1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. アクションのDVDレンタル
  5. パーソン・オブ・インタレスト <ファースト・シーズン>

パーソン・オブ・インタレスト <ファースト・シーズン>

パーソン・オブ・インタレスト <ファースト・シーズン>の画像・ジャケット写真

パーソン・オブ・インタレスト <ファースト・シーズン> / ジム・カヴィーゼル

全体の平均評価点:(5点満点)

49

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「パーソン・オブ・インタレスト <ファースト・シーズン>」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

元CIA工作員と天才プログラマーが、凶悪犯罪を未然に防ぐべく自警的手段で制裁を下す犯罪予知アクションの第1シーズン第8巻。大手投資銀行で働く若手トレーダーがターゲットとなり、リースは裕福な投資家を装い彼に近付く。第16話と第17話を収録。

「パーソン・オブ・インタレスト <ファースト・シーズン>」 の作品情報

作品情報

製作年:

2011年

製作国:

アメリカ

原題:

PERSON OF INTEREST FIRST SEASON

「パーソン・オブ・インタレスト <ファースト・シーズン>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

スキャンダル シーズン5

バーニーズ・バージョン ローマと共に

ウェイワード・パインズ 出口のない街

NIKITA/ニキータ <セカンド・シーズン>

ユーザーレビュー:49件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全49件

単純には割り切れないのです・・・ ネタバレ

投稿日:2012/10/30 レビュアー:G.Leonhardt

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


ファースト・シーズンの全話を一気に視聴した感想です。

結論から言って、かなり面白い作品でした。 お勧めです。

平均点が上昇することを願う意味もあり、★五つとしました。


<< 以下、ネタバレの恐れがありますので、ご注意下さい。>>


9.11を受けて開発された犯罪予知システム 『マシーン』、ハイテクを駆使した極秘調査など、
いかにも現代 (2012年) のアメリカを舞台としたクライム・サスペンスで、映像、演出ともに
スマートかつスタイリッシュで、話のテンポが良く、毎回退屈させません。

ギャラの高い有名俳優を起用していない分、本来の演出にお金をかけているのでしょう。
観ていて安っぽいという感じは、ほとんどしませんでした。 (個人の感想です)

伏線もいっぱいで、鑑賞後、あれこれ今後の展開を想像させる点でも楽しませてくれます。


有名俳優こそ参加していませんが、実力のある俳優たちが、一癖も二癖もある登場人物を
魅力的に演じており、なかなかの好印象です。

 リース・・・・影のある渋い演技が魅力。 激しい戦いの後にみせる笑みは最高。 実にカッコいい!

 カーター・・・この役に美人女優をキャストしてない所がミソ。でも、愛嬌アリ、凄みもアリ。

 ファスコ・・・いかにも小物の悪徳刑事然とした風貌。でも小物の悲哀や憎めなさを巧みに演じております。

そして

 フィンチ・・・あぁ、何とも、、実に愛すべき、チンチクリンめがね。


ちなみに、リース以外のレギュラー陣には (あえて?) 美男美女は出てきませんが、(その分?)
脇役には毎回 (外見上) とても魅力的な俳優が出演しています。

でも、『マシーン』 から通知される人物は、被害者か、加害者か、それともその両方か・・・

ラストまでなかなか判断できず、しばしばダマサレますが、そこが本作の面白い所です。


また、話数が進むにつれ、登場人物の背景が少しづつ明らかとなり、警察も、マフィアも、
主人公達も、単純に善人や悪人とは言えなくなる、いわゆるお気楽な勧善懲悪ストーリー
ではない点は、日本人好みではないかとも思いました。

人は皆、善も為し、悪も為す。 そもそも絶対的な善/悪など無く、自らが最善と思う道を
貫くほかはない。 そういうスタンスのヒーロー像は、とても日本的で、時代小説に通じる
深み、味わいを感じさせる作品だなと感じました。 (あくまで個人の感想です)

( 実際本編でも、リースはある子供から、「おじさんは浪人だね」と言われてました。)

『マシーン』 が通知する人物が、被害者か、加害者か分からないのは、そもそも人が善を
為すか悪を為すかは、コンピューターのアルゴリズムで明確に規定できないだけでなく、
本当は誰にもわからないのだということの暗示なのかもしれませんね。


さて、未消化の伏線もまだまだ残っていることですし、最終話をご覧になればお分かりに
なるかと思いますが、セカンド・シーズンが大変楽しみな作品です。

少しほめすぎた気もしますが、皆さんのご参考になれば幸いです。

このレビューは気に入りましたか? 31人の会員が気に入ったと投稿しています

☆4 ネタバレ

投稿日:2012/10/09 レビュアー:りかりん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

お先にケーブルで視聴してしまいました(^^♪

この作品・・・私的には久々のヒットであります♪

ジム・カヴィーゼル ・・・ヤバイ・・カッコ良過ぎです(笑)
マイケル・エマーソンも良い味だしています♪

こんな「マシン」が実在したら・・・怖いーっ(^_^;) でも・・・将来ありえない話ではないのかもしれない。
いや?もしかしたら現在も・・・
リースとフィンチは、新しい正義の味方だわっ♪

これからが楽しみですが・・視聴率落ちると、すぐ打ち切りになるからね(T_T)/~~~
今後が楽しみなドラマです♪

このレビューは気に入りましたか? 20人の会員が気に入ったと投稿しています

最強にいい男!

