僕等がいた

僕等がいたの画像・ジャケット写真

僕等がいた / 吉高由里子

全体の平均評価点:(5点満点)

56

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

ジャンル :

「僕等がいた」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

解説・ストーリー

小畑友紀のベストセラーコミックを映画化したラブストーリーの後編。5年後、東京。目下、就職活動真っ只中の七美の傍には、矢野ではなく竹内の姿があった。矢野の上京後、遠距離恋愛を続けていたふたりだが、ある日を境に矢野は音信不通になっていた。

「僕等がいた」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: 日本

「僕等がいた」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

半分の月がのぼる空

4分間のマリーゴールド

くちびるに歌を

フジテレビ開局50周年記念DVD 君が嘘をついた

ユーザーレビュー:56件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全56件

くすぐられたいのさ

投稿日:2013/04/12 レビュアー:ビンス

少女漫画コノヤロー!
切ないだろコノヤロー!
とまあ、ね。
せつねーっす。
キュンキュンっす。
くすぐったいっす。
はずかしいっす。
楽しいっす。
やっぱこれは女子目線の物語なんでしょうね。
展開されるのは女子が作り出したワールドって感じです。
セリフとか。
シーンとか。
女子の「好き」が散りばめられてました。
でも、男子も結構好きなんですよ。
そーゆーの。
歯が浮くようなセリフも行動も。
若さの特権。
許す!
どんどんやれ!
ナイーブなハート。
傷つけ傷つき日々葛藤。
イイですねぇ。
同じことが高校時代以外の年代で起きても。
きっとこうはなりません。
高校生活の中で起こる出来事だから。
ここまで「残る」物語になるんだと思います。
未完成という美しさに溢れた3年間。
キラキラだよ。
ヒューヒューだよ。
死語も言っちゃうよコノヤロー。

苗字で呼び合う感じ。
イイですねぇ。

生田くんも吉高ちゃんもグンバツに良いです。
が、特に吉高ちゃんでしょうね。
表情、セリフ共に申し分なしです。
主だったセリフは原作通りなんでしょうか?
ならばセリフの持つポテンシャルを最大限に活かしきっているのでは。
とても素晴らしいです。
これじゃあ好きになっちゃうよ。
アルシンドになっちゃうよ。
死語も言っちゃうよコノヤロー。
「好きだ、バカ!」
傑作!!!!!!

吉高ちゃん。
髪をアップにして。
束ねられきれずにハラリと下がっている、うなじやもみあげの髪が。
とてもカワイイです。
質感が良い。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

がっかり・・・

投稿日:2012/10/18 レビュアー:ゆか坊

前編も無理な演出だったが・・それ以上に後編は悪かった・・

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

続きが全然気にならない・・・。

投稿日:2013/04/17 レビュアー:パープルローズ

TVつけたら、たまたまジャケットになっているシーンをやっていて、
吉高由里子の服装や髪型がめっちゃかわいいし、なんだか胸キュ〜ンっぽいな〜と思って、
最初からみたんだけど・・・。

かったるい!!

おばさんにはどーでもいいお話でした。
中、高生の女の子たちは、キュンキュンしちゃうのかなあ、指輪の話とかね。
確かに、とってもきれいに撮ってありますね。

それにしても、生田斗真はともかくとして、高岡蒼甫はなんぼなんでもおっさんすぎないか?

「空白の5年間になにがあったのか?」とかまったく気にならない。
後編みなくても、なんの後悔もないです(笑)。

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

高橋。

投稿日:2013/04/16 レビュアー:みみあて


よかったね。



ほんっっっとに、よかったね。



もう、それだけです。




矢野には相当イラッとしましたが、高橋がね。

高橋がピュア過ぎて、まぶし過ぎて、目が開けられないです。

これ、同年代で観てたら、山本(妹)には
「キィィィィィーーーーー!!!!」
ってなり過ぎて、女優・本仮屋ユイカ本人を大嫌いになってしまったであろう。
それくらい、うまかったよね。



ま、わたしもストーカーだったので、彼女の気持ちは痛いくらい、
よーーーくわかりまーーーす( *´艸`)




どうですか、男性諸君。

高橋に想われてみたいですね!!


このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

純粋ピュアホワイト攻撃に打ちのめされるの巻。

投稿日:2013/04/16 レビュアー:みみあて



親戚のおばちゃんも、従妹も、従弟も、従弟の嫁も、職場の先輩も、近所のおばちゃんも、
みんなこれを観たって言うんですよ。
しかも、みんな口を揃えて、
「ヤバイ、号泣。」
って言うんですよ。

あたしは
「はぁぁぁーーーーー!?!?(怒)」
って思ったんですよ!!

