ヘンゼルとグレーテル

ヘンゼルとグレーテルの画像・ジャケット写真
ヘンゼルとグレーテル / チョン・ジョンミョン
全体の平均評価点:
(5点満点)

12

  • DVD
ジャンル:

「ヘンゼルとグレーテル」 の解説・あらすじ・ストーリー

グリム童話をモチーフに描いたファンタジックホラー。山道を運転中に事故に遭い、車を捨てて森をさまようウンス。やがてひとりの少女に遭遇したウンスは、導かれるように森を進んでいくが…。主演は『シンデレラのお姉さん』のチョン・ジョンミョン。

「ヘンゼルとグレーテル」 の作品情報

製作年: 2007年
製作国: 韓国
原題: HANSEL AND GRETEL

「ヘンゼルとグレーテル」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ヘンゼルとグレーテルの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
116分 日本語 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/韓国語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
MX1288R 2012年05月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
12枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:12件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全12件

60点(微妙)ネタバレ

投稿日:2013/10/10 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

言う事を聞かない子供につきあうのは大変だが怒ってはイカン。面倒臭がらずに優しく接しよう^^

森で事故った主人公。夜中に目が覚め少女の手引きのまま家を訪ね一晩寝かせて貰った。
一宿一飯のお礼をして帰ろうとするも森から出られない。三日目も森を抜けられず。森が深いんだろうか?
囚われたかのように兄妹達と何日も家で過ごしてるうちに、これは何かがおかしい!とさすがに気づく。
でも兄妹らは不思議なパワーを持っているので逆らったら殺され兼ねない・・

さぁ〜主人公は魔法の森から出られたんでしょうか?または天国にいるのでしょうか?
と想像を掻き立てられる展開でギリギリ退屈はしない程度かな。
ファンタジーなのでグロ描写は無い。人形に変わり果てて死んだ人間の顔がキモい程度か。。。
どうせならファンタジーと見せかけてオカルトホラー全開にして欲しかった^^

「ヘンゼルとグレーテル」は無数に映画化されてるが、斬新なアイデアを持つ物は少ない。
作り易いから大量生産されてるんだろうし、本作もその類の中の1つに過ぎん。

子供を題材にしたダーク系ならば「パンズ・ラビリンス」「永遠のこどもたち」「デビルズ・バックボーン」が上位かな。

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

反撃する子供たちネタバレ

投稿日:2012/05/28 レビュアー:夜子

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ひどいよね、これ監督名端折られてるじゃん^^;TSUTAYAさんは時に残酷だなー。

監督は「南極日誌」のイム・ピルソン監督で、これが劇場用第2作だそうです。
興行収入的に振るわなかったという「南極日誌」のコメンタリーでは、役者さんたちにいじられまくっていたので不安でしたが、今作の特典映像の中の監督はお元気そうで、お国での評価も良さそうで安心しました。
しかしながらTSUTAYAさんに並ぶまで5年もかかるなんて日本での評価は相変わらずのようで^^;

森の道を走行中、妊娠を告げる彼女からの電話で動転し、事故って気を失った主人公ウンスは、深夜、一人の少女によって「楽しい子供たちの家」と表札がある古びた一軒家へと導かれる。
しかしその家は家具調度や壁紙に至るまで全て子供向けで、古いおもちゃとお菓子で埋め尽くされている奇妙な家だった。

4人家族の父親は穏やかで、母親は美しく優しそうだ。長男マンボクは涼しい目元が印象的な13歳の男の子、ウンスを救った長女ヨンヒは清楚で気遣いのある12歳の女の子、7歳の末っ子ジョンスンは甘えん坊の女の子だ。
けれど、彼らの様子はどこかぎこちなく、ことウンスが森から出る話になるとはぐらかされてしまうし、電話は故障しているので使えないという。

