怪談新耳袋 殴り込み! 劇場版 <東海道編>

怪談新耳袋 殴り込み! 劇場版 <東海道編>の画像・ジャケット写真

怪談新耳袋 殴り込み! 劇場版 <東海道編> / ギンティ小林

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

シリーズ

ジャンル :

「怪談新耳袋 殴り込み! 劇場版 <東海道編>」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

見放題

動画ポイント利用可

シリーズ

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「怪談新耳袋 殴り込み! 劇場版 <東海道編>」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年

「怪談新耳袋 殴り込み! 劇場版 <東海道編>」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

怪談新耳袋 殴り込み!<西日本編>

園子温という生きもの

ファンタスマゴリア 〜闇に封印された映像コレクション〜

隣之怪 1 『フレーム』

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

★今回も盛りだくさん♪

投稿日:2012/08/12 レビュアー:ザ★ウォーカー

このシリーズも、気付けば「第7弾」しかもまたまた「劇場版」で登場♪
もちろん劇場版まで足を運ぶほどの超マニアではないが、何故か?このシリーズに侵されている…オヤジは「ウェイト機能」まで使用して、本作と同時解禁の「北海道編」を2枚をレンタル♪…これって十分「超マニア」だろう(^o^)

今回は、まんまと登場したゲスト?生贄♪達も次々と交えながら、過去作品から撮り貯めた、貴重な七色のボイスならぬ八色の幽霊?ボイスを使っての「心霊衰弱」ゲームあり、あのヒーロー「ダースロボ」にトランスフォーマし心霊スポットを偵察したりとハイテク?も駆使されている。

皆さんお待ちかねの「スーパーX」も、コスチューム?もパワーアップし、あの伝説の「ブリーフマン」との夢の最強タッグが誕生する。くれぐれも「みかん」にはご注意を♪
さらに心霊現象だけでなくUFOも登場する、超常現象盛りだくさんの内容

このシリーズ毎回、同じようなこと書き込んでるけど、くだらない作品ですよ(^o^)…でも個人的に、綺麗なお姉ちゃんやサブカルアイドルも登場しないし、むさ苦しい良い年こいたおっさんたちが、よくもまぁこんな場所で、罰当たりなミッションを一生懸命遂行してる姿に、「ほんまようやるわぁ〜♪」と突っ込みながらも、これが「ガチでリアル」だと納得してしまうのだ♪

さぁ…次は北海道編か…なんとすぐ目の前に!…同時にレンタルしてんだから当たり前だろう♪…ならば…見るしかない…なんてね♪

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ものすごく怖がりな人を肝試しに呼んじゃダメだと思う。

投稿日:2014/05/22 レビュアー:コタロウ(!)

殴り込み!劇場版第2弾は「東海道編」と銘打って、東京、静岡、愛知などの心霊スポットに殴りこんでいます。
キングレコードのスタジオ、人骨が出た公園、富士山周辺の心霊スポット、愛知県のUFO出現ポイントなどです。

「フェイクじゃない!ガチンコだ!」がウリなので、貞子みたいなのがはっきり映ってる的な映像はありません。
かすかな声とか、物音とか、失敗しただけなんじゃ…って写真とかを、霊的な事象と解釈して、いい年した大人の男が戦慄する!
という殴り込みシリーズではおなじみの内容です。
くだらないけど面白いです。

ちょっと思ったんだけど、霊を撮ろうっていう企画に、画期的に怖がりな人を呼ぶのはダメなんじゃ。
キングレコードのスタジオは「出るかもしれない」って雰囲気があり、なかなか怖そうな場所だったのに、
途中参加したゲストのミュージシャンがすごい怖がりで、怒声のような大声で騒ぐ、騒ぐ…雰囲気ぶち壊しw
霊が怖がっちゃうだろw
このミュージシャンは、最新作にも出演してたけど、やっぱり騒いでたw
人骨の出た公園に呼ばれたゲストのラッパーは、心霊関係の仕事をしているだけあって
違和感なく溶け込んでました。さすが!

特典映像にあった愛知のR堂という場所は、すごく変わってて興味深かったです。
有名なスポットなんでしょうか、初めて知りました!
地下室で行う肝試しは「すげー…」としか言葉がない。狭いところが苦手な自分は戦慄した。
建立した人が描いたのかな、微妙な出来の絵も、念がこもってそうで不気味でした。
けっこう立派なお堂だったんだろうに、今は誰も管理してないのかな。諸行無常…

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

なんだかなぁ… ネタバレ

投稿日:2016/10/17 レビュアー:hanahanalove

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

イイトシしたおっさんたちがガチで心霊スポットに行くこのシリーズ、わざとらしくキャーキャー騒ぐ若い女性タレントなども0なのでかなりお気に入りなのですが今回は消化不良な感じで残念。
一番目のスタジオ編はいい感じだったのに二番目の公園のラップがいらない。雰囲気もぶち壊しだしせっかくのこっくりさんのシーンも煩くて台無し。しかも〆のラップが最悪に止めをさしてくれたお陰でその後のネタに入り込めずトンネル特攻の殴り込み定番の「ゴーゴーゴーゴー」 にもイマイチ乗りきれずに残念。

なんていうか「殴り込み」って色んなゲストが出てるけど皆さん本とに友達って感じがしてそこがなんとも言えない雰囲気を作り出してて楽しいんですよね。
本とにしょーもないおっさんたちが畏れを抱きつつも青春取り戻そうと免許取り立ての高校生が「じゃあ初走りに噂のトンネル行こうぜ」的な突撃をガチでするみたいな(笑)
だから本当に怖がりの人とかがゲストに来ちゃうと土下座したりマジギレしたり生々しいし(笑)
ホラーの筈が笑える作品なのも本気で畏れを抱く雰囲気が勝って商売臭さを感じないからだと…。
でも今回の浮きまくりのラッパーたちは本とに煩くて商売臭さしか感じず最悪でした。
もう出てこないことを切に願います(苦笑)

