王様ゲーム

王様ゲームの画像・ジャケット写真

王様ゲーム / 熊井友理奈

全体の平均評価点:(5点満点)

16

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「王様ゲーム」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

「ほんとにあった怖い話」シリーズの鶴田法男監督、3,000万ビューという過去最高の閲覧数を記録したケータイ小説が原作のサスペンスホラー。突然届いた送信メールの主“王様”が支配する理不尽で過酷な王様ゲームに智恵美ら高校生が挑む。

「王様ゲーム」 の作品情報

作品情報

製作年: 2011年
製作国: 日本

「王様ゲーム」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

劇場版 さらば仮面ライダー電王 ファイナル・カウントダウン

Piece

逃走中21〜run for money〜【ラストミッション】

愛と不思議と恐怖の物語 7人の巨匠がおくる7つのショートストー

ユーザーレビュー:16件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全16件

50点(凡作) ネタバレ

投稿日:2012/07/11 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「Berryz工房」と「℃-ute」 のメンバー総出演!
プチファンだから私は観れたけど、でなきゃ観れたもんぢゃねぇ・・^^

携帯に送られて来る指示に従わなければ罰(死)を与える!
といった王様ゲームにクラス全員が巻き込まれ1人ずつ死んで行く話。

子供だから仕方ないけど子供みたいなゲームば〜っかし・・
ほんでこのオチは嫌いなパターンでが〜っくし・・ しかも、ホラーちゃうし・・

まええやないのぉ〜 アイドル映画なんだからさぁ〜^^
君らの映画、また観たいので、頑張ってねん?^^

このレビューは気に入りましたか? 17人の会員が気に入ったと投稿しています

Oh summer game!

投稿日:2013/07/17 レビュアー:AVANZSUR

鑑賞後余りの微妙な感じから、原作ってどんな評価なのか気になりセルサイトで確認したところ・・・評価1ばっかしやんっ!!・・・・ゞ(_△_ )ゞ
原作も低評価なら本作の出来具合もさもありなん。
結局『リアル鬼ごっこ』とかと同様の現実感乏しいサスペンスタッチの学園ホラーって、画面の中で起こっている恐怖感をリアルに観客に伝わらせるのに不向きなんでしょうね。

本作も目の前でクラスメイトが存在を抹消されていくのに、他の生徒の絶望感が一切伝わって来ないし、王様ゲームから逃れる術を探し出すのが先か消されるのが先かの恐怖感や焦燥感も微塵も伝わって来ないため、観る方も誰にも共感も感情移入も出来ず、終始レンズ越しでの客観的視線でしか観れませんでした。

また、唯一思わせぶりな言動で同級生達を煙に巻くキーパーソン的な鈴木愛理をもっと上手く使いこなせば、もっと話に奥行きが出来たのに、このキャラも寸止めで役割を終わらせたのは非常に勿体ない気がしました。
やっぱし鶴田監督は心霊系で力を発揮するタイプの方なんでしょうかね。
けど『POV』の不評レビューを読む限り・・・。

ちなみに特典映像・・・なんですか、アレ?
普通、撮影風景等の舞台裏を期待して観たのに、エンドクレジットの遣い回しですかぁ?
本編のデジャブオチとのWパンチで余計にガックリきました。

さて、いよいよ真夏の蒸し暑い熱帯夜を涼ましてくれそうな、TBS系の深夜ドラマ『悪霊病棟』が始まりますが、鶴田監督お得意の心霊系ですので是非その手腕を思う存分振るってもらいたいものです。
脚本には鈴木謙一までクレジットされてるもんですから、期待は膨らむばかりです。

このレビューは気に入りましたか? 11人の会員が気に入ったと投稿しています

やっぱりつまらなかった

投稿日:2012/06/30 レビュアー:みなみ

鶴田監督作品「POV 〜呪われたフィルム〜」が面白くなかったので、いやな予感がしたんですが
やっぱりつまらなかったです

ある高校のクラスで、携帯メールを使った「王様ゲーム」が始まる。
王様の命令をきかなかった人は、消されるという…。

この「消される」シーンがどうもね。映像にしても怖くないですね。
ありえないことも見せ方によっては怖くなるのかもしれないけど
棒読み調セリフとゲーム画面のようなあっさり演出なので
全然怖くなかったですね。

ヒロインの家のシーンから何となくオチの予想はついたけど
そこはひねってありましたね。でも衝撃はなく「そーなんだ」でおしまいですけど。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

在庫枚数15枚だけど『ゾンビデオ』をおススメします!

