チャクペ〜相棒〜

チャクペ〜相棒〜の画像・ジャケット写真

チャクペ〜相棒〜 / チョン・ジョンミョン

全体の平均評価点:(5点満点)

5

全体の平均評価点:

DVD

「チャクペ〜相棒〜」 の解説・あらすじ・ストーリー

DVD

解説・ストーリー

解説・あらすじ・ストーリーは、ただいま準備中です。

「チャクペ〜相棒〜」 の作品情報

作品情報

原題: THE DUO

「チャクペ〜相棒〜」 のキャスト・出演者/監督・スタッフ

関連作品

関連作品

20のアイデンティティ

ピアニスト

栄光のジェイン

メイクイーン/MAY QUEEN

ユーザーレビュー:5件

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

この作品に関するあなたの感想や意見を書いてみませんか?

1〜 5件 / 全5件

脇役に助けられたフュージョン時代劇です ネタバレ

投稿日:2011/12/12 レビュアー:サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いわゆるフュージョン時代劇です。
フュージョン時代劇は,史実に基づくことなく自由な表現で制作されることから,女性ファンが多いのが特徴です。また,20〜30話程度で完結する作品が多く,スピーディーにドラマが進むため,キャストによっては若者からも支持されているようです。
本作にはピストルや火縄銃が登場していることから,時代背景は一応李氏朝鮮時代と推定されます。
ドラマは奴婢となって物乞いの村に逃げてきた両班の妾マクスン(ユン・ユソンssi)が息子を出産し,同じ日に両班の息子として生まれた子の乳母として雇われることになりますが,行く末を案じたマクスンは自分を慕うセドル(チョン・インギssi)と共謀して子どもを取り替えます。
いわゆる出生の秘密を背景にドラマは進みます。
両班の息子として育てられるクゥイドン(イ・サンユンssi)は成長して武官となり,物乞いの村で育てられたチョンドゥン(チョン・ジョンミンssi)は,貧しくとも頭脳明晰・明朗闊達な青年となります。
「相棒」という題名が付いていますので,この二人がどこかでつながって「相棒」となるのは見えていますが,最終的にはお互いの出生の秘密を知ることとなり,義賊とそれを捕える武官として対峙することになりますが,友情有り,親子の絆有り,それぞれの恋路有りと見所は豊富です。
フュージョン時代劇らしく,テンポも速くてハラハラするシーンもあり,トックおじさんのイム・ヒョンシクssiやジャイアントでパク・ソテを演じたイ・ムンシクssiなど,脇役がしっかりと主演をリードしていますので,それなりに楽しめるて退屈はしませんが,ラストのドタバタ感や時代劇らしくない描写もあって,本来の時代劇ファンにはあまりウケないかもしれません。

このレビューは気に入りましたか? 10人の会員が気に入ったと投稿しています

これも子役時代が良かったです。 ネタバレ

投稿日:2011/12/19 レビュアー:ken_ken

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

17歳の花のティーンエージャー時代が全32話中、丸々8話まで続きまして、そこに対照的な2人の青年キャラがしっかりと描かれていて、ある意味それがあって最後まで視聴したところがあります。

身分の高い家の主人の子供を身ごもった奴婢が命を狙う奥方から逃げるところから始まります。
辿り着いた村の物乞いの親分の小屋で男の子チョンドゥンを産み落とす。
同じ時刻に村の有力者のキム家にも男の子ギドンが生まれるが母親は難産で命を落とす。
物乞いの親分がチョンドゥンの母親を乳母として売る。母親は我が子大事のあまり、チョンドゥンとギドンをすり返え、2人の運命を狂わす。
まあ、この母親が最初から最後まで一番悪いヤツだと思います。入れ替えたのなら、せめて両班の子を罪滅ぼしで可愛がれよ!!母としてチョンドゥンを拒否し、一緒に逃げてきた下男に任せきりで、挙句はどんどん両班主人に似てくるチョンドゥンが邪魔になってくる。どこまでも自分勝手な女です。

