スクリーム3

スクリーム3の画像・ジャケット写真
スクリーム3 / ネーブ・キャンベル
全体の平均評価点:
(5点満点)

27

  • DVD
  • Blu-ray
  • TSUTAYA TV
  • 動画ポイント利用可
  • シリーズ
ジャンル:

「スクリーム3」 の解説・あらすじ・ストーリー

人気ミステリー・ホラーのシリーズ第3作。映画の都ハリウッドを舞台に、謎の殺人鬼がシドニーに襲いかかる。お馴染みのレギュラー陣が繰り広げる群像劇を、謎解きやユーモアを交えて描く。また、ヒロインの過去の謎も明らかに。ネーヴ・キャンベル出演。ウェス・クレイヴン監督作。かつての殺人事件に基づいたホラー映画「スタブ3」の撮影中、出演者が次々と暗殺される事件が起こった。謎が謎を呼ぶ中、その魔の手はやがてシドニーにも及ぶ。

「スクリーム3」 の作品情報

製作年: 2000年
製作国: アメリカ
原題: SCREAM 3

「スクリーム3」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

スクリーム3の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語 英:ドルビーデジタル5.1ch、英(解説):ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1ch
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 AEBR10002 2003年07月16日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
20枚 0人 0人

【Blu-ray】スクリーム3(ブルーレイ)の詳細

  • 旧作
収録時間: 字幕: 音声:
117分 日本語・日本語吹替え用字幕・音声解説用字幕 1:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/英語
2:DTS-HD Master Audio/5.1chサラウンド/日本語
3:ドルビーデジタル//英語/(音声解説)
レイティング: 記番: レンタル開始日:
PG-12 1000273299 2012年03月02日
在庫枚数 1位登録者: 2位登録者:
11枚 0人 1人

関連作品

ユーザーレビュー:27件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全27件

間隔をあけて観ると、内容にもノリにもついていけない!

投稿日:2012/03/01 レビュアー:KASPAR

4のために観てみたけど、1と2の記憶(特に2)があやふやなので、もう何がなにやら全くわからない!
あれ?どうやったっけ?コットン100%?そんなヤツ居てたっけ?←重症

なーんて思ってたら、終わっちゃった←オイオイ

ま、とりあえず犯人は瞬殺で解りました!!!
だって既に観てあるからね←オイオイ!

元々コントちっくな映画ですが、3は完全にコントっすね!

うゎおっ!でたっ!っと叫ぶ岡田さんで驚けというてるよーなもんなので、
そのノリ(スクリーム内のお約束)についていけるかどうか?がキーっすね!

とりあえず間を開けて観るのは完全に不向きなシリーズやな!っと再認識したわけですが、
10年開いた4はどうなんすかね〜・・・

とりあえず近々DVDで観てみます♪

個人的満足度 61点!(ノレるかどうか) オススメ度 60点!(続けて観れば面白い)

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

わぁー、もう絶対コメディだぁネタバレ

投稿日:2007/11/22 レビュアー:ムーミンママ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

シリーズ3作目にして、最終章。

1も2も、逃げても逃げても追ってくる殺人鬼と
誰が犯人だかわからない、という恐怖・・・
が、あるはずなんだけど、何故か笑えてしまって
もしや、コメディ?と思いながら観てました。

もう、確信しました。
これは、コメディですね。

だって、シリーズを通して、殺人鬼が出没してるっていうのに
みんな、のん気にパーティばっかりやってるし・・・
警察も警護の人も全然頼りにならないし・・・
危ないのに、すぐ一人きりになっちゃうし・・・
倒したはずの犯人は、復活しちゃうし・・・
しかも、死んでたはずの犯人が消えちゃうところは
みんな目を離しちゃって誰も見てないし・・・

そして何よりも、デューイとゲイルの二人。
殺人鬼に追われている最中に、すぐに良い雰囲気になっちゃって、いちゃいちゃしちゃってるし・・・

そう、登場人物に緊迫感が感じられないから
観てる私もそんなに怖くないのかも。

とか何とか、いろいろ言っちゃいましたけど
なんだかんだ言ってもシリーズ3部作、
しっかりと楽しませてもらいましたよ♪

このレビューは気に入りましたか? はい 8人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

今となっては面白さを実感するために、1.2.3は続けて観るべし!

投稿日:2013/06/25 レビュアー:飛べない魔女

観ましたよ、1〜3まで続けて。
ヒロインのシドニーは1のころは不細工なヒロインだな、って思っていたけど
この頃になると随分と綺麗になっていてびっくり。
キャスターのゲイルなんて、1のころは毒々しい女!って思っていたけど、更に強く美しく逞しくなっていて、デューイが彼女を忘れられないのも無理ないや。

3はサスペンス度、2よりも更に増してます。
犯人は最後まで謎。
そして話は予想に反して(笑)、1にちゃーんと繋げてあります。
どうしてこんな惨劇が起こったのか、そもそもの原因がここで明らかになるというわけです。
ハリウッドで役を得るためには、女優はプロデューサーや監督のおもちゃになるのはルールだよ、みたいなこと
監督役に言わせちゃって、映画製作者への皮肉なのかしら?

