【TSUTAYAだけ】アイアンクラッド

【TSUTAYAだけ】アイアンクラッドの画像・ジャケット写真
【TSUTAYAだけ】アイアンクラッド / ジェームズ・ピュアフォイ
全体の平均評価点:
(5点満点)
累計評価件数:

14

  • DVD
ジャンル:

「【TSUTAYAだけ】アイアンクラッド」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「【TSUTAYAだけ】アイアンクラッド」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: イギリス/アメリカ/ドイツ
原題: IRONCLAD

「【TSUTAYAだけ】アイアンクラッド」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

【TSUTAYAだけ】アイアンクラッドの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
121分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
R-15 REARD093 2012年09月05日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
19枚 1人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:14件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全14件

わるくない

投稿日:2013/08/06 レビュアー:勇光

ブライアン・コックスが善玉を演じていて意外だった。それもただの善玉ではなく、信念のために一命をささげる高邁な男の役である。ジェイソン・ボーンを保身のために殺そうとするCIAの高官のイメージを払拭したかったのか・・・?
ポール・ジアマッティが王様の役というのもちょっと意表をついていたが、これはこれで残虐な暴君の権力に対する執念をいい雰囲気でかもし出していた。
なんにしても、映画自体は凄まじい暴力シーンの連続だった。血と肉と骨が飛び散る剣と斧のような武器による戦闘シーンには迫力があった。
籠城戦をここまでじっくり描いた作品は他にはないのではないかと思う。
が、なにかが足りない。味付けに新鮮味がなく、ストーリーにドラマ性が薄い。
でも、悪い映画ではない。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

拾い物

投稿日:2012/09/08 レビュアー:ウォルター

馴染みのキャストとスタッフですが
なかなかしっかりとした作りで楽しめました 
城の攻防戦もダイナミックで切り株シーンも多く
見応えがあります

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

7点満点中

投稿日:2012/09/06 レビュアー:ビリケン

4点

なかなか面白かった。

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

微妙かな。

投稿日:2012/10/07 レビュアー:rizucherry00

自分は歴女かなと思うほど、これは知らない話と思うと興味をひかれるところがあり、今回もその延長でした。史実としてあったのではと想像できるところはあり、ジョン王の残虐さは、想像たくましい私には少し吐き気がするほどでした。なので、作品として派手さはないけど、国を想う人のつながりにより、最後まで命をかけるあたり宗教色が強いようにも感じました。
ただ、ここでこの恋愛は必要だったのかと疑問は残りました。
映像が与えるインパクトはかなりあった作品なので、キーワードとして、中世、十字軍、マグナカルタに興味があればぜひ。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

悪のポール・ジアマッティ

投稿日:2012/09/16 レビュアー:よふかし

 懐かしく世界史の授業を思い出す「マグナカルタ(大憲章)」。王権を制限して、清教徒革命やアメリカ独立の礎になった……んでしたっけ? 王様も法には従わなくちゃいけない、と。
 本作はマグナカルタのあまり知られていない裏話だそうで。一度は貴族に屈してマグナカルタを認めたジョン王が、あれは無理やり署名させられたんだと思い直して、スウェーデン系傭兵(バイキング)を雇って、にっくき貴族や教会を再度支配に置こうという。貴族はこの暗愚の王に対抗するため、フランスに軍派遣を要請、到着するまでロチェスターの城に籠城してジョン王の軍勢に立ち向かうというお話。
 こんな話があったのか、というところで興味を惹かれましたが、キャストに魅力がないのととってつけたようなドラマ(恋愛あり)で地味な作品です。
 いろいろ気になるところはありますが、なんといっても悪のジョン王がポール・ジアマッティというところが僕的にはいけませんでした。熱演は分かるんですが、妙におかしくなってしまって……。対する貴族側も、いちばん目立っているのがブライアン・コックスという渋すぎる配役です。弓の名手だの元犯罪者などいるんですが、あまり多士済々という感じもしません。
 むしろメインは、投石器を使った攻城戦などアクションシーンにあるのでしょう。これはなかなか迫力もあり、首が飛んだり手足を切り落としたりのアクション・拷問シーンなどがあります。
 しかし序盤からあるチャンバラ(ソードアクション)はがちゃがちゃと落ち着きなくカメラが動いてみる気をなくさせるし、CGで添付された血飛沫がかえって安っぽい印象を残します。
 意外とお金も人もかけていますが、40点。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全14件

【TSUTAYAだけ】アイアンクラッド

月額課金で借りる

都度課金で借りる