17年後、両班のやんちゃくれギドン(チェ・ウシク)に手を焼くキム家。物乞いの子ながら温厚で頭がよく、密かに両班が通う書堂(塾?)を覗き込み勉強するチョンドゥン(ノ・ヨンハク)。そのチョンドゥンを認め弟子にする書堂のソン先生(カン・シニル)。ギドンとチョンドゥンはやがて出会い、殴り合いの喧嘩の末、友情が芽生え、ギドンが俺たち相棒になろうと言う。
チングじゃなく相棒?どうしてかなと思っていたけど、2人は天と地ほどの身分差があるんだよね。相棒ってお互い同等で始めて成り立つ言葉だろうから、つまり友達の最高級の意味なんですね。
この17才を演じた2人の若者がとっても良かったです。特にお気に入りはやんちゃなチェ・ウシク君。女装まで見せてくれました。

悪代官の税取り立てとかで苦しめられる村人達。前からこの現状に抗議していたソン先生が殺され、村にクーデターが起きる。多くの犠牲者が出て、10年後――

成長したギドン(イ・サンユン)は捕盗部将に、まあ今で言う部長刑事さんぐらい?
チョンドゥン(チョン・ジョンミョン)は商人としてやり手になったソン先生の娘ドンニョ(ハン・ジヘ)の下、信頼のおける下男として働いている。
この後、十年前の事件が蒸し返され、やがてチョンドゥンは自分の意志とは関係なく義賊となって行くことに…
イ・サンユンはチェ・ウシク君の作ったキャラを踏襲していて、なかなか魅力的でしたよ。私としてはチョン・ジョンミョンよりよかったです。チョン・ジョンミョンは前髪を上げるとおでこが広くって、眉毛がちょうど顔の半分ぐらいにあるようで、まあ、童顔だから老けては見えませんけど、最初笑っちゃいましたけど。すみません・・

ハン・ジヘとか女性陣も出てきますが、あまりいい印象はありません。男のドラマですね。
それに、脇役がすごい豪華です。
ギドン父、最初は悪人なのかなと思ってましたが・・脇の中では一番印象に残りました、チェ・ジョンファン。反政府組のリーダー、カン砲手役クォン・オジュン、捕盗丁のギドン先輩役のコン・ヒョンジンは骨太で、線の細い主役を支えていました。
物乞い親分のイ・ムンシク、靴職人のイム・ヒョンシク、それにこんな役なのにということでチョン・チャン、天こ盛りの俳優陣たちでした。

運命を入れ替えられた2人の青年の友情は感じられた作品ですが、ちょっと長いかな・・が感想です。

このレビューは気に入りましたか? 8人の会員が気に入ったと投稿しています

心にキュン・・・・・・

投稿日:2012/02/26 レビュアー:kuuちゃん

最終回は、どうなるのかなって予想できなかった。以外な展開になり心にキュンでした・・・・・良かったですよ。

このレビューは気に入りましたか? 3人の会員が気に入ったと投稿しています

やたら多い ギドンのご登場^^

投稿日:2014/07/03 レビュアー:yu_ri

同じ志で別の道を歩く

すり替えられた赤ちゃんの 二つの人生  ワタクシは敢て ギドンを重視しました。

真実を知った時の衝撃、実母マクスンの重罪 何より相棒となっている親友チョンドゥンへの 申し訳ない思いと罪深さ

それらを初めとする 巻を重ねるごとに寂しさを感じたり、心を殺すような また立場を控える 気持ちがとても伝わってきて悲しくなります。

義父キム監 ドンニョへの気配り等々 常に そして最後までチョンドゥンを思う優しい方。  

公私混同を避け 目 鼻が利く? 感が良さそで お仕事には完璧見事でして カッコイイです。

また OSTがとてもしっくり馴染んでて最高でしょうか。。 
 

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

途中まで見て

投稿日:2013/07/25 レビュアー:お気楽母

宅配だと予約順番がかなり遅いので店舗レンタルで途中まで。
8話でドガブの父親が切られて我来(アレ)の頭領に助けられるんですが、場面が食い違うんですよね。
ぼさぼさ頭のはずがきれいに纏められていたり、姪っ子(ダリ)には生きていると教えて無いはずなのに
生きてるって知ってて我来の仲間になってるし・・・。
粗さがしをしてるつもりはないけど、見てて違和感が・・・。
でもギブアップせずに見ます。

