シークレット・ガーデン

シークレット・ガーデンの画像・ジャケット写真

シークレット・ガーデン / ハ・ジウォン

全体の平均評価点:(5点満点)

22

全体の平均評価点:

DVD

「シークレット・ガーデン」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

“オレ様系”御曹司と下積みスタントウーマンの恋を描いた韓流ドラマ。高級デパートのCEO、キム・ジュウォンはスタントウーマン、キル・ライムと出会う。勘違いで出会ったふたりはお互いが気になるようになり…。

「シークレット・ガーデン」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: 韓国
原題: SECRET GARDEN

「シークレット・ガーデン」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

負けたくない!<完全版>

君の声が聞こえる

レイトオータム

マイPSパートナー

ユーザーレビュー:22件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全22件

憑依の面白さの後に押し寄せる、涙の究極の愛の形 ネタバレ

投稿日:2012/07/01 レビュアー:snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

魂が入れ替わるというストーリーの予測できない面白さに加えて、ヒョンビンさんとハ・ジウォンさんの性別を超えたコミカル演技にはおなかを抱えます。
ライムが入ってる時のヒョンビンさん、もうここまでやっちゃうの?
ブラをつけたりなんかして、ライムが憑依してましたね〜
ヒョンビンライムの方が女らしさには勝ってるような気がする(笑)
この入れ替わり演技だけでも見る価値は十分あると思うのですが、後半、この体が入れ替わってしまうという展開が視聴者を涙涙へと誘います。

ライム演じるハ・ジ・ウォンさんは可愛いと言われるよりもカッコいいと言われるのが嬉しいスタントウーマン。
消防士の父が亡くなってからたった独りで必死に生活してきました。
自分の夢に向かってひたすら走ってきた女性です。
主演女優の影を演じるスタントという仕事に誇りをもって、危険なスタントにも意欲的に挑戦する男性も顔負けの根性の持ち主、だから腕力も強くて、ジュウォンは何度も彼女にけりを入れられたり、殴られたりしています。
ハ・ジウォンさんはいつも違った姿を私たちに見せてくれる、そんな所がとっても魅力的。
アクションしても凄く似合ってる数少ない女優さんのひとりだと思います。

そんなちょっと男勝りな彼女に見事に嵌ってしまうのがロエルデパートのCEO、ジュウォンです。
部下にもあまり心を開かず、秘書にも冷たい。人に対して優しさがないんですよね。
でも、彼には隠された過去があり、それもだんだんと明かされていきます。
かなりの俺様男のジュウォンがライムのことがメチャクチャ好きで好きでたまらなくて、必死に彼女を自分のものにしようといろいろと努力する姿が滑稽で可愛らしい。
さらに、お気に入りのジャージを自慢する姿も可笑しいったらないの。

一針一針・・・が好きなんです!超受けます!
ドラマ放送中、ジュウォンが身に着けるジャージに話題が集中してましたよね。

突然体が入れ変わってアタフタするのが前半の見所なら後半は一気に切ないモードのふたりに胸がキュンとなってしまいますよ。
魂の入れ替わりがあとで、そうか、ここで効いてくるのか!と感嘆しました。
物語の最後の最後まで気になり、次が見たくて仕方なくなると思います。

さらにこの二人がする泡キスやジュウォンのセリフにも大注目です。
昔からそうなのか、○○キスと言ったようにそのドラマを象徴する名物キスが物語にあると今やヒットする要因のひとつですよね。

ジュウォンの従兄のオスカー役もユン・サンヒョンさんにこの上なく嵌ってましたね〜
女性スキャンダルが多いスターだけどスル(キム・サラン)に対しての純粋な愛がどうなるのかも物語の見所でした。
キム・サランさん、とっても綺麗でした。
スルがライムの影響を受けて、ジュウォンに近づく女に対して、悪ぶる女を演じる所が可愛く感じられました。
スルもやるじゃない〜

また、彼女は制作会社の代表だったので、そのオフィスにはいろんなポスターが貼られていました。
ヒョンビンさんの実際の映画出演作も堂々と張られてましたよ。
この同じ年、映画にもたくさん出られてましたからね。
私もお気に入りの『晩秋』のポスターを発見しましたよ。

また、セリフも少なかったのに大きな存在感があったサン役のイ・ジョンソクさんやライムに対して男としてよりも、まるで家族のように心配する、包容力ある魅力をみせてくれたイ・フィリップさんも凄く良かったです。
そして今まで犯罪者やちょっと変わった個性的な役が多かったキム・ソンオさんが気弱な役で、何度も笑わせられました。
演じる役で個性的な顔が(失礼っ!)こうも印象を変えてしまうんですね。

この年はほとんどヒョンビン一色の年だったのでは。。。と思います。
私的には以前日本に来日した時よりも、あんなに顔がほっそりとしてしまって驚きました。
来日時は顔の頬がパンパンでしたからね〜
このドラマでのヒョンビンさんの性別を超えた演技やセレブのプライドをかなぐり捨てた、必死のラブコール、そして愛する人のために選択する、究極の愛の姿は必見です!

