島の女

島の女の画像・ジャケット写真
島の女 / ソフィア・ローレン
全体の平均評価点:
(5点満点)

6

  • DVD
ジャンル:

「島の女」 の解説・あらすじ・ストーリー

イタリアの大女優、ソフィア・ローレンのハリウッド映画進出第1作目となったロマンティックな冒険ドラマ。ギリシャのエキゾチックな風景をバックに、少年・フェドラを中心にアテネの海底に眠るイルカに乗った少年の黄金像をめぐる冒険を描く。

「島の女」 の作品情報

製作年: 1957年
製作国: アメリカ
原題: BOY ON A DOLPHIN

「島の女」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

島の女の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
112分 日本語 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
FXBR1041 2012年07月04日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
10枚 0人 0人

関連作品

ユーザーレビュー:6件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全6件

大女優S・ローレンの誕生作品

投稿日:2015/07/26 レビュアー:趣味は洋画

ソフィア・ローレンが国際的大女優となるステップとなった作品。
この映画の魅力は、何といっても‘エキゾチックな顔立ちと、はちきれんばかりの肉体’を魅せるローレンと、風光明媚なエーゲ海の景観でしょう。

まずエーゲ海ですが、冒頭、ロードス島、ミコノス島、ディロス島の映像が流れます。 私事で恐縮ですが、20代後半に仕事でミコノス島に滞在し、日帰りでディロス島に行ったことが懐かしく思い出されました。
アテネのピレウス港からクルーズ船に乗り、エーゲ海を進むうちに、遠くでキラキラ光る物体が現れる...だんだん近づくと、それが‘島全体が真っ白に塗られたミコノス島’で、太陽の光に反射して輝いていたのを鮮明に覚えています。 ディロス島は小さな遺跡の島で、本作の映像とまったく変わりませんでした。

このエーゲ海(舞台はハイドラ島が中心?)に沈んでいたブロンズの彫像‘イルカに乗った少年’をめぐる、冒険とロマンスをからめたドラマです。
クレジットはアラン・ラッドとクリフトン・ウェッブが上位に並び、その下段にS・ローレンが位置するのですが、名前はローレンのほうが大きく、3人同時に出て来る構成です。
この彫像が古書に記されている宝物であることから、その争奪戦が展開されるわけですが、脚本がなにかしっくりきません。
監督がジーン・ネグレスコだけに、おおいに期待したのですが、その点は残念でした。44年「仮面の男」、48年「ジョニー・ベリンダ」があまりにも素晴らしかったので...

で、やっぱりこれはS・ローレンの映画だな...ということで妙に納得した次第です。
それにしても邦題が「島の女」とは...時代を感じさせますね。

このレビューは気に入りましたか? はい 2人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

ソフィアローレン

投稿日:2014/07/03 レビュアー:

物語ではなく、ソフィアローレン目当てで観ました。
50年以上前の作品なのに、メイクも洋服も古臭さを感じず、ステキ。バービー人形みたい。
まさに50年代ファッションって、こういう感じなのかなーと勉強になりました

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いーい女

投稿日:2014/03/29 レビュアー:氷川の安

ソフィアローレン 本当にいーい女 目力、  
黒いオリーブの瞳

イタリア女は本当に地中海に合う

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

他済

投稿日:2014/03/11 レビュアー:不肖人の備忘録

レンタル開始日: 2012年07月04日

まだまだ話題作・・・

製作年:1957年

他社は、レンタル開始日から(価格的に)旧作扱いです。

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「イルカに乗った少年」ではなく「島の女」

投稿日:2012/09/30 レビュアー:masaki

原題は、「Boy on a Dolphin(イルカに乗った少年)」なんだけど
邦題を「島の女」にしちゃうのもわかるくらいSophia Lorenの存在感は強烈だ。
1957年の作品ということは、当時Sophia Lorenは23才。
ということは、NINEの時、Lorenは75才だったのか、、、、

このレビューは気に入りましたか? はい 1人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全6件

島の女

月額課金で借りる

都度課金で借りる