投稿日:2012/11/07 レビュアー:いたみん

あまり評価が良くないので驚きました。最高に面白いです。派手さはないけれどかなり良質の作品です。犯罪を予知して未然に防ぐというコンセプトなしにでも充分面白いドラマです。主役二人の絶妙な掛け合いもいいし、ファスコとカーターも他に代役がいない!というくらいいい味出してます。舞台のニューヨークも存分に活かされています。白髪まじりのジムカヴィーゼルが死ぬほどかっこいいです。

このレビューは気に入りましたか? 19人の会員が気に入ったと投稿しています

久々に面白いと思えるシリーズ

投稿日:2012/10/30 レビュアー:気分屋

自分の中では、ジム・カヴィーゼル出演作で、「オーロラの彼方へ」のイメージが強く、(パッションのキリスト役も然り)、
珍しく悪役を演じた、デンゼル・ワシントンと共演した「デジャヴ」と、お馴染みのいい人キャラが混ざった様な?ダークヒーローを好演。
過去の出演作を見ると、軍人役はかなり多く、今回も役作りの為のトレーニングも、アクションも慣れたものと言ったところかな?
あえて言うなら、後5歳くらい若かったら、きっともっと体のキレもよかったはず。
ジャック・バウアーもビックリな?何でもありで、見ていて気持ちいいくらい強いので、本当に楽しいし、
1話完結だけど、シリーズを通しての大きな謎もあり、これからが楽しみ。
現在アメリカでシーズン2も放送中で、2011年放送の新番組の中でも、1番視聴率も良かった様です。
演技力の光る、渋いキャステイングで、「LOST」でお馴染みの、マイケルもいい味出してます。

今44歳、白髪も混ざる、渋いジムが、なんだかかっちょいい!!

このレビューは気に入りましたか? 14人の会員が気に入ったと投稿しています

スーツが似合う2人 ネタバレ

投稿日:2012/11/16 レビュアー:masataka

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画のボーンシリーズに近い海外ドラマを、と探していてたどり着き、気に入りました。

1話のイントロダクションに続き、2話と3話の見どころの多さ(アクションやITだけではなく人間模様も描かれ、ゲスト出演の女優の名演もあり)に引き込まれます。その後のエピソードからは基本的に1話完結の問題解決で、基本的には不死身で頑丈、渋すぎる Reese(または John)、思いのほか身が軽く目的地にすぐ着いてしまう Finch(または Harold)が活躍。

主人公2人ともスーツ姿がほとんど、さらにお互いを Mr.Reese, Mr.Finch と呼び合う(ドタバタするとさすがに Mr. はとれますが)といういい意味の堅さが、作品全体のカラーを決めている感じがします。あとNY市警の Fusco 刑事の表情、日本語吹き替えの声のはまり具合も好きです。まだ1stシーズン最終話まで観ていませんが、2ndシーズンも期待。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全49件

パーソン・オブ・インタレスト <ファースト・シーズン>

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:49件

単純には割り切れないのです・・・

投稿日

2012/10/30

レビュアー

G.Leonhardt

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する


ファースト・シーズンの全話を一気に視聴した感想です。

結論から言って、かなり面白い作品でした。 お勧めです。

平均点が上昇することを願う意味もあり、★五つとしました。


<< 以下、ネタバレの恐れがありますので、ご注意下さい。>>


9.11を受けて開発された犯罪予知システム 『マシーン』、ハイテクを駆使した極秘調査など、
いかにも現代 (2012年) のアメリカを舞台としたクライム・サスペンスで、映像、演出ともに
スマートかつスタイリッシュで、話のテンポが良く、毎回退屈させません。

ギャラの高い有名俳優を起用していない分、本来の演出にお金をかけているのでしょう。
観ていて安っぽいという感じは、ほとんどしませんでした。 (個人の感想です)

伏線もいっぱいで、鑑賞後、あれこれ今後の展開を想像させる点でも楽しませてくれます。


有名俳優こそ参加していませんが、実力のある俳優たちが、一癖も二癖もある登場人物を
魅力的に演じており、なかなかの好印象です。

 リース・・・・影のある渋い演技が魅力。 激しい戦いの後にみせる笑みは最高。 実にカッコいい!

