デビル・ストレンジャー

デビル・ストレンジャーの画像・ジャケット写真

デビル・ストレンジャー / ルーク・ウィルソン

全体の平均評価点:(5点満点)

2

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「デビル・ストレンジャー」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

監督はクリス・フィッシャー。出演はサミュエル・L・ジャクソンとルーク・ウィルソン。謎の男につきまとわれる主人公の恐怖を描くサイコ・スリラー。上司の恋人と関係を持ったために不動産会社を解雇されてしまったジョンの前に謎の男リッチーが現れる。リッチーの口車に乗り、車で一緒に出かけたジョンだが、徐々にリッチーの言動に恐怖を抱くようになる。リッチーが殺人者と知ったジョンは、逃亡しようとするのだが…。 JAN:4547462082046

「デビル・ストレンジャー」 の作品情報

作品情報

製作年: 2012年
原題: MEETING EVIL

「デビル・ストレンジャー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

死の接吻

キューティ・ブロンド

グッドフェローズ

ヘイトフル・エイト

ユーザーレビュー:2件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 2件 / 全2件

お金と時間があり余る方にお勧めです。

投稿日:2013/03/28 レビュアー:ピン太郎

最近では断トツで最悪作品です。
映画を見てイライラしたい方、
お金と時間が有り余る方にお勧めです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

不条理で不可解

投稿日:2012/09/06 レビュアー:momo-koto

内容に特に大きなひねりがあるわけじゃないのでコメントを書くと自動的にネタバレに近くなりますのでそれをまず一言。
不動産販売の営業をしている主人公が冒頭一番でリストラにあい自宅も売りにだす、という苦境下にあることがわかります。
そんな時、謎の男サミュエル・L・ジャクソンが登場、嫌に主人公に絡み始めます。
いつのまにか連れまわされるような状況になり立ち寄る先々で次々にトラブルを起こしていく。
主人公役のルーク・ウィルソン、ハの字眉の何かいかにも優柔不断そうな風貌と確かに優柔不断そのものの言動繰り返す
ようすはどんどん巻き込まれていくこの後の展開がいやでも予想がつきます。
サミュエル・L・ジャクソンは車のトラブルで困っているといった様子で登場しますが身なりがシルクハットに黒いフォーマルっぽい
恰好だったため映画の最後近くまで悪魔の化身とかいうやつかとずっと思って観てた。
主人公の奥さんは何だか嫌に隙の無い中産階級の奥様みたいな身なりだし、同じ職場の不倫相手の女性はこの優柔不断でパッとしない
主人公のどこに惚れたのかと疑問に思うような奔放な美人になっていて結構一途で健気な態度とったりする。
何がどうだと言いたいのかさっぱり分からない。
ただ、日本人ならありがちな優柔不断な営業マンなんてところがアメリカ人で演じてもそんなんで不動産販売なんてむりなんじゃない
と思うのみです。
けっこう死体がごろごろ出る映画だけどそちらのほうは異様に添えもん的な扱い。
さらにもう一つ気になることが意味深な犬を連れた少女≠アの少女の説明一切なしです。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 2件 / 全2件

デビル・ストレンジャー

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:2件

お金と時間があり余る方にお勧めです。

投稿日

2013/03/28

レビュアー

ピン太郎

最近では断トツで最悪作品です。
映画を見てイライラしたい方、
お金と時間が有り余る方にお勧めです。

不条理で不可解

投稿日

2012/09/06

レビュアー

momo-koto

内容に特に大きなひねりがあるわけじゃないのでコメントを書くと自動的にネタバレに近くなりますのでそれをまず一言。
不動産販売の営業をしている主人公が冒頭一番でリストラにあい自宅も売りにだす、という苦境下にあることがわかります。
そんな時、謎の男サミュエル・L・ジャクソンが登場、嫌に主人公に絡み始めます。
いつのまにか連れまわされるような状況になり立ち寄る先々で次々にトラブルを起こしていく。
主人公役のルーク・ウィルソン、ハの字眉の何かいかにも優柔不断そうな風貌と確かに優柔不断そのものの言動繰り返す
ようすはどんどん巻き込まれていくこの後の展開がいやでも予想がつきます。
サミュエル・L・ジャクソンは車のトラブルで困っているといった様子で登場しますが身なりがシルクハットに黒いフォーマルっぽい
恰好だったため映画の最後近くまで悪魔の化身とかいうやつかとずっと思って観てた。
主人公の奥さんは何だか嫌に隙の無い中産階級の奥様みたいな身なりだし、同じ職場の不倫相手の女性はこの優柔不断でパッとしない
主人公のどこに惚れたのかと疑問に思うような奔放な美人になっていて結構一途で健気な態度とったりする。
何がどうだと言いたいのかさっぱり分からない。
ただ、日本人ならありがちな優柔不断な営業マンなんてところがアメリカ人で演じてもそんなんで不動産販売なんてむりなんじゃない
と思うのみです。
けっこう死体がごろごろ出る映画だけどそちらのほうは異様に添えもん的な扱い。
さらにもう一つ気になることが意味深な犬を連れた少女≠アの少女の説明一切なしです。

1〜 2件 / 全2件