ミッション:8ミニッツ

ミッション:8ミニッツの画像・ジャケット写真
ミッション:8ミニッツ / ジェイク・ギレンホール
  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
ジャンル:

「ミッション:8ミニッツ」 の解説・あらすじ・ストーリー

列車爆破事件の犯人を見つけるべく、特殊な装置で爆発8分前の乗客の意識に入り込み、事件の真相に迫っていく主人公の運命をスリリングに描くサスペンス・アクション。主演はジェイク・ギレンホール、共演にミシェル・モナハン。監督は「月に囚われた男」のダンカン・ジョーンズ。列車の中で目を覚ましたコルターは、見知らぬ女性から親しげに話しかけられ当惑する。ほどなく列車内で大爆発が起きる。再び意識を取り戻すと、そこは軍の研究室の中。彼が体験したのは、乗客全員が死亡した列車爆破事件直前8分間の世界だった。それは、軍の特殊プログラムによって死亡した乗客の意識に入り込み、列車内を捜索して犯人を特定しようとする極秘ミッションだったのだが…。

「ミッション:8ミニッツ」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: SOURCE CODE

「ミッション:8ミニッツ」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

ミッション:8ミニッツの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
94分 日 英 吹 1:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWDR2510 2012年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
103枚 4人 7人

【Blu-ray】ミッション:8ミニッツ(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
94分 日本語・英語・日本語吹替え用字幕 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語/(ロスレス)
2:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語/(ロスレス)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
VWBR1317 2012年03月21日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
65枚 3人 2人

関連作品

ユーザーレビュー:137件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全137件

「月に囚われた男」といい監督のセンスが光る

投稿日:2012/03/10 レビュアー:ミルクチョコ

「月に囚われた男」も良かったですが、この映画も良かったです。
シカゴで、乗客が全員死亡する列車爆破テロが発生。次のテロを防ぐために政府の極秘ミッションが行われます。
画期的なシステムが開発され、犠牲者の死の8分前の意識に入り込み、その人物になりすまして犯人を見つけ出すという作戦を与えられた元兵士のコルター(ジェイク・ギレンホール)

主人公同様、冒頭から、何が何だか分からないのに、ぐいぐい引き込まれました。動揺しているのもつかの間で、列車は大爆発と、スリリングに物語は展開していきます。一見SF、サスペンスな内容なのですが、ベースはヒューマンドラマなのがポイントだと思います。
8分間の繰り返し、又繰り返しで少しずつ物語が進んでいき、色々な伏線も気が利いていて興味がそそられます。

複雑な展開のストーリーを楽しむ映画で ありながら、本筋のところは、生きられなかった自分を生き直す映画でもあると思います。
主人公と父とのわだかまりを絡めて、過去に起こった出来事は変えられなくても、愛する家族へ思いを伝えることができたシーンや、芸人がジョークを言って盛り上がるシーンは素敵です。

手に汗握るスリリングな展開の後に訪れる、何ともいえない心温まるシーン。
そして、この切なさはどうしたことなのでしょう?見た後ずっと後を引きました。逆にSFという素材だからこそ、現世の切なさが印象付けられたのかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? はい 50人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

80点(秀作)ネタバレ

投稿日:2012/03/22 レビュアー:ホヨマックス

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

なるほど、オモロいねぇ^^

主人公が目を覚ますと狭いカプセルのような空間に閉じ込められていた。
乗客全員死亡と言う列車テロ爆発事件が発生したらしく
列車爆発8分前の時間帯にタイムトラベルみたいな感じで戻り犯人を捜し出す任務を課せられる。
さらなる第2次テロを事前防止する目的であったが
訳も分からず何度も何度も過去に「転送」されるうちに何と主人公は既に死んでいたと言う事実にも辿り着く・・

ダラダラせず過去滞在期間8分間のみと短かったから良かった。
同じ場所に何度も戻るので少々ウザかったが、新たな展開が期待できるので苦にはならぬ。
過去に戻るも顔は事件当時実在した他人の姿。

