!!
見事な戦略的勝利。
堺さんの圧勝、爆勝、万々歳ですね。
このキャラクターを演じた時点で、勝ったも同然でしょう。
なんとなく皆の中にある「堺雅人」像を自らで破壊。
嫌味で実力がある、どうやっても嫌われもんな弁護士を見事に演じてきれました。
それなのにたまらなく魅力的かつ、真実を突いてくるその姿勢にシビれまくる。
それだけでも大満足なのに。
さらにさらに、そして最大の破壊兵器をブチかました。
ヨ・コ・ワ・ケ!!!!
ヨコワケ・デストロイヤー参上。
見事なヨコワケのフォルム。
あのシビレる流線。
美しすぎます。
瞬間的インパクト、そしてその持続力。
そんな人間の中身の充実すぎる魅力。
堺さんだけを観ていても楽しすぎるドラマです。
対するのはガッキー。
ガッキーは、汚れない、まっすぐな、純粋な、正義。
そんなイメージがあるので、堺さん演じるヨコワケデストロイヤーに、対するのにピッタリ。
これぞ適役。
二人のバトルが面白すぎる。
それはオープニングにも言えることで。
毎回、「この続きはどうなる?}とワクワクして観ました。
キャラがキャラなので「コメディ路線の弁護士ドラマ」というイメージに落ち着くんですが。
実は芯の部分では、かなり大切なことを描いてたりする「よく出来たドラマ」でした。
テンポも良くて言う事なしです。

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

在庫少な過ぎ…

投稿日:2013/11/11 レビュアー:柳風

第二期開始の2ヶ月前から予約していたが、未だにお届け率が24%から進まない…
借りた人の半数近くが、借りパクでもしてるんじゃなかろうか?と疑いたくなるレベル。
ぜひ在庫を増やして頂きたい。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

まるで怪人二十面相の仮面をつけてるみたい・・・

投稿日:2013/05/20 レビュアー:まーしぃ

大好きな『鈴木先生』の脚本家ということで、チェック!
(意味深なDVDジャケも、ナイス!)

セリフやテンポが抜群に良くて、
退屈にちがいないと思っていた法廷シーンも、がぜんオモシロい!
堺雅人さんの滑舌の良さが、ぐいぐい引き込んでくれるの。

それに、真顔で笑ってるように見えるあの顔……忘れられんわぁ(笑)
鈴木先生といい、ホントすごいキャラがつくられるわよね〜古沢さんの脚本。
もちろん、サブも魅力的よ
(ガッキーの弁護士役には正直“またぁ〜?”。知的女優にみせたいのかね?)

イヤミなセリフも、長いセリフも、どこもかしこも、全部おすすめ!

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

アクターズ・ハイの堺雅人。

投稿日:2013/02/14 レビュアー:オテラ

家政婦のミタが大化けしなければ、このクールでは一番面白かったドラマなのではないでしょうか。でも、ミタ役の松嶋菜々子は再演に消極的とも聞いている反面、堺雅人はこの4月のスペシャル版で早くも復活します。役者であれば古見門研介という役どころは、おいしいところなのではないでしょうか。ミタでは機械的に「承知しました。」「業務命令ですか?」との単純な台詞を感情を込めずに演ずるだけなのに対し、第9話では5分以上の長台詞・・。それも訴訟に消極的な村民を、叱咤し奮い立たせる大演説。終始、このドラマでは古見門研介のしゃべくりに視聴者が反感を抱いたり、面白く感じたり、小憎らしく思ったりするうちに、期待を抱くようになる(第8話のサンタクロースについての台詞も少し物議を醸したかもしれないですな)。そんなおいしい役回りを見事に射止め、自分のものに仕上げた堺さんの演技も良かったし、毎回毎回の台詞の多さと面白さに役者魂を焚き付けられたことでしょう。まさに主役をアクターズ・ハイにする作品でした。
※台詞以外にもオープニングも凝っているし、脇を固める俳優陣も何故か「水戸黄門」つながりだったり、突っ込みどころも至る所満載。あなたはどれだけ突っ込めるでしょうかね。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

80pts. 【主演】堺雅人 ネタバレ

投稿日:2013/07/07 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

基本、事件解決物だが、
ある意味、悪徳弁護士を主人公にしている。

ま、そう決めつけたものでもないが、
お金をもらったら、必ず、そちらを勝たせるという弁護士。

ある意味、ブラックジャックの弁護士版というところか。

共演は、新垣由衣。
堺雅人の下で働く弁護士で、正義のために仕事をしている。

という設定。

やはり、この弁護士設定が面白く、
また、ある意味、わざと棒読みにした堺雅人の演技が、
よく合っている。

また、新垣のかわいいこと。。。(笑)

評判のいいドラマだったが、
事件系のドラマを踏襲している物の、
そう感じさせない
その観点は、オリジナリティがあり、
評判通りと言えるだろうね。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全10件

