1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 海外TVドラマのDVDレンタル
  4. サスペンスのDVDレンタル
  5. CSI:NY シーズン7

CSI:NY シーズン7

CSI:NY シーズン7の画像・ジャケット写真

CSI:NY シーズン7 / ゲイリー・シニーズ

全体の平均評価点:(5点満点)

15

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「CSI:NY シーズン7」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

N.Y.を舞台に、科学捜査班のメンバーが犯罪現場の物的証拠を分析し、事件の真相を推理していく人気サスペンスドラマ第7シーズン。ステラに代わる新メンバー、ジョー・ダンヴィルが登場。

「CSI:NY シーズン7」 の作品情報

作品情報

製作年:

2010年

製作国:

アメリカ

原題:

CSI:NY Season7

「CSI:NY シーズン7」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

グレイズ・アナトミー シーズン7

コード・ブラック 生と死の間で シーズン1

名探偵MONK シーズン2

グッド・ファイト 華麗なる逆転 シーズン2

ユーザーレビュー:15件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全15件

総評

投稿日:2012/11/14 レビュアー:ぽんぽん玉

シーズン6をもって、今作の要とも言うべきステラ役メリーナ・カナカレデスが降板。
変わって登場したのがジョー・ダンヴィル。
メインキャストを失うのは番組にとって大きな痛手となる。
ましてや徐々に視聴率が低迷の一途をたどっているとあっては尚更。
下手をしたら共倒れになりかねないのです。
だからこそ、ジョーを早くチーム(視聴者)に馴染ませたいと思うのは理解できる。
しかし、少し飛ばしすぎの感が否めない。
シーズン中盤には違和感をぬぐい去り、終盤にはなくてはならない存在に押し上げようとしているのが見え見え。
序盤は特にジョーの能力の高さを誇示するように、都合良くジョーの思い通りに物語が進んだ。
彼女の言動を【有能】ととるか【ご都合主義】ととるかは視聴者によるだろうが、個人的にはうっとうしかったのも事実です。
元々、NYはチーム内の仲が良く、それぞれの個性がはっきりとしていて好感の持てる登場人物ばかりです。
だからこそステラの穴は大きいが、他の面子だけでも十分持ち堪えられたのではないだろうか。
特に、今シーズンに入ってからはダニーとリンジーのメッサー夫妻が良い味を出している。
CSIシリーズでは数々の【恋人】は登場するが、家族持ちは少ない。
っていうか、家族持ちはいないのです。(子持ちはいますが)
だからこそ、確固たる絆をもったメッサー夫妻は新鮮であり、可能性に溢れた存在といえる。
できれば、そちらの実力を信じ、もう少し丁寧にじっくりと時間をかけてジョー・ダンヴィルという女性を描いても良かったように思うのです。
まぁ、次シーズンの制作が決まっていない状態でのシーズン7だったので、危険な橋は渡れなかったのは分かりますが。。。
どちらにしても、ジョーという存在が見事にチームに馴染み、メッサー夫妻という新しい形が加わり、新鮮なシーズンだったように思います。
個人的にはとても見応えのある全22話でした。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

雲行き怪しいNY!

投稿日:2012/12/08 レビュアー:ちょこりん♪

今回からステラの代わりにジョー・ダンヴィルが新たに加わったシーズンがスタートしました!
ステラが結構好きなキャラだったので、馴染めるか微妙でしたが・・・
ジョーがCSIに馴染むの早い!!さすが、アメリカ!
しかも、クリミナルマインド的な心理学にも精通し、科学捜査もできて、美人!
言うことないじゃん!って思ったら、机の上はぐちゃぐちゃ(苦笑)
こういう人間味のある人じゃないとねぇーーーー ( *´艸)( 艸`*)プププッ
さてさて、今回はあまりのめりこんで行くような犯罪があまりなかった印象!
あちらこちらに、次シーズンの伏線らしき場面がちりばめられていて
むしろ、CSINYファンとしては、ストーリーよりそちらの方が気になりました
特に、マックはなんだかCSIを去っていきそうだし、っていうか、マックいないとダメじゃん(笑)
でも、グリッソムの例もあるしなぁ・・・・
唯一おめでたいのは、ダニーの昇進!でも、勤務地はどうやらNYじゃないみたい・・・
そして一番の心配は、ホークス!!!なに、あの新しい彼女は!!!
付き合い始めの楽しい時期だろうけど、お仕事をズル休みさせたり、遅刻させたり・・・
どうも、真面目なホークスには不釣合いで、男をダメにしちゃう女性っぽいもんね
あーー、ホークス、早く目を覚ましておくれぇーーー!
なんだか、マイアミの例もあるので、この雲行きの怪しさ!
とりあえず、シーズン8は製作されたのでホッとしましたが、終わっちゃいそうな予感大です!
まぁ、こんだけ続いたら、ネタ切れ感は否めないかもしれませんねぇ・・・・