投稿日:2014/03/18 レビュアー:伝衛門

イントロに何も記載されていない作品に手を出すのは勇気がいるもの?

タイトルに”山田悠介”臭(!)を感じたものの原作の存在を知らなかったこと、
ハロプロアイドル”℃-ute”と”Berryz工房”のメンバーが総出演というで、
駄作の予感がしたとしても、観ないわけにいかなかったのか。。。(*^.^*)

まぁ、主演の熊井友理奈さんの存在を知ったことが大きな成果なのでしょう。(*⌒∇⌒*)
おっきいなぁ〜!かわいいなぁ〜!
(『ゴメンナサイ』m(__)m 、ももち以外のメンバー及び”Berryz工房”というグループをよく知らなかったんですよね)

”足かけ3年・62週連続上映の大ヒット作品”
”TSUTAYAホラー映画DVD年間レンタルランキング第6位”
という評判に惑わされそうになりましたが、レイティング縛り無しの作品ですのでホラー映画としての期待は持たない方が良いのでしょう。

何の脈絡も無く、王様がクラス全員の携帯電話に王様ゲームの開催を宣言し、
王様の命令に背いた者の存在を抹消していくというストーリーなのですが、
クラスメイトのキャラ描写が不十分な為、もともとの存在感が薄く抹消されても何の感情も湧きません。
唯一、クラスメイトがどんどん減っていこうと何の違和感も抱かず授業を行おうとする元モー娘。メンバーの姿に年月を感じたかも?(*^.^*)

アイドル映画と捉えれば可もなく不可もなくという評価になりそうなところですが、
特典映像に原作者の想いが詰め込まれており、思わずイラッ!(  ̄_ ̄)

そこは、アイドル達のNG集でしょう!

同じアイドルホラー作品では、『ゾンビデオ』>『ゴメンナサイ』>『王様ゲーム』の評価ですね。
本作品は、私のお気に入り・矢島舞美さんを見つけるのに苦労したなぁ〜(・・。)ゞ

このレビューは気に入りましたか? 6人の会員が気に入ったと投稿しています

神様ゲーム

投稿日:2012/06/14 レビュアー:裸足のラヴァース

う〜ん鶴田法男どうしたのだろう 映画の画面ではこれはないだろう ラリー・ピアス「ある戦慄」と同じ構造の映画なので それを見て反省してほしいね これではなかば映画演出を放棄してるのとおんなじだ
だからだらだらだらだら お話がちっとも面白くならないのだが 僕朕ご贔屓のブオノの三人が出ているので なんとか早送りで付き合っているのだが 付き合いきれぬなあ

それにしてもさっぱりレヴューがないのは何故かしら 思うに終わりまで見ると意外にも 携帯で小説を読んでいる中高生諸君にはちと難しい内容なのだろうか

唐突に発令される王の命令 携帯画面への登場 携帯小説のお気軽さが説明を排してしまう これはいいんだね 王様とは何者なのか 教室とゆう限定空間で人心は操作され人間が消滅してしまう

ネタバレになるといけないが この映画では王はマクガフィンであり 「ある戦慄」の二人の役割と同じである 超越的な王様を介して教室の人間ドラマが展開されるのだ
そして この魅力的と言えなくもない物語設定の演出設計に鶴田法男はことごとく失敗している 映画と言えそうなのは ラストに新入生が紹介されるとカメラが教室の外の
廊下の壁を映しながら横移動して後ろの入り口から教室に入り 新入生がある人物と遭遇するシーンくらいか

