1. DVDレンタルTOP
  2. すべてのジャンル
  3. アニメのDVDレンタル
  4. オリジナルアニメのDVDレンタル
  5. GOSICK−ゴシック−

GOSICK−ゴシック−

GOSICK−ゴシック−の画像・ジャケット写真

GOSICK−ゴシック− / 江口拓也

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

予告編を検索

DVD

旧作

「GOSICK−ゴシック−」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

旧作

解説・ストーリー

桜庭一樹の人気小説をTVアニメ化した本格ミステリー第12巻。世界大戦の嵐が吹き荒れ始める中、戦争を望むブロワ侯爵はヴィクトリカを利用し、国王や民衆を操り動かしていく。第23話「灰染めのチェスにチェックメイトを告げる」と最終第24話を収録。

「GOSICK−ゴシック−」 の作品情報

作品情報

製作年:

2011年

製作国:

日本

「GOSICK−ゴシック−」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャスト・スタッフ

監督:

難波日登志

製作総指揮:

安田猛

出演:

江口拓也木内秀信鹿野優以沢城みゆき

関連作品

関連作品

図書館戦争

ピーチガール

君に届け 1ST SEASON

うちのタマ知りませんか? オリジナルシリーズ

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

美少女ホームズ

投稿日:2011/04/19 レビュアー:さっちゃん

 最近、すっかり深夜アニメのレヴューにも馴染んでしまいました(笑)。さて、本作はタイトルからてっきり怪奇物かと思っていましたら、見事にはぐらかされてミステリーでありました。
 主人公はヨーロッパの架空の王国、ソヴュールの聖マルグリット学園の塔の上の図書館に棲んでいる(?)美少女ヴィクトリカ、数々の犯罪を、状況を聞くだけで解明してしまう驚異的な頭脳の持ち主だが、その出自は謎に包まれている。彼女を偶然、見つけて友達(それとも下僕)になるのが日本人久城一弥、第1次大戦が終了して6年後、連合国に加わっていた日本からの留学生である。彼らが毎回、不思議な事件に巻き込まれ、ヴィクトリカの推理で犯人を暴くというのが基本的な設定ですが、彼女が考え事をするときに白磁(だと思います。)のパイプを咥える仕草といい、久城少年を引っ張り回して煙に巻き、最後に鮮やかに謎を解く手際といい、何かを思い出しませんか、そうです。ホームズとワトソンの関係にそっくりだと思いませんか。
 ミステリーだし、多分、推理小説の始祖に対するオマージュと見るのが妥当でしょう。もっともホームズとワトソンが男同士なのに対して本作のコンビは男女で、ヴィクトリカが萌〜の美少女なので、その関係も友情というよりは六分の悪口と四分の友情と恋愛のアマルガムといった、些か複雑な感情の混じり合ったものになってはいますが。あと「カオスの欠片」とか決め台詞も名探偵の特徴ですね(例えばポアロの「灰色の脳細胞」とか)
 タイトルの『GOSIC』というのは多分、彼女の衣装がいまどきのゴスロリに近いことと物語の背景にゴシックロマンのような闇の匂いがつきまとっていることからかと思います。実は、まだ録画したものの途中までしか見終わっていないし、原作も読んでいないので、これからヴィクトリカの出自の謎が判るかなぁというところで立ち止まっている状態なのです。
 先にヴィクトリカの衣装のことを書きましたが、時代背景が1924年ということで、男女を問わず衣装が優美であります。服飾に興味がある人は楽しいんじゃないかな。ヴィクトリカの衣装も黒を基調にしたもので、白い顔と金髪が映えます。併せて彼女が甘いものが大好きで、怒るとほっぺたを桜色に染めて膨らませるのも可愛らしい。それでいて久城少年には辛辣なことを平気で言うし、暴君のような態度も、その見かけとのギャップが大きいだけに魅力になっています。それだけにイントロダクションの出演者に悠木碧の名前がないのは大きな手抜かりではないでしょうか。
 物語が進むに連れて、戦間期の平和なヨーロッパの風景の裏で蠢く戦争の影も見えてきて、ヴィクトリカと久城少年がこれからどういう運命に流されていくのか興味の尽きない作品です。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

76pts. 【主演】悠木碧 ネタバレ

投稿日:2012/03/12 レビュアー:ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

話としては、完全に創作で、
ファンタジーというか、実際には、ない国名で、
話は進んでいくが、
第一次世界大戦と第2次世界大戦の間を模擬したような、
そんな時代い、日本から、ヨーロッパの地中海沿いっぽい
ところにある、ソヴュールという国に留学している久城一弥。
そこで、図書館の最上階にある庭園にこもっている、
金髪で青い目の娘と出会う。