このレビューは気に入りましたか? 0人の会員が気に入ったと投稿しています

1〜 5件 / 全5件

チャクペ〜相棒〜

ユーザーレビュー

入力内容に誤りがあります。

内容をご確認のうえ、修正いただきますようお願いいたします。

  • 入力内容に誤りがあります。

ユーザーレビュー:5件

脇役に助けられたフュージョン時代劇です

投稿日

2011/12/12

レビュアー

サランヘ

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

いわゆるフュージョン時代劇です。
フュージョン時代劇は,史実に基づくことなく自由な表現で制作されることから,女性ファンが多いのが特徴です。また,20〜30話程度で完結する作品が多く,スピーディーにドラマが進むため,キャストによっては若者からも支持されているようです。
本作にはピストルや火縄銃が登場していることから,時代背景は一応李氏朝鮮時代と推定されます。
ドラマは奴婢となって物乞いの村に逃げてきた両班の妾マクスン(ユン・ユソンssi)が息子を出産し,同じ日に両班の息子として生まれた子の乳母として雇われることになりますが,行く末を案じたマクスンは自分を慕うセドル(チョン・インギssi)と共謀して子どもを取り替えます。
いわゆる出生の秘密を背景にドラマは進みます。
両班の息子として育てられるクゥイドン(イ・サンユンssi)は成長して武官となり,物乞いの村で育てられたチョンドゥン(チョン・ジョンミンssi)は,貧しくとも頭脳明晰・明朗闊達な青年となります。
「相棒」という題名が付いていますので,この二人がどこかでつながって「相棒」となるのは見えていますが,最終的にはお互いの出生の秘密を知ることとなり,義賊とそれを捕える武官として対峙することになりますが,友情有り,親子の絆有り,それぞれの恋路有りと見所は豊富です。
フュージョン時代劇らしく,テンポも速くてハラハラするシーンもあり,トックおじさんのイム・ヒョンシクssiやジャイアントでパク・ソテを演じたイ・ムンシクssiなど,脇役がしっかりと主演をリードしていますので,それなりに楽しめるて退屈はしませんが,ラストのドタバタ感や時代劇らしくない描写もあって,本来の時代劇ファンにはあまりウケないかもしれません。

これも子役時代が良かったです。

投稿日

2011/12/19

レビュアー

ken_ken

※このユーザーレビューは作品の内容に関する記述が含まれています。

レビューを表示する

17歳の花のティーンエージャー時代が全32話中、丸々8話まで続きまして、そこに対照的な2人の青年キャラがしっかりと描かれていて、ある意味それがあって最後まで視聴したところがあります。

身分の高い家の主人の子供を身ごもった奴婢が命を狙う奥方から逃げるところから始まります。
辿り着いた村の物乞いの親分の小屋で男の子チョンドゥンを産み落とす。
同じ時刻に村の有力者のキム家にも男の子ギドンが生まれるが母親は難産で命を落とす。
物乞いの親分がチョンドゥンの母親を乳母として売る。母親は我が子大事のあまり、チョンドゥンとギドンをすり返え、2人の運命を狂わす。
まあ、この母親が最初から最後まで一番悪いヤツだと思います。入れ替えたのなら、せめて両班の子を罪滅ぼしで可愛がれよ!!母としてチョンドゥンを拒否し、一緒に逃げてきた下男に任せきりで、挙句はどんどん両班主人に似てくるチョンドゥンが邪魔になってくる。どこまでも自分勝手な女です。