リーガル・ハイ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:10件

ヨコワケ・デストロイヤー

投稿日

2012/11/03

レビュアー

ビンス

デストロイ!
デストロイ!
デストロイ!
そんでもってビクトリーーー!!!!!
見事な戦略的勝利。
堺さんの圧勝、爆勝、万々歳ですね。
このキャラクターを演じた時点で、勝ったも同然でしょう。
なんとなく皆の中にある「堺雅人」像を自らで破壊。
嫌味で実力がある、どうやっても嫌われもんな弁護士を見事に演じてきれました。
それなのにたまらなく魅力的かつ、真実を突いてくるその姿勢にシビれまくる。
それだけでも大満足なのに。
さらにさらに、そして最大の破壊兵器をブチかました。
ヨ・コ・ワ・ケ!!!!
ヨコワケ・デストロイヤー参上。
見事なヨコワケのフォルム。
あのシビレる流線。
美しすぎます。
瞬間的インパクト、そしてその持続力。
そんな人間の中身の充実すぎる魅力。
堺さんだけを観ていても楽しすぎるドラマです。
対するのはガッキー。
ガッキーは、汚れない、まっすぐな、純粋な、正義。
そんなイメージがあるので、堺さん演じるヨコワケデストロイヤーに、対するのにピッタリ。
これぞ適役。
二人のバトルが面白すぎる。
それはオープニングにも言えることで。
毎回、「この続きはどうなる?}とワクワクして観ました。
キャラがキャラなので「コメディ路線の弁護士ドラマ」というイメージに落ち着くんですが。
実は芯の部分では、かなり大切なことを描いてたりする「よく出来たドラマ」でした。
テンポも良くて言う事なしです。

在庫少な過ぎ…

投稿日

2013/11/11

レビュアー

柳風

第二期開始の2ヶ月前から予約していたが、未だにお届け率が24%から進まない…
借りた人の半数近くが、借りパクでもしてるんじゃなかろうか?と疑いたくなるレベル。
ぜひ在庫を増やして頂きたい。

まるで怪人二十面相の仮面をつけてるみたい・・・

投稿日

2013/05/20

レビュアー

まーしぃ

大好きな『鈴木先生』の脚本家ということで、チェック!
(意味深なDVDジャケも、ナイス!)

セリフやテンポが抜群に良くて、
退屈にちがいないと思っていた法廷シーンも、がぜんオモシロい!
堺雅人さんの滑舌の良さが、ぐいぐい引き込んでくれるの。

それに、真顔で笑ってるように見えるあの顔……忘れられんわぁ(笑)
鈴木先生といい、ホントすごいキャラがつくられるわよね〜古沢さんの脚本。
もちろん、サブも魅力的よ
(ガッキーの弁護士役には正直“またぁ〜?”。知的女優にみせたいのかね?)

イヤミなセリフも、長いセリフも、どこもかしこも、全部おすすめ!

アクターズ・ハイの堺雅人。

投稿日

2013/02/14

レビュアー

オテラ

家政婦のミタが大化けしなければ、このクールでは一番面白かったドラマなのではないでしょうか。でも、ミタ役の松嶋菜々子は再演に消極的とも聞いている反面、堺雅人はこの4月のスペシャル版で早くも復活します。役者であれば古見門研介という役どころは、おいしいところなのではないでしょうか。ミタでは機械的に「承知しました。」「業務命令ですか?」との単純な台詞を感情を込めずに演ずるだけなのに対し、第9話では5分以上の長台詞・・。それも訴訟に消極的な村民を、叱咤し奮い立たせる大演説。終始、このドラマでは古見門研介のしゃべくりに視聴者が反感を抱いたり、面白く感じたり、小憎らしく思ったりするうちに、期待を抱くようになる(第8話のサンタクロースについての台詞も少し物議を醸したかもしれないですな)。そんなおいしい役回りを見事に射止め、自分のものに仕上げた堺さんの演技も良かったし、毎回毎回の台詞の多さと面白さに役者魂を焚き付けられたことでしょう。まさに主役をアクターズ・ハイにする作品でした。
※台詞以外にもオープニングも凝っているし、脇を固める俳優陣も何故か「水戸黄門」つながりだったり、突っ込みどころも至る所満載。あなたはどれだけ突っ込めるでしょうかね。

80pts. 【主演】堺雅人

投稿日

2013/07/07

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

基本、事件解決物だが、
ある意味、悪徳弁護士を主人公にしている。

ま、そう決めつけたものでもないが、
お金をもらったら、必ず、そちらを勝たせるという弁護士。

ある意味、ブラックジャックの弁護士版というところか。

共演は、新垣由衣。
堺雅人の下で働く弁護士で、正義のために仕事をしている。

という設定。

やはり、この弁護士設定が面白く、
また、ある意味、わざと棒読みにした堺雅人の演技が、
よく合っている。

また、新垣のかわいいこと。。。(笑)

評判のいいドラマだったが、
事件系のドラマを踏襲している物の、
そう感じさせない
その観点は、オリジナリティがあり、
評判通りと言えるだろうね。

1〜 5件 / 全10件