プレタポルテ

プレタポルテの画像・ジャケット写真

プレタポルテ / ジュリア・ロバーツ

全体の平均評価点:(5点満点)

3

全体の平均評価点:

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

ジャンル :

「プレタポルテ」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

Blu-ray

TSUTAYA TV

動画ポイント利用可

解説・ストーリー

鬼才R・アルトマンが撮った、パリ・コレクションに纏わる人間模様を描いた内幕もの。パリのプレタポルテ協会の会長オリヴィエは、ある日郵便で派手なネクタイを受け取る。そこには、それを身に着けて出掛けてほしいというメモが一緒に添えられていた。一方、空港ではショーに関わる有名無名の様々な人々が次々と降り立ち賑わいを見せていた。そんな中、空港にやって来たオリヴィエは、自分と同じ柄のネクタイをしているセルゲイと出会う……。

「プレタポルテ」 の作品情報

作品情報

製作年: 1994年
製作国: アメリカ
原題: PRET A PORTER/READY TO WEAR

「プレタポルテ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

フック

ロバート・アルトマン ハリウッドに最も嫌われ、そして愛された男

ミシェル・ヴァイヨン

セルラー

ユーザーレビュー:3件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 3件 / 全3件

ファッション好きには観て欲しいですが・・

投稿日:2013/04/10 レビュアー:ricoppin

メインの俳優陣に加えてナオミ・キャンベルやアヌーク・エーメ、ゴルチエやラクロワやモンタナ等、ファッションデザイナー本人の出演もあって豪華すぎるくらい豪華。だけど内容は実に大したことのない、ただの”寄せ集め”的な作品になっているのが残念。
 それ以上に残念なのが、”ファッションは時代と共に色褪せる”という事実。つまり一度映像化してしまったばっかりに20年近く経ってしまった今みると本当に”ひと昔前”の話で、パリコレも何も全然新しく見えない。ドキュメンタリータッチならばそんな事にはならなかっただろうが・・・ モンタナやISSEY MIYAKE、ソニア・リキエル等80〜90年代に大人気だったデザイナーだけれど、今やひっそりとしてしまっている。ファッション界を知ってるだけに、デザイナーの名前を聞いただけで”あぁ○○年代、それ古いね”となってしまうから特に・・。

それから20年経った今、ジル・サンダーやフィービー・ファイロ(クロエ)、ステラ・マッカートニー、ミウッチャ・プラダ等時代は”女性デザイナー”の時代です。アレクサンダー・マックイーンは自殺してしまったし、ゴルチエ崇拝者もいたほど人気があった90年代も去り、今はマーク・ジェイコブスにクリストファー・ケインやアレキサンダー・ワンなど若手がどんどん出てきています。見ていて非常にイタかったですね。 ファッション系ならアメリカVOGUE編集長アナ・ウィンターがドキュメンタリーで描いた”ファッションが教えてくれること”、や”プラダを着た悪魔”、あとはARMANI等もドキュメンタリーを出しているので、こっちの方が断然勉強になります。 

このレビューは気に入りましたか? 2人の会員が気に入ったと投稿しています

映画としての完成度は低いと思うけど映像の美しさは素晴らしい!!

投稿日:2015/12/04 レビュアー:hiro

有名な俳優、女優が色々頑張ってるけど、そこはあまり面白くない。脚本が悪いのだろう。出演した方々にはお気の毒様。

ファッションのアンチテーゼとしての最後のファッションショーは本当に息を呑んだ。モデルってこんな凄いんだと感心した。
またエンドクレジットが流れる背景のファッションショーがとても印象に残る。
整然と歩くだけでなく、ダンスの要素などが取り込んであって、そこばかりを繰り返してみてしまった。男性二人が女性の「着付け?」をするパフォーマンスは楽しいし、あんなショーはもうないのかな?

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

7/10点

投稿日:2014/05/08 レビュアー:スパイクロッド

過去の作品と比べてやや毒は薄めでしたし、
話のまとまりもちょいと散漫なんですけど、
そのぶん軽い気持ちで楽しめるコメディ映画としては見事な仕上がりで、
出演者も含めた脱線ぎみの悪ふざけともいえるドタバタぶりが非常におもしろく、
華やかなファッションショーで繰り返されるウンコネタなんて大好きでしたし、
既定路線ではあるんですけれど、
パリコレの全否定ともとれるオチはさすがにアルトマン。

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 3件 / 全3件

プレタポルテ

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:3件

ファッション好きには観て欲しいですが・・

投稿日

2013/04/10

レビュアー

ricoppin

メインの俳優陣に加えてナオミ・キャンベルやアヌーク・エーメ、ゴルチエやラクロワやモンタナ等、ファッションデザイナー本人の出演もあって豪華すぎるくらい豪華。だけど内容は実に大したことのない、ただの”寄せ集め”的な作品になっているのが残念。
 それ以上に残念なのが、”ファッションは時代と共に色褪せる”という事実。つまり一度映像化してしまったばっかりに20年近く経ってしまった今みると本当に”ひと昔前”の話で、パリコレも何も全然新しく見えない。ドキュメンタリータッチならばそんな事にはならなかっただろうが・・・ モンタナやISSEY MIYAKE、ソニア・リキエル等80〜90年代に大人気だったデザイナーだけれど、今やひっそりとしてしまっている。ファッション界を知ってるだけに、デザイナーの名前を聞いただけで”あぁ○○年代、それ古いね”となってしまうから特に・・。

それから20年経った今、ジル・サンダーやフィービー・ファイロ(クロエ)、ステラ・マッカートニー、ミウッチャ・プラダ等時代は”女性デザイナー”の時代です。アレクサンダー・マックイーンは自殺してしまったし、ゴルチエ崇拝者もいたほど人気があった90年代も去り、今はマーク・ジェイコブスにクリストファー・ケインやアレキサンダー・ワンなど若手がどんどん出てきています。見ていて非常にイタかったですね。 ファッション系ならアメリカVOGUE編集長アナ・ウィンターがドキュメンタリーで描いた”ファッションが教えてくれること”、や”プラダを着た悪魔”、あとはARMANI等もドキュメンタリーを出しているので、こっちの方が断然勉強になります。 

映画としての完成度は低いと思うけど映像の美しさは素晴らしい!!

投稿日

2015/12/04

レビュアー

hiro

有名な俳優、女優が色々頑張ってるけど、そこはあまり面白くない。脚本が悪いのだろう。出演した方々にはお気の毒様。

ファッションのアンチテーゼとしての最後のファッションショーは本当に息を呑んだ。モデルってこんな凄いんだと感心した。
またエンドクレジットが流れる背景のファッションショーがとても印象に残る。
整然と歩くだけでなく、ダンスの要素などが取り込んであって、そこばかりを繰り返してみてしまった。男性二人が女性の「着付け?」をするパフォーマンスは楽しいし、あんなショーはもうないのかな?

7/10点

投稿日

2014/05/08

レビュアー

スパイクロッド

過去の作品と比べてやや毒は薄めでしたし、
話のまとまりもちょいと散漫なんですけど、
そのぶん軽い気持ちで楽しめるコメディ映画としては見事な仕上がりで、
出演者も含めた脱線ぎみの悪ふざけともいえるドタバタぶりが非常におもしろく、
華やかなファッションショーで繰り返されるウンコネタなんて大好きでしたし、
既定路線ではあるんですけれど、
パリコレの全否定ともとれるオチはさすがにアルトマン。

1〜 3件 / 全3件