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

まだまだ続きます(VOL8のレビュー)

投稿日:2012/11/14 レビュアー:ぽんぽん玉

ダニーの昇進、マックの燃え尽き症候群、そして珍しくクリフハンガーなしの終わり方に違和感を覚えた方も多いでしょう。
今シーズンが終わった時点では、次シーズンの制作が決定していなかったのです。
本家の視聴率もさることながら、NYもマイアミも視聴率低迷を続け、どちらかが打ち切りとの話が出ている中での今シーズンラスト。
その為、このまま打ち切りになっても大丈夫なように、それなりの完結を見せた終わり方としたようです。
しかし、嬉しい事に次シーズンの制作が決定し、本国アメリカでは今秋にシーズン9が放送されました。
今のところ、ステラ以外の降板の話は聞かないので当分の間は安心して見られるでしょう。
まぁ、今となってはクリフハンガーなしの終わり方も良いですね。消化不良にならなくて^^;


今回のゲスト。
第20話【絡み合う糸】
ビル・ハントは、言わずと知れた名優ピーター・フォンダ。
ハリスは【THE EVENT/イベント】のトーマス。
第22話【最後の未解決事件】
ヘクストンは【ザ・ユニット 米軍極秘部隊】のチャールズ・グレイ。
ウェスは【24】のケビン・ウェイド。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ボーン!ボーン!!ボーン!!!(VOL7のレビュー)

投稿日:2012/11/14 レビュアー:ぽんぽん玉

第14話【スムース・クリミナル】で登場したカミーユ。
順調にホークスとの愛を育んでいる模様。。。
とはいえ、カミーユに好感を持つ女性視聴者はいないのではないだろうか。
はっきり言って最悪!
何なの?あの女はっ。
俗に言う魔性の女とでも言うのか、ホークスをたぶらかし、良いように操り、転落させていく事必至!
そもそも、猫なで声を出して仕事をずる休みさせたり、パーティーに呼び出したりする事自体、女として間違っている。
仕事をおろそかにさせる恋人はろくなもんじゃない。
【ハンバーガー買ってきて!】と旦那を顎で使うリンジーの方がよっぽと可愛い^^;
今作品では順番に【恋人】が登場するが、カミールはワースト1かも。。。
ところで、今シーズンではダニーの口癖【ボーン!】が復活。
リンジーに止められていたせいでとんと聞かなくなった決めぜりふだったが、小さくボーンと挟んできた 笑
できれば、昔みたいに自信満々にアップで【ボーンッ!!】とキメてほしいところ。


今回のゲスト。
第18話【アイデンティティ】
ジェイソンは【ヴァンパイア・ダイアリーズ】の狼男。
ハーヴィンは【ユーリカ】のラリー。
第19話【危険なメニュー】
ゴンザレスは【トゥルーブラッド】のロング・シャドー。
ラングリーは【24】のマムード・ファヒーン。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

人を見る目があります(VOL6のレビュー) ネタバレ

投稿日:2012/11/14 レビュアー:ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第16話【ジェーン・ドゥは見た】は不思議なエピソードだった。
街角で発見された遺体。身元を知っていたのはマックだけだった。彼女の名前は、テッサ。1年ほど前から数回会っていたという。