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

怪談新耳袋 殴り込み! 劇場版 <東海道編>

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

★今回も盛りだくさん♪

投稿日

2012/08/12

レビュアー

ザ★ウォーカー

このシリーズも、気付けば「第7弾」しかもまたまた「劇場版」で登場♪
もちろん劇場版まで足を運ぶほどの超マニアではないが、何故か?このシリーズに侵されている…オヤジは「ウェイト機能」まで使用して、本作と同時解禁の「北海道編」を2枚をレンタル♪…これって十分「超マニア」だろう(^o^)

今回は、まんまと登場したゲスト?生贄♪達も次々と交えながら、過去作品から撮り貯めた、貴重な七色のボイスならぬ八色の幽霊?ボイスを使っての「心霊衰弱」ゲームあり、あのヒーロー「ダースロボ」にトランスフォーマし心霊スポットを偵察したりとハイテク?も駆使されている。

皆さんお待ちかねの「スーパーX」も、コスチューム?もパワーアップし、あの伝説の「ブリーフマン」との夢の最強タッグが誕生する。くれぐれも「みかん」にはご注意を♪
さらに心霊現象だけでなくUFOも登場する、超常現象盛りだくさんの内容

このシリーズ毎回、同じようなこと書き込んでるけど、くだらない作品ですよ(^o^)…でも個人的に、綺麗なお姉ちゃんやサブカルアイドルも登場しないし、むさ苦しい良い年こいたおっさんたちが、よくもまぁこんな場所で、罰当たりなミッションを一生懸命遂行してる姿に、「ほんまようやるわぁ〜♪」と突っ込みながらも、これが「ガチでリアル」だと納得してしまうのだ♪

さぁ…次は北海道編か…なんとすぐ目の前に!…同時にレンタルしてんだから当たり前だろう♪…ならば…見るしかない…なんてね♪

ものすごく怖がりな人を肝試しに呼んじゃダメだと思う。

投稿日

2014/05/22

レビュアー

コタロウ(!)

殴り込み!劇場版第2弾は「東海道編」と銘打って、東京、静岡、愛知などの心霊スポットに殴りこんでいます。
キングレコードのスタジオ、人骨が出た公園、富士山周辺の心霊スポット、愛知県のUFO出現ポイントなどです。

「フェイクじゃない!ガチンコだ!」がウリなので、貞子みたいなのがはっきり映ってる的な映像はありません。
かすかな声とか、物音とか、失敗しただけなんじゃ…って写真とかを、霊的な事象と解釈して、いい年した大人の男が戦慄する!
という殴り込みシリーズではおなじみの内容です。
くだらないけど面白いです。

ちょっと思ったんだけど、霊を撮ろうっていう企画に、画期的に怖がりな人を呼ぶのはダメなんじゃ。
キングレコードのスタジオは「出るかもしれない」って雰囲気があり、なかなか怖そうな場所だったのに、
途中参加したゲストのミュージシャンがすごい怖がりで、怒声のような大声で騒ぐ、騒ぐ…雰囲気ぶち壊しw
霊が怖がっちゃうだろw
このミュージシャンは、最新作にも出演してたけど、やっぱり騒いでたw
人骨の出た公園に呼ばれたゲストのラッパーは、心霊関係の仕事をしているだけあって
違和感なく溶け込んでました。さすが!

特典映像にあった愛知のR堂という場所は、すごく変わってて興味深かったです。
有名なスポットなんでしょうか、初めて知りました!
地下室で行う肝試しは「すげー…」としか言葉がない。狭いところが苦手な自分は戦慄した。
建立した人が描いたのかな、微妙な出来の絵も、念がこもってそうで不気味でした。
けっこう立派なお堂だったんだろうに、今は誰も管理してないのかな。諸行無常…

なんだかなぁ…

投稿日

2016/10/17

レビュアー

hanahanalove

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

イイトシしたおっさんたちがガチで心霊スポットに行くこのシリーズ、わざとらしくキャーキャー騒ぐ若い女性タレントなども0なのでかなりお気に入りなのですが今回は消化不良な感じで残念。
一番目のスタジオ編はいい感じだったのに二番目の公園のラップがいらない。雰囲気もぶち壊しだしせっかくのこっくりさんのシーンも煩くて台無し。しかも〆のラップが最悪に止めをさしてくれたお陰でその後のネタに入り込めずトンネル特攻の殴り込み定番の「ゴーゴーゴーゴー」 にもイマイチ乗りきれずに残念。

なんていうか「殴り込み」って色んなゲストが出てるけど皆さん本とに友達って感じがしてそこがなんとも言えない雰囲気を作り出してて楽しいんですよね。
本とにしょーもないおっさんたちが畏れを抱きつつも青春取り戻そうと免許取り立ての高校生が「じゃあ初走りに噂のトンネル行こうぜ」的な突撃をガチでするみたいな(笑)
だから本当に怖がりの人とかがゲストに来ちゃうと土下座したりマジギレしたり生々しいし(笑)
ホラーの筈が笑える作品なのも本気で畏れを抱く雰囲気が勝って商売臭さを感じないからだと…。
でも今回の浮きまくりのラッパーたちは本とに煩くて商売臭さしか感じず最悪でした。
もう出てこないことを切に願います(苦笑)

1〜 3件 / 全3件