クロサワ映画2011 〜笑いにできない恋がある〜

クロサワ映画2011 〜笑いにできない恋がある〜の画像・ジャケット写真

クロサワ映画2011 〜笑いにできない恋がある〜 / 黒沢かずこ

全体の平均評価点:(5点満点)

4

全体の平均評価点:

DVD

TSUTAYA TV

シリーズ

旧作

ジャンル :

「クロサワ映画2011 〜笑いにできない恋がある〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

TSUTAYA TV

シリーズ

旧作

解説・ストーリー

お笑いトリオ・森三中の黒沢かずこ主演によるハートフル・ラブコメディ第2弾。クリスマスイブ前日。居酒屋で客にからかわれていた黒沢と大久保は、韓国人青年・パクとペに助けられる。翌日、韓国を訪れた黒沢はパクと再会し…。※販売代理:シーエス※一般告知解禁日:2月7日0:00

「クロサワ映画2011 〜笑いにできない恋がある〜」 の作品情報

作品情報

製作年:

2011年

製作国:

日本

「クロサワ映画2011 〜笑いにできない恋がある〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

嘆きの美女

大久保×鳥居×ブリトニー 3P(スリーピース) VOL.1

アメトーークDVD27 メ

HITOSHI MATSUMOTO Presents FREEZE シーズン2 vol.2

ユーザーレビュー:4件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 4件 / 全4件

クッション

投稿日:2014/10/05 レビュアー:ビンス

一作目が面白かったです。
で、こちらの二作目ですが、
「二作作るもんでもなかったかな」という印象。
相変わらず恥ずかしくなるような展開が続きます。
妄想の行き着く果てにあったもの
それがこの映画だ!
ということです。

それにしても
相変わらず女芸人ってスゴイなぁって思います。
実体験の割合も多いんじゃないか?というエピソードの数々。
苦しさも悲しさも全てをを笑いに変換して
逞しくも切なく生きる
それが女芸人。
彼女たちの受け止め方ハンパなし。
心にとても吸収性の高いクッションを装備しています。
どんなものでも勢いを吸収
その勢いは、
悪意だったり
悲しみだったり
様々だけど
全部の勢いを見事に殺して
返すときには笑いに生まれ変わってる。
生まれ変わらせるプライド
カッコイイっす。
女芸人の団結力を観た思いです。

韓国人の話す日本語にイラっとします。
「ちゅ」とか言うな。
マジか!

男とヒモにしようとする大久保さん
テレビでの過去発言を鑑みると
リアルエピソードっぽいですね。
ケータイの液晶画面に映る大久保さん
なかなかでしたねぇ・・・
アレは、なかなかです・・・・・

このレビューは気に入りましたか? 1人の会員が気に入ったと投稿しています

切なかった、

投稿日:2014/10/03 レビュアー:MIBOKO

今回も切なかった。最後えええー!ってなったけど。
やっぱり奴姉さんかっこよかった!女芸人は辛いです。ちょっと見方変わりますね。頑張れ女芸人

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

こちらも

投稿日:2012/07/15 レビュアー:emiko

前作に引き続き、こちらも拝見。
前作よりは心理的な描写が少ないかなと思ったけど、女芸人という職業を選んだ女性のもどかしさや迷いがわかりやすく描かれていました。

見やすいし、わかりやすいし、節々で笑えるので、重たい気分になりたくないときや、重たいテーマのDVDを一緒にレンタルしたときなどにお勧めです。
でも、ストーリーの設定が年末から年始にかけてなので、夏よりは冬に見た方がいいかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

(#^.^#)

投稿日:2012/07/13 レビュアー:papa-papa

個人的に

幸せになってみなよ!不幸にはいつでもなれる
って言葉が残りました

またまた女芸人さん達が素敵でした

ヤッコ姉さんカッコイイ!

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 4件 / 全4件

クロサワ映画2011 〜笑いにできない恋がある〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:4件

クッション

投稿日

2014/10/05

レビュアー

ビンス

一作目が面白かったです。
で、こちらの二作目ですが、
「二作作るもんでもなかったかな」という印象。
相変わらず恥ずかしくなるような展開が続きます。
妄想の行き着く果てにあったもの
それがこの映画だ!
ということです。

それにしても
相変わらず女芸人ってスゴイなぁって思います。
実体験の割合も多いんじゃないか?というエピソードの数々。
苦しさも悲しさも全てをを笑いに変換して
逞しくも切なく生きる
それが女芸人。
彼女たちの受け止め方ハンパなし。
心にとても吸収性の高いクッションを装備しています。
どんなものでも勢いを吸収
その勢いは、
悪意だったり
悲しみだったり
様々だけど
全部の勢いを見事に殺して
返すときには笑いに生まれ変わってる。
生まれ変わらせるプライド
カッコイイっす。
女芸人の団結力を観た思いです。

韓国人の話す日本語にイラっとします。
「ちゅ」とか言うな。
マジか!

男とヒモにしようとする大久保さん
テレビでの過去発言を鑑みると
リアルエピソードっぽいですね。
ケータイの液晶画面に映る大久保さん
なかなかでしたねぇ・・・
アレは、なかなかです・・・・・

切なかった、

投稿日

2014/10/03

レビュアー

MIBOKO

今回も切なかった。最後えええー!ってなったけど。
やっぱり奴姉さんかっこよかった!女芸人は辛いです。ちょっと見方変わりますね。頑張れ女芸人

こちらも

投稿日

2012/07/15

レビュアー

emiko

前作に引き続き、こちらも拝見。
前作よりは心理的な描写が少ないかなと思ったけど、女芸人という職業を選んだ女性のもどかしさや迷いがわかりやすく描かれていました。

見やすいし、わかりやすいし、節々で笑えるので、重たい気分になりたくないときや、重たいテーマのDVDを一緒にレンタルしたときなどにお勧めです。
でも、ストーリーの設定が年末から年始にかけてなので、夏よりは冬に見た方がいいかもしれません。

(#^.^#)

投稿日

2012/07/13

レビュアー

papa-papa

個人的に

幸せになってみなよ!不幸にはいつでもなれる
って言葉が残りました

またまた女芸人さん達が素敵でした

ヤッコ姉さんカッコイイ!

1〜 4件 / 全4件

同シリーズ作品を借りる