ステキな金縛り

ステキな金縛りの画像・ジャケット写真
ステキな金縛り / 深津絵里
予告編を観る
  • 画質は本編映像とは異なります。
全体の平均評価点:
(5点満点)

156

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ステキな金縛り」 の解説・あらすじ・ストーリー

「ザ・マジックアワー」の三谷幸喜監督・脚本で贈る痛快コメディ。妻殺害容疑をかけられた男のアリバイをただ一人証明できるのは落ち武者の幽霊だけという奇想天外な裁判の行方を、実力派俳優陣の豪華共演でコミカルに綴る。主演は深津絵里、共演に西田敏行、中井貴一。失敗続きの若手弁護士エミは、資産家の妻を殺害した容疑で捕まった男の弁護を担当することに。そんなエミに対し、男はアリバイがあると主張する。事件の夜、山奥の旅館で金縛りに遭っていたというのだ。早速、旅館に確かめに向かったエミ。すると本当に金縛りに遭い、なんと落ち武者の幽霊・更科六兵衛に遭遇してしまう。そこでエミは、六兵衛に法廷での証言を依頼、こうして幽霊が証言に立つという前代未聞の裁判が始まるが…。

「ステキな金縛り」 の作品情報

製作年: 2010年
製作国: 日本

「ステキな金縛り」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ステキな金縛りの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
142分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TDV22154R 2012年05月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
583枚 21人 20人

【Blu-ray】ステキな金縛り(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
142分 日本語 1:リニアPCM/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
TBR22153R 2012年05月11日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
187枚 9人 4人

関連作品

ユーザーレビュー:156件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全156件

笑った笑った大笑い、そしてちょっぴりホロリ

投稿日:2012/03/21 レビュアー:飛べない魔女

今年の元日の日に観ました。
最高の初笑いを頂きました(^O^)/
お腹がよじれるほどに、涙が出るほどに大笑い。
劇場内は終始笑いの渦。
そして最後はちょっぴりほろりとさせられて、三谷ワールドを満喫させて頂きました。
芸達者な役者さんぞろいの中で、私には生瀬勝久さんのキャラが大受けだったのに、何故か↑出演者に名前が無いとは!

悲しいことも、悔しいことも、全部一層してくれるような大笑いを元旦からもらって、
誰もが清々しい気分で劇場を後にしたことでしょう。
私には全く長さは気になりませんでしたよ。
超お勧め作品です(*^皿^)

このレビューは気に入りましたか? はい 37人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

アイデアは面白い

投稿日:2012/05/25 レビュアー:ミルクチョコ

三流の女性弁護士が、事件の唯一の目撃である幽霊の落ち武者の協力を得て、殺人罪で起訴された男の無実を証明しようと奔走する様がコミカルに描かれていますが、法廷ものとして観るならば、ちょっと弱いですね。

ロジックを要求されるであろう裁判に、法廷で証言するのが、最も似つかわしくない落武者の幽霊という、このアイデアが面白いですね。
面白くて沢山笑わせてもらったけれど、大事なところが欠けているような気がします。
足りないのは、本来なら主軸になっているはずの殺人事件の顛末。このエピソードがあまりにもお粗末なような気がしました。
事件は落武者の幽霊中心に進んでいきます。
さらに落武者の無念を晴らす展開がおざなりだったのと雑なまとまりが気になりました
無念の死を遂げた六兵衛の話から、段々と人情劇になってしまったような気がします。 被害者と幽霊の思わぬシンクロに説得力があったのも確かです。

確かに、笑いもあって見せる作品には仕上がっていますが、幾つかのお笑いだけの為のシーンに、豪華なキャストを取り揃えて、勿体ないですね。
これ、いらないんじゃないの?みたいな場面も結構ありました。あそこで、間延びしてしまって、勿体ないです。 無理矢理出演者に役を作った様な感じもしなくもないです。
サービス過剰っていうか、もう少しシンプルでも良かったのでは?と思います。
ラストは、大団円へとなだれ込みます。やっぱりそう来ましたか?