このレビューは気に入りましたか? 46人の会員が気に入ったと投稿しています

FANTASTIC LUV

投稿日:2012/08/20 レビュアー:マオ

とても音楽が素敵なドラマ 
ヒョンビンが歌う『その男』
録音中エピソード 彼は当時 風邪で絶不調だったらしく点滴を打ちながら自分の納得がいくまでファンの事を考えながら歌ったそうだ・・。
そうか・・一節一節に想いを籠めていたのか・・・どうりで切なくも美しい曲だと思った。
OSTの女王ペク・ジヨンが別歌詞で『その女』を歌っている。
これもニクイ演出だと思う。ドラマも良いですが、OSTも本当に良いです o><o

ヒョンビンが演じたチュウォン 
利己主義なキャラクターなのに完璧すぎる容姿のせいか特製ジャージのせいか・・w
ドSでありながら甘美な言葉をサラッと吐く・・ 最強ツンデレキャラが素敵でした/// 
従兄の韓流大スター オスカーを演じたユン・サンヒョン
彼は『オスカー』という名前がお気に入りで『オスカーって名前だけは変えないで!!』って脚本家にお願いしたそうです。とても優しく気取らない姿に好感大でした!!
オスカーと係わってくる、新鋭ミュージシャンSUN イ・ジョンソク君 彼は今年『人気歌謡』の司会にキャスティングされました。スタイルバツグンです!!

カッコいいヒロイン スタントウーマン役キム・ライムにハ・ジウォン
そしてキム・サランが、ご令嬢スル役 女性陣クールビューティー
ライムのルームメイトに小悪魔的なアヨン(ユ・インナ)
久々のイ・フィリップやチュウォンの秘書や母親、パク常務など脇役も光っていた☆

そして、このドラマは芸能界でも話題になった 
BIGBANGもパロディしちゃったくらいの人気を得たドラマ
今夏、単身で日本滞在&営業活動中のBIGBANGの最強マンネ スンリがオスカーの役を演じたのですが、これが・・ビックリするくらいソックリ!! 大爆笑でしたww
ネット検索して頂きたいくらいです スンちゃん 只者じゃないですからww

音楽が良いドラマは印象に残る 台詞が面白いドラマも記憶に残る 
最終回で最高視聴率35.2%も叩き出す!! 流行語も飛び出す!! 
『このドラマ ベストですか? 自信は?』 私は・・★5で!!

このレビューは気に入りましたか? 31人の会員が気に入ったと投稿しています

辛口

投稿日:2012/08/02 レビュアー:べん

韓国で本当に35パーセント超えって本当!?ぜーんぜん面白くありません。こんなのが韓国人は面白いと思っているの!!!

ヒョンビンもこんな駄作に出演して大丈夫?俳優が韓国で言う一流?芸能人を起用したけれど内容は薄い、ハ・ジウォンは松本明子にしか見えないし、この女優どの作品でも演技が下手。泣きのシーンでも感情移入出来て無

い感じに見受けられるけど・・・

俳優が良いから中身も良いって勘違いしたのでは・・・?どんな人が出ていても良いものは良い ダメなものはダメです。

同じ事の繰り返しをひたすら見させられた感しか残りませんでした。残念!

このレビューは気に入りましたか? 21人の会員が気に入ったと投稿しています

新鮮味がない ネタバレ

投稿日:2012/07/14 レビュアー:ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「ハ・ジウォン」が並はずれた運動神経と演技力を持っていることも、「ヒョンビン」がほんとにかっこよくて上手いことも分かっているので、「たぶんこうなるんだろうな」という範疇を出ていない。
こんなこと書くと反感買うなと思いつつ、正直な感想として「新鮮味がなかった」。
それなりに楽しんで見たのですが、、、。
この手の役は十八番の「ユン・サンヒョン」は、単に好きなので納得でした、、、。
勝手な感想でスミマセン。

このレビューは気に入りましたか? 15人の会員が気に入ったと投稿しています

音楽、映像、舞台設定はとても華やか、でも作品として評価できない

投稿日:2013/02/05 レビュアー:hinakksk

 華やかできらびやかな音楽、美しく幻想的な自然風景、おしゃれで瀟洒な建物や敷地、スピーディで印象的な場面展開。今までの韓ドラにはなかったような新鮮で豪華なオープニングで、いやでもドラマへの期待感が膨らみます。4話まではそれなりに面白く楽しみました。

 しかし、まず男女の憑依にプロット上の必然を感じられず、とても作為的に思えて、そこでトーンダウン。憑依しているのに、ストーリー上不便になると元の男女に戻して台詞を言わせるというのはとても不自然で、それが必然ではない証拠です。物語は表面的にはファンタジーっぽくしてあるけれど、実際には全くファンタジーとはいえません。格差のある愛、あるいは偶然の必然というこれまでさんざん描かれたテーマを、うわべだけファンタジーらしく演出して新しく見せているにすぎません。そして何よりも許せないのは、ディズニーのアニメでさえ最近は描かなくなった困窮したお姫さまを白馬の王子さまが颯爽と助け出すというシンデレラストーリーの禁じ手を臆面もなく使って、しかもその低俗さをファンタジーもどきで、あざとくカモフラージュしていることです。このドラマの本質はまさしくハーレークィンロマンスに他ならないと思います。ジュウォンの広大な敷地と白亜の館は象徴的で、そのセッティングにはぴったりです。(だからこそ母と決別して以後も、この邸宅に住み続けるのは必然の成り行き。)潜在的に白馬の王子さまに憧れる女子たちがこのドラマに熱狂したのもうなずけます。私はこの脚本家(台詞が秀逸)がとても好きだったので、とても残念です。

 この作品は『不思議の国のアリス』がモチーフということですが、むしろ同じタイトルのバーネットの児童小説『秘密の花園』に似ているように思います。広大なお屋敷でひとりぼっちの病気(心の病)にかかった傍若無人で我儘な少年が、その屋敷にひきとられた孤児の少女(家柄は同じ)のもちまえの健全さや明るく快活な性格と、自然の持つ治癒力によって癒され、死んだ花園が甦るという再生の物語です。

 ファンタジーが偽物だということが、この作品の致命的な欠点です。作品の評価は、この偽の魔法にかかるか、かからないかによるでしょう。プロット上もあまりに意図的で作為が過ぎるので、逆にしらけてしまいます。念を入れた過剰な演出が、むしろ純粋さをうそっぽく感じさせてしまいます。ハーレークィンロマンスならロマンスで、下手にファンタジー仕立てにするよりも、主人公はひたすら格好いいのですから、むしろ堂々とその路線の作品にした方が、再生の物語という側面ももっとリアリティを得て、ずっとよかったのではないかと思ってしまいます。OSTを買いたくなるほど音楽や映像がすてきなだけに、本当に残念です。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全22件

シークレット・ガーデン

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:22件

憑依の面白さの後に押し寄せる、涙の究極の愛の形

投稿日

2012/07/01

レビュアー

snowstar

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

魂が入れ替わるというストーリーの予測できない面白さに加えて、ヒョンビンさんとハ・ジウォンさんの性別を超えたコミカル演技にはおなかを抱えます。
ライムが入ってる時のヒョンビンさん、もうここまでやっちゃうの?
ブラをつけたりなんかして、ライムが憑依してましたね〜
ヒョンビンライムの方が女らしさには勝ってるような気がする(笑)
この入れ替わり演技だけでも見る価値は十分あると思うのですが、後半、この体が入れ替わってしまうという展開が視聴者を涙涙へと誘います。

ライム演じるハ・ジ・ウォンさんは可愛いと言われるよりもカッコいいと言われるのが嬉しいスタントウーマン。
消防士の父が亡くなってからたった独りで必死に生活してきました。
自分の夢に向かってひたすら走ってきた女性です。
主演女優の影を演じるスタントという仕事に誇りをもって、危険なスタントにも意欲的に挑戦する男性も顔負けの根性の持ち主、だから腕力も強くて、ジュウォンは何度も彼女にけりを入れられたり、殴られたりしています。
ハ・ジウォンさんはいつも違った姿を私たちに見せてくれる、そんな所がとっても魅力的。
アクションしても凄く似合ってる数少ない女優さんのひとりだと思います。

そんなちょっと男勝りな彼女に見事に嵌ってしまうのがロエルデパートのCEO、ジュウォンです。
部下にもあまり心を開かず、秘書にも冷たい。人に対して優しさがないんですよね。
でも、彼には隠された過去があり、それもだんだんと明かされていきます。
かなりの俺様男のジュウォンがライムのことがメチャクチャ好きで好きでたまらなくて、必死に彼女を自分のものにしようといろいろと努力する姿が滑稽で可愛らしい。
さらに、お気に入りのジャージを自慢する姿も可笑しいったらないの。

一針一針・・・が好きなんです!超受けます!
ドラマ放送中、ジュウォンが身に着けるジャージに話題が集中してましたよね。

突然体が入れ変わってアタフタするのが前半の見所なら後半は一気に切ないモードのふたりに胸がキュンとなってしまいますよ。
魂の入れ替わりがあとで、そうか、ここで効いてくるのか!と感嘆しました。
物語の最後の最後まで気になり、次が見たくて仕方なくなると思います。

さらにこの二人がする泡キスやジュウォンのセリフにも大注目です。
昔からそうなのか、○○キスと言ったようにそのドラマを象徴する名物キスが物語にあると今やヒットする要因のひとつですよね。

ジュウォンの従兄のオスカー役もユン・サンヒョンさんにこの上なく嵌ってましたね〜
女性スキャンダルが多いスターだけどスル(キム・サラン)に対しての純粋な愛がどうなるのかも物語の見所でした。
キム・サランさん、とっても綺麗でした。
スルがライムの影響を受けて、ジュウォンに近づく女に対して、悪ぶる女を演じる所が可愛く感じられました。
スルもやるじゃない〜

また、彼女は制作会社の代表だったので、そのオフィスにはいろんなポスターが貼られていました。
ヒョンビンさんの実際の映画出演作も堂々と張られてましたよ。
この同じ年、映画にもたくさん出られてましたからね。
私もお気に入りの『晩秋』のポスターを発見しましたよ。

また、セリフも少なかったのに大きな存在感があったサン役のイ・ジョンソクさんやライムに対して男としてよりも、まるで家族のように心配する、包容力ある魅力をみせてくれたイ・フィリップさんも凄く良かったです。
そして今まで犯罪者やちょっと変わった個性的な役が多かったキム・ソンオさんが気弱な役で、何度も笑わせられました。
演じる役で個性的な顔が(失礼っ!)こうも印象を変えてしまうんですね。

この年はほとんどヒョンビン一色の年だったのでは。。。と思います。
私的には以前日本に来日した時よりも、あんなに顔がほっそりとしてしまって驚きました。
来日時は顔の頬がパンパンでしたからね〜
このドラマでのヒョンビンさんの性別を超えた演技やセレブのプライドをかなぐり捨てた、必死のラブコール、そして愛する人のために選択する、究極の愛の姿は必見です!

FANTASTIC LUV

投稿日

2012/08/20

レビュアー

マオ

とても音楽が素敵なドラマ 
ヒョンビンが歌う『その男』
録音中エピソード 彼は当時 風邪で絶不調だったらしく点滴を打ちながら自分の納得がいくまでファンの事を考えながら歌ったそうだ・・。
そうか・・一節一節に想いを籠めていたのか・・・どうりで切なくも美しい曲だと思った。
OSTの女王ペク・ジヨンが別歌詞で『その女』を歌っている。
これもニクイ演出だと思う。ドラマも良いですが、OSTも本当に良いです o><o

ヒョンビンが演じたチュウォン 
利己主義なキャラクターなのに完璧すぎる容姿のせいか特製ジャージのせいか・・w
ドSでありながら甘美な言葉をサラッと吐く・・ 最強ツンデレキャラが素敵でした/// 
従兄の韓流大スター オスカーを演じたユン・サンヒョン
彼は『オスカー』という名前がお気に入りで『オスカーって名前だけは変えないで!!』って脚本家にお願いしたそうです。とても優しく気取らない姿に好感大でした!!
オスカーと係わってくる、新鋭ミュージシャンSUN イ・ジョンソク君 彼は今年『人気歌謡』の司会にキャスティングされました。スタイルバツグンです!!

カッコいいヒロイン スタントウーマン役キム・ライムにハ・ジウォン
そしてキム・サランが、ご令嬢スル役 女性陣クールビューティー
ライムのルームメイトに小悪魔的なアヨン(ユ・インナ)
久々のイ・フィリップやチュウォンの秘書や母親、パク常務など脇役も光っていた☆

そして、このドラマは芸能界でも話題になった 
BIGBANGもパロディしちゃったくらいの人気を得たドラマ
今夏、単身で日本滞在&営業活動中のBIGBANGの最強マンネ スンリがオスカーの役を演じたのですが、これが・・ビックリするくらいソックリ!! 大爆笑でしたww
ネット検索して頂きたいくらいです スンちゃん 只者じゃないですからww

音楽が良いドラマは印象に残る 台詞が面白いドラマも記憶に残る 
最終回で最高視聴率35.2%も叩き出す!! 流行語も飛び出す!! 
『このドラマ ベストですか? 自信は?』 私は・・★5で!!

