最後から二番目の恋の画像・ジャケット写真

最後から二番目の恋 / 小泉今日子

全体の平均評価点:(5点満点)

7

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

ジャンル :

「最後から二番目の恋」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「最後から二番目の恋」 の作品情報

作品情報

製作年:

2012年

「最後から二番目の恋」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

関連作品

関連作品

医龍〜Team Medical Dragon〜

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

P&Gパンテーンドラマスペシャル トゥルーラブ

恋を何年休んでますか

ユーザーレビュー:7件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全7件

とにかくキョンキョンの服がカワイイの

投稿日:2012/06/15 レビュアー:ホットケーキの誘惑


この時期は、見ていたドラマが多くて忙しかったのだけれど、そんな中でもこのドラマはとても好きでした。
同年代(?)というのもあるのですが、会話がとても良く、感覚的に合っていた様に思います。

毎回、キョンキョンの洋服が可愛くて、背が低くてもあんなに可愛くできるんだぁとか、特に家で過ごしている時の服が良い具合におしゃれでゆるくて、
このドラマをきっかけに、家で着る服にちょっとお金をかけても良いかな、と思ったくらいです。

恋愛がテーマではありますが、それだけでもなく、いつの間にか歳をとってしまった、気持ちは若い40代の女性の感じがすごくよくわかる。
そして、なんといっても私が思う一番の見どころは、内田有紀さんです。
人とうまくコミュニケーションのとれない、ちょっとヘンな人の役をしていますが、ピッタリはまっていて、かなり笑えます。もう大好き!

あんなお隣さんだったら、私も鎌倉に住みたいなーなんて思いました。

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

66pts. 【主演】小泉今日子 ネタバレ

投稿日:2013/05/16 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

小泉今日子主演で、
40代独身女性の恋を描く。

基本、トレンディドラマ世代が、
40代に入り、見たくあるだろうなって思えるような
そんなマーケット志向を考えたドラマという色彩が強いように感じた。

ドラマプロデューサをやっている独身女性役の小泉今日子。
落ち着いた生活を望んだ感じで、
鎌倉の古い家を借りる。

その隣に、中井貴一と坂口憲二が兄弟で、
住んでいて、その間で恋やらいろいろおこる。

基本、たすきがけ方式の恋というか。

小泉今日子と坂口憲二がつきあい、
鎌倉市役所・観光課につとめる、中井貴一に、
同じ課の部下で、若い女性の佐津川愛美が惚れるという組み合わせ。

しかし、そのどちらも、いいたいことは言えずに、
気を使い合う。

一方、つきあってない、小泉今日子と中井貴一、
坂口憲二と佐津川愛美は、言いたいことをばんばんいう仲。

つきあうってどういうこと?

みたいな根本的なところをテーマに、
年齢を重ねての遠慮というか、そういうのをテーマに組み込んでいる。

最初に書いたが、
ターゲットをしぼったドラマで、
それなりに需要はあるのかなという気がするが、
どうなんだろう・・・

あまりに、しぼりすぎてる感じもして、
それ以外の世代は、やや興ざめする気もする。

逆に、こういうトレンディドラマ的な展開が、
新鮮だったりするんだろうか・・・

私は、というと・・・
ま、悪くはないとは思うが、
古すぎる感じではないのに、どこかで古い感じがする、
そんなドラマだった。

ただ、坂口憲二の、
病気設定とか、女性を幸せにするとか、
そういう意味では、トレンディドラマっぽいとは言え、
なんか、ちょっと、浮世離れした感じ。

ま、たまにはいいというか、
代わり映えしないドラマではないので、
そういう意味では、いいなとは思う。

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

「ロウソクの数は、がんばってきた証」 ( ̄∇ ̄*)ゞ

投稿日:2012/10/17 レビュアー:BEEFジャーキー

*****全11話みての感想*****
共感もてて、親近感わくドラマでした。
でも、あんまり続きが気にならない内容…!?!?
それ位、リアルで、自然な、日常ドラマ…。

特に、セリフが好き。
どの言葉も、とても身近で…
「あ〜、わかるわかる」…みたいな……(笑)

タイトルの <最後から二番目の恋>…、この意味も好き。
もう歳だから、最後の恋…ではなく、
いつでも、最後から二番目の恋……(* ̄▽ ̄*)
いくつになっても、余裕を持った恋が出来そうで…♪♪
ステキな考え方だと思いました。

中でも、一番好きなセリフがこれ!
「ロウソクの数は、がんばってきた証」

いつからだろう……
バースデイケーキにロウソクを立てなくなったのは…。
<頑張ってきた証>かぁ〜〜
何だか、私も、歳の数だけ、ロウソクを立ててみたくなった♪♪
(って、ケーキ穴だらけで、ボロボロやん <( ̄口 ̄||)>のぉ〜)

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

ふつうの日常にこそ幸せがある…ってこのこと

投稿日:2015/11/26 レビュアー:二コラ

何度観ても、心あたたまるドラマですね。キョンキョンと中井貴一さんの掛け合いなんて最高に面白いし、こんな人そばにいると人生の毎日、きっと楽しいし心強いんだろうなぁ〜と。この手のドラマって、日常の人間模様が核になるんだろうけど、ホントみんな素敵な人間関係ですよね。個々に色々抱え込んでるけど、ちょっとした人の温かさに人は救われて、また日々を生きていくんだ…って伝わって来ます。脚本がいいのかなぁ。。またスペシャルでもいいから作品続けばいいな

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

天野春子の伏線か・・・?

投稿日:2013/09/04 レビュアー:カール

絶妙にグッドなドラマです。完璧はまります。

食べ物に例えれば・・・・・・

絶妙においしい「ぶりの照焼」のような・・・・

       「さけの塩焼き(甘め)」のような・・・・

       いや「サバの塩焼き」かな・・・・?