一種の運命論でもあるのだろうか ひとりの少女の翻弄される運命に 王様捜しは意味を失うだろう 死のゲームは終わりなきループを開始するのだ

ところで小説としては前にも書いているが 最近ようやく有名になってきた麻耶雄嵩君の「神様ゲーム」の方がニヒルで非情 こっちのほうが断然面白くかつ小説であるので再度お勧めするのじゃ

このレビューは気に入りましたか? 5人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全16件

王様ゲーム

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:16件

50点(凡作)

投稿日

2012/07/11

レビュアー

ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

「Berryz工房」と「℃-ute」 のメンバー総出演!
プチファンだから私は観れたけど、でなきゃ観れたもんぢゃねぇ・・^^

携帯に送られて来る指示に従わなければ罰(死)を与える!
といった王様ゲームにクラス全員が巻き込まれ1人ずつ死んで行く話。

子供だから仕方ないけど子供みたいなゲームば〜っかし・・
ほんでこのオチは嫌いなパターンでが〜っくし・・ しかも、ホラーちゃうし・・

まええやないのぉ〜 アイドル映画なんだからさぁ〜^^
君らの映画、また観たいので、頑張ってねん?^^

Oh summer game!

投稿日

2013/07/17

レビュアー

AVANZSUR

鑑賞後余りの微妙な感じから、原作ってどんな評価なのか気になりセルサイトで確認したところ・・・評価1ばっかしやんっ!!・・・・ゞ(_△_ )ゞ
原作も低評価なら本作の出来具合もさもありなん。
結局『リアル鬼ごっこ』とかと同様の現実感乏しいサスペンスタッチの学園ホラーって、画面の中で起こっている恐怖感をリアルに観客に伝わらせるのに不向きなんでしょうね。

本作も目の前でクラスメイトが存在を抹消されていくのに、他の生徒の絶望感が一切伝わって来ないし、王様ゲームから逃れる術を探し出すのが先か消されるのが先かの恐怖感や焦燥感も微塵も伝わって来ないため、観る方も誰にも共感も感情移入も出来ず、終始レンズ越しでの客観的視線でしか観れませんでした。

また、唯一思わせぶりな言動で同級生達を煙に巻くキーパーソン的な鈴木愛理をもっと上手く使いこなせば、もっと話に奥行きが出来たのに、このキャラも寸止めで役割を終わらせたのは非常に勿体ない気がしました。
やっぱし鶴田監督は心霊系で力を発揮するタイプの方なんでしょうかね。
けど『POV』の不評レビューを読む限り・・・。

ちなみに特典映像・・・なんですか、アレ?
普通、撮影風景等の舞台裏を期待して観たのに、エンドクレジットの遣い回しですかぁ?
本編のデジャブオチとのWパンチで余計にガックリきました。

さて、いよいよ真夏の蒸し暑い熱帯夜を涼ましてくれそうな、TBS系の深夜ドラマ『悪霊病棟』が始まりますが、鶴田監督お得意の心霊系ですので是非その手腕を思う存分振るってもらいたいものです。
脚本には鈴木謙一までクレジットされてるもんですから、期待は膨らむばかりです。

やっぱりつまらなかった

投稿日

2012/06/30

レビュアー

みなみ

鶴田監督作品「POV 〜呪われたフィルム〜」が面白くなかったので、いやな予感がしたんですが
やっぱりつまらなかったです

ある高校のクラスで、携帯メールを使った「王様ゲーム」が始まる。
王様の命令をきかなかった人は、消されるという…。

この「消される」シーンがどうもね。映像にしても怖くないですね。
ありえないことも見せ方によっては怖くなるのかもしれないけど
棒読み調セリフとゲーム画面のようなあっさり演出なので
全然怖くなかったですね。

ヒロインの家のシーンから何となくオチの予想はついたけど
そこはひねってありましたね。でも衝撃はなく「そーなんだ」でおしまいですけど。

在庫枚数15枚だけど『ゾンビデオ』をおススメします!

