No.112 RANKING

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーの画像・ジャケット写真
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー / クリス・エヴァンス
全体の平均評価点:
(5点満点)

73

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • シリーズ
ジャンル:

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 の解説・あらすじ・ストーリー

世界最初のヒーロー“キャプテン・アメリカ”の活躍を描いたバトルアクション。極秘実験に志願して驚異の身体能力を得た青年・スティーブが、さまざまな試練に立ち向かい、ナチス科学部門のヒドラ党を率いる支配者、レッド・スカルに戦いを挑む。※一般告知解禁日:2011年12月23日

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 の作品情報

製作年: 2011年
製作国: アメリカ
原題: CAPTAIN AMERICA: THE FIRST AVENGER

「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャーの詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
124分 日 英 解 吹 1:ドルビーデジタル/ステレオ/英語
2:ドルビーデジタル/ステレオ/日本語
3:ドルビーデジタル/ステレオ/英(解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDSZ117968 2012年02月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
202枚 38人 28人

【Blu-ray】キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
124分 日本語・英語 1:DTS-HD Master Audio/7.1ch/英語
2:ドルビーデジタル/5.1chサラウンド/日本語
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PDBV117968 2012年02月24日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
113枚 25人 17人

関連作品

ユーザーレビュー:73件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全73件

アメコミヒーローの原点

投稿日:2012/02/16 レビュアー:ミルクチョコ

アメコミ・ヒーローの原点を描く「キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー」。今年夏公開の映画マーベルヒーロー大集合映画「アベンジャーズ」の壮大な予告編でもあるらしいですね。
普通の人間を特殊な血清で超人兵士に変身させる極秘実験、スーパーソルジャー計画。その被験者第1号となり、星条旗をまとったヒーロー誕生秘話を描いています。

ただ正義感が強いだけの肉体的に貧弱な青年が ドーピング実験で強靭な肉体を得てのヒーローなのですが、最近描かれる主人公は、何か欠点を抱えていて、それを克服しながら、ヒーローになっていくパターンが多いような気がします。
クリス・エヴァンスのビフォーとアフターはCGなのか、減量によるものなのか良く分かりませんが、「変身」ぶりが凄いです。

親友が所属する部隊がピンチになったと知ると、親友の為に立ち上がり、一躍大活躍する展開は、まさにアメコミヒーローですね。
仲間を大切にし、女性に奥手だったりと、キャラは結構古風なんですよ。
ヒーロー集結の活躍が観られるのは、とても楽しみですが、プロパガンダぶりが少々鼻につくのと、あまりにも単純明快すぎですよね。

このレビューは気に入りましたか? はい 17人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

「この惑星の住人はヒーロー作品をこよなく愛する」by・Boss

投稿日:2012/03/01 レビュアー:ホラーいいよネ〜

『マイティ・ソー』に続き、この『キャプテン・アメリカ』も今年公開予定の『アベンジャーズ』に繋がっていく作品内容。
いわゆる「キャプテン・アメリカ」のプロフィール作品として鑑賞しました。

時代背景が1947年と云う事で現代にどのようにしてこじつけ・・・いや、結びつけるのか!が作品のオチですけど、無難にまとめましたね。。
(冒頭のシーンで薄々感づいてましたがぁ)

・「この惑星の住人はこじつけるのがとても上手だ」by・Boss

キャプテン・アメリカの強さにも注目したのですが、なかなか優れものの盾を装備してますよ・・・コレは。。。
「ソー」と、どっちが強いか・・・是非『ほこ×たて』のTV番組で検証して欲しいですね。。。

・「この惑星の住人は異種格闘技をこよなく愛する」by・Boss

こうなるとやはり『アベンジャーズ』のヒーロー総出演作品にワクワク・ドキドキしちゃう訳で、まさに制作サイドの思うツボに嵌るのです。。

・「この惑星の住人は営業がとても上手だ」by・Boss

で・・・さっきから「Boss」って誰?と思っていると思いますが、この作品に【トミー・リー・ジョーンズ】がボス(大佐)役で出演されてましてぇ〜・・・どうもこの人を見ると、缶コーヒーのイメージとダブってしまうのですぅ。。(笑)

・「この惑星の住人はイメージを強く抱くようだ」by・Boss

『アベンジャーズ』を観る前に、予習作品として鑑賞して下さい。。。(ペコリ)

このレビューは気に入りましたか? はい 13人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

弱者がヒーローに

投稿日:2012/04/01 レビュアー:みなみ

弱者で華奢な男が薬でヒーローに…ですか。いろんなヒーローのパターンを思いつくものだなあ…
と思ったら、この人が初代のマーベル・ヒーローだったんですね。
「弱者は力の価値を知っている。憐みも」…確かにそうです。
初めから強い人よりも、人間的にヒーローにふさわしいような気がします。