翌朝ウンスは、テーブルの上一杯に並べられた毒々しい色の菓子の朝食に面食らう。母親はたまたまこうしたというが、親たちは一切口にせず、子供らの振る舞いも奇妙でどうも落ち着かない。
早々に彼らに別れを告げたウンスは、森の出口を探すが見つからず、気がつくとまたその家に戻ってしまう。森を彷徨い疲れ果てた彼を、再び家族は暖かく出迎えるが・・・。

今作でも世界観は独特で、少女の登場シーンはさながら絵本のようだし、終わりのない鬱蒼とした森やいかにもヤバそうな「楽しい子供たちの家」の徹底的にこだわり抜かれ作りこまれたディティールも素晴らしかったです。

親に捨てられた兄妹が森で道に迷い、森の奥のお菓子の家の魔女に捕まるが、魔女を退治して幸福になるという原作が、時々頭をよぎるけれど、冒頭はスピルバーグの「トワイライトゾーン」の「子供の世界」に似た怖さがあって、鬱屈した”良い”親がいつ爆発するかとはらはらさせられます。

果たして誰が”魔女”なのか”かわいそうな子供”なのか、物語はどこへ向かうのか、最後の最後まで考えさせられますが、夢落ち、慈愛落ちでないことは確かだし、納得できる着地点だったととても満足しています。

主人公のウンス(チョン・ジョンミョン)は、向井理似の優しく気遣いのある好青年で、始終残してきた妊娠中の彼女と危篤の母親のことを思いながらも、子供たちにも思いやりのある態度を貫くのがかわいそうなくらい。
長男役のウン・ウォンジェは良かった頃の柳楽優弥をソフトにした感じで重責を一身に背負った感じが健気だし、長女役のシム・ウンギョンは近年日本には無い少女っぽさの中にどこか大人びた影があるし、末っ子のチン・ジヒは二人に守られつつもけして子役的ご優待を受けてない素の可愛さがあります。一ヶ所この背中〜!><と思わせられたシーンはしばらく忘れられなさそうです。

「南極日誌」大好きのアタシ的には、途中から登場するナゾの男に「南極日誌」で副隊長を演じたパク・ヒスンと、始めに登場する気が弱く人のよさそうな父親に人の良い食事係だったキム・ギョンイクが当たってるのも嬉しかったです。
また、重要な役どころの大人の女性2人も美しく充実した演技を見せてくれます。

前作で判り難さが相当問題になったのか、今作はかなり親切にフォローされてます。
しつこいようですが、黒童話好きならこの「お菓子の家」のディティールは要チェックですよ。うわこれ欲しい!と思わせられるアイテムが家中あふれかえってます。

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

哀しい子供達の家

投稿日:2012/07/16 レビュアー:きよまま

辛い過去と不思議な力を持った哀しい子供たち。

欲にまみれた大人達の犠牲になる子供たち。

そんな子供たちが暮らす森に迷い混んだ一人の優しい青年。

どうなるんだろう?

子供たちが怖い存在だと思って観ていた私はすっかり裏切られました。

ラストもよかったですね

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

残酷童話。。。

投稿日:2012/06/18 レビュアー:ステファニー

 チョン・ジョンミョン兵役前の映画と聞き、兵役中には日本で放映されるかと思いきや。。。。やっと今になってレンタルされるとは。。。チョン・ジョンミョンもうすでに戻ってきてるじゃん苦笑
 韓国で人気がなかったのかな??期待せずに見たけど、凄く話にのめり込みました!!!

 題名からして『ヘンゼルとグレーテル』ってグリム童話??有名な童話のタイトルつけているのでそっち系かな??と思ったけど、森の中に迷い込んだのは子供たちではなく、青年ウンス(チョン・ジョンミョン)
 母が危篤との知らせを聞いて急いで車で向かう最中、彼女からの妊娠したとの電話。。。動揺している途端 目の前に何かが避けようとして事故を起こしてしまう。。森の中で倒れこんだウンス。。。辺りは真っ暗になり道に迷ってしまう。。そこで出遭った少女に案内されて向かった場所は、何と大きな家!!!

