1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. 洋画のDVDレンタル
  4. ホラーのDVDレンタル
  5. D.N.A. ドクター・モローの島

D.N.A. ドクター・モローの島

D.N.A. ドクター・モローの島の画像・ジャケット写真

D.N.A. ドクター・モローの島 / ヴァル・キルマー

D.N.A. ドクター・モローの島 /ジョン・フランケンハイマー

平均評価点: 

予告編を検索

全体の平均評価点: (5点満点)

6

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

解説・ストーリー

H・G・ウェルズの古典『ドクター・モローの島』の三度目の映画化。漂流の末、貨物船に助けられた国連弁護士のダグラス。彼はその船内で怪しげな男、モンゴメリーと知り合い、とある熱帯の孤島に招かれる。屋敷に通された彼は部屋に飾られた賞状から、島の持ち主が行方不明とされているノーベル賞学者、ドクター・モローであることを知る。その夜、閉じ込められた部屋の鍵を破り外へと抜け出した彼は、遺伝子操作によって獣人たちを作り上げている博士たちの実験を目撃する……。

DVD

Blu-ray

旧作

お届け率:100%

ジャンル :

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

「D.N.A. ドクター・モローの島」 の解説・あらすじ・ストーリー

解説・ストーリー

H・G・ウェルズの古典『ドクター・モローの島』の三度目の映画化。漂流の末、貨物船に助けられた国連弁護士のダグラス。彼はその船内で怪しげな男、モンゴメリーと知り合い、とある熱帯の孤島に招かれる。屋敷に通された彼は部屋に飾られた賞状から、島の持ち主が行方不明とされているノーベル賞学者、ドクター・モローであることを知る。その夜、閉じ込められた部屋の鍵を破り外へと抜け出した彼は、遺伝子操作によって獣人たちを作り上げている博士たちの実験を目撃する……。

「D.N.A. ドクター・モローの島」 の作品情報

作品情報

製作年:

1996年

製作国:

アメリカ

原題:

THE ISLAND OF DR. MOREAU

「D.N.A. ドクター・モローの島」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

TSUTAYAだから可能な圧倒的作品数!!

洋画・邦画

35,500
タイトル以上

国内ドラマも一部含まれております

国内・海外ドラマ

5,400
タイトル以上

アニメ

9,200
タイトル以上

R-18

210,000
タイトル以上

CD

250,000
タイトル以上

※2022年2月 現在のタイトル数

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

関連作品

関連作品

インベイド

伯爵夫人

トップガン マーヴェリック

アンデッド・ドライバー 怒りのゾンビロード

トップ・シークレット

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

え?これそんな駄作なんすか? ネタバレ

投稿日:2008/08/20 レビュアー:夜子

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

正直これ多分何度もTVで見てるんですよね。
でも、なんだかよくわかんないけど、ビミョーに生臭さがあって、今思えばいつも似たようなところでフェードアウトしてたような気がする。冒頭の豚女だか馬女の出産シーンか、モローが殺されてからの乱交シーンか・・・こうして年食ってから見直してみるとそのどちらも短いシーンなんだけど。

このモローは本当に鬼畜でねぇ。
演じているのはマーロン・ブランド、獣人たちに自分を「お父様」と呼ばせ、彼らを「私の子供たち」と慈愛をもって接していると言うんだが、実は獣人の体には電極が仕込んであって歯向かったり掟を破ったりすると電撃で制裁するとか、出来不出来や美醜ですごい差別してたりと、優しく振舞ってる分背筋がぞっとする異様な怖さがあるんだな。

その暮らしぶりも異様で、外に出るときは日焼け止めを真っ白に塗りたくり、サングラスに薄絹の長衣、手には電極のスイッチを持ち、獣人に担がせた輿に乗り獣人村を神のように練り歩く。
夜は夜で、数頭の犬男に給仕と身辺警護をさせ、お気に入りの小人マジャイとお揃いの服を着てピアノを連弾したり、最高傑作と自負する美貌の猫女アイッサにほんの少しわがままを許したりして優雅に暮らしてる。

そこにデヴィッド・シューリスのダグラスがある意味拉致られて連れてこられるんだけど、国連弁護士の彼はその直前漂流中に、同僚2人がもめて死んだため、運良く生き残った男なんだなこれが。
その上あからさまに獣人らを嫌悪し鼻先で身震いをしてみせるような男で、唯一美貌の猫女アイッサには色気を出すが、モローやそれに組みせざるをえない何らかの理由がありそうな元精神科医ヴァル・キルマーのモンゴメリーをいきなりキ*ガイ扱いとともかく愛も正義のかけらも無い(笑)

そもそも台本に全く愛がなくて(笑)
獣人たちがモローやモンゴメリーやダグラスに誉めてもらいたがるたびに、彼らにはいつも込み入った事情があったりして無下に聞き流されちゃったり(笑)もろもろお取り込み中とは思いますが!誰かそいつらの話を聞いてやれ!とツッコミたくなる場面もしばしば。

なんというか、ともかく獣人も人間もなにもかもが異様。
二足歩行を強要されている獣人は良い子にしているときは怯えも含めてどこかぷるぷるしているし、森で勝手に繁殖している小型の鼠男の群れ、繁殖用の家畜ベースの獣人(♀)は始終サカってるし。それは人間で言う所の無法地帯とは違うある意味密林の阿呆宮、SF風「サテリコン」。全裸で登場するとカブリモノ臭いところは否めないけど、フルメイクでありながら表情豊かなのはやはりスタン・ウィンストンの妙技。

お父様!私は一体なんなのですか?!