その娘、ビクトリカは、
灰色狼と呼ばれる種族の村の出身だが、
母が殺人犯として、この村を追放された人で、
しかし、その種族の持つ才能を得るため、
ブロワ公爵という人が、その母親コーデリカに生ませた子供。

で、そのビクトリカも、優秀な頭脳を持っていて、
警察である腹違いの兄が持ってくる未解決事件を、
情報だけで解いていくという、
ま、基本的には、事件解決物のストーリー。

よくある、全体として、ビクトリカの出生にも関わる話と、
王妃殺害の物語とともに、
細かい話を織りまぜていくような、そういう物語。

根本的には、オカルト的というか、
非科学的なことが、ある程度、信じられていて、
ま、そういう力はなくはないという設定だが、
事件は、ビクトリカの力で、科学的に解決していくという、
側面を持つ。

そこそこ、登場人物は、魅力的で、
こういう、幼女系のしっかり者的な設定の演技は
結構、お手のものな、悠木碧が主演。

話も、そこそこ面白く、
演技も、そういう感じで安定感はあるので、
落ち着いて、見て入れる、
安定して合格レベルにある作品と言えると思う。

このレビューは気に入りましたか? 7人の会員が気に入ったと投稿しています

ノベルから入りました。アニメだけの人は、是非原作を。

投稿日:2012/06/16 レビュアー:レイシェルンパノ

アニメ化したものを全部観ても、違和感は覚えなかったです。

ノベルから入り、それがアニメ化されると「このキャラ、思っていたのと違う」と感じる配役があります。

まぁ、アニメは全年齢向けなので、多少の設定は変更してたりもしますが、許容範囲ではないかと。

それにしても、美少女探偵(?)「ヴィクトリカ」に対し、ブサクサ文句を言いながらも世話なり仲良くする「久城一弥」の献身っぷりがツボにはまる……。

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

シャーロックホームズ少女版?

投稿日:2012/04/13 レビュアー:BEEFジャーキー

*****全24話みての感想*****
日本から留学してきた九城は、ある日、不思議な少女ヴィクトリカと出会う。
ここから彼は、様々な事件に関わっていくハメになる……
…というストーリー。

事件のナゾを解くのはヴィクトリカ、九城は振り回されてばかり(笑)
まるで、ホームズとワトソンみたいな2人♪
和めて、時にシリアスで……
なかなか楽しめるアニメでした♪♪

基本2,3話で、話の区切りがあるのも、見やすくていい感じ♪

前半は、様々な事件のナゾ解き…
そして、後半は、ヴィクトリカ自身の運命へと展開していきます。
他人の事件から、自らの物語へ……。
終盤は、和みのムードが消え、ほぼシリアスな雰囲気でした。


とにかく、ヴィクトリカが可愛かったです♪
いじっぱりで、えばりんぼさんで、お菓子が大好きなヴィクトリカ♪
衣装はフリフリで、お人形さんみたい♪♪

キャラも魅力的だし、ストーリーも個性的…
だけど、心に残るアニメかというと……
………ビミョー…… (^ ^;)
無難に楽しめるアニメ?

このレビューは気に入りましたか? 4人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

GOSICK−ゴシック−

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

美少女ホームズ

投稿日

2011/04/19

レビュアー

さっちゃん

 最近、すっかり深夜アニメのレヴューにも馴染んでしまいました(笑)。さて、本作はタイトルからてっきり怪奇物かと思っていましたら、見事にはぐらかされてミステリーでありました。
 主人公はヨーロッパの架空の王国、ソヴュールの聖マルグリット学園の塔の上の図書館に棲んでいる(?)美少女ヴィクトリカ、数々の犯罪を、状況を聞くだけで解明してしまう驚異的な頭脳の持ち主だが、その出自は謎に包まれている。彼女を偶然、見つけて友達(それとも下僕)になるのが日本人久城一弥、第1次大戦が終了して6年後、連合国に加わっていた日本からの留学生である。彼らが毎回、不思議な事件に巻き込まれ、ヴィクトリカの推理で犯人を暴くというのが基本的な設定ですが、彼女が考え事をするときに白磁(だと思います。)のパイプを咥える仕草といい、久城少年を引っ張り回して煙に巻き、最後に鮮やかに謎を解く手際といい、何かを思い出しませんか、そうです。ホームズとワトソンの関係にそっくりだと思いませんか。
 ミステリーだし、多分、推理小説の始祖に対するオマージュと見るのが妥当でしょう。もっともホームズとワトソンが男同士なのに対して本作のコンビは男女で、ヴィクトリカが萌〜の美少女なので、その関係も友情というよりは六分の悪口と四分の友情と恋愛のアマルガムといった、些か複雑な感情の混じり合ったものになってはいますが。あと「カオスの欠片」とか決め台詞も名探偵の特徴ですね(例えばポアロの「灰色の脳細胞」とか)
 タイトルの『GOSIC』というのは多分、彼女の衣装がいまどきのゴスロリに近いことと物語の背景にゴシックロマンのような闇の匂いがつきまとっていることからかと思います。実は、まだ録画したものの途中までしか見終わっていないし、原作も読んでいないので、これからヴィクトリカの出自の謎が判るかなぁというところで立ち止まっている状態なのです。
 先にヴィクトリカの衣装のことを書きましたが、時代背景が1924年ということで、男女を問わず衣装が優美であります。服飾に興味がある人は楽しいんじゃないかな。ヴィクトリカの衣装も黒を基調にしたもので、白い顔と金髪が映えます。併せて彼女が甘いものが大好きで、怒るとほっぺたを桜色に染めて膨らませるのも可愛らしい。それでいて久城少年には辛辣なことを平気で言うし、暴君のような態度も、その見かけとのギャップが大きいだけに魅力になっています。それだけにイントロダクションの出演者に悠木碧の名前がないのは大きな手抜かりではないでしょうか。
 物語が進むに連れて、戦間期の平和なヨーロッパの風景の裏で蠢く戦争の影も見えてきて、ヴィクトリカと久城少年がこれからどういう運命に流されていくのか興味の尽きない作品です。