風貌はアメリカ人らしくないのですが、ストーリーはいかにもアメリカ人が好きそうな展開。
盾を使ったアクションも面白いし、話がきれいにまとまり過ぎているような気もしたけど、普通に楽しめました。

夏公開の「アベンジャーズ」であのアイアンマンと、この真面目な人がどう絡むのかが楽しみです(^O^)

そうそう、主役はクリス・エヴァンスだったんですね。チャラ男っぽいイメージがあったんですが
今回は地味でマジメなのでびっくりしました。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

君はブルワーカーを知っているか

投稿日:2012/01/28 レビュアー:よふかし

 君は「ブルワーカー」を知っているか。レッドフォードの『ブルベイカー』ではない。70年代に毎週買っていた『少年ジャンプ』の巻末にあったP広告。海岸で女性たちに「ひ弱な坊や」と呼ばれてバカにされた少年が、トレーニング機械「ブルワーカー」を通信販売で手に入れ、ムキムキマッチョに変身。皆から一人前の男と認められるようになる――というのがマンガ形式で載っていた(「日ペンの美子ちゃん」と対で思い出す)。
 この『キャプテン・アメリカ』は、つまり「ブルワーカー」なのだった。愛国心に燃えて戦争に行きたいけど、ひ弱な主人公(体重40キロ)は新兵検査に合格出来ない。ところが秘密マシンの実験体に選ばれ、機会に閉じ込められて3分すると(いやもっとか)、見事マッチョマンの出来上がり! 出来たてホヤホヤで湯気が上がっていた……ような気がするが、それまで主人公を同情的に観ていたヒロインもおめめキラキラ一瞬で恋に落ちてしまう。アホかと思いつつ、その瞬間、「ブルワーカー」を、買おうかどうしようか迷ったあの日を思い出したのだった。
 この映画、その後スーパー・ソルジャー計画が頓挫し、主人公は最前線(イタリア戦線)に行くも最初は慰問団扱いで、ふてくされる。その後奮起して大活躍となるのはお約束だが、あまり面白くないのでどうでもよい。あまりに単純なアメリカバンザイムードも第二次大戦設定だからしょうがない(少し懐かしい)とはいえ、退屈だ。そもそも『アベンジャーズ』というアメコミヒーロー集結という子どもが大喜びしそうな大作の前フリに過ぎないのだから、面白くなるはずがない。
 この映画は「ブルワーカー」な部分だけが見どころなのだ。そしてラスト、現代に蘇ったキャプテン・アメリカが、マッチョになり敵を殺しまくったあげく、能天気で軽いご陽気なアメリカンになっていることに苦笑した。25点。

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

話を広げ難いトンデモ設定アメコミ作品を、成立させたことには拍手!

投稿日:2012/01/07 レビュアー:KASPAR

アベンジャーズへの繋がりのあるアメコミ作品では、最も観る気がしなかった作品ですが、観ないとしゃーないやん!
ってことで『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』を観てきました♪

うん、思ってたほど悪くないです!!!
というか、こんな設定のトンデモ作品を、真正面から成立させに行って、決して失敗はしていないことはスゴイね!!!
この作品に於いては、これ以上無いんじゃないか?と思えるぐらい完璧やと思います!!!

なので、完璧な作品に、65点をあげます!←え?
これは、65点満点の65点ですね!
ビジュアルからしてアメリカ万歳以外の何物でもない作品(1941年3月に初版発行)に、日本人の自分が65点以上は付けれません!
すみません!

しかしまぁ、純然たるアメリカ万歳作品やけど、美しさや純粋さだけでなく、アメリカのバカさや狂ってる感も意図して同時に詰め込んだのが、
流石バランス感覚に優れた(というかマーケットがワールドワイドな)ハリウッド大作やね!

そうでなければ、受け入れるのが難しかったかもしんないですね。
そして、アベンジャーズに繋がる作品としての、最後にコレを持ってきたのも当然ではあるけれども、間違いの無い上手さやね!

観なしゃーないもん ┐(´ー`)┌ せやせや

そして映画としては、ベタ要素を散りばめて、小ネタの笑いを散りばめて、アベンジャーズへの繋ぎを入れつつ、
今までのマーベル作品をフリにして、出来ることは何でもして、キチンと娯楽作品に仕上げたジョー・ジョンストンの(キレはないけど)間違いの無い演出も流石やね!

決して好きな映画ではないし、面白くも無かったけど、コレに真剣に向き合って成立させたのは、スゴイよ!

え?
内容?

えーっと、うん、赤い顔が最近の流行ですね←はぁ?

ということで、オススメはしませんが、アベンジャーズのリーダーなので(ですよね!?)DVDでは要チェックですな!

個人的満足度 65点! オススメ度 60点!

このレビューは気に入りましたか? はい 9人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全73件

キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー