四月物語

四月物語の画像・ジャケット写真
四月物語 / 松たか子
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

72

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 見放題
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「四月物語」 の解説・あらすじ・ストーリー

「Love Letter」「スワロウテイル」の岩井俊二監督が、松たか子主演で、上京したばかりの女子学生の日常を優しく瑞々しいタッチで描いた中篇。桜の花びら舞う4月、大学進学のため、生まれ故郷の北海道・旭川を離れて東京でひとり暮らしを始めた楡野卯月。彼女にとっては毎日が新鮮な驚きであり、冒険だった……。だが、彼女がこの大学を選んだのには人に言えない“不純な動機”があった……。

「四月物語」 の作品情報

製作年: 1998年
製作国: 日本

「四月物語」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

四月物語の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
80分
レイティング: 記番: レンタル開始日:
NNDR0001 2003年08月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
22枚 4人 0人

【Blu-ray】四月物語(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
67分 日本語 1:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
2:リニアPCM/ステレオ/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PCXP70092 2012年09月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
14枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:72件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全72件

松たか子ファンならば「ウホウホ」でしょう(^^)

投稿日:2010/03/12 レビュアー:

作品としてはなんて事ない作品だと思います。
一般人のごく普通の日常生活みたいな感じですので。
そこに松たか子が存在し、可愛いオーラがバシバシくる作品とでも言いましょうかw
ですが、正直そこまで大好きでもないんです。松たか子。
だから感想としましては「ファンなら涎ものの作品だな〜」と。。。(^_^;)

私がビックリしたのが冒頭です。松本一家勢揃い!!!!これには驚いたw
あとは「生きていた信長」とゆうタイトルの映画を松たか子が観に行くんですが
それぐらいですかね(笑 でも、その映画はモノクロの映画なんですけど
古っぽさを出す為にザラザラと画面がしてます。やり過ぎなぐらいです(汗

岩井俊二の作品に出てくる女性はあんまり好きではないんです(汗
『守ってあげたくなるような女性』って感じがしまして。
な〜んか、イラつく感じ(笑  
でも何か観ちゃうんですよね〜、この人の映画。雰囲気が好きだから。

助監督に行定勲って書いてました。それを見つけた時は「なるほどなっ」っとw
彼の描く女性もそんな感じではあります。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 7人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

 いい映画ですネタバレ

投稿日:2009/09/06 レビュアー:(` ♭゜ ´)y⌒・

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

 日本には、こんな映画を沢山作ってほしい。
 これを見ると元気になれる。人に優しくなれる。

「これで、いいです」
「これが、いいです」

 なんでもない言葉が輝く。
 忘れられた傘が、大切な傘に。

 お薦めです。

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

短編小説を読んでいる感じ。

投稿日:2005/08/10 レビュアー:hinahinahina

時間の短さもあるけど、短編小説の様な作りでした。
短いながらも出演者がなかなか豪華です。
観終わった後は何かホンワカとする感じ!
「生きていた信長」本編にまったく関係ないけど・・・。何か笑える?

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

特典映像が面白いです!ネタバレ

投稿日:2004/03/06 レビュアー:くろ太郎

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

本編はほのぼのとした感じで、また綺麗な映像が続き、それなりに素晴らしいと思いますが、劇中で、主人公(松たか子)が昔の映画を見に行くシーンがあり、そこで見ている映画がすごいのです。その映画は、モノクロで雨降りフィルム風に作られていますが、この作品のためにわざわざ作成したものであり、タイトルは「生きていた信長」。登場人物はなんと、伊武雅刀・石井竜也・江口洋介という豪華キャスト!数分間の映像ですが、これが実に面白い!本編中では、この映画の合間に劇場内のシーンが写りますが、DVDの特典メニューでは、この作品のみをノーカットで見ることが出来ます。これをぜひご覧になってください!

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

スタートの四月

投稿日:2006/06/27 レビュアー:サファイア

10代にとっての四月は.”自分の生活ががらりと変わる季節だった”と懐かしく感じました。特に大学にいく為に上京した四月は.今考えても細部まで思い出せるほど.貴重な思い出になっています。なんだか希望と不安が背中合わせにあって.いっぱい×いっぱいの時間だった...一人暮らしがとても淋しく不安だったこと.大学の雰囲気になかなか慣れなかったこと.東京の色んなことがが目新しかったこと.初めてのことが一挙に押し寄せてきて.面白いような怖いような...スタートである四月ならではの時間でした。

自分と同年代ということもあると思いますが.そんな時間を過ごしている主人公がとてもリアルで親近感が湧きました。ほとんどのエピソードが自分とリンクしてノスタルジーに完全に浸かってしまいました。特に大学での自己紹介のシーンは本当にリアルで.緊張してなにを言ってるかわかんなかった自分や笑わせようとして完全に引かれてしまう人.堂々として大人びている人を思い出し.笑ってしまいました。そして.初めて話しかけられた人や隣に座った人がかなりその後の大学生活を左右する点についても首を縦に振ってしまいました。

この作品は.そんな個人的には大事件が勃発する四月を.花びら舞い散る美しい背景の中で.リアルに情緒たっぷりに描いています。松たか子さんの初々しく清楚で純真な演技はとても自然で可愛らしかった。そして豪華な出演者。冒頭一発目から.「すげえー」っと声をあげてしまいました(笑)スタッフ.出演者全ての遊び心が伝わってくる.とても優しく暖かい作品でした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全72件

四月物語