  どんな高価な料理よりも「おいしい」です・・・。

  とにかく・・・「おいしいんですよ。」


このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全7件

最後から二番目の恋

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:7件

とにかくキョンキョンの服がカワイイの

投稿日

2012/06/15

レビュアー

ホットケーキの誘惑


この時期は、見ていたドラマが多くて忙しかったのだけれど、そんな中でもこのドラマはとても好きでした。
同年代(?)というのもあるのですが、会話がとても良く、感覚的に合っていた様に思います。

毎回、キョンキョンの洋服が可愛くて、背が低くてもあんなに可愛くできるんだぁとか、特に家で過ごしている時の服が良い具合におしゃれでゆるくて、
このドラマをきっかけに、家で着る服にちょっとお金をかけても良いかな、と思ったくらいです。

恋愛がテーマではありますが、それだけでもなく、いつの間にか歳をとってしまった、気持ちは若い40代の女性の感じがすごくよくわかる。
そして、なんといっても私が思う一番の見どころは、内田有紀さんです。
人とうまくコミュニケーションのとれない、ちょっとヘンな人の役をしていますが、ピッタリはまっていて、かなり笑えます。もう大好き!

あんなお隣さんだったら、私も鎌倉に住みたいなーなんて思いました。

66pts. 【主演】小泉今日子

投稿日

2013/05/16

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

小泉今日子主演で、
40代独身女性の恋を描く。

基本、トレンディドラマ世代が、
40代に入り、見たくあるだろうなって思えるような
そんなマーケット志向を考えたドラマという色彩が強いように感じた。

ドラマプロデューサをやっている独身女性役の小泉今日子。
落ち着いた生活を望んだ感じで、
鎌倉の古い家を借りる。

その隣に、中井貴一と坂口憲二が兄弟で、
住んでいて、その間で恋やらいろいろおこる。

基本、たすきがけ方式の恋というか。

小泉今日子と坂口憲二がつきあい、
鎌倉市役所・観光課につとめる、中井貴一に、
同じ課の部下で、若い女性の佐津川愛美が惚れるという組み合わせ。

しかし、そのどちらも、いいたいことは言えずに、
気を使い合う。

一方、つきあってない、小泉今日子と中井貴一、
坂口憲二と佐津川愛美は、言いたいことをばんばんいう仲。

つきあうってどういうこと?

みたいな根本的なところをテーマに、
年齢を重ねての遠慮というか、そういうのをテーマに組み込んでいる。

最初に書いたが、
ターゲットをしぼったドラマで、
それなりに需要はあるのかなという気がするが、
どうなんだろう・・・

あまりに、しぼりすぎてる感じもして、
それ以外の世代は、やや興ざめする気もする。

逆に、こういうトレンディドラマ的な展開が、
新鮮だったりするんだろうか・・・

私は、というと・・・
ま、悪くはないとは思うが、
古すぎる感じではないのに、どこかで古い感じがする、
そんなドラマだった。

ただ、坂口憲二の、
病気設定とか、女性を幸せにするとか、
そういう意味では、トレンディドラマっぽいとは言え、
なんか、ちょっと、浮世離れした感じ。

ま、たまにはいいというか、
代わり映えしないドラマではないので、
そういう意味では、いいなとは思う。

「ロウソクの数は、がんばってきた証」 ( ̄∇ ̄*)ゞ

投稿日

2012/10/17

レビュアー

BEEFジャーキー

*****全11話みての感想*****
共感もてて、親近感わくドラマでした。
でも、あんまり続きが気にならない内容…!?!?
それ位、リアルで、自然な、日常ドラマ…。

特に、セリフが好き。
どの言葉も、とても身近で…
「あ〜、わかるわかる」…みたいな……(笑)

タイトルの <最後から二番目の恋>…、この意味も好き。
もう歳だから、最後の恋…ではなく、
いつでも、最後から二番目の恋……(* ̄▽ ̄*)
いくつになっても、余裕を持った恋が出来そうで…♪♪
ステキな考え方だと思いました。

中でも、一番好きなセリフがこれ!
「ロウソクの数は、がんばってきた証」

いつからだろう……
バースデイケーキにロウソクを立てなくなったのは…。
<頑張ってきた証>かぁ〜〜
何だか、私も、歳の数だけ、ロウソクを立ててみたくなった♪♪
(って、ケーキ穴だらけで、ボロボロやん <( ̄口 ̄||)>のぉ〜)

ふつうの日常にこそ幸せがある…ってこのこと

投稿日

2015/11/26

レビュアー

二コラ

何度観ても、心あたたまるドラマですね。キョンキョンと中井貴一さんの掛け合いなんて最高に面白いし、こんな人そばにいると人生の毎日、きっと楽しいし心強いんだろうなぁ〜と。この手のドラマって、日常の人間模様が核になるんだろうけど、ホントみんな素敵な人間関係ですよね。個々に色々抱え込んでるけど、ちょっとした人の温かさに人は救われて、また日々を生きていくんだ…って伝わって来ます。脚本がいいのかなぁ。。またスペシャルでもいいから作品続けばいいな

天野春子の伏線か・・・?

投稿日

2013/09/04

レビュアー

カール

絶妙にグッドなドラマです。完璧はまります。

食べ物に例えれば・・・・・・

絶妙においしい「ぶりの照焼」のような・・・・

       「さけの塩焼き(甘め)」のような・・・・

       いや「サバの塩焼き」かな・・・・?

  どんな高価な料理よりも「おいしい」です・・・。

  とにかく・・・「おいしいんですよ。」


1〜 5件 / 全7件