このエピソード、相手がマックじゃなかったら成立しないんじゃないかと思えるほどつかみ所がない。
会うたびに不思議な話をするテッサ。
殺人を目撃したという割には、言っている事は支離滅裂で要領を得ないのだ。
【顔中血だらけの紫の羽の女の人】【明かりがきれいな天使がいる部屋】【泣いている白髪の男性】。。。
普通、こんな事を訴える女性の話に耳を傾ける人はいないでしょう。たとえ警察官だとしても、薬物乱用を疑うのが関の山。
しかしマックは彼女の話に耳を傾け、真剣に考えた。
そのおかげで、本来なら明るみに出る事はなかったであろう殺人事件を解決する事ができたのです。
そして最後には、テッサの友人として、彼女が無縁仏にならないように手続きをしたマック。
恩着せがましくない(ホレイショと違って 笑)優しさが滲み出ていた素敵なエピソードでした。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全15件

CSI:NY シーズン7

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:15件

総評

投稿日

2012/11/14

レビュアー

ぽんぽん玉

シーズン6をもって、今作の要とも言うべきステラ役メリーナ・カナカレデスが降板。
変わって登場したのがジョー・ダンヴィル。
メインキャストを失うのは番組にとって大きな痛手となる。
ましてや徐々に視聴率が低迷の一途をたどっているとあっては尚更。
下手をしたら共倒れになりかねないのです。
だからこそ、ジョーを早くチーム(視聴者)に馴染ませたいと思うのは理解できる。
しかし、少し飛ばしすぎの感が否めない。
シーズン中盤には違和感をぬぐい去り、終盤にはなくてはならない存在に押し上げようとしているのが見え見え。
序盤は特にジョーの能力の高さを誇示するように、都合良くジョーの思い通りに物語が進んだ。
彼女の言動を【有能】ととるか【ご都合主義】ととるかは視聴者によるだろうが、個人的にはうっとうしかったのも事実です。
元々、NYはチーム内の仲が良く、それぞれの個性がはっきりとしていて好感の持てる登場人物ばかりです。
だからこそステラの穴は大きいが、他の面子だけでも十分持ち堪えられたのではないだろうか。
特に、今シーズンに入ってからはダニーとリンジーのメッサー夫妻が良い味を出している。
CSIシリーズでは数々の【恋人】は登場するが、家族持ちは少ない。
っていうか、家族持ちはいないのです。(子持ちはいますが)
だからこそ、確固たる絆をもったメッサー夫妻は新鮮であり、可能性に溢れた存在といえる。
できれば、そちらの実力を信じ、もう少し丁寧にじっくりと時間をかけてジョー・ダンヴィルという女性を描いても良かったように思うのです。
まぁ、次シーズンの制作が決まっていない状態でのシーズン7だったので、危険な橋は渡れなかったのは分かりますが。。。
どちらにしても、ジョーという存在が見事にチームに馴染み、メッサー夫妻という新しい形が加わり、新鮮なシーズンだったように思います。
個人的にはとても見応えのある全22話でした。

雲行き怪しいNY!

投稿日

2012/12/08

レビュアー

ちょこりん♪

今回からステラの代わりにジョー・ダンヴィルが新たに加わったシーズンがスタートしました!
ステラが結構好きなキャラだったので、馴染めるか微妙でしたが・・・
ジョーがCSIに馴染むの早い!!さすが、アメリカ!
しかも、クリミナルマインド的な心理学にも精通し、科学捜査もできて、美人!
言うことないじゃん!って思ったら、机の上はぐちゃぐちゃ(苦笑)
こういう人間味のある人じゃないとねぇーーーー ( *´艸)( 艸`*)プププッ
さてさて、今回はあまりのめりこんで行くような犯罪があまりなかった印象!
あちらこちらに、次シーズンの伏線らしき場面がちりばめられていて
むしろ、CSINYファンとしては、ストーリーよりそちらの方が気になりました
特に、マックはなんだかCSIを去っていきそうだし、っていうか、マックいないとダメじゃん(笑)
でも、グリッソムの例もあるしなぁ・・・・
唯一おめでたいのは、ダニーの昇進!でも、勤務地はどうやらNYじゃないみたい・・・
そして一番の心配は、ホークス!!!なに、あの新しい彼女は!!!
付き合い始めの楽しい時期だろうけど、お仕事をズル休みさせたり、遅刻させたり・・・
どうも、真面目なホークスには不釣合いで、男をダメにしちゃう女性っぽいもんね
あーー、ホークス、早く目を覚ましておくれぇーーー!
なんだか、マイアミの例もあるので、この雲行きの怪しさ!
とりあえず、シーズン8は製作されたのでホッとしましたが、終わっちゃいそうな予感大です!
まぁ、こんだけ続いたら、ネタ切れ感は否めないかもしれませんねぇ・・・・

