ももへの手紙

ももへの手紙の画像・ジャケット写真
ももへの手紙 / 美山加恋
全体の平均評価点:
(5点満点)

36

  • DVD
  • Blu-ray
ジャンル:

「ももへの手紙」 の解説・あらすじ・ストーリー

「人狼 JIN−ROH」の沖浦啓之監督、Production I.Gのアニメーション制作で贈るハートフル・ファンタジー・アニメ。父を亡くし、母とともに瀬戸内の小さな島に越してきた少女が、そこで出会った心優しい妖怪たちとの奇妙な交流を通して成長していく姿をハートウォーミングに綴る。小学6年生の内気な女の子ももは、母に連れられ、瀬戸内の島に移り住む。彼女は、仲直りしないまま亡くなってしまった父が遺した“ももへ”とだけ記された書きかけの手紙のことが頭から離れず、父が何を伝えたかったのかを考えてばかりの日々。一方しっかり者の母は、いつも明るく元気に忙しい毎日を送っていた。そんなある日、不思議な妖怪3人組イワ、カワ、マメと出会うももだったが…。

「ももへの手紙」 の作品情報

製作年: 2012年
製作国: 日本

「ももへの手紙」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ももへの手紙の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DABR4294 2012年10月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
69枚 7人 2人

【Blu-ray】ももへの手紙(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
120分 日本語 1:DOLBY True HD/5.1chサラウンド/日本語
2:リニアPCM/サラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
DAXR4294 2012年10月26日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
23枚 1人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:36件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全36件

子供向け(幼児むけ?)なので、基本的にはOK?

投稿日:2012/09/06 レビュアー:KASPAR

「人狼」の監督作品?無料パスというのもあって「ももへの手紙」を観てみました♪

うーん・・・子供向け(幼児むけ?)なので、基本的にはOKやけど、大人としては不満も多いっすね。

丁寧に(地味な)人間描写(現実的)を綴る前半〜アニメ的な派手な展開(非現実的)を見せる中盤までは
抜群に面白いのに、終盤からコレが同じ作品か?と思うほどヒドくなる。

終盤は「現実的な障害を少女の手で越えて大人になる」という展開でないと辻褄が合わないのに、
障害を大きくしすぎた(派手にしすぎた)ので、少女がムチャをする(で、実動は少女ではない)ことを肯定するという、
無茶苦茶する=大人への階段というわけの解らないことに。

主人公が大人になる(&親を理解する)という成長に合わせて、妖怪たちも変わるという描写も中途半端。

「ものを盗んじゃいけない」という当たり前のモラルなんて、主人公は最初は大反対なのに、
最後は容認(諦め)という「成長とモラルの低下を同時に描く」という成長ものにあってはならない問題が生じてる。

なんかむっちゃ不満が出てきましたが、基本的には面白かったです(マジです)
オススメは・・・うーんできるのかな〜・・・

個人的満足度 70点!(なんか今思うと高すぎるような気が・・・)
オススメ度 70点!

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

取り返しのつかないことば 届けたい想い

投稿日:2014/06/02 レビュアー:kazupon

事故で亡くなった父の机の引き出しに
“ももへ”と書いてあるきりの一枚の便箋がありました。
父は、この後にどんな言葉を書くつもりだったのだろう?
ももに何を言いたかったのだろう?
便箋を見つめながら、ももは考えてしまいます。

