血戦 FATAL MOVE

血戦 FATAL MOVEの画像・ジャケット写真

血戦 FATAL MOVE / サモ・ハン(サモ・ハン・キンポー)

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

DVD

ジャンル :

「血戦 FATAL MOVE」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

香港の裏社会に生きる男たちの抗争を描くアクション。実弟のドンや用心棒・ティンらを従え悪事を働いていたロン。ある日、妻のソソが計画した麻薬取引が摘発されたことから、組織内に裏切り者がいることが分かり…。サモ・ハン主演。

「血戦 FATAL MOVE」 の作品情報

作品情報

製作年: 2008年
製作国: 香港
原題: 奪帥

「血戦 FATAL MOVE」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

デッドエンド 暗戦リターンズ

マーシャル・シティー〜超人大戦

ファースト・ミッション

南少林

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

ドニーの作品と比べるとライト感覚

投稿日:2012/06/24 レビュアー:払釣込足

最後まで飽きずに観れました。
ただし指は飛ぶ、腕は切り落とされ、脚はなくなってしまうわで血飛沫舞い上がるグロいシーン満載の作品が苦手な人にはちょっと酷かもしれませんね。

「SPL/狼よ静かに死ね」でマフィアのボスと刑事という役柄で対峙した二人が今回は兄弟という設定、またウー・ジンも引き続き共演しているのも面白い。

本作も武闘派組織のボス役にサモ・ハンがキャスティングされているんだけども風貌だけでは非情・暴力が吹き荒れる暗黒街の世界にはイマイチ不似合いかなぁと、
まだまだカンフーアクションの動きも十分出来る事だし、お天道様の下で真っ当な道を歩む情の深い役柄のほうが適していると思うんですが・・・。
ウー・ジンとのバトルを見せ場にしたいが為、あのような状況で師弟ならぬ親分・子分の間で有りながらもストーリーの流れから逸脱しているような
不自然というか取ってつけたような感じになっている。(この期に及んで「えっ?何でカンフー対決するの?」)
逆に刑事役から真反対の破滅的で残忍な弟役のサイモン・ヤムには違和感が全くなかったです。

兄弟の絆・裏切り、非情なまでの残虐性と主要人物が殺されてしまう等行き場のない閉塞感、暗黒街に生きる男達を描いた香港ノワール作品ではあるが
「SPL/狼よ静かに死ね」ほどヘビーで切なさが残る作品ではなかったと思います、それは物語の奥深さと命の重さの違いによるものなのかなと。


このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

キャラは◎ ネタバレ

投稿日:2018/08/12 レビュアー:

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

キャストだけでも見応えあり、キャラ付けも黒社会とギャップのある暖かみなどもあり、仲良さそうで良さげだったのですが、どうも全体的にダラダラで皆賢さ足りなくて、この一味は潰れても仕方ない感が残念でした。警察側は果てしなく地味だしなぁ。
ボスは部下に甘過ぎて自由にさせ過ぎだし(警察に捕まった部下を抹殺するのにあんなに人数いるか?とか)、嫁は自分の事しか考えてない上思い通りになった割には泣き叫んでるし。
唯一良かったのは最期のサモハンとウージンの対決シーン。セリフを鵜呑みにすると分かりづらいけど、あのシーンは警察に捕まるぐらいなら、敬愛するボスを殺すか殺されるかしたい(自分がまず死ぬだろう前提で)の意味合いは合っただろうなぁと読み取れました。が、何分ウージンがサモハンにどれだけ信頼おいてたのかも描かれてないし(削除シーンで描かれてたのでカットしない方が良かったのでは)そもそもサモハンが武術できる説明もないので唐突過ぎて付いてけない人も多いのかも。
そして警察の前に出たサモハンも捻りなく撃ち殺されて、もう少し派手に反撃して警察にダメージ与えてから死んでも良かったのかなと思います。もう、二歩三歩前に出て欲しい。
あと予算が少ないのは仕方ないけど画面が暗くて色々見えない。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

さすが

投稿日:2013/10/16 レビュアー:アズ

ウージンとサモハンの対決はさすがです。
見てて息を飲むほど引き込まれました。
全体的な内容としては……うーん、新鮮さは足りなかったような……。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

★どこまでも不毛でどこまでも哀しい戦い…

投稿日:2012/10/27 レビュアー:ザ★ウォーカー

極道の極道に至るまでの道程と、終焉を描いているので、当然ラストもそうだろうという感じだったし
過去の同主題作品と同様「世代交代が延々と続くだけの不毛で哀しい仁義なき戦いの連鎖…」の流れは大きく違わない…

ただ…サモハンが、もはや香港映画界で「レジェンド的存在」なんだなと、つくづく感じさせてくれる作品だった…
この体型で、その年齢で、あの動きは…年を追うごとに色んな意味で、やっぱスゲェと思う♪

その前髪、邪魔だろう?とか、何故ここで、決定戦を始めるんだ?とか…
何だか、予想外の妙な展開もあったり、アクションも超劇画タッチで、個人的には最後まで面白く見れた♪



このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

ここだけが

投稿日:2012/07/06 レビュアー:いぷちょん

動画で洪金宝と呉京のアクションを見つけて、どんな作品なのか見てみたかった。
マフィアの対立の話かと思いきや、実は・・・というお話しですが、ストーリーや人物設定に目新しさはあまり感じられませんでした。
でも、キャストがとても気に入りました。すてきな面々がズラリ。

お目当てのアクションシーンだけが満足いくものでした。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

血戦 FATAL MOVE

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

ドニーの作品と比べるとライト感覚

投稿日

2012/06/24

レビュアー

払釣込足

最後まで飽きずに観れました。
ただし指は飛ぶ、腕は切り落とされ、脚はなくなってしまうわで血飛沫舞い上がるグロいシーン満載の作品が苦手な人にはちょっと酷かもしれませんね。

「SPL/狼よ静かに死ね」でマフィアのボスと刑事という役柄で対峙した二人が今回は兄弟という設定、またウー・ジンも引き続き共演しているのも面白い。

本作も武闘派組織のボス役にサモ・ハンがキャスティングされているんだけども風貌だけでは非情・暴力が吹き荒れる暗黒街の世界にはイマイチ不似合いかなぁと、
まだまだカンフーアクションの動きも十分出来る事だし、お天道様の下で真っ当な道を歩む情の深い役柄のほうが適していると思うんですが・・・。
ウー・ジンとのバトルを見せ場にしたいが為、あのような状況で師弟ならぬ親分・子分の間で有りながらもストーリーの流れから逸脱しているような
不自然というか取ってつけたような感じになっている。(この期に及んで「えっ?何でカンフー対決するの?」)
逆に刑事役から真反対の破滅的で残忍な弟役のサイモン・ヤムには違和感が全くなかったです。

兄弟の絆・裏切り、非情なまでの残虐性と主要人物が殺されてしまう等行き場のない閉塞感、暗黒街に生きる男達を描いた香港ノワール作品ではあるが
「SPL/狼よ静かに死ね」ほどヘビーで切なさが残る作品ではなかったと思います、それは物語の奥深さと命の重さの違いによるものなのかなと。


キャラは◎

投稿日

2018/08/12

レビュアー

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

キャストだけでも見応えあり、キャラ付けも黒社会とギャップのある暖かみなどもあり、仲良さそうで良さげだったのですが、どうも全体的にダラダラで皆賢さ足りなくて、この一味は潰れても仕方ない感が残念でした。警察側は果てしなく地味だしなぁ。
ボスは部下に甘過ぎて自由にさせ過ぎだし(警察に捕まった部下を抹殺するのにあんなに人数いるか?とか)、嫁は自分の事しか考えてない上思い通りになった割には泣き叫んでるし。
唯一良かったのは最期のサモハンとウージンの対決シーン。セリフを鵜呑みにすると分かりづらいけど、あのシーンは警察に捕まるぐらいなら、敬愛するボスを殺すか殺されるかしたい(自分がまず死ぬだろう前提で)の意味合いは合っただろうなぁと読み取れました。が、何分ウージンがサモハンにどれだけ信頼おいてたのかも描かれてないし(削除シーンで描かれてたのでカットしない方が良かったのでは)そもそもサモハンが武術できる説明もないので唐突過ぎて付いてけない人も多いのかも。
そして警察の前に出たサモハンも捻りなく撃ち殺されて、もう少し派手に反撃して警察にダメージ与えてから死んでも良かったのかなと思います。もう、二歩三歩前に出て欲しい。
あと予算が少ないのは仕方ないけど画面が暗くて色々見えない。

さすが

投稿日

2013/10/16

レビュアー

アズ

ウージンとサモハンの対決はさすがです。
見てて息を飲むほど引き込まれました。
全体的な内容としては……うーん、新鮮さは足りなかったような……。

★どこまでも不毛でどこまでも哀しい戦い…

投稿日

2012/10/27

レビュアー

ザ★ウォーカー

極道の極道に至るまでの道程と、終焉を描いているので、当然ラストもそうだろうという感じだったし
過去の同主題作品と同様「世代交代が延々と続くだけの不毛で哀しい仁義なき戦いの連鎖…」の流れは大きく違わない…

ただ…サモハンが、もはや香港映画界で「レジェンド的存在」なんだなと、つくづく感じさせてくれる作品だった…
この体型で、その年齢で、あの動きは…年を追うごとに色んな意味で、やっぱスゲェと思う♪

その前髪、邪魔だろう?とか、何故ここで、決定戦を始めるんだ?とか…
何だか、予想外の妙な展開もあったり、アクションも超劇画タッチで、個人的には最後まで面白く見れた♪



ここだけが

投稿日

2012/07/06

レビュアー

いぷちょん

動画で洪金宝と呉京のアクションを見つけて、どんな作品なのか見てみたかった。
マフィアの対立の話かと思いきや、実は・・・というお話しですが、ストーリーや人物設定に目新しさはあまり感じられませんでした。
でも、キャストがとても気に入りました。すてきな面々がズラリ。

お目当てのアクションシーンだけが満足いくものでした。

1〜 5件 / 全5件