まだまだ続きます(VOL8のレビュー)

投稿日

2012/11/14

レビュアー

ぽんぽん玉

ダニーの昇進、マックの燃え尽き症候群、そして珍しくクリフハンガーなしの終わり方に違和感を覚えた方も多いでしょう。
今シーズンが終わった時点では、次シーズンの制作が決定していなかったのです。
本家の視聴率もさることながら、NYもマイアミも視聴率低迷を続け、どちらかが打ち切りとの話が出ている中での今シーズンラスト。
その為、このまま打ち切りになっても大丈夫なように、それなりの完結を見せた終わり方としたようです。
しかし、嬉しい事に次シーズンの制作が決定し、本国アメリカでは今秋にシーズン9が放送されました。
今のところ、ステラ以外の降板の話は聞かないので当分の間は安心して見られるでしょう。
まぁ、今となってはクリフハンガーなしの終わり方も良いですね。消化不良にならなくて^^;


今回のゲスト。
第20話【絡み合う糸】
ビル・ハントは、言わずと知れた名優ピーター・フォンダ。
ハリスは【THE EVENT/イベント】のトーマス。
第22話【最後の未解決事件】
ヘクストンは【ザ・ユニット 米軍極秘部隊】のチャールズ・グレイ。
ウェスは【24】のケビン・ウェイド。

ボーン!ボーン!!ボーン!!!(VOL7のレビュー)

投稿日

2012/11/14

レビュアー

ぽんぽん玉

第14話【スムース・クリミナル】で登場したカミーユ。
順調にホークスとの愛を育んでいる模様。。。
とはいえ、カミーユに好感を持つ女性視聴者はいないのではないだろうか。
はっきり言って最悪!
何なの?あの女はっ。
俗に言う魔性の女とでも言うのか、ホークスをたぶらかし、良いように操り、転落させていく事必至!
そもそも、猫なで声を出して仕事をずる休みさせたり、パーティーに呼び出したりする事自体、女として間違っている。
仕事をおろそかにさせる恋人はろくなもんじゃない。
【ハンバーガー買ってきて!】と旦那を顎で使うリンジーの方がよっぽと可愛い^^;
今作品では順番に【恋人】が登場するが、カミールはワースト1かも。。。
ところで、今シーズンではダニーの口癖【ボーン!】が復活。
リンジーに止められていたせいでとんと聞かなくなった決めぜりふだったが、小さくボーンと挟んできた 笑
できれば、昔みたいに自信満々にアップで【ボーンッ!!】とキメてほしいところ。


今回のゲスト。
第18話【アイデンティティ】
ジェイソンは【ヴァンパイア・ダイアリーズ】の狼男。
ハーヴィンは【ユーリカ】のラリー。
第19話【危険なメニュー】
ゴンザレスは【トゥルーブラッド】のロング・シャドー。
ラングリーは【24】のマムード・ファヒーン。

人を見る目があります(VOL6のレビュー)

投稿日

2012/11/14

レビュアー

ぽんぽん玉

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

第16話【ジェーン・ドゥは見た】は不思議なエピソードだった。
街角で発見された遺体。身元を知っていたのはマックだけだった。彼女の名前は、テッサ。1年ほど前から数回会っていたという。

このエピソード、相手がマックじゃなかったら成立しないんじゃないかと思えるほどつかみ所がない。
会うたびに不思議な話をするテッサ。
殺人を目撃したという割には、言っている事は支離滅裂で要領を得ないのだ。
【顔中血だらけの紫の羽の女の人】【明かりがきれいな天使がいる部屋】【泣いている白髪の男性】。。。
普通、こんな事を訴える女性の話に耳を傾ける人はいないでしょう。たとえ警察官だとしても、薬物乱用を疑うのが関の山。
しかしマックは彼女の話に耳を傾け、真剣に考えた。
そのおかげで、本来なら明るみに出る事はなかったであろう殺人事件を解決する事ができたのです。
そして最後には、テッサの友人として、彼女が無縁仏にならないように手続きをしたマック。
恩着せがましくない(ホレイショと違って 笑)優しさが滲み出ていた素敵なエピソードでした。

1〜 5件 / 全15件