イントルーダーズ

イントルーダーズの画像・ジャケット写真
イントルーダーズ / クライヴ・オーウェン
全体の平均評価点:
(5点満点)

8

  • DVD
ジャンル:

「イントルーダーズ」 の解説・あらすじ・ストーリー

『28週後...』のフアン・カルロス・フレスナディージョ監督、『キング・アーサー』のクライヴ・オーウェン主演で贈る新感覚ホラーサスペンス。ジョンの娘・ミアは、偶然見つけた古い手紙で“顔なし怪人”の存在を知る。やがてミアの前に怪人が現れ…。

「イントルーダーズ」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: INTRUDERS

「イントルーダーズ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

イントルーダーズの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
100分 日本語・英語・タイ語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
GNBR2990 2012年08月03日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
7枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:8件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全8件

それは妖怪?誘拐?あっ!そうかいっ!!ネタバレ

投稿日:2012/08/15 レビュアー:ホラーいいよネ〜

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

スペインのあるマンションの一室から始まります。
雨降りの夜、男の子がネコを探しに窓の外に出ると、下の方からスルスルと頭をフードで隠したある存在に気づく。
そしてソレは窓から部屋に侵入して、母親の首を絞めていた。男の子は声を出して助けようとしたが、ソレは男の子に近づき・・・。
時は流れ、イギリスのある場所で女の子がある“作文”を手にする。
それは“怪人顔無し”について書かれていた。興味を持った女の子は、それを書き写して自分の作品にしようとしたが、現実に自分の前に“怪人顔無し”が現れた。

こいつは人間なのか?怪人なのか?現実なのか?妄想なのか?・・・で作品が展開していきます。
それに、スペイン(過去)とイギリス(現在)を交互に映し、真相に迫っていきます。これは監督曰く、文化の違いを取り入れたかったらしい。
実は、過去の男の子が現在の女の子の父親なのですが、子供時代がスペイン語で大人になって英語になっているので、この設定には違和感あり。
容易に結びつかないようにしているのかもしれませんけど。

作品全体の恐怖感はあまりナシ。血が飛び出るようなシーンもありません。奥さんのオッパイチラッはありました。(ムフッ)

ホラーとしてはおとなしめ、でも雰囲気はちょっとだけあると思います。(ペコリ)

このレビューは気に入りましたか? はい 5人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

なんが残念!!

投稿日:2012/09/16 レビュアー:きよまま

雰囲気は悪くないんだけど、ホラーでもなし、ダークファンタジーでもなく・・・
もちろん怖くもなく、びっくりもなく・・・

父親の◯◯が娘に影響して・・・みたいな感じでしょうかね。
全くおすすめいたしません。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いやー、これはちょっと・・・長編にするにはスカスカ過ぎるっしょ?

投稿日:2012/09/06 レビュアー:KASPAR

・・・はて?さて?すっごく面白く無いです!

「10億分の1の男」「28週後...」と、なんとなく微妙な作品を撮ってきた
フアン・カルロス・フレスナディージョ監督ですが、本作はちょっとヒド過ぎる気がします。

空想と現実の境界線をぼかしつつ現実に重心を置く(観客には現実と思わせる)映画として、
こういう描写(主要人物と怪物だけに焦点を当て、物や風景は雰囲気描写)の仕方はどうなんだ!?

ある意味挑戦的ではあるけど、怖さも無いし、現実感も無い。
結果としてラスト10分の陳腐なドラマがあるだけ。

小学生向け?
正直この内容なら短編で十分では?←厳しすぎる!

個人的満足度 35点!
オススメ度 50点!

このレビューは気に入りましたか? はい 3人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ゲーム機とぬいぐるみをプレゼントされた時の反応の違い…

投稿日:2019/11/14 レビュアー:伝衛門

感染発生から28週後のロンドン再建を舞台に人でなしの父親とワンパク姉弟の冒険物語を
ダッシュ系ゾンビ映画として描いて魅せた『28週後』のフアン・カルロス・フレスナディージョ監督作品。

悪手は無いけど心に響かなかった印象でしたが、さて本作…

ジョンの娘ミアは偶然木の穴から”顔無し怪人”の存在を記す手紙を見つけ、
それを機に怪人に襲われ恐怖に晒されることになる。
一方、遠い異国の地でも同じ恐怖に悩む母親と少年がいた。
二組の親子の前に現れる”顔無し怪人”の正体とは?

なのですが、早い段階で予測できてしまい、
もはやホラーとしてもサスペンスとしても台無しの状態に…

父親、母親双方からプレゼントをもらった娘ミアがみせた
あまり気に入らなかったプレゼントに対する反応に一番ハラハラしたかも?

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

クライブ・オーウェンのホラー

投稿日:2013/06/19 レビュアー:ともこさん

サイコホラーで、こわい話のはずですが、やっぱかっこいい!クライブオーウェンと
スペインが舞台になるときの子役の男の子が超かわいくて
「かっこいい!」「かわいい!」の繰り返しで、あまり怖くなかった。

最初のシーンで主人公の母、Miaのおばあちゃんがはっきりと登場しない、という
見せ方はこの監督の上手さなのかな・・・。

まぁ、最後にからくりがわかるのですっきりするストーリーでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全8件

イントルーダーズ

月額課金で借りる

都度課金で借りる