なにかを熱心に信仰しているわけではないから、冒涜とか、そういうコトはよくわからないけど、これや「A.I.」や「アンドリュー」を見ていると、いつも同じ崖っぷちに立っている事に気づかされます。

自分が一体、何のために生まれてきて、何を成さねばならないのか、そもそもなにかをなさねばならないのかどうかすら、人間にだってわからないのに。

原作や前作ができた頃にはまだ規範や常識や信仰という言葉があって、そこには「こんな世界があってはならない」と言う確固とした理屈や論旨があったはずなんだけど、ほんの数十年でそれすら見失っちゃった人類っていったい、と、つくづく考えさせられる作品です。

このレビューは気に入りましたか? 9人の会員が気に入ったと投稿しています

白塗りのブランド

投稿日:2007/12/25 レビュアー:勝王

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

ズッコケて、ハイおしまい

投稿日:2020/06/12 レビュアー:趣味は洋画

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

なーんで肉食獣にも手を出したのかな ネタバレ

投稿日:2009/12/12 レビュアー:信長

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

羊だけで作っていれば、右向けば右、で済んだだろうに。
『他の種で作ったらどうなるかな?』という学者根性が裏目に出た。

ハイエナはどうだろう。
あれを言われてあれをするのかな。
豹の方が残ったのならまだしも、ハイエナが『仲間』を殺すのかな……とか、疑問。

最後に自殺を選んだのは十分人間らしいじゃないか、と思ったけれど。
野生であればあるほど『強者には絶対逆らわない』のだから、野生の証明としても、あれは正しいのかな、とか。

キリマンジャロの山頂を目指した豹は何を考えていたのかな、とか。
いろいろなことが頭をよぎりました。


進化論の中では
しょせんはホモサピエンスなんて、地球上に存在する、たかが『一種』の動物でしかないです。


犬や猫をさすときに「他の動物たち」ではなく「動物たち」と言う、一言一言に人間の傲慢が現れています。
人間だって動物なのだから。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

まあまあ

投稿日:2008/04/24 レビュアー:ぶぶたん

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全6件

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:6件

え?これそんな駄作なんすか?

投稿日

2008/08/20

レビュアー

夜子

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

正直これ多分何度もTVで見てるんですよね。
でも、なんだかよくわかんないけど、ビミョーに生臭さがあって、今思えばいつも似たようなところでフェードアウトしてたような気がする。冒頭の豚女だか馬女の出産シーンか、モローが殺されてからの乱交シーンか・・・こうして年食ってから見直してみるとそのどちらも短いシーンなんだけど。

このモローは本当に鬼畜でねぇ。
演じているのはマーロン・ブランド、獣人たちに自分を「お父様」と呼ばせ、彼らを「私の子供たち」と慈愛をもって接していると言うんだが、実は獣人の体には電極が仕込んであって歯向かったり掟を破ったりすると電撃で制裁するとか、出来不出来や美醜ですごい差別してたりと、優しく振舞ってる分背筋がぞっとする異様な怖さがあるんだな。

その暮らしぶりも異様で、外に出るときは日焼け止めを真っ白に塗りたくり、サングラスに薄絹の長衣、手には電極のスイッチを持ち、獣人に担がせた輿に乗り獣人村を神のように練り歩く。
夜は夜で、数頭の犬男に給仕と身辺警護をさせ、お気に入りの小人マジャイとお揃いの服を着てピアノを連弾したり、最高傑作と自負する美貌の猫女アイッサにほんの少しわがままを許したりして優雅に暮らしてる。

そこにデヴィッド・シューリスのダグラスがある意味拉致られて連れてこられるんだけど、国連弁護士の彼はその直前漂流中に、同僚2人がもめて死んだため、運良く生き残った男なんだなこれが。
その上あからさまに獣人らを嫌悪し鼻先で身震いをしてみせるような男で、唯一美貌の猫女アイッサには色気を出すが、モローやそれに組みせざるをえない何らかの理由がありそうな元精神科医ヴァル・キルマーのモンゴメリーをいきなりキ*ガイ扱いとともかく愛も正義のかけらも無い(笑)

そもそも台本に全く愛がなくて(笑)
獣人たちがモローやモンゴメリーやダグラスに誉めてもらいたがるたびに、彼らにはいつも込み入った事情があったりして無下に聞き流されちゃったり(笑)もろもろお取り込み中とは思いますが!誰かそいつらの話を聞いてやれ!とツッコミたくなる場面もしばしば。

なんというか、ともかく獣人も人間もなにもかもが異様。
二足歩行を強要されている獣人は良い子にしているときは怯えも含めてどこかぷるぷるしているし、森で勝手に繁殖している小型の鼠男の群れ、繁殖用の家畜ベースの獣人(♀)は始終サカってるし。それは人間で言う所の無法地帯とは違うある意味密林の阿呆宮、SF風「サテリコン」。全裸で登場するとカブリモノ臭いところは否めないけど、フルメイクでありながら表情豊かなのはやはりスタン・ウィンストンの妙技。

お父様!私は一体なんなのですか?!