タランティーノ命のあたしをなめんじゃないよ!
みたいな。
そうゆう類いのイラつき。

気になりつつもどうしても観る気になれなかったところを友達が観たもんだから、ちゃっかり便乗してみました( *´艸`)





まぶしすぎる。

まぶしすぎるぜよ。

ピュアすぎるぜよ。

胸が苦しいぜよ。

わたしの汚れた高校生活、悔いても時すでに遅し。

やわらかで、爽やかで、時に残酷。

そんな、青い春。




「高橋!」


「矢野!」


名字の呼び捨てが最大のツボ。


そんな恋を、してみたかった。



このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全56件

僕等がいた

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:56件

くすぐられたいのさ

投稿日

2013/04/12

レビュアー

ビンス

少女漫画コノヤロー!
切ないだろコノヤロー!
とまあ、ね。
せつねーっす。
キュンキュンっす。
くすぐったいっす。
はずかしいっす。
楽しいっす。
やっぱこれは女子目線の物語なんでしょうね。
展開されるのは女子が作り出したワールドって感じです。
セリフとか。
シーンとか。
女子の「好き」が散りばめられてました。
でも、男子も結構好きなんですよ。
そーゆーの。
歯が浮くようなセリフも行動も。
若さの特権。
許す!
どんどんやれ!
ナイーブなハート。
傷つけ傷つき日々葛藤。
イイですねぇ。
同じことが高校時代以外の年代で起きても。
きっとこうはなりません。
高校生活の中で起こる出来事だから。
ここまで「残る」物語になるんだと思います。
未完成という美しさに溢れた3年間。
キラキラだよ。
ヒューヒューだよ。
死語も言っちゃうよコノヤロー。

苗字で呼び合う感じ。
イイですねぇ。

生田くんも吉高ちゃんもグンバツに良いです。
が、特に吉高ちゃんでしょうね。
表情、セリフ共に申し分なしです。
主だったセリフは原作通りなんでしょうか?
ならばセリフの持つポテンシャルを最大限に活かしきっているのでは。
とても素晴らしいです。
これじゃあ好きになっちゃうよ。
アルシンドになっちゃうよ。
死語も言っちゃうよコノヤロー。
「好きだ、バカ!」
傑作!!!!!!

吉高ちゃん。
髪をアップにして。
束ねられきれずにハラリと下がっている、うなじやもみあげの髪が。
とてもカワイイです。
質感が良い。

がっかり・・・

投稿日

2012/10/18

レビュアー

ゆか坊

前編も無理な演出だったが・・それ以上に後編は悪かった・・

続きが全然気にならない・・・。

投稿日

2013/04/17

レビュアー

パープルローズ

TVつけたら、たまたまジャケットになっているシーンをやっていて、
吉高由里子の服装や髪型がめっちゃかわいいし、なんだか胸キュ〜ンっぽいな〜と思って、
最初からみたんだけど・・・。

かったるい!!

おばさんにはどーでもいいお話でした。
中、高生の女の子たちは、キュンキュンしちゃうのかなあ、指輪の話とかね。
確かに、とってもきれいに撮ってありますね。

それにしても、生田斗真はともかくとして、高岡蒼甫はなんぼなんでもおっさんすぎないか?

「空白の5年間になにがあったのか?」とかまったく気にならない。
後編みなくても、なんの後悔もないです(笑)。

高橋。

投稿日

2013/04/16

レビュアー

みみあて


よかったね。



ほんっっっとに、よかったね。



もう、それだけです。




矢野には相当イラッとしましたが、高橋がね。

高橋がピュア過ぎて、まぶし過ぎて、目が開けられないです。

これ、同年代で観てたら、山本(妹)には
「キィィィィィーーーーー!!!!」
ってなり過ぎて、女優・本仮屋ユイカ本人を大嫌いになってしまったであろう。
それくらい、うまかったよね。



ま、わたしもストーカーだったので、彼女の気持ちは痛いくらい、
よーーーくわかりまーーーす( *´艸`)




どうですか、男性諸君。

高橋に想われてみたいですね!!


純粋ピュアホワイト攻撃に打ちのめされるの巻。

投稿日

2013/04/16

レビュアー

みみあて



親戚のおばちゃんも、従妹も、従弟も、従弟の嫁も、職場の先輩も、近所のおばちゃんも、
みんなこれを観たって言うんですよ。
しかも、みんな口を揃えて、
「ヤバイ、号泣。」
って言うんですよ。

あたしは
「はぁぁぁーーーーー!?!?(怒)」
って思ったんですよ!!

タランティーノ命のあたしをなめんじゃないよ!
みたいな。
そうゆう類いのイラつき。

気になりつつもどうしても観る気になれなかったところを友達が観たもんだから、ちゃっかり便乗してみました( *´艸`)





まぶしすぎる。

まぶしすぎるぜよ。

ピュアすぎるぜよ。

胸が苦しいぜよ。

わたしの汚れた高校生活、悔いても時すでに遅し。

やわらかで、爽やかで、時に残酷。

そんな、青い春。




「高橋!」


「矢野!」


名字の呼び捨てが最大のツボ。


そんな恋を、してみたかった。



1〜 5件 / 全56件