 カーター・・・この役に美人女優をキャストしてない所がミソ。でも、愛嬌アリ、凄みもアリ。

 ファスコ・・・いかにも小物の悪徳刑事然とした風貌。でも小物の悲哀や憎めなさを巧みに演じております。

そして

 フィンチ・・・あぁ、何とも、、実に愛すべき、チンチクリンめがね。


ちなみに、リース以外のレギュラー陣には (あえて?) 美男美女は出てきませんが、(その分?)
脇役には毎回 (外見上) とても魅力的な俳優が出演しています。

でも、『マシーン』 から通知される人物は、被害者か、加害者か、それともその両方か・・・

ラストまでなかなか判断できず、しばしばダマサレますが、そこが本作の面白い所です。


また、話数が進むにつれ、登場人物の背景が少しづつ明らかとなり、警察も、マフィアも、
主人公達も、単純に善人や悪人とは言えなくなる、いわゆるお気楽な勧善懲悪ストーリー
ではない点は、日本人好みではないかとも思いました。

人は皆、善も為し、悪も為す。 そもそも絶対的な善/悪など無く、自らが最善と思う道を
貫くほかはない。 そういうスタンスのヒーロー像は、とても日本的で、時代小説に通じる
深み、味わいを感じさせる作品だなと感じました。 (あくまで個人の感想です)

( 実際本編でも、リースはある子供から、「おじさんは浪人だね」と言われてました。)

『マシーン』 が通知する人物が、被害者か、加害者か分からないのは、そもそも人が善を
為すか悪を為すかは、コンピューターのアルゴリズムで明確に規定できないだけでなく、
本当は誰にもわからないのだということの暗示なのかもしれませんね。


さて、未消化の伏線もまだまだ残っていることですし、最終話をご覧になればお分かりに
なるかと思いますが、セカンド・シーズンが大変楽しみな作品です。

少しほめすぎた気もしますが、皆さんのご参考になれば幸いです。

☆4

投稿日

2012/10/09

レビュアー

りかりん

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

お先にケーブルで視聴してしまいました(^^♪

この作品・・・私的には久々のヒットであります♪

ジム・カヴィーゼル ・・・ヤバイ・・カッコ良過ぎです(笑)
マイケル・エマーソンも良い味だしています♪

こんな「マシン」が実在したら・・・怖いーっ(^_^;) でも・・・将来ありえない話ではないのかもしれない。
いや?もしかしたら現在も・・・
リースとフィンチは、新しい正義の味方だわっ♪

これからが楽しみですが・・視聴率落ちると、すぐ打ち切りになるからね(T_T)/~~~
今後が楽しみなドラマです♪

最強にいい男!

投稿日

2012/11/07

レビュアー

いたみん

あまり評価が良くないので驚きました。最高に面白いです。派手さはないけれどかなり良質の作品です。犯罪を予知して未然に防ぐというコンセプトなしにでも充分面白いドラマです。主役二人の絶妙な掛け合いもいいし、ファスコとカーターも他に代役がいない!というくらいいい味出してます。舞台のニューヨークも存分に活かされています。白髪まじりのジムカヴィーゼルが死ぬほどかっこいいです。

久々に面白いと思えるシリーズ

投稿日

2012/10/30

レビュアー

気分屋

自分の中では、ジム・カヴィーゼル出演作で、「オーロラの彼方へ」のイメージが強く、(パッションのキリスト役も然り)、
珍しく悪役を演じた、デンゼル・ワシントンと共演した「デジャヴ」と、お馴染みのいい人キャラが混ざった様な?ダークヒーローを好演。
過去の出演作を見ると、軍人役はかなり多く、今回も役作りの為のトレーニングも、アクションも慣れたものと言ったところかな?
あえて言うなら、後5歳くらい若かったら、きっともっと体のキレもよかったはず。
ジャック・バウアーもビックリな?何でもありで、見ていて気持ちいいくらい強いので、本当に楽しいし、
1話完結だけど、シリーズを通しての大きな謎もあり、これからが楽しみ。
現在アメリカでシーズン2も放送中で、2011年放送の新番組の中でも、1番視聴率も良かった様です。
演技力の光る、渋いキャステイングで、「LOST」でお馴染みの、マイケルもいい味出してます。

今44歳、白髪も混ざる、渋いジムが、なんだかかっちょいい!!

スーツが似合う2人

投稿日

2012/11/16

レビュアー

masataka

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

映画のボーンシリーズに近い海外ドラマを、と探していてたどり着き、気に入りました。

1話のイントロダクションに続き、2話と3話の見どころの多さ(アクションやITだけではなく人間模様も描かれ、ゲスト出演の女優の名演もあり)に引き込まれます。その後のエピソードからは基本的に1話完結の問題解決で、基本的には不死身で頑丈、渋すぎる Reese(または John)、思いのほか身が軽く目的地にすぐ着いてしまう Finch(または Harold)が活躍。

主人公2人ともスーツ姿がほとんど、さらにお互いを Mr.Reese, Mr.Finch と呼び合う(ドタバタするとさすがに Mr. はとれますが)といういい意味の堅さが、作品全体のカラーを決めている感じがします。あとNY市警の Fusco 刑事の表情、日本語吹き替えの声のはまり具合も好きです。まだ1stシーズン最終話まで観ていませんが、2ndシーズンも期待。

1〜 5件 / 全49件