なにかを熱心に信仰しているわけではないから、冒涜とか、そういうコトはよくわからないけど、これや「A.I.」や「アンドリュー」を見ていると、いつも同じ崖っぷちに立っている事に気づかされます。

自分が一体、何のために生まれてきて、何を成さねばならないのか、そもそもなにかをなさねばならないのかどうかすら、人間にだってわからないのに。

原作や前作ができた頃にはまだ規範や常識や信仰という言葉があって、そこには「こんな世界があってはならない」と言う確固とした理屈や論旨があったはずなんだけど、ほんの数十年でそれすら見失っちゃった人類っていったい、と、つくづく考えさせられる作品です。

白塗りのブランド

投稿日

2007/12/25

レビュアー

勝王

ズッコケて、ハイおしまい

投稿日

2020/06/12

レビュアー

趣味は洋画

なーんで肉食獣にも手を出したのかな

投稿日

2009/12/12

レビュアー

信長

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

羊だけで作っていれば、右向けば右、で済んだだろうに。
『他の種で作ったらどうなるかな?』という学者根性が裏目に出た。

ハイエナはどうだろう。
あれを言われてあれをするのかな。
豹の方が残ったのならまだしも、ハイエナが『仲間』を殺すのかな……とか、疑問。

最後に自殺を選んだのは十分人間らしいじゃないか、と思ったけれど。
野生であればあるほど『強者には絶対逆らわない』のだから、野生の証明としても、あれは正しいのかな、とか。

キリマンジャロの山頂を目指した豹は何を考えていたのかな、とか。
いろいろなことが頭をよぎりました。


進化論の中では
しょせんはホモサピエンスなんて、地球上に存在する、たかが『一種』の動物でしかないです。


犬や猫をさすときに「他の動物たち」ではなく「動物たち」と言う、一言一言に人間の傲慢が現れています。
人間だって動物なのだから。

まあまあ

投稿日

2008/04/24

レビュアー

ぶぶたん

1〜 5件 / 全6件

新規ご登録はこちら

新規登録で
「定額レンタル4」月額1,026円(税込)を

14日間無料お試し!
  • ※本キャンペーンの無料お試しの対象者は、次の@Aのいずれかに該当する方に限ります。
  • @「TSUTAYA DISCAS」の定額プラン(定額プランの種類は問いません。以下同じ)の利用開始時に「無料お試し」を利用したことがない方
  • A2022年10月2日以前に「TSUTAYA DISCAS」の定額プランの利用を終了された方であって、2022年10月3日以降、「TSUTAYA DISCAS」の定額プランを利用していない方
  • 無料お試し期間中(14日間)、新作はレンタル対象外です。
  • 無料お試し期間終了後、登録プラン料金で自動更新となります。

ご利用の流れ

ご利用の流れ

@ 会員登録

申し込みフォームへ記入

申し込みフォームへ記入したら登録完了!

A 作品をレンタル

作品をレンタル

借りたい作品をリストアップするだけ!
発送可能な商品を自宅にお届けします。

B ポストに返却

ポストに返却

商品をポストに投函すればOK!

よくあるご質問

よくあるご質問

もちろん無料お試し期間中に退会することも可能です。 また、その場合は料金は一切かかりません。

無料お試し中も、都度レンタルは、有料でご利用いただくことができます。
また、無料お試し中に解約され、何らかの理由でレンタル商品を期日までにご返却いただけなかった場合に、追加料金が発生する場合がございます。

定額プランは1つの封筒に2枚入り、お届けいたします。
届いた往復封筒でポストへご投函いただき、当社配送センターにてご返却を確認できましたら次の封筒を発送致します。繰り返しでご登録のプラン枚数までご利用いただけます。

各プランはこちら

各プランはこちら

  • 宅配レンタル 定額8プラン
    月額2,052円税込
    • 「新作・準新作」が定額で月8枚レンタルできる!※1借り放題付き※2
    新規登録する
  • 宅配レンタル 定額4プラン
    月額1,026円税込
    • DVD/CDが定額で月4枚レンタルできる!※1
    新規登録する
  • 都度課金 プラン
    無料会員 月額0円税込 ※都度レンタル時の費用は発生します
    • 月額無料で単品レンタルを楽しみたい方におすすめ!
    新規登録する

※1 無料お試し期間中の「新作」レンタルは対象外です。

※2 借り放題はDVD「旧作」、CD「新作・準新作・旧作」が対象です。

D.N.A. ドクター・モローの島