ブルー・ブラッド NYPD 正義の系譜

ブルー・ブラッド NYPD 正義の系譜の画像・ジャケット写真

ブルー・ブラッド NYPD 正義の系譜 / トム・セレック

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

「ブルー・ブラッド NYPD 正義の系譜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

2010年全米視聴率No.1を獲得した犯罪捜査サスペンスの第9巻。ホームレスが酔ったビジネスマンに殺されるという事件が起きた。防犯カメラから犯人3人の身元が割れたが、その中のひとり・キャシディは現場にいなかったと主張する。第17話と第18話を収録。

「ブルー・ブラッド NYPD 正義の系譜」 の作品情報

作品情報

製作年: 2010年
製作国: アメリカ
原題: BLUE BLOODS

「ブルー・ブラッド NYPD 正義の系譜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

ヒューマニスト 堕ちた弁護士 シーズン3

CSI:マイアミ シーズン2

セレンディピティ 恋人たちのニューヨーク

ボーダー

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

心温まるドラマ

投稿日:2012/10/21 レビュアー:

普通の刑事もののドラマと思って借りました。しかし、回を重ねるうちに感じたのは、警察官一家の心温まるヒューマンドラマだと思います。

主人公トム・セレックが警察長官、父親レン・キャリオが退役警察長官、長男が刑事、三男が警官、娘が検察官そして家庭内では父親母親、と、父親以外超多忙の各人ですが、週末には必ず全員が実家に集まって教会に行き、会食し、会話を交わしあう。良きアメリカの家族を大切にする伝統が色濃く感じられます。また、刑事の息子、ハーバード大を卒業しながら警官になった息子、検察官の娘がそれぞれの立場で誠実に自分の仕事をこなし、仕事相手に誠実、ときには愛情を持って接する場面、それぞれの仕事で家族にかかわらなければならないが、社会正義を貫いて対処する場面には心打たれます。

事件自体は、あまり複雑でなく、事件関係者の登場人物数も少なく、ボケ防止を兼ねて英語のDVDを観賞している私にとっては、100%いや120%楽しめるドラマです。長く続くことを願っています。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

トム・セレック渋い

投稿日:2012/09/22 レビュアー:momo-koto

正直、トム・セレックの名前につられて観ました。
すっごいファンだってわけじゃないけど「警察署長ジェッシィ・ストーン」シリーズをたまたま好きになり
主人公のジェッシィ・ストーン役のトム・セレックの渋さがとても気に入り今回、ポリスもので再び観れる
と思い借りて観ましたがなかなかドラマとしてもいい感じで、ポリスファミリーというだけじゃなく裏エピ
ソードの秘密結社の存在とかサスペンス要素も仕込まれていてぐっとひきこまれます。
ドラマは有能な刑事の長男ダニーと検事補の長女エレンそしてNYPD本部長フランク(トム・セレック)
が中心になって1話完結の形で事件を解決していきます。
「ジェッシィ・ストーン」もそうでしたが今回のドラマでも成人した子供4人<+孫2人>がいるビッグ
ダディでも相変わらず女性にモテモテなのはトム・セレックという俳優のお約束キャラなのでしょうか?

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

予想外に

投稿日:2012/09/20 レビュアー:ノリ

ただなんとなく借りて見たけど、お父さんの本部長が渋くて良かった。
一気に借りて見てしまいました。
ファーストシーズンで、ひとくぎりしたので、
次のシーズンがどうな展開になるか予想できないので、楽しみです。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

シーズン3以降も観たい

投稿日:2018/08/13 レビュアー:Nishizaka

 派手な刑事ものじゃないけど、一話完結でトム・セレックの警察一家が力を合わせて解決していく感じが良いですねぇ。

 特に週末に家族が集まっての食事会の様子がほのぼのとしてて、羨ましくなります。

 米国ではシーズン8ぐらいまで作られてて、日本ではシーズン2までで止まっているのが非常に残念です。続きは観られないんでしょうか。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

ブルー・ブラッド NYPD 正義の系譜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

心温まるドラマ

投稿日

2012/10/21

レビュアー

普通の刑事もののドラマと思って借りました。しかし、回を重ねるうちに感じたのは、警察官一家の心温まるヒューマンドラマだと思います。

主人公トム・セレックが警察長官、父親レン・キャリオが退役警察長官、長男が刑事、三男が警官、娘が検察官そして家庭内では父親母親、と、父親以外超多忙の各人ですが、週末には必ず全員が実家に集まって教会に行き、会食し、会話を交わしあう。良きアメリカの家族を大切にする伝統が色濃く感じられます。また、刑事の息子、ハーバード大を卒業しながら警官になった息子、検察官の娘がそれぞれの立場で誠実に自分の仕事をこなし、仕事相手に誠実、ときには愛情を持って接する場面、それぞれの仕事で家族にかかわらなければならないが、社会正義を貫いて対処する場面には心打たれます。

事件自体は、あまり複雑でなく、事件関係者の登場人物数も少なく、ボケ防止を兼ねて英語のDVDを観賞している私にとっては、100%いや120%楽しめるドラマです。長く続くことを願っています。

トム・セレック渋い

投稿日

2012/09/22

レビュアー

momo-koto

正直、トム・セレックの名前につられて観ました。
すっごいファンだってわけじゃないけど「警察署長ジェッシィ・ストーン」シリーズをたまたま好きになり
主人公のジェッシィ・ストーン役のトム・セレックの渋さがとても気に入り今回、ポリスもので再び観れる
と思い借りて観ましたがなかなかドラマとしてもいい感じで、ポリスファミリーというだけじゃなく裏エピ
ソードの秘密結社の存在とかサスペンス要素も仕込まれていてぐっとひきこまれます。
ドラマは有能な刑事の長男ダニーと検事補の長女エレンそしてNYPD本部長フランク(トム・セレック)
が中心になって1話完結の形で事件を解決していきます。
「ジェッシィ・ストーン」もそうでしたが今回のドラマでも成人した子供4人<+孫2人>がいるビッグ
ダディでも相変わらず女性にモテモテなのはトム・セレックという俳優のお約束キャラなのでしょうか?

予想外に

投稿日

2012/09/20

レビュアー

ノリ

ただなんとなく借りて見たけど、お父さんの本部長が渋くて良かった。
一気に借りて見てしまいました。
ファーストシーズンで、ひとくぎりしたので、
次のシーズンがどうな展開になるか予想できないので、楽しみです。

シーズン3以降も観たい

投稿日

2018/08/13

レビュアー

Nishizaka

 派手な刑事ものじゃないけど、一話完結でトム・セレックの警察一家が力を合わせて解決していく感じが良いですねぇ。

 特に週末に家族が集まっての食事会の様子がほのぼのとしてて、羨ましくなります。

 米国ではシーズン8ぐらいまで作られてて、日本ではシーズン2までで止まっているのが非常に残念です。続きは観られないんでしょうか。

1〜 4件 / 全4件