それにしても、どうしてこの人たち学習しないんだろ?
こんな惨劇が繰り返される場所で、何で一人でそんなところに行く?
人がいっぱい殺されてるのに、何でパーティーする?
危ないときは、離れ離れになるなよー!
一緒にいろよー!
はしゃぐなよー!
と、まあ相変わらず突っ込みどころ満載なれど、けっこう面白かったです。

さあ、不死身のシドニー、ゲイル、デューイがどんな風に暴れてくれるのか
これで、4を見るのが俄然楽しみになってきましたよ!

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

いよいよ3部作の完結編。殺人鬼は誰か明らかに・・・ネタバレ

投稿日:2011/08/25 レビュアー:mikitty.

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

オープニング:人気トークショーのホストとして活躍しているコットンに、あの殺人鬼から電話が入る。
クイズタイムと称し「今、恋人の浴室の前にいる。正解なら恋人は生かす、ハズレなら殺す」と言う。
「シドニーは何処だ」と殺人鬼、コットンは咄嗟に「俺の彼女に手を出したら殺す」と答えた。
殺人鬼はハズレだと吐き捨て電話が切れた。その後、2人は惨殺され1枚の写真がそばに置かれていた。
その写真はシドニーの殺された母モーリーンで、恋人は「スタブ3」でモーリーン役の女優だった。

舞台はハリウッド。ゲイルが出版した本が映画化となり「スタブ」は大好評で「スタブ3」が制作されることになった。
シドニーの家が忠実に再現されているセットのなかで、次々と出演女優が殺されていき傍らには写真が・・・。
一方、シドニーは山小屋でひっそりと暮らしていた。女性の悩みを聞いてあげる電話相談が彼女の日課だった。
ある日、殺人鬼から会って話がしたいと電話がありハリウッドを訪ねる。
ゲイルとデューイに会う。シドニーを殺人鬼ではないかと疑う刑事も登場するがもしやアンタが・・・?
とにかく殺人鬼は行動が素早い、突然現われ突然スーッと姿を消す。殺した筈なのにいつの間に消えてしまう。
でも、それは防弾チョッキのお陰なんです。だから頭を撃たないと死なないらしい。
ラストは、えーーーーーな殺人鬼の正体が明らかになるシーン。
あんなに殺人を犯したのはシドニーを苦しめるため、そしてシドニーを殺すため!?
悲し過ぎます。それが彼にとっての人生であり映画だったのですね。
しかし、彼にとってラストシーンは予想外だったかも知れません。
最後に微笑ましいシーンがあります。デューイがゲイルに指輪をプレゼントしプロポーズをします。
幸せそうな2人に明るい未来を感じました。
ところで実際、1999年にデューイ役のデヴィッド・アークエットとゲイル役のコートニ・ーコックスが結婚しています。
2004年には長女にも恵まれています。
ますます今秋2011年10月29日劇場公開の「スクリーム4」が待ち遠しくなりました。。。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

何人かは天国で会おう。ルール通りなら誰かは死ぬ。

投稿日:2005/05/01 レビュアー:ぶわつ

 惨劇の舞台をウッズボローからハリウッドに移した完結編。
 監督は当然ウェス・クレイブンですが、脚本がアーレン・クルーガー(ザ・リング)にバトンタッチ。大筋は原作者ともいえるケビン・ウィリアムソンの意向が入っているだろうけど、前2作の流れを上手く引き継いでいるように思います。家がボカ〜ン!!はさすがにテイスト違うやろと思いますが。
 このシリーズの強みは毎回犯人が違うから
 「今度の犯人は誰?」という興味を持って観られるということにつきます。もちろんケビン印お得意の過去作からの引用や続編であることを逆手に取った展開は本作でも健在です。
 個人的には、刑事役でパトリック・デンプシーが出ていたのがうれしかった。もっとも『キャント・バイ・ミー・ラブ』からそれこそ10年以上経つし、ちょっとワイルドな雰囲気だったからクレジット観るまでわからなかったんですが・・・。
 デビッド・アークエットの相変わらず頼りになるのかならないのかわからないお目付け役ぶりもここまでくると意外と好きかも。ただ、その嫁だけはここまできても好きになれませんでした。

このレビューは気に入りましたか? はい 4人の会員が気に入ったと投稿しています

このレビュアーをお気に入りへ登録する このレビューへコメントする

1〜 5件 / 全27件

スクリーム3