 そこに住んでいる5人の家族。。。童話を織り交ぜた感じなので出てくるモノや置いてある物がメルヘンチックな感じ!!だけど、雰囲気はミステリアスで怖い部分も。。。

 不思議な3人の子供と顔が引きつっている両親。。。出されるものは色が派手なクッキーやお菓子。。。朝からこんな物が。。。早く帰りたいウンスだけど、なかなか外に出れなくなり何日もこの家に戻ってきてしまうウンス!!!

 そして、徐々に分かってくるこの家や家族の不思議な真実を。。。。

チョン・ジョンミョンのメイキングも入っていて、スタッフに餅を振舞ったり、スタッフの手伝いをしたりと働き者で真面目な彼が見れます!!インタビューでもこの作品の本を読み気に入ってオファー受けた事も話しています!!!

 最後になるほど怖いよりも悲しいストーリーになっています!!子役の演技が上手くて凄いです!!!
 

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

森の中から出ようとするが出れない主人公と奇妙でワケアリな子供たちネタバレ

投稿日:2012/05/23 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

ウンスは運転中に事故を起こしてしまう。そして、目覚めたのは森の中でフラフラと彷徨い、気がつくと少女が傍に立っていた。
誘われるまま付いて行くと大きな屋敷に案内された。門には”楽しい我が家”と言うネーミングボードが掛けられていてファミリーが出迎えてくれた。
両親と長男マンボク13才、ヨンヒ12才そしてジョンスン7才が紹介された。室内は可愛い家具や調度品、人形、ぬいぐるみが飾られまるで童話の世界の家です。
ウンスは、携帯が壊れたので電話を貸して欲しいと言うが壊れて使えないと言われる。その夜は取り合えず泊まることにした。
通された部屋には、所狭しとおもちゃやぬいぐるみが並んでいて独りでに動き出したりするので落ち着かなかった。
朝食は豪華と言うか、テーブルにはたくさんのお菓子が盛り付けられ並んでいた。両親はローソクに火を灯しただけでなぜか食べない。
とにかく妊娠中の妻の元に返らなくてはいけないウンスは、屋敷を出て森の中を歩き始める。鬱蒼と生い茂る木々の中、歩けど歩けど森の中から出れない。
薄暗くなり灯りを見つけたが、そこはなんとあの屋敷だった。2日目の朝、子供たちの泣き声で目覚める。両親が「留守をするので子供たちをお願いする」とメモを残し消えたのだ。
ウンスはとにかく家に帰りたいので、マンボクから森の地図を貰い森の中に入る。しかし、又道に迷ったうえに雪が降って来た。
そんな時、カップルに出会い道を聞くがやはり車の事故に遭ったらしく屋敷に案内するとマンボクが一緒だった。ウンスは雪の中を歩き出すが、結局また屋敷に戻った。
子供たちの奇妙な行動や言動がちょっと不思議だったが、次第に恐怖を感じるようになる。森から出た様子はないのに豪華な食事がテーブルに並ぶ。
念じれば願いは叶うと言うマンボク。彼は超能力を持っているようだ。コンセントが外れても映るテレビ。ウンスは冷蔵庫から洋服の切れ端が出ているので気になり開けてみる。
すると大きな肉の塊が・・・。確か父親が着ていたシャツ?!いったい子供たちは何者なのか・・・。あのカップルとも何かもめているようだが・・・。
ウンスはこの森から出ることが出来るのでしょうか。そして、あのカップルの行く末も気になりますが・・・。
ラストには悲しい物語がありました。ダーク・ファンタジーなので、そんなにグロいシーンなどはなかったように思います。見所は、3人の子役の演技でしょうか。良かったです!!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全12件

ヘンゼルとグレーテル

月額課金で借りる

都度課金で借りる