投稿日

2014/03/18

レビュアー

伝衛門

イントロに何も記載されていない作品に手を出すのは勇気がいるもの?

タイトルに”山田悠介”臭(!)を感じたものの原作の存在を知らなかったこと、
ハロプロアイドル”℃-ute”と”Berryz工房”のメンバーが総出演というで、
駄作の予感がしたとしても、観ないわけにいかなかったのか。。。(*^.^*)

まぁ、主演の熊井友理奈さんの存在を知ったことが大きな成果なのでしょう。(*⌒∇⌒*)
おっきいなぁ〜!かわいいなぁ〜!
(『ゴメンナサイ』m(__)m 、ももち以外のメンバー及び”Berryz工房”というグループをよく知らなかったんですよね)

”足かけ3年・62週連続上映の大ヒット作品”
”TSUTAYAホラー映画DVD年間レンタルランキング第6位”
という評判に惑わされそうになりましたが、レイティング縛り無しの作品ですのでホラー映画としての期待は持たない方が良いのでしょう。

何の脈絡も無く、王様がクラス全員の携帯電話に王様ゲームの開催を宣言し、
王様の命令に背いた者の存在を抹消していくというストーリーなのですが、
クラスメイトのキャラ描写が不十分な為、もともとの存在感が薄く抹消されても何の感情も湧きません。
唯一、クラスメイトがどんどん減っていこうと何の違和感も抱かず授業を行おうとする元モー娘。メンバーの姿に年月を感じたかも?(*^.^*)

アイドル映画と捉えれば可もなく不可もなくという評価になりそうなところですが、
特典映像に原作者の想いが詰め込まれており、思わずイラッ!(  ̄_ ̄)

そこは、アイドル達のNG集でしょう!

同じアイドルホラー作品では、『ゾンビデオ』>『ゴメンナサイ』>『王様ゲーム』の評価ですね。
本作品は、私のお気に入り・矢島舞美さんを見つけるのに苦労したなぁ〜(・・。)ゞ

神様ゲーム

投稿日

2012/06/14

レビュアー

裸足のラヴァース

う〜ん鶴田法男どうしたのだろう 映画の画面ではこれはないだろう ラリー・ピアス「ある戦慄」と同じ構造の映画なので それを見て反省してほしいね これではなかば映画演出を放棄してるのとおんなじだ
だからだらだらだらだら お話がちっとも面白くならないのだが 僕朕ご贔屓のブオノの三人が出ているので なんとか早送りで付き合っているのだが 付き合いきれぬなあ

それにしてもさっぱりレヴューがないのは何故かしら 思うに終わりまで見ると意外にも 携帯で小説を読んでいる中高生諸君にはちと難しい内容なのだろうか

唐突に発令される王の命令 携帯画面への登場 携帯小説のお気軽さが説明を排してしまう これはいいんだね 王様とは何者なのか 教室とゆう限定空間で人心は操作され人間が消滅してしまう

ネタバレになるといけないが この映画では王はマクガフィンであり 「ある戦慄」の二人の役割と同じである 超越的な王様を介して教室の人間ドラマが展開されるのだ
そして この魅力的と言えなくもない物語設定の演出設計に鶴田法男はことごとく失敗している 映画と言えそうなのは ラストに新入生が紹介されるとカメラが教室の外の
廊下の壁を映しながら横移動して後ろの入り口から教室に入り 新入生がある人物と遭遇するシーンくらいか

一種の運命論でもあるのだろうか ひとりの少女の翻弄される運命に 王様捜しは意味を失うだろう 死のゲームは終わりなきループを開始するのだ

ところで小説としては前にも書いているが 最近ようやく有名になってきた麻耶雄嵩君の「神様ゲーム」の方がニヒルで非情 こっちのほうが断然面白くかつ小説であるので再度お勧めするのじゃ

1〜 5件 / 全16件