ももには、父には内緒の“ある計画”がありました。
しかし、父に急な仕事が入って、約束をキャンセルされてしまいます。
腹立ち紛れに ももは言ってしまったのでした。
「もう帰ってこなくていいよ。」
・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・  ・・
ももの後悔、母(いく子)の気丈な頑張り、ももにだけ見える3匹の妖怪。
淡い色調の画とともに、じんわり、温かく伝わってくる物語でした。
島がたくさん浮かぶ瀬戸内の海の様子や、島の町並みや段々畑の描写など、景色の描き方が美しいです。
画になった時の家々や道路の様子が、写真で見るのとソックリそのままで溜息が出ました。
イワ、カワ、マメという3匹の妖怪も登場して、ももの新しい生活に騒動を起こしながらも最後には亡くなった父とももの気持ちを橋渡ししてくれました。
ルール違反しちゃったけど、「見守り組」の使命以上の働きだったと思います。
終盤でのももと妖怪たちの大暴走は、どこかジブリ的でした。
妖怪たちのパワーを借りて盛り上げておいて、ラストでは父からのメッセージを
届けてしんみり・・・
ももといく子のすれ違った気持ちも修正されて、ももは島の子どもたちと一緒に橋の上から何メートルも下の川に飛び込んで、島の子どもたちに溶け込んでいきます。
大人も子どもも、その年齢なりに楽しめる物語だと思います。
小さな子には、妖怪たちと猪との追いかけっこやカワのオナラのシーンなんかが笑いのツボかも。
ももと同じくらいの年齢の子には、ももの後悔の気持ちや父の書きかけの手紙を気にする気持ちが理解できるのでしょうか。
私は最終的には感動したのですが、妖怪たちへの不満がたくさんあったことを告白しておきます。
それに、「ももへ」の手紙の続きがよく分からなかったし・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

泣いちゃいました。

投稿日:2013/03/03 レビュアー:TOMY

何で観たんだっけ?
たしか同僚が、小2の娘と観て、なかなかよかったけど、8歳には少し難しかった……と感想を聞いたからかな。
うん、父親としては、完全に入り込めるかもしれません。

父が事故で亡くなり、小6のももと母は、親戚の居る瀬戸内の小さな島に越してきた。
都会から越してきたばかりのももの家には、物の怪の類が住んでいるようで……という、楽しげなお話。

でも。
思いが伝わらずにケンカした状態で、父と娘は二度と会えなくなってしまった。
後悔の念は、12歳の小さな胸には、どれだけ強く刺さっているのだろう?
大事な人を亡くした、まだ若い母親。
まだ長い間一緒に生きていけると思っていた人はいなくなり、
将来は不安で、まだ育ちざかりの娘は全力で守っていかねばならない。
どれだけ胸をつぶされているんだろう?
そして、思いもよらない時に、この世に大切な家族をのこして逝かねばならなかった父親。
どれだけ、どれだけ苦しかったろう?
要所要所に、私は泣けた。

子供だから元気だし、だいたい思う方向へ話は向かうのだけど、
苦しみを越えて、大事な人を守ろうと成長するももには、涙がこぼれました。
母の、健康に不安があるなか、全力で娘を守ろうとする姿にも。
大切なんだ。
何がなんでもこの人を守るんだ。
その気持ちで、涙がじゃーじゃー出ました。
西田敏行は当然上手いですが、優香、意外にもすごく上手い。

日本には小さな島があって、人の暮らしは生きているのですよね。
自分とかけ離れた生活って、なかなか実感できないのですが、今日も、たったひとつの人生を、小さな美しい島で働き、生きている人がいる。
そんなことも思いつつ、何度も涙を流しつつ、私は堪能したいい映画でした。
そうだなぁ、10歳以上ならいいかな?
夏休みに観るには、いいと思います。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

娘のお気に入りベストに。

投稿日:2013/02/06 レビュアー:涼風マヨネーズ

アニメ好きの娘は、気に入った作品は何度も何度も観て終いには全てせりふを覚えてしまうんっす。

その娘の新たなお気に入りリストに入ってしまった作品がこれです。

私らが一見するとジブリ?と思うんですが、それとはまた違うようですね。

残虐で訳のわからんアニメや映画が増えてきたなか、こういった心温まる作品なら何度観させても良いんだろうね!。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

地味だけどなかなか面白かった

投稿日:2012/11/08 レビュアー:ぽるっこ

悪くはないのですが、劇場で1800円はちょっと高い。
レンタルであればお得な感じになります。

描写がかなり丁寧なので、ここまでするなら正直、実写でやってしまった方が感動出来た気がします。
アニメならでは感があまりなかった。

地味だけどなかなか面白かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全36件

ももへの手紙

月額課金で借りる

都度課金で借りる