ってか、要は難しい話で「量子力学に基づく時間の再割り当て」らしく、タイムトラベルの話ではない。
なので「バック・トゥ・ザ・ヒューチャー」のように過去や未来を変える事は出来ない。
って言いながら結局は○○世界みたいになるので、もし続編を作ったら大失敗か大成功かの両極端になりそうな・・

何となく「エヴァ」の「シンクロ」ぽいけど、ちょっとしたエンタメムービーなので誰でも楽しめるよ^^

このレビューは気に入りましたか? はい 23人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

人生は一瞬一瞬の愛おしい瞬間の積み重ね。

投稿日:2012/02/02 レビュアー:KASPAR

アメリカでかなり話題になっていたダンカン・ジョーンズ監督の新作『ミッション:8ミニッツ』を観てきました♪
これは素晴しい!!!「月に囚われた男」も素晴しかったけど、これはちょっとレベルが違う!!!
もうデビッド・ボウイの息子とは呼ばないぞ!!!
素晴しい映画監督だ!2本目にして、50年後も名前が残る名監督になりやがった((φ(・д・。)

ということで、観てない人は、傑作なので観ましょう!以上!

オススメ度 84点! 満足度 85点!

後はコメント欄でネタバレレビュー♪

このレビューは気に入りましたか? はい 16人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

切ないサスペンス・アクションだねぇー(ネタバレあり)

投稿日:2012/04/24 レビュアー:エコエコアザラク

死後の脳には、直前8分間の記憶が残っているって設定なんですが、要するにドライブレコーダー
みたいなもんですね。交通事故処理に便利という代物(笑
でも本作のシステムは、機械の録画ではない。犠牲者の脳細胞からデータ化した最期の記憶。
その記憶の世界に何度もダイブさせられるスティーブン大尉。自ら志願してテロ犯探索任務
に就いたのかと思ってたら、どうやら違うようだ。大尉の身元やこれまでの経緯が明かされると
何とも非人道な軍事実験ではないか? と思ってしまったが、ここから切ないシナリオ展開
が始まります。勇猛な軍人として生きてきたスティーブンが、今までの人生を振り返る。
たとえ仮想の世界だとしても、その場にいた全ての人々を救いたい。父親との間に出来た溝を
埋めたい。そして・・・・と、ここでフィニッシュにしてくれたらスッキリしたのになぁ。
最期のオチ展開はどーなんでしょう。余計ややこしくなったような。
○私なりの解釈
あの画期的なシステムは、未知の力を発して本当の仮想世界を生み出してしまった。
または、スティーブンはすでに何度も任務をこなしていて、その度に人生をやり直している。
または、現実だと思っていたシーン自体が仮想世界なのかもしれない・・・
どっちにしても終盤のシーンのせいで、モヤモヤしちゃったのは確か(笑 でもオススメです♪

このレビューは気に入りましたか? はい 14人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

とにかく引き込まれる

投稿日:2012/04/08 レビュアー:みなみ

短編SF小説によくありそうなストーリーです。
目新しさはないし、何となく予想がつくけど、引き込まれました。
ドラマ面、人間をていねいに描いているからでしょうか。

列車の中でうたた寝から目を覚ます主人公(ジェイク・ギレンホール)。
このシーンがやけに美しい。
今まで見た美しいシーン・ベスト10内に入る位です。
目覚めて、わけがわからない状態になっている彼。いったい何が?!同じ立場になって、ぐっと引き込まれます。
状況は少しずつわかっていきます(無理はあるけど、そこはSFですから)

誰でも人生での重要ポイントというものがあると思うのですが
自分もふと「あの時こうしていたら…」と振り返ってしまいました。

感動したし、とてもすばらしかったのですが、あそこで終わった方がよかったな…と思うので、
☆4、5です。

ダンカン・ジョーンズ監督作品は、今後も注目です!

このレビューは気に入りましたか? はい 12人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全137件

ミッション:8ミニッツ