辛口

投稿日

2012/08/02

レビュアー

べん

韓国で本当に35パーセント超えって本当!?ぜーんぜん面白くありません。こんなのが韓国人は面白いと思っているの!!!

ヒョンビンもこんな駄作に出演して大丈夫?俳優が韓国で言う一流?芸能人を起用したけれど内容は薄い、ハ・ジウォンは松本明子にしか見えないし、この女優どの作品でも演技が下手。泣きのシーンでも感情移入出来て無

い感じに見受けられるけど・・・

俳優が良いから中身も良いって勘違いしたのでは・・・?どんな人が出ていても良いものは良い ダメなものはダメです。

同じ事の繰り返しをひたすら見させられた感しか残りませんでした。残念!

新鮮味がない

投稿日

2012/07/14

レビュアー

ひよママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 「ハ・ジウォン」が並はずれた運動神経と演技力を持っていることも、「ヒョンビン」がほんとにかっこよくて上手いことも分かっているので、「たぶんこうなるんだろうな」という範疇を出ていない。
こんなこと書くと反感買うなと思いつつ、正直な感想として「新鮮味がなかった」。
それなりに楽しんで見たのですが、、、。
この手の役は十八番の「ユン・サンヒョン」は、単に好きなので納得でした、、、。
勝手な感想でスミマセン。

音楽、映像、舞台設定はとても華やか、でも作品として評価できない

投稿日

2013/02/05

レビュアー

hinakksk

 華やかできらびやかな音楽、美しく幻想的な自然風景、おしゃれで瀟洒な建物や敷地、スピーディで印象的な場面展開。今までの韓ドラにはなかったような新鮮で豪華なオープニングで、いやでもドラマへの期待感が膨らみます。4話まではそれなりに面白く楽しみました。

 しかし、まず男女の憑依にプロット上の必然を感じられず、とても作為的に思えて、そこでトーンダウン。憑依しているのに、ストーリー上不便になると元の男女に戻して台詞を言わせるというのはとても不自然で、それが必然ではない証拠です。物語は表面的にはファンタジーっぽくしてあるけれど、実際には全くファンタジーとはいえません。格差のある愛、あるいは偶然の必然というこれまでさんざん描かれたテーマを、うわべだけファンタジーらしく演出して新しく見せているにすぎません。そして何よりも許せないのは、ディズニーのアニメでさえ最近は描かなくなった困窮したお姫さまを白馬の王子さまが颯爽と助け出すというシンデレラストーリーの禁じ手を臆面もなく使って、しかもその低俗さをファンタジーもどきで、あざとくカモフラージュしていることです。このドラマの本質はまさしくハーレークィンロマンスに他ならないと思います。ジュウォンの広大な敷地と白亜の館は象徴的で、そのセッティングにはぴったりです。(だからこそ母と決別して以後も、この邸宅に住み続けるのは必然の成り行き。)潜在的に白馬の王子さまに憧れる女子たちがこのドラマに熱狂したのもうなずけます。私はこの脚本家(台詞が秀逸)がとても好きだったので、とても残念です。

 この作品は『不思議の国のアリス』がモチーフということですが、むしろ同じタイトルのバーネットの児童小説『秘密の花園』に似ているように思います。広大なお屋敷でひとりぼっちの病気(心の病)にかかった傍若無人で我儘な少年が、その屋敷にひきとられた孤児の少女(家柄は同じ)のもちまえの健全さや明るく快活な性格と、自然の持つ治癒力によって癒され、死んだ花園が甦るという再生の物語です。

 ファンタジーが偽物だということが、この作品の致命的な欠点です。作品の評価は、この偽の魔法にかかるか、かからないかによるでしょう。プロット上もあまりに意図的で作為が過ぎるので、逆にしらけてしまいます。念を入れた過剰な演出が、むしろ純粋さをうそっぽく感じさせてしまいます。ハーレークィンロマンスならロマンスで、下手にファンタジー仕立てにするよりも、主人公はひたすら格好いいのですから、むしろ堂々とその路線の作品にした方が、再生の物語という側面ももっとリアリティを得て、ずっとよかったのではないかと思ってしまいます。OSTを買いたくなるほど音楽や映像がすてきなだけに、本当に残念です。

1〜 5件 / 全22件