17年後、両班のやんちゃくれギドン(チェ・ウシク)に手を焼くキム家。物乞いの子ながら温厚で頭がよく、密かに両班が通う書堂(塾?)を覗き込み勉強するチョンドゥン(ノ・ヨンハク)。そのチョンドゥンを認め弟子にする書堂のソン先生(カン・シニル)。ギドンとチョンドゥンはやがて出会い、殴り合いの喧嘩の末、友情が芽生え、ギドンが俺たち相棒になろうと言う。
チングじゃなく相棒?どうしてかなと思っていたけど、2人は天と地ほどの身分差があるんだよね。相棒ってお互い同等で始めて成り立つ言葉だろうから、つまり友達の最高級の意味なんですね。
この17才を演じた2人の若者がとっても良かったです。特にお気に入りはやんちゃなチェ・ウシク君。女装まで見せてくれました。

悪代官の税取り立てとかで苦しめられる村人達。前からこの現状に抗議していたソン先生が殺され、村にクーデターが起きる。多くの犠牲者が出て、10年後――

成長したギドン(イ・サンユン)は捕盗部将に、まあ今で言う部長刑事さんぐらい?
チョンドゥン(チョン・ジョンミョン)は商人としてやり手になったソン先生の娘ドンニョ(ハン・ジヘ)の下、信頼のおける下男として働いている。
この後、十年前の事件が蒸し返され、やがてチョンドゥンは自分の意志とは関係なく義賊となって行くことに…
イ・サンユンはチェ・ウシク君の作ったキャラを踏襲していて、なかなか魅力的でしたよ。私としてはチョン・ジョンミョンよりよかったです。チョン・ジョンミョンは前髪を上げるとおでこが広くって、眉毛がちょうど顔の半分ぐらいにあるようで、まあ、童顔だから老けては見えませんけど、最初笑っちゃいましたけど。すみません・・

ハン・ジヘとか女性陣も出てきますが、あまりいい印象はありません。男のドラマですね。
それに、脇役がすごい豪華です。
ギドン父、最初は悪人なのかなと思ってましたが・・脇の中では一番印象に残りました、チェ・ジョンファン。反政府組のリーダー、カン砲手役クォン・オジュン、捕盗丁のギドン先輩役のコン・ヒョンジンは骨太で、線の細い主役を支えていました。
物乞い親分のイ・ムンシク、靴職人のイム・ヒョンシク、それにこんな役なのにということでチョン・チャン、天こ盛りの俳優陣たちでした。

運命を入れ替えられた2人の青年の友情は感じられた作品ですが、ちょっと長いかな・・が感想です。

心にキュン・・・・・・

投稿日

2012/02/26

レビュアー

kuuちゃん

最終回は、どうなるのかなって予想できなかった。以外な展開になり心にキュンでした・・・・・良かったですよ。

やたら多い ギドンのご登場^^

投稿日

2014/07/03

レビュアー

yu_ri

同じ志で別の道を歩く

すり替えられた赤ちゃんの 二つの人生  ワタクシは敢て ギドンを重視しました。

真実を知った時の衝撃、実母マクスンの重罪 何より相棒となっている親友チョンドゥンへの 申し訳ない思いと罪深さ

それらを初めとする 巻を重ねるごとに寂しさを感じたり、心を殺すような また立場を控える 気持ちがとても伝わってきて悲しくなります。

義父キム監 ドンニョへの気配り等々 常に そして最後までチョンドゥンを思う優しい方。  

公私混同を避け 目 鼻が利く? 感が良さそで お仕事には完璧見事でして カッコイイです。

また OSTがとてもしっくり馴染んでて最高でしょうか。。 
 

途中まで見て

投稿日

2013/07/25

レビュアー

お気楽母

宅配だと予約順番がかなり遅いので店舗レンタルで途中まで。
8話でドガブの父親が切られて我来(アレ)の頭領に助けられるんですが、場面が食い違うんですよね。
ぼさぼさ頭のはずがきれいに纏められていたり、姪っ子(ダリ)には生きていると教えて無いはずなのに
生きてるって知ってて我来の仲間になってるし・・・。
粗さがしをしてるつもりはないけど、見てて違和感が・・・。
でもギブアップせずに見ます。

1〜 5件 / 全5件