このレビューは気に入りましたか? はい 24人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いつでも西田と、ここぞの中井

投稿日:2012/03/10 レビュアー:ビンス

安定して面白いです。
三谷ワールドが余すところなく全開出しっぱなし状態。
三谷ワールドを支えるお馴染みのメンバーが。
いつもいつも以上の働きをして。
新しいメンバーが。
それに負けじとインパクトを残しまくる。
相乗効果バンザイ。
三谷作品の新ヒロインの座を手にしたような深津さん。
透明感があってちょっとドジっていうお得意の役を見事に演じています。
でもって、西田さんですよ。
三谷作品、永遠の常駐許可を与えてください第一位の西田さんですよ。
ズルイですよ。
毎回ズルイぐらい面白いけど。
今回は最上級にズルイですよ。
何にもしなくったって面白い。
何にもしなくったって笑いとてる。
何にもしなくてもいいのに、何でもしちゃう。
そんな西田さんが。
落ち武者ですよ・・・・
死んでるんですよ・・・
幽霊ですよ・・・・
そんでもって、その落ち武者西田が、「常に」といっていいほど画面の中にいるんですよ。
その落ち武者が。
何にもしなくっても既に爆笑取れる落ち武者が。
あれもこれもと攻撃しかけてくるんですよ。
笑いナシ恐怖症という病気の方みたいに、常に攻撃してくるんですよ。
笑いすぎて疲れるほどです。

さらに、なんと。
中井さん。
まさかの中井さん。
それは観てのお楽しみ。
中井貴一さんのことあまり知らない人。
あまり好きじゃない人。
驚くことになるでしょう。
観終わった後。
心の中の「好きな人ランキング」「好感度ランキング」。
圏外から信じられないようなランクアップしてきます。
大好きになります。

すこ〜し長いけど。
長い分だけ西田さんに笑わせてもらうと思って・・・・・

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

面白いけど・・・長いなぁ〜ネタバレ

投稿日:2012/03/02 レビュアー:KASPAR

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ぜんぜんDVDでOK感がしてたんすけど、映画館でみんなの力を借りた方(笑い声)が楽しいかも?
っと思い直したので、「ステキな金縛り」を映画館で観てきました♪

うん、まぁ安定して面白いっすね!
傑作だ!とはいわないけど、なんてことないけど楽しいコメディ映画として、十分の品質にあるっすね〜♪

でまぁ、そういうコメディ映画(かるーく楽しむ映画)なので、ツッコミ入れるのは野暮なんすけど、
それでもツッコミたくなるのは、なんつっても、なんつっても時間が長すぎることが原因です←

場面場面は面白いし笑えるけど、違和感に引っ掛かる間(時間)があるせいで、鑑賞後になんか嫌な感じが残ってしまう・・・。
サービスのつもりのだらだら部分を省いて、90分程度にまとめてたら、この手の映画として秀作やと思うんやけどな〜

例えば、オープニングの寝坊エピソードとかいらんっすよね〜・・・。
ストーリー上でも全くの蛇足やし、しかも、主人公のキャラが「ただのバカ」に重心が傾きすぎてしまうっつーマイナス要因になってるし・・・
主人公は「一生懸命頑張ってるけど、自信が無くて報われない」キャラなんやから、せめてそういうエピソードになってないとダメっすよね?

まぁ、かるーく楽しむのには良い映画です♪
が、かるーくには、やっぱ長いよな〜・・・

個人的満足度 62点! オススメ度 70点!

このレビューは気に入りましたか? はい 15人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

愛の表現は人それぞれ

投稿日:2012/05/13 レビュアー:パープルローズ

KASPARさんが「映画館でみんなの力を借りた方が楽しい」と書いておられますが、まさにその通りだと思いました。
家でひとりで観ると、笑うとこなんか1,2箇所しかありませんでした。
映像的にもおもしろいところは全くないし、心惹かれるようなショットもない(深田恭子の胸の谷間くらいかな。ファミレスにあんな店員さんがいたら、目のやり場に困るね。)し、せりふを聞いてれば事足りるので、ついつい用事をしながら観てしまいました。
個人ではなく、観客を全体として盛り上げるのがうまい、三谷監督はまさに舞台の人なんだと、改めて思いました。

今年のアカデミー賞中継のホストとしてのコメントや、新聞に連載中のコラムなどで、共感することが多々あって、私の三谷さんへの高感度は上がっています。
「マジックアワー」のレビューに、「これが映画への愛なのか?」などと否定的なことを書いてしまいましたが、映画愛の表現の仕方は人それぞれだし、少なくとも彼が私よりもたくさんの映画を観ておられるのは間違いないので、その点は敬意を表したいと思います。

今回はフランク・キャプラの「スミス都へ行く」「素晴らしき哉、人生!」です。

このレビューは気に入りましたか? はい 11人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全156件

ステキな金縛り