76pts. 【主演】悠木碧

投稿日

2012/03/12

レビュアー

ヴィル

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

話としては、完全に創作で、
ファンタジーというか、実際には、ない国名で、
話は進んでいくが、
第一次世界大戦と第2次世界大戦の間を模擬したような、
そんな時代い、日本から、ヨーロッパの地中海沿いっぽい
ところにある、ソヴュールという国に留学している久城一弥。
そこで、図書館の最上階にある庭園にこもっている、
金髪で青い目の娘と出会う。

その娘、ビクトリカは、
灰色狼と呼ばれる種族の村の出身だが、
母が殺人犯として、この村を追放された人で、
しかし、その種族の持つ才能を得るため、
ブロワ公爵という人が、その母親コーデリカに生ませた子供。

で、そのビクトリカも、優秀な頭脳を持っていて、
警察である腹違いの兄が持ってくる未解決事件を、
情報だけで解いていくという、
ま、基本的には、事件解決物のストーリー。

よくある、全体として、ビクトリカの出生にも関わる話と、
王妃殺害の物語とともに、
細かい話を織りまぜていくような、そういう物語。

根本的には、オカルト的というか、
非科学的なことが、ある程度、信じられていて、
ま、そういう力はなくはないという設定だが、
事件は、ビクトリカの力で、科学的に解決していくという、
側面を持つ。

そこそこ、登場人物は、魅力的で、
こういう、幼女系のしっかり者的な設定の演技は
結構、お手のものな、悠木碧が主演。

話も、そこそこ面白く、
演技も、そういう感じで安定感はあるので、
落ち着いて、見て入れる、
安定して合格レベルにある作品と言えると思う。

ノベルから入りました。アニメだけの人は、是非原作を。

投稿日

2012/06/16

レビュアー

レイシェルンパノ

アニメ化したものを全部観ても、違和感は覚えなかったです。

ノベルから入り、それがアニメ化されると「このキャラ、思っていたのと違う」と感じる配役があります。

まぁ、アニメは全年齢向けなので、多少の設定は変更してたりもしますが、許容範囲ではないかと。

それにしても、美少女探偵(?)「ヴィクトリカ」に対し、ブサクサ文句を言いながらも世話なり仲良くする「久城一弥」の献身っぷりがツボにはまる……。

シャーロックホームズ少女版?

投稿日

2012/04/13

レビュアー

BEEFジャーキー

*****全24話みての感想*****
日本から留学してきた九城は、ある日、不思議な少女ヴィクトリカと出会う。
ここから彼は、様々な事件に関わっていくハメになる……
…というストーリー。

事件のナゾを解くのはヴィクトリカ、九城は振り回されてばかり(笑)
まるで、ホームズとワトソンみたいな2人♪
和めて、時にシリアスで……
なかなか楽しめるアニメでした♪♪

基本2,3話で、話の区切りがあるのも、見やすくていい感じ♪

前半は、様々な事件のナゾ解き…
そして、後半は、ヴィクトリカ自身の運命へと展開していきます。
他人の事件から、自らの物語へ……。
終盤は、和みのムードが消え、ほぼシリアスな雰囲気でした。


とにかく、ヴィクトリカが可愛かったです♪
いじっぱりで、えばりんぼさんで、お菓子が大好きなヴィクトリカ♪
衣装はフリフリで、お人形さんみたい♪♪

キャラも魅力的だし、ストーリーも個性的…
だけど、心に残るアニメかというと……
………ビミョー…… (^ ^;)
無難に楽しめるアニメ?

1〜 4件 / 全4件